親と喧嘩する夢にはどんな意味があるの?喧嘩する夢が教えてくれること

夢の中では普段の自分ならしないようなことも、当たり前にしてしまうことがあります。日常生活では喧嘩なんてしないような温厚な人も、夢の中では喧嘩をしてしまうなんてことも多いでしょう。夢の中で親と喧嘩したという場合はどのような意味があるのでしょうか。

ここでは、

をまとめました。

喧嘩・母親・父親のそれぞれの意味は?

夢の中で出てきたものにはそれぞれ意味があります。それぞれの意味を総合的に勘案して現実に照らし合わせるのが夢占いの手法です。親と喧嘩する夢の場合は、喧嘩と母親、父親、それぞれに意味を知るところから始めましょう。

喧嘩はストレス・束縛・葛藤やそれらからの解放を象徴

夢の中で出てくる喧嘩は抑圧された状態やストレス、葛藤、さらにそれらからの解法を意味しています。必ずしも悪い意味ではなく、葛藤を乗り越えてからの内面的な成長を意味することも多いでしょう。また現状置かれている環境に不満を持って、改善していこうと力を尽くしていることも示しています。もしもその喧嘩が激しければ、問題からの脱却も期待できると考えられます。

母親は母性・慈愛・束縛を意味する

母親の夢は母性や、自己犠牲を伴うような慈しみを司ります。また保護や過干渉、束縛などを象徴していることもあるでしょう。また男性が母親の夢を見た場合は、理想の恋人をあらわすこともあります。逆に女性が同性である母親の夢を見た場合は、自分自身の母性を見つめているのかもしれません。母親の夢が持つ意味は優しいものが多いとともに、束縛や強制などネガティブなものもあるため、夢の印象で判断が必要です。

父親は威厳・権力・力強さ・知恵・道徳を意味する

父親が出てくる夢の場合、父親本人を意味しているほかに権威や権力の象徴であることもあります。女性が父親の夢を見た場合は理想の男性として登場していることもあるでしょう。また夢の中で父親が起こっている場合は、上司や先生などとの関係が悪化して怒りや不安、ストレスを抱え込んでいるのかもしれません。現実での父親の人物像によっても夢の持つ意味は変わるでしょう。

父母のどちらと喧嘩するのかで意味が変化する

喧嘩には抑圧やストレスからの解放といった意味があります。その時喧嘩しているのが母親なのか、それとも父親なのかによって夢の意味は変わるでしょう。また喧嘩の結果はどうだったのかによっても夢が持つ意味が変わります。できるだけ詳細に夢の中で出てきたシンボルを思い出しながら、夢が持つ解明してください。

親と喧嘩する夢のパターンとその意味について

親と喧嘩する夢の場合、現実の親を意味することもありますが、それ以外の意味を持っているかもしれません。また親と口喧嘩だけだったのか、暴力まで発展したのかによっても意味が変わります。それぞれにパターンについてまとめました。

母親と喧嘩をする夢

母性を司る母親と喧嘩する夢の場合、その喧嘩を通じて自身の母性を確認しているのかもしれません。また、母親の過干渉や束縛に疲れて脱却したいと感じているのではないでしょうか。喧嘩は自分にとって辛いものであるかもしれません。しかし、その経験を通じて内面的に成長することによって母親から精神的に自立できるようになるでしょう。

父親と喧嘩をする夢

権威の象徴である父親との喧嘩は、上司や先生など権威がある人に抑圧されていたり拘束されていたりすることに不満を感じているのかもしれません。また、それに対してストレスを感じて改善しようとしていることをあらわしています。また夢の中で上司や医者、社長などが出てきた場合にも同じような意味があると考えることができます。

親を殴る夢・親に殴られる夢

夢の中では喧嘩以外に殴るという行為にも意味があります。夢の中で殴っている場合は、愛情と憎悪など相反する感情に葛藤を感じていると考えられます。また殴られる夢は運気上昇を示す吉夢であることが多いでしょう。殴られる夢は相手からの好意を意味しています。両親との関係が悪化しているような場合は、積極的に関わっていくことで好転していく兆しかもしれません。

喧嘩をした後の状況が印象に残るパターンとその解釈

喧嘩しただけで夢が終わるパターンもありますが、喧嘩した後の結果まで夢に見ることがあります。実は喧嘩の結果が深い意味を持っていることもあるでしょう。喧嘩した後の状況が印象に残る場合、どのように解釈するのかまとめました。

