化粧水の成分一覧!肌の悩み別成分&スキンケアにおすすめの化粧水も紹介

スキンケアに欠かせない化粧水。

毎日使うものだからこそ、肌に優しく効果的で、使用感のいいものを選びたいものですね。とはいえ、化粧水の成分を見ても、その成分が良いものか悪いものか判断できないこともあるでしょう。

今回は化粧水によく含まれる成分や、おすすめ化粧水を徹底紹介!

成分一覧の後には、肌の悩み別におすすめな成分についても触れていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

化粧水の主な成分とは

化粧水は、主に洗顔後に使用する形状の化粧品。

肌荒れを防いだり保湿や収れんによる整肌効果が期待できるものです。その化粧水は、主に3つの成分でできあがっています。

水(80%程度)

化粧水の主となる成分です。

単純に水と書かれることがほとんどですが、海洋深層水やローズ水などと書かれることもあります。

アルコール(10%程度)

収れんや防腐などに役立つ成分ですが、近年はアルコールに敏感な方に向けてアルコールフリーの化粧水も増加しています。

アルコールが入っているからNGという訳ではなく、肌質や目的によって選ぶ必要があります。

その他(数%)

グリセリンやヒアルロン酸、〇〇エキスといった保湿成分や香料などがその他数%に含まれます。

肌の悩み別おすすめ成分は?

乾燥肌には【スーパーヒアルロン酸】【アミノ酸系成分】etc…

乾燥が気になる肌には、しっかりとした保湿が叶う成分に注目するのがポイント。

高い保湿力が期待できるヒアルロン酸成分や、人がもともと持っている天然保湿因子となるアミノ酸系の成分がたっぷり含まれているものを選ぶ事で内側から潤った肌に導くことができるでしょう。

他にも、取り入れた潤いを逃さないフタとなるような成分も大切です。

関連記事

ヒアルロン酸入りのおすすめ化粧水は以下の記事で紹介しています

ヒアルロン酸化粧水のおすすめ8選!プチプラ化粧水も!

ニキビ肌には【ビタミンC誘導体】【サリチル酸】etc…

ニキビが気になる肌には、ニキビを予防できるような成分が含まれている化粧水を選ぶのがおすすめです。

正常なターンオーバーを促進するビタミンC誘導体となる成分や、溜まった角質や毛穴汚れをオフしやすくなるサリチル酸を取り入れることで健やかな肌に導くことが可能になります。

関連記事

ビタミンCの成分と効果については、下記の記事で紹介しています。

ニキビケアにはビタミンC!有効なビタミン剤、効果的な摂取方法とは

ビタミンCが配合されているおすすめの美容液は、下記の記事で紹介しています。

ビタミンC美容液おすすめ9選!ビタミンC美容液の上手な選び方

敏感肌には【セラミド】【和漢植物エキス】etc…

敏感でデリケートな肌には、低刺激であったり肌の機能を活性化させたりバリア機能を高める効果が期待できる成分がおすすめです。

人がもともと持っている保湿成分や、刺激の少ない天然成分を意識して取り入れることでデリケートは肌でも安心してスキンケアを行うことができるでしょう。

関連記事

敏感肌の人におすすめの化粧水は以下で紹介しています。

《敏感肌》におすすめの化粧水4つをご紹介!敏感肌に特化したアイテムはコレ

セラミドQ10の成分と効果については、下記の記事で詳しく紹介しています。セラミドが含まれるおすすめのプチプラ化粧品も解説しています。

セラミドは効果的に肌につける事が重要!種類や特徴別して人気のある商品を紹介!

エイジングが気になる肌には【レチノール】【コエンザイムQ10】etc…

肌のしぼみやくすみが気になるエイジング肌には、高い抗酸化作用や肌の内側から潤いや弾力を高める効果が期待できる成分がおすすめです。

他にも紫外線からのダメージをケアできるような成分も、エイジングケアに注目したい成分です。

関連記事

下記の記事では、アンチエイジング(エイジングケア)におすすめの化粧水を紹介しています!

