自分に合ったブラジャーの選び方!目的に合った選び方とは

今つけているブラジャー、本当に自分のバストのサイズに合ったものですか?サイズに合ったブラジャーをつけていないと、バストの形が崩れたり、ボリュームがダウンしたり、気分が悪くなったりと、たくさんのリスクを抱えることになります。

「このくらいのサイズ」というアバウトな感覚でブラジャー選びをする女性ほど、正しいブラジャーの選び方に一度目を通しておきましょう。

ここでは

についてご紹介します。

自分にあったブラはサイズを正確に計ることが大事

 

バストケアをして理想のバストに近づきたい♡バストの悩み別対処法

バストにぴったりフィットするブラジャーを選ぶには、まず正しいバストのサイズを計測することが不可欠。意外と知らない人も多い、バストの測り方を見ていきましょう。

トップバストは持ち上げるか腰を曲げて一番高いところを水平に計る

ブラジャーのサイズ表記にある「トップバスト」とは、バストの中で一番高い位置…つまり乳頭の位置を表します。トップバストのサイズを測るときは、ブラジャーをつけた状態でバストを持ち上げるか、お辞儀するように腰を曲げて、乳頭が真っ直ぐ高い位置まで来るようにしましょう。

下がり気味のバストや大きめのバストをお持ちの人ほど、トップバストを間違った位置で計測してしまいがちなので要注意。

アンダーバストは背筋を伸ばして胸の膨らみ一番下の低い位置を水平に測る

アンダーバストとは、バストのふくらみの一番下の位置で計測するサイズです。脇腹とバストの境界あたり。背筋を真っ直ぐ伸ばした状態で、バストの一番下にメジャーをあてて水平になるようにサイズを測りましょう。

自分で計るときはメジャーの位置がずれやすいので、鏡の前に立って計るのがおすすめ

トップサイズとアンダーサイズの差からカップサイズを決める

「Aカップ」「Bカップ」といったカップサイズは、トップサイズからアンダーサイズを差し引いた数値で決めます。「トップ-アンダー」が約10cmならAカップ、12.5cmならBカップ、15cmならCカップで17.5cmがDカップとされています。

例えばトップ80cmのアンダー70cmの人ならAカップですが、トップ85cmのアンダー70cmならCカップとなります。

目的別ブラジャーの選び方

ブラジャーと言ってもいろんな形状・種類の商品が売られていますよね。どんな服装にしたいか、どんな生活を送るのか…目的に合わせたブラジャーの選び方を見ていきましょう。

胸が小さい方には1/2・3/4カップのブラがおすすめ

胸が比較的小さい方なら、1/2カップもしくは3/4カップのブラがおすすめです。1/2は文字通りバストを半分だけ覆う形のブラジャーで、バストを持ち上げてボリュームをアップさせてくれます。3/4カップはバストの3/4程度を覆うブラジャーで、バストに谷間をつくってくれます。

バストのボリュームがあまりない女性だと、逆にバスト全体を包み込むようなフルカップのブラジャーはおすすめできません。ブラジャーがバストを圧迫してしまうからです。

胸の大きい方にはフルカップ・ブラトップ・スポーツブラがおすすめ

バストが比較的大きめの人には、バスト全体を包み込むフルカップのブラジャーや、キャミソールと一体になったブラトップ、バストの揺れを抑えるスポーツブラがお勧めです。バストが大きいと胸が揺れやすくなるため、バストが垂れ下がったり、揺れが目立ったりしてしまいます。

もしバストが大きくてよく身体を動かす生活をしているなら、スポーツ向けのスポーツブラがおすすめ。バストの大きさを目立たせたくない女性なら、フルカップのブラジャーで全体を包み込んでおきましょう

胸の間隔が開いていている方には1/2・3/4ブラカップ・ヌーブラがおすすめ

左右のバストに間隔が開いている女性は、バストを持ち上げて寄せる働きを持つ1/2カップや3/4カップのブラジャーがおすすめ。左右のバストに間隔があるのは、バストのお肉が背中に向かって流れている可能性があるから。ブラジャーでギュッと寄せてキープしましょう。

