【夢占い】食事の夢が意味するものとは?状況別16の意味

食事の夢を見た時、どんな意味なのか気になりますよね。そんな時には夢占いで食事の夢の意味を考えてみると良いです。

ここでは、

についてご紹介します。

食事のシチュエーションが意味するもの

食事のシチュエーションによって、意味が変わってくることがあります。夢占いをするためにも、まずは食事の夢がどのようなシチュエーションだったのかを確認してみてください。ここからはそれぞれの意味について紹介します。

食事に誘われた夢:対人関係は良好

食事に誘われた夢を見たら、それは対人関係が良好なことを意味しています。人間関係は誰しもが悩むことですが、食事に誘われる夢であれば、まず大きな問題はない証拠です。食事の夢の中でも、誘われたということであれば関係はかなり良好と言えるのではないでしょうか。自分が食事に誘われている夢を見たら、周囲の人間関係も今一度見てみましょう。

食事に誘う夢:相手と親しくなりたい

食事に誘う夢を見たら、それは相手と親しくなりたい気持ちがある証拠です。あまりにも安直な考え方だと思うかもしれませんが、夢占いとは現実世界と連動していることも多いです。強く相手と仲良くなりたいと念じることによって、夢の中でも食事に誘ったりすることが出てくるのです。そんな夢を見た時には、好きな人や気になる人がいる証拠です。

一人で食事する夢:一人になりたいと思っている

1人で食事をしている夢を見たら、それは1人になりたいと思っている証拠です。人にあまり構われるのが嫌という人は、この手の夢を見ることも多くなりますね。実際に1人で食事をするというのは、1人の時間を大切にしたいと思っている願望です。リアルの世界でも自分の時間を作って、1人になるようにすると良いかもしれませんね。

食事を残す夢:精神的に満たされている

食事を残す夢を見たら、それは精神的に満たされている証拠です。食事に投影することによって、自分自身が満たされているということを再認識することができるでしょう。余るほどの食事があるというのは、それほど心のエネルギーが足りているということになります。ただ、身体の健康とはまた別なので、そこは注意しておきたいです。

食事に迷う夢:人の目を気にしている

食事に迷ってしまう夢を見たら、それは人の目を気にしているのかもしれません。誰でも人の目は気になるものですが、特に食事に迷う夢を見たら、人からどう思われているのか気になっている証拠です。あまり周囲のことは気にせず、自分を軸にした生き方を見つけていくことが必要となってくるのではないでしょうか。

食事の相手が意味するもの

食事の相手によっては、意味することも違ってきますね。食事の夢には、誰と食事をするかによって、意味もかなり変わってきます。そこで、ここでは食事の相手が誰なのかによって変わってくる意味を解説しますので、参考にしてみてください。

友達と食事をする夢:対人運は良好・相手を信頼している

友達と食事をする夢は、対人運や良好なことを意味しています。相手のことを信頼しているので、特に心が乱れているということもありません。ただ、相手のことを信用していても、自分自身が信じてもらっているのかは別問題です。対人運は良好なのですが、自分から相手にとって良い人間関係を築いていくことが必要となってくるのではないでしょうか。

知り合いの異性と食事をする夢:より親密になりたいと感じている

知り合いの異性と食事をする夢を見たら、より親密になりたいと思っている証拠かもしれません。好きな人がいる人や気になる人がいる人は、この手の夢を見ることも多いです。自分自身が親密になりたいと願っているので、そんな時はリアルの世界で好きな人や気になる人にアプローチすることが必要となってくるでしょうね。

見知らぬ異性と食事をする夢:新しい環境になじめない

見知らぬ異性と食事をする夢を見たら、それは新しい環境に馴染めないという感情の意味があります。落ち着かない気持ちが知らない人との食事に投影されているわけです。職場が変わった時や学校が変わった時など、慣れない環境にいる時に見ることも多くなるかもしれません。ただ、適応していくことが必要なので、その環境に慣れることが必要です。