アンチエイジングに効果的な化粧水8選!目指せマイナス5歳肌!

コエンザイムQ10の成分と効果については、下記の記事で詳しく紹介しています。

人気のコエンザイムQ10の効果とおすすめサプリ6選

くすみが気になる方向けの化粧水は、以下で紹介しています。

くすみに効果的な化粧水の選び方!肌質別おすすめ化粧水はこれだ!

化粧水によく含まれる成分一覧

【化粧水によく含まれる成分一覧】のまとめは、50音順に成分の名前とその期待できる効果や効能、特徴について記していきます。

成分によっては積極的に取り入れたいものやそうではないものも含まれています。成分の安全性についても適宜触れていきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

さあ、それでは以下から化粧水によく含まれる成分についてみていきましょう。

ア行

アクリレーツコポリマー

皮膜形成剤として役立つ石油由来の合成ポリマー。

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

増粘剤やゲル化剤として役立つ合成ポリマー。

アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミドコーポリマー液

皮膜形成による皮膚コンディショニング効果が期待できる成分。

アスコルビルグルコシド

ビタミンC誘導体の一種。

美白や美肌に高い効果が期待できるビタミンCを肌内部へ浸透しやすくさせた成分。

アスパラギン酸

アスパラガスから発見されたアミノ酸の1つ。

老廃物の処理や代謝の活性化に効果が期待できるので、健やかな肌へ導く。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

スーパーヒアルロン酸とも呼ばれる、肌馴染みが良く高い保湿力が期待できる成分。

アセチルグルコサミン

別名ヒアロファクター。ヒアルロン酸の合成を促進する効果が期待できる。

アテロコラーゲン

皮膜形成によって肌に保湿、ハリ・ツヤを与える。

アラニン

角質層を保護する保湿成分。

アラントイン

収れん作用によって肌荒れの改善やニキ予防への効果が期待できる。

アルギニン

肌馴染みがよく、保湿効果に高い期待ができるアミノ酸の1つ。

アルギニンが多く含まれる食品とは?アルギニンが持つ健康効果

αーグルカン

デンプンと酵素からなる成分で、エイジングケアに効果が期待できる。

アルブチン

コケモモに含まれた、メラニン生成を抑えシミやそばかすを防ぐ効果が期待できる美白成分。

アロエベラ液汁

アロエの葉から得られる粘度のある液汁。

消炎作用や保湿に効果が期待できる。

イオウ

抗菌作用の他、ピーリングや抗炎症作用によるニキビケア、美白に効果が期待できる成分。

イソステアリン酸

乳化剤として、肌馴染みがよく感触のいい質感に導く。

イソセテス-20

乳化剤、可溶化剤として役立つ成分。

イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用に優れ、ニキビケアに効果が期待できる成分。

イソロイシン

必須アミノ酸の1つで、肌を健やかに保つ効果が期待できる。

1.3-ブチレングリコール

サトウキビを原料にして得られたアルコールで、さらっとした使用感が特徴。

1,2-ヘキサンジオール

保湿の他、防腐や抗菌に役立つ。

イノシン酸2Na

旨味成分のある食品添加物としても役立つ成分で、エモリエント剤、保湿剤としての効果が期待できる。

ウマスフィンゴ脂質

馬の体内から得られる天然セラミドで、肌のバリア機能や肌荒れを改善し潤いを保つ効果が期待できる成分。セレブロシドと呼ばれることもある。

エクトイン

エジプトの砂漠で生命活動を続ける極限環境生物が生み出す成分で、高い保水効果が期待できるとして高保湿やエイジングケアに役立つ。

エタノール

殺菌、収れんに優れ、さっぱりとした使用感に用いられるアルコール成分。

エチルへキシグリセリン

グリセリンと同様の保湿効果が期待できる。抗菌や消臭にも役立つので、パラベンフリーのアイテムに処方されていることが多い。

EDTA-2Na(エデト酸ナトリウム)

