人を轢く夢は現実への警告?事故の夢が意味していることとは

できれば一生遭遇したくない事故や災難。しかし、現実でなくても夢の中で事故に遭ってしまうことがあります。起きてから夢の中で良かったと胸をなでおろすでしょう。しかし、夢だからと無視できるとは限りません。夢の中で事故に遭った場合、それが大きな意味を秘めていることもあります。

ここでは、

について紹介します。

事故の夢の意味することとは?

事故にはさまざまなものがあります。また、事故の責任が自分にあるものなのか、ただ巻き込まれたものなのかによっても違うでしょう。夢の中で事故に遭った場合どのような意味を持っているのかまとめました。

焦り・不安・注意不足・責任・自分への罰の象徴

多くの事故は不注意から起こります。夢の中で事故が起こった場合も不注意や焦り、不安などを意味していることが多いでしょう。また自分が原因で事故が起こってしまったなど、自責や自分への懲罰を意味することもあります。その夢がどういった原因で起きたものなのか、避けることができなかったのかを見直すことで夢が持つ意味を探る手掛かりになるでしょう。

事故の夢は予知夢の可能性もある!

事故の夢の中にはあまりにリアルで鮮明に見えてしまうものもあります。あまり考えたくはないことですが、このような夢の場合は予知夢といって実際に事故が起こる予兆かもしれません。全く同じ事故が起きるとは限りませんが、事故の夢を見た場合、しばらくの間は周囲の環境に注意を払いながら生活するようにおすすめします

自分が事故を起こす側なのか起こされる側なのかの違いもある

事故の夢は自分が起こした事故なのか、単純に巻き込まれてしまった夢なのかによっても違います。自分が起こしてしまった夢の場合は、自分の不安定さや未熟さかトラブルに発展するかもしれないという警告夢と考えられます。また自分が事故に巻き込まれた場合は、焦りや不安から問題を抱えることを示していること考えていいでしょう。

乗り物や事故の規模によっても意味は違う

事故と簡単に言っても、その原因や規模はさまざまです。例えば自分が運転する乗り物なのか、エレベーターやバスのように自分が乗るだけのものなのかによっても事故が示す意味が変わるでしょう。またその事故の規模が大きければ大きいほど、抱えている不安や焦りも大きいと考えられます。逆に軽傷で済むような事故の場合はすぐに問題解決できるかもしれません。

自分が事故を起こす夢のパターンとその意味

事故が出てくる夢はどれも気分が良くありません。中でも特に後味が悪いのが、自分が事故を起こしてしまった夢でしょう。自分が夢の中で事故を起こしてしまう場合は、どのような意味を持つのかまとめました。

自分が事故を起こす夢は心理的に圧迫されているというメッセージ

自分が事故を起こしてしまう夢を見た場合は、焦りや注意力不足が原因でトラブルを引き起こすかもしれないという警告夢と考えられます。また不安定で未熟な自分に対する自分を責めるような気持ちがあるのかもしれません。人生に焦りを感じ心理的プレッシャーを抱えている場合は、できるだけ心にゆとりをもって丁寧に物事にあたるよう心掛けてください。

運転する車を制御しきれず交通事故を起こす夢

自分が運転する車やバイクが急に制御できなくなってしまう夢もよく聞かれるパターンです。これは自分の感情がコントロールできずに暴走してしまうことでトラブルになる警告夢と解釈することができます。カッとなってしまいやすい、興奮して暴力をふるってしまうという人は、気持ちを整えて感情を管理できるように努力しましょう

人を轢く夢

人や動物を乗り物で引いてしまう夢は、あなたの攻撃性を示します。また倫理的に良くない考え方をしているのかもしれません。現実でも人に喧嘩を売ってしまったり、人の心を傷つけてしまったりすることを警告している夢だと考えられます。内省的になって自分の考え方を見直すとともに、思いやりを持って人に接するように心がけて下さい。

ひき逃げ・事故現場から逃げる夢

夢の中で逃げているという場合は、現実からの逃避を意味しています。仕事やプライベートでの果たすべき義務や責任、もしくは脅威から逃げたいと感じているのではないでしょうか。また後ろめたいことをして自分を責めているのかもしれません。このような夢を見てしまったときは、自分が何と対峙しなければいけないのか、何から逃げているのかを将来のために考えてみてください。

