告白して後悔してしまう3つのパターンと後悔をしないポイント

せっかく告白したのにこんなはずじゃなかった・・・と後悔することはないでしょうか。意中の異性に告白するのはとても勇気がいることですが、一方で告白が失敗したらもちろん告白が成功しても後悔することがあります。

今回は、

  • 告白で後悔する理由
  • 失恋して後悔する理由
  • 告白できなくて後悔する理由
  • 告白が成功して後悔する理由
  • 告白関係で後悔しないようにするためには

についてご説明します。告白にまつわる後悔の数々を知っておきましょう。

告白で後悔する理由とは?

告白で後悔する理由にはどのようなパターンがあるのでしょうか。告白して失敗だったから後悔するというパターンだけではありません。告白で後悔する理由を知っておきましょう。

失恋して後悔する

最も思い浮かべやすい後悔が、失恋して後悔することでしょう。今までいい友人関係だったのに告白したら玉砕し、それ以降関係が気まずくなった・・・こんなことなら告白しなければよかったというパターンもあります。

告白できたとしても、あまり知りあって間もない告白で時期尚早と断られたり、飲み会の酔っぱらった席での告白だったので本気にされなかったという後悔もあります。加えて、相手のことを良く調べてなかったので相手に好きな人がいたり彼氏彼女がいて当然のように断られたということもあります。

告白できなくて後悔する

告白できなくて後悔するパターンも多いでしょう。下手をするとあの時告白していればよかったと何年も引きずることになります。特に結果がはっきりとわからない状態が、もしかしたら・・といろいろなパターンを想像してしまって後悔してしまうのです。

告白とは相手に好意を伝える行為ですが、別の見方で言えば将来するであろう後悔を減らす行為です。結果がわかってそれがたとえNOであったとしても気持ちを伝えたことでスッキリするでしょう。これが、気持ちが伝えられなかったらいつまでももやもやが残るのです。

告白が成功して後悔する

あまり少ないかもしれませんが、告白が成功しても後悔するパターンもあります。たとえば無事に告白が成就して彼氏と彼女の関係になったとしても、お互いがお互いのことを良く知らずにオッケーをしてしまったので付き合ってもうまくいかないこともあります。長い間友達だった場合、友だち同士のほうが言いたいことが言えていい関係だったのに告白が成功したとたん、しっくりこないといったこともあります。

失恋して後悔する理由

では、失恋して後悔する理由はどのようなものがあるのでしょうか。告白が失敗に終わる、すなわち失恋したときになぜ後悔するのかについてみておきましょう。

大事にしていた恋が終わってしまった

告白してNOをつきつけられたということは、恋が終わってしまったことを示しています。彼や彼女のことを好きで好きでたまらず、そんな恋をしている自分に酔っていた人もいるでしょう。告白が失敗に終わることで自分の心の奥底で大事にしていた恋に終わりが告げられる、だから後悔するのです。

告白後に元の関係に戻れなくなってしまった

告白して失恋する、そしてそのあとに元の関係に戻れなくなってしまって後悔することもあります。たとえば、会社やサークル、学校やアルバイトなど、告白が失敗しても顔を合わさなければならないシチュエーションだった場合、気まずくなってしまう、前のように付き合えないこともあります。

告白できなくて後悔する理由

しかし、告白できなくて後悔することももちろんあります。あの時告白して居たらよかった・・と何年たってもひどい場合には中年になっても思い出すこと裏あります。告白できなくて後悔する理由を知っておきましょう。

告白する前に他の人と付き合ってしまった

告白しようかどうしようか迷っているうちに、ほかの人を好きになってしまった、ほかの人と付き合ってしまったので告白の機会を逃してしまったこともあります。これは、自分のことを好きかどうか確認できなかっただけでなく、もし自分が告白していたら自分が付き合えていたかもしれないのに・・と思ってしまって後悔が募るのです。

恋をきちんと終わりにできなかったので長く引きずっている

告白して結果がもしダメだったとしても、むしろそれは恋をきちんと終わらせることが出来てスッキリするという側面もあります。しかし、告白したいと思っていたけど告白できなかったのは、後々まで引きずることも珍しくありません。自分の「好き」という思いを相手に伝えられなかったので、あのときこうすれば、といった後悔が強く残るのです。

告白が成功して後悔する理由

告白がたとえ成功し、付き合えたとしても後悔が残ることがあります。告白が成功してなぜ後悔するのか、知っておきましょう。

付き合ったら逆にギクシャクしてしまった

今までいい友人関係だったのに、告白して付き合いだしたら逆にうまくいかないこともあります。彼氏となったらいいところをみせようと本来の自分を見せられずに遠慮してしまったり、釣った魚にえさはやらないタイプで、彼女のことを大事にできなかったりといったケースがあります。

嫌な所ばかりが目に付くようになってしまった

告白する前は友人関係だったからよかったのもの、いざ恋人となったら嫌なところばかり目についてしまった、といったことがあります。友達通しの時には気にならなかった食事のマナーやファッション、会話の癖などが気になり、付き合いに入り込めないこともあります。

告白関係で後悔しないようにするためには

では、告白する際、または告白した後に後悔しないようにするにはどうしたらよいでしょうか。告白関係で後悔しないようにするポイントを知っておきましょう。

自分磨きをしっかりしてから告白する

告白するからには、相手に自分が一番良いと思ったところで告白すべきです。そのためには、外見も内面も自分磨きをしっかりして最高の自分を作り上げてから告白したらよいでしょう。自分が納得してから告白するのが大切だからです。

納得のいくシチュエーションで告白する

酔っぱらったついでに告白して本気にされなかったり、手紙で古風に告白したのはいいものの返事が来なかったりすることもあります。また、曖昧な言い回しをしてしまったので、告白なのか何か相手に伝わりづらいといったこともあるでしょう。冗談だと思われることさえあります

このような誤解を防ぐには、きちんとした場所で直接会ってきちんとしたかたちで告白することが大切です。納得のいくシチュエーションで告白してこそ、後悔が少なくなります。

友達に相談し客観的な意見を求める

自分は好きで好きでたまらなくても、相手がそう思っているとは限りません。もしかしたらその意中の相手には好きな人がいるかもしれません。そういった相手のことを調べずに自分の思いだけで暴走してしまうのは危険極まりないです。

告白時の後悔を減らすためには、自分のことだけでなくできれば相手のこともよく知っている友人に相談し、客観的な意見を求めるようにしましょう。ただし、友だち伝いに告白すると変に伝わることがあるのでそれはやめましょう

一度失敗しても時間をおいて再アタック

もし告白して断られる、一度失敗したとしても、どうしてもあきらめきれないなら時間を置いて再度アタックすることも良いかもしれません。告白して断られた理由にもよりますが、もしその理由が、自分のことをあまり知らなかったから、とか今はまだ誰とも付き合わないといった含みを持たせた回答なら期待もできるからです。再度アタックしても良い返事がもらえない場合は、いさぎよくあきらめたほうがよいでしょう。

まとめ

告白にまつわる後悔は、大きく分けて3パターンあります。告白が失敗、すなわち失恋して後悔するケースと、長く片思いをしていて告白できなかったためする後悔、そして告白が成功してもこんなはずじゃなかったと後悔することです。

特に告白できなかった後悔は、あの時ああしていればよかった、と年取ってから思い出すくらい引きずる人も少なくありません。また告白が成功しても、友達付き合いのほうがよかったとなることもあります。

告白における後悔を減らすなら、まずは自分磨きをしてタイミングを見計らって告白することや、納得のいくシチュエーションで告白すること、信頼できる誰かに相談してみることなどが大切です。