キレート剤として役立ち、金属アレルギーを持つ人にとってはその反応を起こりにくくする効果も期待できる。

N-ヤシ油脂肪酸アシルL-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩

抗菌性を持つためニキビケアに効果が期待できる。

L-オキシプロリン

コラーゲンの生成を促進しハリのある肌に導く。

L-メントール

冷感作用があるため清涼感ある使い心地が得られる。

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体

高い保湿としなやかな肌に導く効果が期待できる。

塩化Na

いわゆる食塩で、肌のキメを整える効果が期待できるミネラル成分。

オキシベンゾン-○

紫外線に対する吸収・分散効果が期待できる成分。

○には数字が入る。オキシベンゾン-1はUV-B吸収、オキシベンゾン-3はUV-AとUV-Bの吸収、オキシベンゾン-9はUV-A吸収によって肌の損傷を防ぐとされている。

オリゴペプチド-24

高い抗酸化作用によりエイジングケアに効果が期待できる成分。

オレイン酸ポリグリセリル-○

主に乳化剤として肌あたりのいい使用感に導くのに役立つ成分。○には1〜10の数字が入る。

オレイン酸PEG-6ソルビタン

別名ポリソルベート80。安定性の高い乳化剤として役立つ。

カ行

加水分解ケラチン

皮膚や毛髪に近い成分のため非常になじみがよく、皮膚コンディショニング剤として役立つ。

加水分解コーンスターチ

保湿や乳化剤として役立つ成分。

加水分解コラーゲン

しなやかな皮膜形成によって高い保湿効果が期待できる。

加水分解コンキオリン

アコヤ貝から生成された真珠やその貝殻から得られた成分で、保湿の他エイジングケアに高い効果が期待できる。

加水分解シルク

シルクから得られる成分で、皮膚や毛髪の保湿の他に美白にも効果が期待できる。

加水分解ヒアルロン酸

通常のヒアルロン酸より浸透しやすくして高い保湿が期待できる。

いろんな用途で使える!プチプラ《ヒアルロン酸原液》が話題

加水分解卵殻膜

肌のダメージの治癒を促したり、真皮の中のコラーゲンを増やしふっくらと弾力のある肌質へ導く効果が期待できる。

カプリル酸グリセリル

ヤシ油由来の成分とグリセリンを組み合わせたもので、皮膚への油分補給に役立つ油性成分。

カラギーナン

海藻由来の成分で、独特の粘性や肌感触があり肌に潤いと艶やかなハリを与える。

別名アイリッシュモスエキスとも呼ばれる。

ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)

ガラクトミセスという菌を牛乳で培養しろ過した液体で水の代わりに用いられることもある。アミノ酸や糖が豊富に含まれているため保湿や整肌に役立つ。また、AHAによる皮膚を柔らかく滑らかに導く効果も期待できる。

カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。増粘剤として用いられる他、皮膜形成による保湿効果が期待できる。