喧嘩の後に別れてしまう夢

夢の中で登場する別れは、自立して前進すること、またそれに対する不安などを意味しています。別れというと、現実でも別れてしまう正夢と考えてしまうこともありますが、そのパターンは稀と言われています。親と喧嘩して別れてしまう夢は抑圧やプレッシャーを感じながらも、絆を深めるために努力していることがうかがえます。一時的に関係が悪化しても、乗り越えることで絆が深まるでしょう。

喧嘩の相手から睨まれる夢

喧嘩という行為に発展していなくても、睨まれる夢を見ると良い気持ちはしません。親から睨まれる夢を見た場合、抑圧されていて心のうちに葛藤を抱えていることを示しています。また睨むということは悪意であるかもしれませんが、関心がある証拠です。自分から相手に対して丁寧に話し合いをすれば関係が改善することもあるでしょう。

喧嘩で泣いてしまう夢

夢の中で泣いた場合、感情の開放や欲求不満の解消などをあらわしています。親と喧嘩して泣くということは親に対して感じていた不満やストレスからの解消を意味しています。現状不安やストレスを感じているという人は、これから努力が実るという暗示かもしれません。自分が感じている葛藤や不満を相手にぶつけることで、お互いの気持ちを理解するようにしましょう。

喧嘩で勝った夢

夢の中で喧嘩に勝った場合は現状を打破して、不安やストレスから解消されるという予兆です。ただし、攻撃的になってポジティブ思考が先行し過ぎてしまっていることもあるかもしれないので、行動は慎重におこなってください。両親に対して自分が感じている気持ちを冷静に説明することで、新しい関係性を勝ち取りましょう。

喧嘩で負けてしまった夢

喧嘩で負けてしまったという場合は、思考がネガティブに寄りすぎて不安に囚われているのかもしれません。自分は希望していない進路など、親の意のままにならざるを得ない状況になっているのではないでしょうか。しかし、この夢を見た場合は努力や気持ちの持ち方で打開できます。自分が持っている実力を信じて努力することで、将来への道が拓けるでしょう。

喧嘩後に相手に謝る夢

喧嘩をした後に相手に謝る夢を見ることもあります。この時に重要となるのがどのような気持ちで謝っているかです。もしも仕方なく謝っているようであれば、不満を溜め込みながらも親に打ち勝つ自信が持てずにネガティブになっているかもしれません。また一生懸命謝っている場合は、自分の気持ちを理解してほしい、認めてもらいたいという気持ちが高まっていることを示します。

喧嘩が関係するその他の夢の意味

喧嘩に関連する夢の中には自分が 喧嘩をするもの以外にもさまざまなパターンがあります。喧嘩にどのように関わるかによって夢の意味も変わるでしょう。それぞれの夢が持つ意味についてまとめました。

誰かの喧嘩を仲裁する夢

喧嘩を仲裁する夢の場合は、あなたが自信に満ち溢れて物事が上手く進んでいることを暗示しています。また周囲の人々からの協力や信頼関係によって、人間関係が円滑に進むことの暗示でもあります。仕事運や対人運が上昇しているタイミングなので、新しいプロジェクトなどにチャレンジするきっかけにもなるでしょう。

誰かの喧嘩を見ている夢

誰かの喧嘩を見ているだけという場合は、自分が直面している問題に対して見て見ぬふりをしていることをあらわしています。当事者意識が薄くて、周囲から期待されている役割を果たしていないのかもしれません。このような夢を見た場合は、置かれている環境や状況を確認して、自分の役目を果たしているかどうか見直すようにしてください。

猫が喧嘩している夢

夢の中で猫が喧嘩している場合、男性と女性で意味が変わることがあります。男性が猫の喧嘩を見た場合は、猫は恋人や愛人を示すことが多いでしょう。恋愛関係のトラブルに注意が必要です。また猫は金運や執念深さ、市と、高慢などのシンボルです。今後対人関係や恋愛でトラブルを抱え込む暗示と考えられるので、注意しましょう。

まとめ

喧嘩というとあまり良いイメージがありません。しかし、喧嘩をすることは自分の将来や人との関係性を見直すきっかけにもなります。夢はあくまでも暗示です。現実で自分がどのような行動を起こすかによって未来は大きく変わるでしょう。