【夢占い】台風の夢が意味するものとは?台風一過は吉兆のしるし

台風の夢を見ることはあるでしょうか。夢占いでは、台風にまで意味を持たせて解釈しています。そもそも台風の夢なんて見る人はあまりいないかもしれませんが、意味を知ってみると面白いかもしれません。

ここでは、

についてまとめてみました。

台風の被害が意味するもの

台風の被害によって、夢占いでは意味していることが違ってくると判断しています。そこで、ここからは台風の被害によって、どのような意味になってくるのか紹介します。これを知っておけば、より台風の夢についての知識も増えるかもしれませんね。

台風で窓が割れる夢:人間関係のトラブル

台風で窓が割れる夢は、人間関係のトラブルを意味しています。人間関係に悩んでいる人は、もしかしたらさらにその関係が悪化するかもしれません。窓が割れるというのは、とても縁起が良くないことなので、十分に注意するようにしてください。そもそも台風に遭遇することだけでも、夢占いでは吉夢というより凶夢であることが多いですね。

台風で家が壊れる夢:家庭内でトラブルの予感

台風で家が壊れる夢を見ると、家庭内でトラブルがある可能性があります。もちろん、あくまでも予感なのですが、家に被害が出るというのは、家庭だけではなく、家族や親戚などにも何か被害が出る可能性が高いと言えるのではないでしょうか。それらの予感が強まるので、台風の夢を見た時には、家庭崩壊や家庭不和がないかどうか見直してください。

台風で町が壊れる夢:周囲の人と揉め事が起きる暗示

台風で町が壊れる夢は、周囲の人と揉め事が起こる暗示と言えます。町というのは、いわゆる自分が住んでいる環境そのものと言えるでしょう。その環境が壊れるということは、つまり周囲の人とも上手くいかないことを暗示しているのです。もちろん、問題に適切に対処すれば問題はないので、その後の対応が必要となってくるかもしれませんね。

台風で停電する夢:環境変化に戸惑いがある

台風で停電する夢だったら、環境変化に戸惑いがあるのかもしれません。実際に環境の変化が怖いというのは人間の本能なので、占いでもなんでもありません。ただ、台風の夢の中でも停電は、より環境の変化に戸惑いがある状態を意味しているので、現実世界で不慣れなことをしている可能性があります。人生のステージが大きく変わる時期にも注意しましょう。

台風で通行止めになる夢:計画実行に困難が起きる

台風で通行止めになる夢を見るということもあるかもしれません。そんな時には、計画実行が困難になることを意味しています。計画していたことが頓挫したり、実行しようとしても上手くいかなかったりすることがあると言えるのです。実際に計画実行に困難が起こる予兆なので、ぜひとも準備は入念にしておくことが必要となるでしょう。

台風でものが飛ばされる夢:何かをなくす予感がしている

台風でものが飛ばされる夢は、何かを失う予感がしていることを意味しています。自分の大切なものが吹き飛んでしまうのではないかという状況に近いですね。誰もが自分の持っているものは失いたくないと思っているでしょう。この夢を見た時には、失わないように自分で努力することが必要となります。

台風で浸水する夢:生活全般に不安

台風で浸水する夢を見る時には、生活全般に不安があることが多いです。心配が多くなればなるほど、この手の夢を見ることも多くなるでしょう。台風で浸水するというのは恐ろしい状況なのですが、あまり起こることはありません。ただ、だからこそそんな夢を見る時には、漠然とした不安や心配を抱いていることも多いのかもしれませんね。

台風に対する感情・行動が意味するもの

台風に対する感情や行動によっても、実は夢占いが意味してくることも違ってきます。そのため、台風に対する感情や行動をしっかりと見ておくことが重要です。ここからはその台風との関わり方によって変わってくる意味について紹介します。