感光素201

ピオニンと呼ばれることもある。

ニキビの原因となるアクネ菌に対する高い抗菌効果が期待できる。

キサンタンガム

天然ガム質で、増粘剤として用いられる他、皮膜形成による保湿効果が期待できる。

キシリトール

保湿、保香剤として役立ち肌荒れを防ぐ働きがある。

キトサン

カニやエビなどの甲殻類の殻から得られる成分で、ヒアルロン酸に似た使用感がある。

皮膚形成作用で傷口の修復を促進する効果も期待できる。

高い抗酸化作用によるエイジングケア効果が期待できる。

グアニル酸2Na

旨味成分として食用に用いられることも多いアミノ酸の一種で保湿効果が期待できる成分。

クエン酸

柑橘類に含まれる酸性成分で、収れん作用や肌の健康促進に効果が期待できる。

クエン酸ピーリングできれいな肌を手に入れよう【自宅で簡単♪】

グリコシルトレハロース

とうもろこし由来の天然の保湿成分。

紫外線から肌を保護したり、炎症や肌荒れを防ぐ効果が期待できる。

グルコシルヘスペリジン

柑橘類の皮に含まれる天然成分で、血行促進によるクマ・くすみの予防に効果が期待できる。

グリシン

保湿効果に加え、血行促進、抗菌作用、キレート剤などとさまざまな用途に役立つ成分。

成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を促進する効果お期待できる。

グリセリン

化粧水をはじめ、さまざまな化粧品に含まれている保湿成分。

グリセリンとは?グリセリンの用途と手作り化粧水の作り方

グリセリン化粧水を作ろう!作るときの注意点も紹介します

グリチルリチン酸2K

甘草由来の成分で、消炎効果による肌荒れやニキビの防止に役立つとされている。

グルタミン酸

肌のうるおいを守り、バリア機能の回復を促すアミノ酸成分。

グルコシルセラミド

こんにゃく由来の安全性の高い成分で、肌のバリア機能の改善に効果が期待できる。

グルコン酸亜鉛

肌荒れやニキビを治める抗炎症、抗菌効果や、皮脂の過剰分泌の抑制に役立つ成分。

グルコン酸銅

肌の新陳代謝を促進し、肌を健やかに導く。

ゲラニオール変性アルコール

芳香性のあるエタノール。

コエンザイムQ10

強い抗酸化作用とエネルギー生産作用によってエイジングケアにも役立つ成分。

コハク酸

収れん作用によって肌をきめ細やかに整える効果が期待できる。

米ヌカスフィンゴ糖脂質

コメ由来のセラミド成分で、保湿に高い期待ができる。

コメ発酵液

米を発酵させて抽出したエキス。

ビタミン類やアミノ酸類を豊富に含み、肌本来が持つ保湿機能を高めて健やかな肌への回復を導く。

コラーゲン

皮膚表面の保湿、荒れた皮膚表面を滑らかにする効果が期待できる。

生コラーゲンって一体なに?その効果やおすすめアイテムをご紹介!

コラーゲンの効果・効能・摂取の注意点を紹介!

コレステロール

高い保水効果により、潤った柔らかな肌へ導く効果が期待できる。

サ行

酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体として、血行促進や抗酸化作用に役立つ成分。クマやくすみを予防する効果が期待できる。

サリチル酸

毛穴に詰まった皮脂や角質を除去する効果が期待でき、ニキビやくすみに対する効果が期待できる。

サリチル酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤として役立ち、紫外線による肌の影響を抑える効果が期待できる。

酸化チタン

紫外線(UV-B)からの防御力に優れた成分。

3-O-エチルアスコルビン酸

ビタミンC誘導体。メラニンに対する効果も期待でき、美白にも役立つ。

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10

ヤシ由来の植物性の乳化剤、エモリエント剤として役立つ。

ジエチレントリアミン5酢酸5Na液

キレート剤として、肌への刺激緩和や酸化防止に役立つ。

シクロデキストリン

化粧水の品質を安定させるのに役立つ成分。

シクロメチコン

シリコン成分で肌をなめらかに整える効果が期待できる。

シコニン

紫根由来の天然成分で、抗炎症や殺菌、肌のダメージの治癒促進に効果が期待できる。

ジステリアン酸PEG-23グリセリル

乳化剤、エモリエント剤として役立つ成分。

ジヒドロジャスモン酸メチル

レモンのような柑橘系の爽やかな香りを持つ成分。

ジフェニルジメチコン

シリコン成分で、収れん作用の他に滑らかな肌にしたりツヤ感を加える効果が期待できる。

DPG(ジプロピレングリコール)

