告白して断られた!断られた後にしてはいけないNG行動とは?

頑張って告白してもフラれてしまう、断られてしまうことは当然のようにあります。しかし、告白して断られた後でも同じように友達として過ごせる場合もあれば、告白したあとに気まずくなることもあります。

ここでは、

について説明します。告白が断られたその後についても知っておきましょう。

頑張って告白しても断られた理由

頑張って告白したのに、どうしても断られてしまうことがあります。どうして断られるのでしょうか。告白したにもかかわらず断られた理由について知っておきましょう。

他に好きな人がいた

告白したのに断られた理由として大きなものは他に好きな人がいたから、ということです。日頃自分に対して好意的な態度をとっていたのでもしかしたら成功する、と思って告白したはいいものの、実はほかに好きな人がいたからと断られる場合もあります。

他に好きな人がいたからならまだしも、既に付き合っているパートナーがいるからと告白を断られることもあります。現在誰かと付き合っていたら告白成功率は低いので残念ながらこれは調査不足といっていいでしょう。

突然すぎて混乱してしまった

あまり仲良くなっていない、相手のことが良く分かっていないそんな時に突然すぎる告白を受けても混乱してしまうことがあります。それだけでなく、今まで友達としか思っていなかったのに告白されることで異性として意識してなかった、と混乱することもあります。もしかしたら相手の気持ちがわかったら、再度アタックして成功することもあります。

忙しくて誰とも付き合う気がない

仕事が忙しい、学校が忙しいからと誰とも付き合う気がないと断られることもあります。もしかしたら断る口実に使われた理由かもしれないし、本当に忙しくて恋愛している余裕がないといったケースもあります。

前者であれば再度告白しても成功率は低いものの、後者であれば忙しさが解消したら付き合えるケースもあります。

告白を断られた後にしてはいけないこと

告白を断られたときはなんとなく二人の関係がぎくしゃくしがちです。そのような状況はつらいですし、状況が変わればもしかしたら付き合うこともできるでしょう。しかし、告白を断られた後にしてはいけないことがあります。そのようなNG行動をとれば今後付き合える確率はゼロに近くなるので、気を付けましょう。

距離をおく

告白を断られて気まずくても、まずは元の関係に戻ることが良いです。特に仕事や学校などで顔を合わさなければならない状況なら、なおのこと距離を置くのはおすすめできません。

告白を断られてからも未練がましく連絡するのは考え物ですが、2,3週間の冷却期間を置いたらまた前のように連絡してみてもよいでしょう。相手も気まずさを感じているだろうと考え、自分から話しかけてみるのがよいかもしれません。

腹いせに他の人と付き合う

告白して断られたから腹いせに、とか自分のプライドを傷つけられたのでそのプライドを守るために他の人と付き合うことはあってはなりません。告白をされた相手からは自分を低く見られたような気がしてその後と復縁する確率は極めて低くなります。

加えて、特に好意もないのに腹いせに、という理由で付き合ったところでその人ともなかなかうまくいかないでしょう。告白して振られて新しい恋をするにしても、多少冷静に考える期間は必要になります。

告白相手を下げる発言をする

告白を断られたからといって相手を下げる発言をするのもやってはならないNG行動です。告白相手を下げる発言をすると、まわりまわって本人に聞こえたときかなり相手は不快になります。好きな人を傷つけてしまい、復縁の可能性はなくなります。

加えて、告白して断られた相手を下げるような発言をすることは、客観的に見てとてもカッコ悪いことです。自分に魅力があってもそれだけで台無しにしてしまうので注意しましょう。

変にかしこまった態度で接する

告白して断られた相手と今までと同じような関係性を保つことが、今後また付き合えるチャンスを生むかもしれません。今後付き合えるかどうかは別にしても、告白があって気まずくなるのはお互いに避けたいものです。

そのためには告白して断られたからといって妙にかしこまった態度をとることはありません。多少の気まずさはありつつも今までと同じように友達関係を続けていくことが大切です。だから、言葉遣いや態度を変えないように注意しましょう。

断られたあとにすべき行動

告白の前と後では、どうしてもお互いの気持ちは変わるし、多少の気まずさは出てくるものです。今までのような気の置けない関係に戻るためにも、告白を断られた後にすべき行動を抑えておきましょう。

明るい態度をとって気まずさを払拭する

まずは振ったほうにも振ってしまって申し訳ないという気まずさはあるもので、どうしてもゼロにはできないものです。そのため、振られたほうが明るい態度をとることで気まずさを払拭し、元の関係に戻れることがあります

振ったほうの立場からしても、明るく振舞ってくれることで気が楽になりますし、もしかしたらそのような明るいあなたに気づいて関係性がうまくいくこともあるでしょう。

自信が持てるように自分磨きをしてリベンジ

告白して断られると多少なりとも自信が持てなくなります。そのため、まずは自分に自信が持てるよう自分磨きをしましょう。女性であればダイエットをしたりメイクを磨いたり、ファッションに気を付けるなど外見からの自分磨きは入りやすいです。男性にとっても筋トレなどをするとよいでしょう。

しかし、男性でも女性でも内面の美しさはその人の魅力を語る上で大いに重要になります。新しい趣味を見つけたり教養を身につける、仕事を頑張るなど自分磨きをしてリベンジ、再度告白すること今度は成功するかもしれません。

断られた理由を明確にし努力する

告白して断られたからといってその人のすべてが嫌いであるとは限りません。そのなかで自分に決定的な欠点があって魅力を感じてもらえないなら、今後新たな恋をしても同じようにつまずくかもしれません。

そのため、告白して断られた理由があるならばそれを克服するために努力をしましょう。しつこく理由を聞くと嫌われるので相手のセリフなどから自分でしっかりと理由を落とし込み、それを克服できるように努力するとよいです。

友達になって仲良くする

告白して断られた理由が、自分のことを良く知らない段階だったとか異性として意識していなかった、といった理由の場合、仲良くなることでまた違った、異性としての魅力を感じてくれるかもしれません。

そのためには告白して断られた相手であっても友達として仲良くしてみましょう。特に仕事や学校、サークルで会うなら今までと同じように親しみを込めて話しかけています。相手が本当に嫌悪するのなら再度アタックしても断られる可能性があるのであまりつきまとうのはやめて、あくまでもよい友達として接しましょう。まずは自分から話しかけてみるのが良いです。

遊ぶときは複数で遊ぶ

告白して断られた相手と友達になる、もしくは友達に戻るのは今後の復縁を考えても悪くはないです。ですが、だからといって二人きりで出かけようとすると、付き合うのは断ったのに?と相手も警戒してしまいます。

告白して断られた相手と二人で出掛けるのはやめましょう。とはいえ、接点を亡くして避けてしまうのもやってはならないことです。相手と接点を持つためには、複数の友人と一緒に食事をしたり遊んだりすることが大切です。まずは友達に協力してもらうなどして集団で一緒のところにいることから始めるとよいでしょう。

まとめ

告白して断られる理由は他に好きな人がいたということだけでなく、突然すぎて混乱したり忙しくて誰とも付き合えないといったようなことがあります。しかしながら告白して断られても、距離を置いてしまうと元の関係性に戻るのは難しいでしょう。

加えて、相手を下げるような発言をしたりプライドのためや腹いせに誰かと付き合うのも禁物です。告白して断られたのであれば、明るい態度を取って今までと同じような関係に戻れるようになるとよいでしょう。相手も他生の気まずさを感じているからです。自分磨きをしたり、友達になって仲良くすることも大切です。告白して断られた相手も今後うまくいくかは、自分の態度にもかかっています。