告白の成功率は外的要因によって上下する!成功しやすい告白スタイル

告白して振られてしまった、とがっくりと肩を落とすことがあります。恋愛は運と縁とタイミングとはよく言われていることですが、その「タイミング」が悪いために告白してもうまくいかないといったことがあります。

ここでは、

について説明します。

告白の成功率が最も低いタイミング

タイミングが悪い時に告白してしまうと、成功するものも成功しなくなります。特にこんな時には告白してはいけない、という告白の成功率が最も低いタイミングを知っておきましょう。

相手に彼氏や彼女がいるとき

相手に彼氏や彼女がいるときは一般的に告白しても成功率が低いです。特に付き合いたてで仲が深まっている場合、歯牙にもかけられないことがあります。そのため、告白する相手についてはしっかりと下調べをしておきましょう

もし相手に彼氏彼女がいても告白したいのであれば、倦怠期になっているときならまだましです。あくまで返事はせかさず、別れたのなら恋人候補にしてほしい、くらいに留めておくべきです。

相手が既婚者のとき

告白しても相手が既婚者であれば告白するのを辞めるべきです。既婚者に告白してたとえ付き合えたとしても、それは道徳に反することになり、社会的責任も付きまといます。既婚者と知って付き合った場合は、賠償などの責任があり家族に迷惑をかける可能性もあります。

まともな既婚者であれば告白は失敗に終わるし、付き合えたとしてもそれは自分にマイナスになる不倫です。既婚者のことを好きであっても近づかないのが無難です。

告白をして失敗した直後

自分が告白をして失敗した直後にまた告白をするのはおすすめできません。自分を客観的に見れない人だと思われてしまいます。加えて、何度も告白したからといって成功するものでもないからです。

一方で告白して失敗してももう一度告白したら成功するというパターンももちろんあるでしょう。しかしその場合は必ず冷却期間を置きましょう。一度断られているのだから相手に考える時間が必要だからです。その時を利用して自分磨きに励みましょう。

自分に彼氏や彼女がいるとき

自分に彼氏や彼女がいるときに異性を好きになり、告白するのは許されません。軽薄な人だと思われて失敗することもあるでしょう。もし彼氏や彼女がいるときに他の異性を好きになったら、その気持ちを確認することから始めます。現実逃避や今のパートナーとうまくいかないもやもやした気持ちで刺激を求めているだけ、という可能性もあります。

それでも好きな気持ちに変わりがなければ、自分の彼氏や彼女との関係を終わらせるなどすっきりとさせてからケジメをつけて告白するようにしましょう。

仕事などで相手が忙しいとき

仕事で忙しい時など、なかなか恋愛を考えられない人は女性でも男性でも一定数います。複数のことを同時進行するのが苦手な人はいるからです。そのようなときに告白しても余裕がないと断られてしまうでしょう。

告白を決めたのであればその状況を客観的に調査して、相手にとって負担にならないタイミングかどうか認識してからにしましょう。

告白の成功率が著しくアップするタイミング

告白が失敗するタイミングもあればもちろん、告白が成功するタイミングもあります。告白の成功率がアップするタイミングはどのようなときか、抑えておきましょう。

出会って3ヶ月以内

告白が成功するのは出会ってから意外と早く、3ヶ月以内という人が一番多いです。その次に3ヶ月から6ヶ月以内なので多くの人は出会って半年以内に告白しています。好きになったらあまり間を置かないほうがよいようです。

1年以上たってしまうともう友達になってしまい、いまさら彼氏彼女になることが考えられない、という人もいるからです。特に告白は一大決心が必要で多くの人が迷うでしょう。だからといってずっと迷ったままでいるとお互いの関係性が友人で固定されてそのまま先へ進まないといったこともあります。

相手が振られたり別れたりした直後

告白のタイミングとしては、相手が「さみしい」と思ったときです。もし振られたりうまくいかない異性と別れたりするとどうしてもさみしさを感じるものです。そんなときに優しく告白されたらついなびいてしまうこともあります。

好きな人が彼氏や彼女と別れたときを大きなチャンスだと考え、告白してみるのも一つの方法です。

クリスマスなどのイベント時季

クリスマスやバレンタインデーなどのイベント時期は、町中もライトアップされたりカップル向けのイベントが開催されたりしてとても盛り上がるものです。このようなイベント時期には、街並みの変化とともに自分の気持ちも盛り上がります。

そのようなときにデートスポットに出かけて告白すると、ロマンチックなシチュエーションも功を奏して告白の成功率がぐっと上がるものなのです。

相手の誕生日付近に告白する

告白の成功率を上げるためには、一年に一度のイベントである誕生日もおすすめです。たとえば誕生日の話をさりげなくすると、自分の誕生日を覚えてくれたことをうれしく思っています。誕生日を覚えているということは、それだけで印象が良くなるので告白するのにおすすめの時期です。好きな人から誕生日を聞き出したら、そのときにサプライズでお祝いするのを考えてみるのも良いかもしれません。