さらっとした使用感で、保湿に役立つ。わずかではあるが刺激性があるため、成分表の上位に表記されている場合は注意が必要。

ジメチコン

シリコン成分による皮膜形成で滑らかな肌に導く。

(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー

防腐や撥水、滑らかな使用感を与えるために役立つシリコン成分。

植物性スクワラン

ベタつきにくく保湿力に優れた成分。通常スクワランはサメの肝油から得ていたが、近年は植物由来のスクワランに注目が集まっている。

植物性セラミド

肌本来のバリア機能を高め、キメの整った肌へ導く。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

別名ペリセア。

荒れた肌に浸透して健やかな肌に導く効果が期待できる。

シロキクラゲ多糖体

白キクラゲから得られる植物多糖体で、高い保水性による保湿効果が期待できる。

水酸化K

pH調整に用いられ、肌を柔らかに整える効果が期待できる。

水酸化Na

皮膚を柔らかにしたり、乳化剤として用いられる。

水添ポリイソブテン

スクワランに似た性質を持ち、エモリエント剤やツヤ感を出すために役立つ。

水溶性コラーゲン

皮膜形成により、高い保湿効果が期待できる成分。

水溶性プロテオグリカン

鮭の鼻軟骨から得られる保水性に優れた成分。抗酸化作用も高く、肌に弾力を与える効果が期待できる。

スクワラン

サメの肝油から得られるサラサラとした保湿力に優れた油性成分。

近年は動物性原料不使用の植物由来のスクワランに注目が集まっている。

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸

肌への浸透性の高いビタミンC誘導体。

セラミドの生成を促進し、肌のバリア機能を高める効果が期待できる。

(スチレン/アクリレーツ)コポリマー

皮膜形成により、なめらかな肌へ導く。

ステアラミドプロピルジメチルアミン

帯電防止成分として役立ち、肌や毛髪をふっくらと仕上げる効果が期待できる。

ステアリン酸〇〇

乳化剤として役立つ成分。

セスキオレイン酸ソルビタン

乳化剤や分散剤として役立つ成分。

セテス-○

セタノールをもとに得られる乳化剤として役立つ成分。

○には数字が入り、その数字が大きいほど肌への刺激が少ない。

セラミド○

肌にもともと存在する油分の一種で、水分の蒸発を防ぐ役割を持つ。

セリン

正常なターンオーバーを促す、高い保湿効果に期待できる成分。

ソルビトール(ソルビット)

天然の甘味料であり、保湿や肌を柔らかに整える効果も期待できる。

タ行

ダイズタンパク

肌への浸透がよく、内側からふっくらと潤った肌へ導く。肌のバリア機能を活性化する効果も期待できる。

大豆リゾリン脂質液

リゾレシチンと呼ばれることもある。乳化剤や保湿に役立つ。

ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)

エモリエント剤として役立つ他、光沢剤としてツヤを出すためにも用いられる。

タウリン

肌機能活性効果により生き生きとした肌に導く効果が期待できる。

チューべロース多糖体

月下香の花弁をもとに得られる保湿に優れた成分。

チロシン

肌機能活性の効果が期待できる成分。

DL-PCA・Na液

アミノ酸の1つで、皮膚の天然保湿因子の1つでもあるため保湿に効果が期待できる。

キストリン

主に増粘剤として用いられる成分。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンC誘導体として役立つ成分。

豆乳発酵液

女性ホルモンに似たイソフラボンを含み、肌機能の活性化が期待できる。

トコトリエノール

皮脂の酸化を防ぎくすみを防いだり、毛穴を目立ちにくくする効果が期待できるビタミンEの一種。

トコフェロール

天然ビタミンEとも呼ばれる成分。しわやたるみ、くすみの防止に高い効果が期待できるため、エイジングケアに役立つ。

トラネキサム酸

保湿や整肌の他、エイジングケアやシミ予防に効果が期待できる成分。

TEA(トリエタノールアミン)

