モテる部屋に住みたい!モテる部屋の特徴とおすすめアイテム4選

好きな人の部屋は、どうしてもチェックが厳しくなるのが女性の特徴です。意中の男性がもし素敵な部屋に住んでいたら、それだけでその人に対する気持ちも強まってくるでしょう。

ここでは、

について説明します。単に清潔にしたりするだけでなく、女子受けするアイテムを取り入れて女性が「素敵」と思うような部屋にしましょう。

モテない部屋の特徴とは?

自分の部屋にあげたときに女性に好印象を持ってもらえない部屋、それは「モテない部屋」です。最近ではインスタグラムなどSNSに写真を載せることもあるので、モテない部屋に住んでいると、そもそも恋愛のスタート地点に立てないかもしれません。意外と男子に多いモテない部屋の特徴を知り、今日から改善していきましょう。

統一感のないアイテムが乱立している

男性は自分の好みや趣味を意中の相手に伝えたい、自分のことをもっと知ってもらいたいという気持ちを持っています。そのなかで部屋のアイテムは自分の趣味嗜好や好きなものを伝えるのに重要なポイントとなっています。

しかしながら、間に合わせの家具や何がコンセプトかわからないインテリアなど、統一感のないアイテムが乱立していると、きれいとか汚いとか以前に部屋がダサくなってしまいます。また、色彩に統一感がないとそれも目がごちゃごちゃしてしまうのでおすすめできません。きちんと統一感のあるインテリアを目指しましょう。

部屋が汚れている

女性にとって意中の男性に求めるものの一つとして「清潔感」があります。部屋が汚れているとそれだけで清潔感がなくなります。壁紙や家具に汚れが付いていたり、部屋の隅にほこりがあるといった、掃除が行き届いていない部屋は「モテない部屋」です。台所やトイレなどの水回りは特に念入りに掃除をするようにしましょう

また部屋自体はさほど汚くなくても、酒の空き瓶やたばこの吸い殻、空き缶や雑誌などゴミが捨てられていないとそれだけで部屋が汚い印象になるので注意しましょう。加えて部屋干しの洗濯物なども、きれいな印象になりません。

モデルルームのように生活感がなさすぎる

きれいにしているのは良いのですが、モデルルームみたいに生活感がなさすぎる部屋も、居心地が悪く感じて早く帰りたくなる女性もいます。特に黒を基調としたモノトーンな部屋では、落ち着いたりくつろげないこともあります。照明がブラックライトや鏡張りの部屋、台所に全く台所用品がないといった部屋も親近感がわきません。

モテる部屋の特徴

モテる部屋にしなければならない、だからといって家具から何からすべて買いそろえる必要はありません。今持っているアイテムにすこし買い足したり、時にはDIYなどをすることによって、自分のさえない部屋をモテる部屋に帰ることもできます。まずはモテる部屋の特徴について知っておきましょう。

北欧調に統一された部屋

落ち着いた大人な雰囲気を醸し出せる北欧風の部屋は、女性にウケの良い部屋の一つです。白を基調とした壁紙に、北欧を思わせるような木のアイテムを使用しましょう。食器などにこだわるとそれだけで女性受けします。

壁紙は自分で貼ることもできますし、床がフローリングでなければ、自分でフローリングシートを敷くこともできます。木と布のやわらかいアイテムで落ち着いた空間にしましょう。観葉植物などを置くと良いかもしれません。

ブルックリン風に統一された部屋


まるでカフェのように統一されたブルックリン風のインテリアも落ち着ける、くつろげると女性に人気です。特にブルックリンは今トレンドとなっているのですが、少しのアイテムだけでできます。まずはレンガの壁を彷彿させるレンガの壁紙やコルクボードを使用します。それから木製の家具や鉢植えがわりの樽など統一感の出せるアイテムが雰囲気を良くしてくれます。

ブルックリンスタイルに欠かせないのがアンティーク小物や英字のアクセントです。これらのアイテムは100円均一でもレンガ風ステッカーやカフェ風グッズなどたくさん売っています。