台風を怖がる夢:将来に不安がある

台風を怖がる夢を見る時には、将来に不安がある可能性が高いです。何か将来のことで心配していることはあるでしょうか。もちろん、将来に不安や心配がない人など、ほとんどいないでしょう。しかし、その迷いが多ければ多いほど台風の夢を見ることが多いです。夢占いでもあまり縁起が良いものではないので注意してくださいね。

台風に備える夢:トラブルに向き合う意思がある

台風に備える夢を見た時には、トラブルに向き合う意思があると言えます。これはもう当たり前のことを言っているだけですが、台風に備えるということはつまり問題に対してしっかり抗うことを意味しているのです。逆に台風が来るのに何も対処していないという夢であれば、より状況が悪化していくこともあるかもしれませんね。

台風から避難する夢:問題は改善のきざし

台風から逃避する夢であれば、問題は改善の兆しがあります。台風から逃げることができれば、問題は去ったと考えて良いでしょう。実際に台風に関しては、避難することで現実でも問題を回避できますよね。それと同じで、夢の中でもしっかりと非難しているのであれば、問題を解決できる予兆があると言えるのではないでしょうか。

台風の中田んぼを見に行く夢:実績を評価されたい

台風の中で田んぼを見に行くという夢は、実績を評価されたいという気持ちが強いと言えるのではないでしょうか。ただ、これに関しては人間誰もが持っている自己肯定感にすぎません。そのため、夢など関係なく実績を評価されたいという気持ちは誰にでもあります。ただ、それがより強くなっている証拠なので、自分を褒めることも忘れずに

台風の状態が意味するもの

台風の状態によって意味することも違ってきます。台風がどのような状況なのかをしっかり把握して、その点も加味しておくと良いのではないでしょうか。ここからは台風の状態によって変わってくる意味についても紹介したいと思います。

暴風雨の夢:人間関係で悩みがある

暴風雨の夢であれば、人間関係で悩みがある証拠です。夢占いでは、とりあえず何か嫌なことが立て続けに起こるような状況だと、ほぼ人間関係に悩みがあると考えて良いかもしれません。暴風雨のように、荒れ狂うイメージの夢だと、それは人間関係で悩みがある証拠と言えるのではないでしょうか。

もちろん人間関係で悩みがない人などいないので、そこは自分が置かれている現実世界の状況を把握して、しっかり対処しないと何も解決しないですけどね。

荒れる海の夢:感情を抑えきれない

荒れる海の夢を見たら、感情を抑えきれない状況だと言えます。波が心を表しているという安直なものですが、波が荒れれば荒れるほど感情も荒れていて抑えられない状況に近いと言えるでしょう。台風の中でも、嵐が来ていて海が荒れているような状況だと、まずは自分の感情をコントロールできるように努力した方が良いです。

ひどい雷の夢:疑心暗鬼

 

酷い雷の夢などでは、疑心暗鬼になっている心理状態と言えます。人のことを信じられなくなって、自分のことすらも信じられなくなっている状況に近いです。雷が降っているところが見えているという時には、心がゆらゆらと揺れ動いている可能性があります。現実世界で疑いを持っていると見やすい夢なので、現実世界を変える必要があるでしょう。

台風一過の夢:状況は次第によくなる

台風一過の夢を見たら、状況は良くなることを意味しています。これも安直な考えですが、台風が過ぎるという夢は、そのまま状況が良くなることを意味しているのです。これを見れば、現状はより良くなっていく予兆なので、安心しても良いでしょうね。

台風予報の夢:新しい環境への不安と期待

台風予報の夢を見たら、新しい環境への不安と期待が入り混じっている状況だと言えます。もちろん、誰だって新しい環境には不安と期待を持ち合わせています。常識と言えば常識ですね。ただ、台風予報の夢は新しい環境により大きな不安や期待を抱いている証拠でもあるので、現実世界でより準備をしておくことが必要です。

まとめ

台風の夢はあまり良い意味がありません。そのため、台風の夢を見たら、入念に準備をして現実世界をしっかり見つめて対処していくことが必要となるでしょう。もし見てしまったら、自分の心をしっかり見てあげてください。