pH調整の他、増粘剤としても役立つ。

トリエチルヘキサノイン

肌馴染みがよく、ベタつきを感じにくい油脂成分で保湿やエモリエント剤としての効果が期待できる。

トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル

肌をなめらかに保ち保湿に優れるため、エイジングケアに効果が期待できる油性成分。

トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア

ヒアルロン酸やコラーゲンを生成する力をサポートし、弾力のある肌に導く効果が期待できる。

トリメチルグリシン

植物由来のアミノ酸系保湿成分で、皮膚や髪の毛に弾力性を与える。

トレオニン

アミノ酸の一種で、肌を健やかに保つ効果が期待できる。

トレハロース

天然の糖成分で、保湿、細胞の保護に効果が期待できる。

ナ行

ナイアシンアミド

別名ニコチン酸アミドとも呼ばれるビタミンBの一種。血行促進に加え美白効果が期待できる成分。

ナットウガム

別名ナットウエキス、ポリグルタミン酸。角質内の水分量を維持する効果に優れているといわれる成分。

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液

細胞膜に似た成分で、バリア機能による皮膚や毛髪の保護に役立つ。保湿の持続性を高める効果も期待できる。

乳酸

保湿の他に配合量によって古い角質をオフしやすくしたり、収れん、殺菌作用に効果が期待できる成分。

尿素

潤いを保ちながら、肌を柔らかに導き肌荒れを防ぐ。ウレアと呼ばれることも。

ハ行

パラオキシ安息香酸エステル

パラベンのことをいい、防腐剤として役立つ。

パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

紫外線吸収剤として、特にUV-Bに高い効果が期待できる。

バリン

アミノ酸で天然保湿因子の1つ。肌にみずみずしさを保つ効果が期待できる。

パルミチン酸レチノール

コラーゲン生成を促し、肌にハリや弾力を与える効果が期待できる。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

ビタミンC誘導体の一種で、皮膚科でもシミ治療に用いられる成分。活性酸素を抑え、コラーゲン生成を促したり、メラニン色素を還元することによる美白効果も期待できる。

パルミトイルペンタペプチド-○

コラーゲンや多糖類の生成を促し、保湿に効果が期待できる成分。

パンテノール

皮膚細胞を活性化させ、日焼け防止やエイジングケアへの効果が期待できる。

ヒアルロン酸

高い保水力で肌に潤いを長時間留める効果が期待できる成分。

ビオセラミド

人間のセラミドに近い天然セラミドのこと。

細胞同士のつながりを強化し細菌の侵入や乾燥を防いだり、高い保湿効果が期待できる。

p-アニス酸

香料やpH調整のほか、皮膚コンディショニングを整える効果が期待できる成分。

ヒスチジンHCI

必須アミノ酸の1つで、角質層の保湿や柔軟性ある肌に導く目的で用いられる。

ヒドロキシエチルセルロース

植物から抽出されたセルロース成分。粘度の調整や皮膜形成による皮膚保護に役立つ。

ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー

ハチミツ由来のベタつきにくく、手触りを良くするために用いられる保湿成分。

ピリドキシンHCI

過剰な皮脂分泌を抑え、肌荒れ防止に役立つ成分。

フィトスフィンゴシン

皮膚のバリア機能を改善する他、ニキビケアや抗炎症に役立つ脂質成分。

フェニルアラニン

必須アミノ酸の1つで、皮膚や毛髪に柔軟性や弾力性を与える効果が期待できる。

フェニルトリメチコン

シリコン成分で、溶剤や分散剤として役立つ。

フェノキシエタノール

微生物の繁殖を防ぎ化粧水の品質を守る防腐剤として役立つ。パラベンの代わりに用いられることが多い。

BG(ブチレングリコール)

保湿の他に抗菌や溶剤として役立つ成分。

プラチナナノコロイド

抗酸化物質としてシミやシワなどの原因となりうる活性酸素を消去する作用が期待できるナノ成分。

プロパンジオール

保湿の他に抗菌や溶剤として役立つ成分。

プロピルパラベン

抗菌、防腐剤として化粧水の品質を長期間守るための成分。

プロリン

肌活性化効果が期待でき、健康的な肌へ導く。

プルラン

水溶性の保湿成分で、皮膜形成による潤いの保持や他成分の保湿性の向上に役立つ。

PG(プロピレングリコール)