深夜から明け方に告白する

告白するとオーケーされる確率は、寂しい時だと上がります。特に人寂しさを感じるときは、告白が成功する可能性が高いのです。加えて、人体の構造上の理由もあります。人間の体、自律神経は活動をつかさどる交感神経と、リラックスをつかさどる副交感神経がバランスよくはたらいています。

特に深夜にはリラックスをつかさどる副交感神経が働くので、自律神経が落ち着いています。そのため深夜に告白すると成功する確率が上がるのです。

引っ越しや就職など人生の転機に便乗する

引っ越しや就職などは人生の転機であると共に不安も感じやすい時期です。このような人生の転機に便乗して告白すると、それだけで成功率が上がります。引っ越しや就職などを迎えてしまうと、今までのように頻繁に会うこともできなくなるかもしれません。そういったときに大切だと言ってくれる人がいることは、人生にプラスになるからです。

ペットが死んでしまった後

ペットロスという言葉があります。ペットが死んでしまうと自分の分身がなくなったかのように悲しい思いをするのが普通でしょう。しかし、ペットが死んでしまった後にはどうしようもなくさびしくなるのです。

そのようなときに寂しさを癒してあげる人がいれば、それだけ告白の成功率も上がります。何かそれを利用しているような気で気が引けることもあるかと思いますが、寂しい時に声をかけてくれる人のことをありがたく思う人はいるのです。

告白の成功率がアップする場所

告白の成功率は告白をどこでするのかによっても違ってきます。告白の成功率を上げるためにどこで告白すればよいのかということを知っておきましょう。

薄暗い場所で告白する

昼間に告白すると冗談だと思われたりしらけやすいです。特に薄暗い場所は幻想的な雰囲気、色のグラデーションがあります。色の濃淡がなめらかに変化しているような場所にいると、気持ちも変化しやすくなります。そうすると落ち着いた雰囲気になりかたくなだった相手の気持ちもとろけそうになり、告白がオッケーとされる確率も上がります

夜景がきれいなスポット

ドラマチックな告白はむしろ引かれる可能性もありますが、ロマンチックさは求めるべきです。特に女性はロマンチックな雰囲気になると気持ちがそちらへ動きやすいです。ロマンチックなロケーション、そして心が動きやすい季節というと夜景がきれいなスポットです。夜景がきれいなところに出かけていって告白すると成功率も上がります

個室のあるレストランや雰囲気のよいバー

告白するからには相手を大事に思っているような姿勢が大事です。そのような姿勢を見せるなら、相手も告白を受ける可能性が高まります。特に個室のあるレストランは話をしても人に聞かれる心配もないですし、雰囲気の良いバーは二人だけの世界を作り出すことができます

社会人ならば特にこういった大事なところで告白するようにしましょう。同じ告白のシチュエーションでも、ファミリーレストランや大衆居酒屋では雰囲気が良くなりません。

相手の自宅

相手の自宅に招いてくれた時、告白するのもアリでしょう。自宅に招くということはそれだけ相手が自分のことを憎からず思ってくれていることです。相手の自宅に行って自宅デートを楽しみ、それからここぞというシチュエーションで告白するのも一つの方法です。相手もそれをある程度期待しているかもしれません。

前述の誕生日やクリスマス、そういった行事ごとにかこつけて相手の自宅を訪れ、告白することもできます。そのためには自宅に呼んでくれるくらい親密な関係になることが必要です。まずはそういった関係を目指すといいかもしれません

自分の自宅

自分の自宅に相手を誘い出し、そして告白するというのもアリでしょう。自分の自宅に来てくれるということはこれまた相手も悪からず思ってくれているでしょう。それなりの良い関係になることが必要になります。自分の自宅に呼ぶためには、インテリアを工夫したり清潔さを出していき、相手がこの人の家にまた行きたいと思うようにしましょう

そして自宅に呼んだならば、昼間よりも夕方から夜にするのがおすすめです。そこで自宅の料理デートなどを楽しんでからいい雰囲気になって告白するのがよいでしょう。ただ自宅に来て告白して終わり、というのも味気ないものだからです。普段のデートと同じようにプランをしっかりと考えシミュレーションしておきましょう。

まとめ

告白には実は成功しやすい時間帯や成功しやすいシチュエーションがあります。特に夜のリラックスをつかさどる副交感神経がはたらく時間帯は、周りの幻想的な雰囲気とあいまって告白が成功しやすいからです。レストランの個室や雰囲気の良いバーでの告白、夜景の見えるデートスポットでの告白などがよいでしょう。相手の気分を上げることも大切です。

一方で二人が仲良くなってあまりにも長く時間が経ちすぎてしまうと、友だち関係となってしまいそれから恋人になってしまうのが難しくなります。告白の時期は3ヶ月くらいまで、遅くとも半年までにと考えましょう。誕生日やバレンタインデー、クリスマスなどのイベントごとを利用して、告白すべき時期を逃さないようにしましょう。