清潔感のある部屋


白を基調とした落ち着いたトーンで統一されており、隅々まで行き届いた清潔感のある部屋は、女性受けが良いです。特に、余分なものが部屋に出されておらず収納されている、なおかつ収納家具や収納用具が統一されており、きれいな印象を与えることが大切です。

まずは部屋の不用品を一掃し、それから本来あるべきところにあるべきものを収納するようにしましょう。これは、特にテクニックを必要としないので簡単にできます。部屋をきれいにするだけでなく、時に観葉植物などを置いておけば、「生きている」そして「おしゃれ」な感じがします。

家具の配置を考えてある解放感のある部屋


どうしても一人暮らしのワンルームな部屋で課題となるのが「狭さ」です。狭い、窮屈だと感じてしまうと女性も居心地が良くありません。そのため、まずは家具の配置を考えてみましょう。

シンプルでシャープな家具を部屋の隅の方に配置しましょう。また、窓から光が入ってくるようにして、開放感を出します。使っていないものは思い切って処分しましょう。家具は低めのものをチョイスするとよいです。ストライプには縦長にみえるはたらきがあるので、天井の低さが気になる人はカーテンをストライプ柄にするのもよいでしょう。

モテる部屋にぜひ取り入れたいモテアイテム

女性にモテる部屋には清潔さが大事ですが、清潔にしているだけではモテるともいえません。モテる部屋にぜひ取り入れてみたい、女性受けするアイテムがあります。モテる部屋にしたいのであれば、必ず抑えておきましょう。

空気清浄機

特に一人暮らしをしているとどうしても空気がこもってしまうものです。特に住んでいる人は気が付かなくても、その人の部屋の独特の臭いは嫌がる女性も多いです。また、一人暮らしの人は防犯上の理由から換気もあまりできません。そのため、空気清浄機は抑えておきたいアイテムの一つです。最近ではおしゃれな空気清浄機もあるので、部屋のインテリアのコンセプトとマッチしたものを選びましょう

超音波アロマ加湿器

空気清浄機だけでなく、女性受けするアイテムが超音波アロマ加湿器です。特に冬場など部屋が乾燥しているとそれだけでげんなりしてしまうものです。加湿器にもいろいろありますが、超音波で加湿するものは特に音もうるさくなく、さりげなく部屋の湿度を上げてくれます。

また、アロマ対応であれば、落ち着くアロマの香りで女性もリラックスするのでおすすめです。アロマオイルにもいろいろなバリエーションがあるので、自分の好きなアロマオイルや彼女の好きなアロマオイルをさりげなく取り入れるのもよいでしょう。

間接照明

まぶしさを抑えられる間接照明は、良い雰囲気を出すのに必須のアイテムです。下から上へと間接照明を照らせば、部屋も天井が高く見えて広く見せられる効果があります。天井や壁に光を向けてそこで反射した光で部屋を照らすことで、ミステリアスな雰囲気を出すこともできます。特に寝室は持っておきたいアイテムの一つです。

観葉植物

女性ウケするおしゃれな部屋にするには、グリーン、すなわち観葉植物が必須です。観葉植物を置くことで多少は手入れが必要になるから、部屋をきれいに保っているという印象になります。また、あまり生活感のない部屋に住んでいる場合も、観葉植物のグリーンがその場を和ませてくれます

観葉植物は、白や木目の部屋と良くマッチします。加えて、風水的にも気の流れを良くしてくれるうれしい働きがあります。観葉植物のサイズは手のひらに乗るくらい小ぶりなものから大きなものまでバリエーションも豊富です。センス良く配置することで女性にとっても居心地の良い部屋にできます。

まとめ

女性にモテたいと思うのだったら、部屋をモテる部屋にすることは大切です。まずは不要なものを捨てて、すっきりとして清潔感が保てるような部屋にしましょう。次に、部屋のコンセプトを決めて、そのコンセプトに沿った部屋にするとよいでしょう。目的もなく気に入ったものを雑多においていると統一感がなくて居心地の悪い部屋になります。コンセプトとしては北欧風の部屋やブルックリンスタイルなどがあります。間接照明や空気清浄機、超音波アロマ加湿器など女性の喜ぶアイテムがあるとなおよいでしょう。今日から女性に好かれる部屋を目指しましょう。