汎用性の高い保湿成分だが、近年は肌への刺激性の不安から使用が減ってきている成分。

POEメチルグルコシド

天然保湿因子と構造が似ているため、エモリエント効果や保湿効果に期待できる成分。

POE(24)POP(24)グリセルエーテル

肌の奥へ潤いを届け整肌効果が期待できる。

ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12

別名アクアタイド。

水分を肌内部に引き込んだり、老廃物の代謝サポートに効果が期待できる。

ベタイン

甜菜由来のアミノ酸の一種。帯電防止や保湿効果に高い期待ができる。

ベンジルアルコール

香料や防腐剤として役立つアルコール成分。

ペンチレングリコール

多価アルコールの一種で、水分を包み込むような形で保湿に役立てる成分。表皮の雑菌を抑える効果も期待できる。

ペンテト酸5Na

タイワンヒノキ由来の抗菌力のある成分。メラニンを抑制する効果も期待でき、エイジングケアにも役立つ。

ベントナイト

ひんやりとした清涼感のある使用感や、増粘剤として役立つ。

ホスホリルオリゴ糖Ca

セラミド生成の促進や皮膚のバリア機能をサポートし、デリケートな肌を守るために役立つ成分。

ホモスルファミン

ニキビの原因となるアクネ菌を抑える殺菌力に

PEG-○

ポリエチレングリコールのこと。○には数字が入り、小さいほど分子のつながりが短い。数字が大きくなると分子も長くつながり、感触が固くなってくる。

(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー

形状記憶性が特徴的な増粘剤として用いられる。

PEG-12ジメチコン

水溶性のシリコン成分で、乳化剤や分散剤として役立つ。肌馴染みが良く、他成分の浸透をサポートする。

PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン

植物性グリセリンの誘導体で保湿に効果が期待できる。

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

乳化剤として役立つ。

ポリソルベート○

乳化剤や分散剤として役立つ。○には数字が入り、数字が大きいほど油に近く、小さいほど水に近い。

マ行

マイカ

鉱物である雲母から得られる成分。

肌表面を滑らかに見せたり、パール感を感じさせるような輝きを与える効果が期待できる。

マルチトール

保湿、吸水作用に効果が期待できる麦芽糖由来の成分。

肌への感触がいいので乾燥肌や敏感肌向けの化粧水に含まれることが多い。

化粧水の8割以上を占めるベースとなる成分。

ミリスチン酸ポリグリセル-10

ヤシ由来の皮膚コンディショニング剤、乳化剤として役立つ成分。

メチルグルセス-○

植物系のさっぱりとした使用感の保湿成分。

メチルパラベン

抗菌、防腐剤として化粧水の品質を長期間守るための成分。

メントール

セイヨウハッカの葉から得られる清涼感の強い天然成分。

皮膚に触れると強い刺激を感じ、鎮痛やかゆみ防止にも効果が期待できる。

ヤ行

ユビキノン

強い抗酸化作用とエネルギー生産作用によってエイジングケアにも役立つ成分。

ヨクイニン水

ハトムギ由来のエキスを含んだ保湿、消炎効果の期待できる液体。

ラ行

ラウリン酸スクロース

乳化剤や分散剤として役立つ成分。洗浄剤として用いられる事も多い。

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)