自分が事故に巻き込まれる夢のパターン

夢の中で事故に遭うときには、自分に全く責任がなく巻き込まれてしまうものもたくさんあります。自分が事故に巻き込まれてしまった場合どのような意味を持っているのでしょうか。

車に轢かれる夢

車に轢かれる夢を見てしまった場合、それは人生に焦りを感じ、言動に一貫性がなく不安定な状態にあることをあらわしています。それが原因でトラブルになるかもしれないという警告夢と考えていいでしょう。ただし、車に轢かれても無傷や軽傷である場合、トラブルもすぐに解決すると考えられます。また出血した場合は、生命力が高まって運気アップが期待できるでしょう。

電車に轢かれる夢

車と違ってレールを走っている電車に轢かれる夢の場合、自分自身の境遇や人生に対して不満や物足りなさを感じているかもしれません。またそれで死んでしまうような夢の場合は人生を大きく変えてしまいたいという願望をあらわします。運勢がアップする吉夢でもあるので、人生を見直しきっかけになるかもしれません。

事故で電車やバスが遅れる夢

事故によって電車やバスが遅延する夢の場合、チャンスを逃してしまうことを意味しています。遅延によって目的地にたどり着けないときには、トラブルによって目標達成が危ぶまれるでしょう。また遅刻してしまうような夢の場合は、スケジュールの見直しが迫られていると考えられます。周囲と協力して速やかに対策してください。

事故に遭って自分が障害者になる夢

事故の遭う夢だけであれば、一時のトラブルと考えられますが、事故によって後遺症が残ってしまう場合は注意してください。運気や能力が低下していることを示すサインかもしれません。例えば身体にマヒが残るような場合は行動力や積極性の低下、視覚に障害が残る場合は、直観力が低下、脳に問題が残る場合は、思考力や想像力が低下すると考えられます。

ひき逃げや当て逃げされる夢

事故の中でもひき逃げや当て逃げされてしまった場合は、チャンスを失ったり、不安を感じていたりすることを示します。また事故を起こした人が知人で会った場合には、その人の攻撃性や邪さに脅威を感じているのではないでしょうか。その人は同僚や友人かもしれません。もしもこのような夢を見てしまったときには、その人との関係を見直すようにしてください。

自分ではない誰かが事故を起こす夢のパターン

電車内でスマートフォンを触る女性

事故の中には誰かが起こした事故を目撃するだけのものもあります。これは周囲でトラブルが起きる暗示と考えられるでしょう。もしもその事故が原因で目的地にたどり着けない、待ち合わせに遅れるなどの不都合がある場合は、これから問題が起きて苦労する暗示です。苦境を脱却するための方法を探ったり、人の力を借りたりすることで脱却しましょう。

知り合いが交通事故を起こす夢

夢の中で事故を起こした人が知り合いで会った場合、その知り合いがトラブルを起こす暗示であると考えられます。またその知り合いとの関係によっても意味は変わるでしょう。知り合いが恋や仕事のライバルであった場合、何かトラブルで失脚してほしいという願望があらわれているかもしれません。知り合いとの関係性や自分が感じている気持ちを整理するようにしましょう。

現実で嫌っている人が交通事故を起こす夢

夢の中では現実で嫌っている人が出てくることもあります。もしかしたら不満があるものの口に出せなかったり、人間関係に問題を抱えていたりしてストレスに感じているのかもしれません。とくに交通事故の夢は人間関係のトラブルを暗示します。今後、現実で大きなトラブルに発展しないように早い段階で冷静に対処しておきましょう。

知らない人が事故でケガをする夢

知らない人であっても事故の夢にぞっとしてしまうことがあるでしょう。知らない人が事故でケガしてしまう夢を見た場合、それは自分自身の不安定さや焦りを示していることがあります。また、そのケガの程度もポイントです。後遺症が残ってしまうような大きな事故である場合は、それだけ感じているプレッシャーや不安も強いと考えることができます。

まとめ

事故の夢を見てしまう場合、予知夢ではないかと心配してしまう人が多いでしょう。しかし、事故の夢の多くは警告夢や置かれている環境を表しているものです。また事故から助かる夢、出血する夢などは吉夢の可能性もあります。冷静に自分が置かれた状態や気持ちから判断しましょう。