親と食事をする夢:誰かに依存したい

親と食事をする夢を見たら、それは誰かに依存したいという気持ちがあるのかもしれません。実際に親は子供が最初に依存する対象です。そんな親が夢に出てきたということは、どこかで依存したいという気持ちがある証拠とも言えます。もちろん、依存の対象が変わっていくのは避けたいので、自分が信じられる人を見つけていくと良いでしょうね。

恋人と食事をする夢:相手の気持ちを確かめたい

恋人と食事をする夢を見たら、相手の気持ちを確かめたいと思っていることが多いです。相手の気持ちがわからないと思っている証拠なので、不安や心配もより大きくなっていることが多いです。この夢を見たら、まずは相手の気持ちを確かめてみることが必要でしょうね。それに関してはデートなどを通して、現実世界で確認してみると良いでしょう。

苦手な人と食事をする夢:困難に立ち向かう決意

苦手な人と食事をする夢を見たのなら、困難に立ち向かう決意の表れでもあります。苦手な人は誰でもいるものですが、それに立ち向かっている姿が投影されているのが、この手の夢だと言えるでしょう。困難に立ち向かうことができるので、ぜひ苦手なことがあっても克服できるよう努力してみてください。案外努力によって打破できるかもしれません。

食べたものが意味するもの

食べたものによっても実は夢占いの意味が変わってきます。そのため、食事の夢を見たら何を食べたのかもチェックしておくことが必要です。ここからは食べたものが意味することについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

嫌いな食べ物を食べる夢:努力を認められたいという願望

嫌いな食べ物を食べる夢を見たら、それは努力を認められたいという願望を意味しています。実際に嫌いな食べ物を食べるというのは、自分の頑張りを投影しているのです。普段努力しているのに誰にも認められないという時には、この手の夢を見ることが多くなります。そのため、現実世界で誰かに認めてもらうという実績や経験が必要となってくるでしょう。

温かいものを食べる夢:健康・精神的にもよい状態

温かいものを食べる夢を見たら、健康にも良いということを意味しています。精神的にも肉体的にも良い状態なので、安心してその生活を続けていくと良いです。ただ、何もしないとそれだけで状況が変わっていくこともあるので、そこは注意が必要となるでしょう。温かいものを食べる夢を見た時こそ、一度体調をしっかりと判断してみてください。

冷たいものを食べる夢:孤独を感じている

冷たいものを食べる夢を見たら、孤独を感じている可能性が高いです。孤独を感じている人ほど、この手の夢を見ることがあります。誰にも相手にされていない、つまり人との触れ合いに熱を帯びていないからこそ、冷たいものを食べる夢として出てきてしまっているのです。そこは現実世界で頼れる人を見つけていくことが必要となるでしょう。

野菜を食べる夢:健康運・恋愛運は上々

野菜を食べる夢を見たら、それは健康運や恋愛運がアップしていると言えるでしょう。健康も恋愛も順調なので、特に何か悪いことが起こる予兆もありません。健康運や恋愛運は変動するものなので、この手の夢を見た時にはそれを維持できるように努力することが必要となってきます。そこで手を抜くと、もしかしたら運気もダウンするかもしれません。

食べ物以外のものを食べる夢:個性を認められたい

食べ物以外のものを食べる夢を見たら、個性を認められたいと思っている証拠です。自分の個性が認められない時には、この手の夢を見ることも多くなります。個性を認めてもらえないという気持ちが、異物を食べるという夢に繋がってきているのです。そのため、しっかりと考えて現実世界で努力することが必要となってくるでしょう。

まとめ

食事の夢は意味も豊富で、シチュエーションによっても変わってきます。そのため、ここで紹介した意味を知り、自分の夢がどのような意味を持っていたのかを確認してみてください。そうすることで、より夢占いも紐解いていくことができるでしょうね。