アミノ酸とコレステロールからなるエステル油で、ベタつき感を抑えながら保湿の効果を感じさせる成分。

ラクトフェリン

牛乳に含まれる成分で、皮膚本来の防御機能を高める効果が期待できる。

抗菌作用もあるため、肌を健やかに整えるために役立つ。

ラフィノース

ブロッコリーやキャベツなどから得られるオリゴ糖の一種。

保湿の他、細胞同士の結合により肌バリアの機能を高める効果が期待できる。

ラベンダー花水

鎮静作用、抗炎症作用に効果が期待できる芳香性のある液体成分。

リシンHCI

非必須アミノ酸の一種で、保湿のほか肌荒れやあかぎれに有効性が期待できる成分。

リナロール

香料として役立つ成分。

リン酸2Na

pH調整剤で、他成分の刺激を和らげる効果が期待できる。

リンゴ酸

pH調整やピーリング効果による整肌効果が期待できる成分。

ローズ水

バラの花びらと水からなる、香り豊かな液体。リラックス効果のほか、肌に潤いやハリを与える効果が期待できる。

ロイシン

必須アミノ酸の一種で、肌を整え滑らかな感触に導く。

ローヤルゼリー

ミツバチ由来で非常に栄養価に優れた成分。

新陳代謝を促し、エイジングケアやニキビ予防にも役立つことが期待できる。

ワ行

ワセリン

保湿に役立つペースト状の油性成分。安全性が高く、赤ちゃん用のスキンケアにも多く用いられる。

その他

〇〇エキス

アケビ

植物性プラセンタとして肌にハリ・ツヤを与える効果が期待できる注目度の高いエキス。

カレンデュラ

肌のダメージケアや保護に高い効果が期待できるエキス。

キイチゴ

保湿効果や皮膚の代謝を活性化させる効果が期待できる。また、肌の引き締めにも役立つといわれる。

ハス胚芽

コラーゲンの生成を促進したり紫外線ダメージからの回復を促す効果が期待できるエキス。

ヘチマ

肌を柔らかくし、しっとりと潤う保湿効果に役立つ。

プラセンタ

哺乳類の胎盤から得られるエキスで、正常なターンオーバーをサポートしエイジングケアに高い効果が期待できるといわれている。

ヨモギ

血行促進や抗菌、殺菌など民間療法にも多く用いられており、美容にも効果が期待できる。

ライスパワーNo.11

優れた水分保持力があり、肌に弾力を与える効果が期待できる。

ローズ

さまざまな美容効果のほか、香りによるストレス軽減やリラックスに役立つ。

和漢植物

漢方や生薬に用いられるような植物のエキスで、健やかな肌に導く。

〇〇油

アーモンド

肌を柔らかく福良としたものに導く。敏感肌や乾燥肌に適している。

アンズ核

肌の代謝を促進し、エイジングケアに高い効果が期待できるオイル成分。

アボガド

肌を健やかに保ち、エイジングケアにも高い効果が期待できるオイル成分。

ホホバ

肌馴染みが非常によく、保湿を叶えながら毛穴汚れを浮かせ健やかな肌に導く。

【合わせて知りたい】化粧水の種類と役割

肌のくすみを改善するスキンケア方法

ここまで化粧水の成分について、くわしく見てきました。

ですが一口に化粧水といっても、その種類はさまざま。成分だけでなく、化粧水の種類ごとの用途を知っておくこともスキンケアには大事です。

化粧水の主な種類は以下の通りです。

【化粧水の主な種類】

  • 一般化粧水 : 保湿や肌荒れ防止に役立つ化粧水
  • 収れん化粧水 : 皮膚を引き締め毛穴対策に効果が期待できる
  • 柔軟化粧水 : 潤いを与えながら肌をふっくら柔らかに導く
  • 美白化粧水 : シミ・ソバカス、日焼けを防ぐために役立つ美白成分が豊富に含まれた化粧水
  • ニキビ用化粧水 : 肌の殺菌や角質ケアによってニキビを防ぐ効果が期待できる
  • 拭き取り化粧水 : クレンジングクリームや肌の汚れ、不要な角質を拭き取る化粧水
  • プレ化粧水 : 化粧水の前に使用して、その後のスキンケアの馴染みや浸透を高める効果が期待できる

 

上記以外にもたくさんの種類の化粧水があります。それぞれ役割が異なり、自分の肌質や肌の悩みに合わせて使用することで美肌に近づくことが可能になります。

まとめ

スキンケアの基本ともいえる化粧水。

肌質や目的によってその種類はさまざまなので、自分にあったアイテムを選ぶのはとても悩ましいものであると考えられます。しかし、化粧水に含まれている成分を理解することで、自分にあった化粧水は選びやすくなることでしょう。

化粧水に用いられている成分は多岐にわたるため、随時更新していく予定です。

ぜひ化粧水選びに役立ててくださいね。