また、バストに密着するヌーブラもおすすめです。シリコン素材などでバストをしっかりホールドしてくれるヌーブラなら、バストを寄せて美しい形をキープしてくれますよ。

胸を大きく見せたい強調したいときはプッシュアップブラ・シリコンタイプやパット入りを

バストをなるべく大きく見せたい・強調したいとお考えなら、プッシュアップブラがおすすめです。プッシュアップブラは伸縮性のない素材を使ってバストを寄せ、ふっくらとボリュームのあるナチュラルな谷間を演出してくれます。脇にあるお肉を寄せ、ホールドすることが可能

もしくはパット入りのブラジャーでボリュームを盛るのもおすすめです。パットは単純にバストのサイズを大きく盛るだけではなく、バストが垂れないように下から支え、持ち上げる働きもあります。

胸の下垂が気になる方はフルカップ・リフトアップブラ

バストが大きい人や、ある程度の年齢を重ねた人だと、バストの下垂が気になることもあるでしょう。バストの垂れがコンプレックスなら、フルカップブラやリフトアップブラでバストをしっかり支えるのがおすすめ。フルカップブラはバストのお肉を全て包み、形をしっかり保ってくれます。

リフトアップブラは、中に入っているパットとサイドにある布がしっかりバストをプッシュし、肩のストラップで引き上げてくれます。

Tシャツなど薄手トップスにはモールドブラ・シームレスブラ

 

薄手の服装を着るような日には、パッと見た感じに肌と同化しているようなモールドブラ・シームレスブラがおすすめです。表面にレースなどの装飾がなく、素肌のようにつるりとしたシンプルなデザインが特徴

ベージュ系の色を選べばほとんど「下着をつけている感」がありませんので、透けやすい白色の服や、薄手のTシャツなどを着ても安心です。

試着時はここをチェックしよう

 

ただサイズを見て購入するのではなく、ブラジャーは一度試着してみるのがおすすめです。ブラジャーを試着したときには、次のような「合わないブラ」の傾向がないか要チェック。

肩紐がずり落ちないか

肩紐のストラップがずり落ちるようなブラジャーは、バストをしっかり支えて持ち上げる力がありません。「紐の長さを調整すれば良い」というわけではなく、単にブラジャーの作りやサイズがあなたのバストに合っていない可能性があります。紐の長さを調整してみて、それでも合わないなら購入は見送り。

きつくないか・食い込みはないか

ブラジャーがきつ過ぎたり、バストに食い込みがあるようなブラジャーは合っていないのでやめましょう。あまりに強い力でバストをホールドするブラは、胸を圧迫して気分を悪くしてしまいます。バストが圧迫されると形そのものも崩れてしまいます。ブラを外した時に跡がつくようなものはリスキーです

ゆるすぎていないか・カップが浮いていないか

ブラがゆるくてカップとバストの間にすき間ができていないかチェックしましょう。いろんな体勢を取ってみて、バストからカップがカパカパと浮いたり、バストの形がズレたりするようなら、そのブラは合っていない可能性が高いです。もうワンサイズ小さめのカップを探してみましょう。

前部分はフィットしているか

 

バストの前部分はしっかりフィットしているでしょうか?乳頭とカップにすき間が開いていたり、逆にバストが押し付けられて圧迫されているような状態になっていないか注目です。

ワイヤーは痛くないか

ワイヤー入りのブラジャーを選ぶ場合は、ワイヤーを痛く感じないか注意してください。本当にぴったり合うブラジャーは、ワイヤーが入っていても違和感を覚えないものです。もちろんワイヤーの素材に対する適正もあるので、そのブラのワイヤーがストレスになるかどうかチェックしておきましょう。

腕をあげても胸がはみでないか

ブラジャーを試着したら、両腕を挙げてばんざいのポーズをしてみてください。腕を挙げるとバストがカップからはみ出ることがあります。バストがはみ出るようなら、残念ながらそのブラはあなたのバストに合っていません。どんなポーズでもバストをしっかりホールドしてくれるブラを探しましょう

前下がり後ろ下がりになっていないか

ブラジャーを試着して、鏡に向かって横向きに立って確認してみましょう。ブラジャーのラインが前下がりや後ろ下がりになっていませんか?アンダーから背中まで、真っ直ぐなラインを保てないブラは、バストをしっかり支えられません。ストラップを調整しても前下がり・後ろ下がりなら購入は見送りです。

まとめ

デザインや色で選びがちなブラジャーですが、最も注目すべきなのは自分のバストへのフィット感です。フィットするブラはバストを美しく保ち、自分に自信をつけてくれます。まずは正しいバストサイズを計って、自分にぴったりの一着を探しましょう。