手紙の告白はあり?なし?ラブレターのメリットと効果的な書き方

好きな人に告白したい、でもどのように話を持っていけばよいのかわからない、そういった場合は手紙で告白することもアリです。メールやLINEが発達した時代だからこそ手紙で告白するのは古風と思われて、人によってはとても良い印象になります。

ここで、

について知っておきましょう。

手紙で告白するメリット

手紙で告白するのは、手間がかかりますがもちろんメリットもあります。今のようにメールやLINE、電話ですぐに告白できる反面、手紙で告白するメリットもあります。手紙で告白するメリットについて知っておきましょう。

告白のセリフをじっくりと考える時間がある

告白のセリフをじっくりと考えることができるのが手紙での告白のメリットです。特に面と向かっては言えないことや、実際に相手に言うと緊張してしまって言えない事でも手紙なら伝えられます。緊張するような癖がある人にも、手紙での告白はメリットがあるのです。

相手にじっくりと考えてもらうことができる

会って告白するのも良いのですが、すぐに返事を求めて焦っているように見えると、それだけ告白を受け入れてくれる確率も低くなるかもしれません。そういった意味では、手紙にすることで相手が自分のことについてじっくりと考える時間があります。加えて返事を無理強いしないところが好感が持てると感じる人もいるのです。

口には出せないセリフも伝えることができる

恥ずかしくて口に出すことが出来ないようなセリフも、ラブレターでなら伝えることができます。特に緊張してなかなか口に出せない人も、手紙でなら問題なく告白ができます。これも、手紙で告白するメリットの一つです。

LINEよりも気持ちが伝わりやすい

最近ではLINEでやりとりしたり、その一環でLINEで告白する人もいるかもしれません。しかし、LINEでの告白はセリフが軽々しく見えてしまい、もしかしたら冗談化もなんて思われるかもしれません。その点、自筆のぬくもりを感じる手紙であれば、LINEより気持ちが伝わりやすいのです。

手紙の効果的な書き方

手紙での告白にはメリットがあります。でも最近では手紙を書くことが少なくなったため何を書いたらよいのか、どうやって気持ちの伝わる手紙を書けばよいのかわからない人もいるでしょう。告白する手紙の効果的な書き方や文の進め方について知っておきましょう。

文章は短め

文章が苦手、という人も少なくないです。これは文章を書くだけでなく読むことも苦手な人もいます。好きになった経緯やその人のよいところをつらつらと書き連ねて最後に「好きです」と書かれてもなかなか読んでくれないどころか、気持ち悪く思うかもしれません。手紙で告白をするのであれば、最初のほうに結論から述べる書き方がベストでしょう。文章についても長々と書くのではなく、簡潔に結論付けるようにしましょう。

自分の素直な気持ちを書く

丁寧に心を込めて、自分の素直な気持ちを書くことが大切です。手紙を書くときには心を込めて、丁寧に書きましょう。字のうまい下手は関係ありません。心を込めて書けば、たとえ字のきれいさに自信がなくても気持ちが伝わるからです。好きという気持ちを心込めて書くように努めましょう。

相手を褒める内容を入れる

手紙での告白を成功させるには、相手を褒める内容を入れます。手紙で喜んでもらうのなら、相手を喜ばせるような文面を入れておくことが大切です。褒められて嫌な気持ちになる人はあまりいないので、相手を褒めるような文言を入れておくとよいです。何度も読み返せる手紙だからこそ、気持ちが伝わるので褒められたときのうれしい気持ちを残せるからです。

派手すぎない薄い色一色のレターセットを選ぶ

手紙で告白をするのであれば、シンプルな薄い色のレターセットを選び、単色のペンで書きましょう。特に、ペンを何色も使ってかわいらしさを出そうといろいろな色のペンで書く人もいるかもしれませんが、それでは読むほうも目がチカチカして大変です。

そして派手なレターセットでは本気の気持ちが伝わりません。素敵な文章を邪魔する存在になります。薄い一色、迷ったらパステルカラーのレターセットを選びましょう。色に迷ったら薄いピンクやイエローをチョイスすると良いかもしれません。

嫌な気持ちを与えないラブレターの構成

いざ手紙で告白しようと思ったとしても、どのような文章にしたら良いかわからない人もいるでしょう。どのような文章校正にしたら良いか知っておくと、今までラブレターを書いたことない人でも簡単に告白することができます。相手に快く思ってもらえる文面を知っておきましょう。

簡単な挨拶

告白する手紙に限らず、手紙というのは初めの文章が難しいものです。書き出しは誰でも悩んでしまうし、書き出しで「好きです」と書いても後の文章が続かないので困ってしまいます。

そのため、手紙の書き出しは簡単な挨拶から始めましょう。普通の手紙ではないので丁寧に時効のあいさつをする必要はありません。まずは「はじめまして」でも「こんにちは」でも当たり障りのない無難な挨拶を書くようにしましょう

突然のラブレターで驚かせたことをお詫び

次に書くのは、突然の手紙で驚かせた相手に対するお詫びの言葉です。ラブレターを貰うことは誰しもがあまり経験しないのでびっくりするのが普通です。そのように驚かせたことに対してお詫びの言葉を書いていたら気遣いもできスムーズです。

「突然のお手紙で失礼します」でも「突然の手紙でびっくりさせてごめんなさい」でも何でもよいです。相手はあなたのことを人に対して気遣いができる人、と思ってくれるでしょう。

相手を褒める内容

挨拶と突然の手紙に対するお詫びが書けたら、次は相手を褒める内容を書くとよいです。そこであまり親しくない相手であれば、まずは簡単な自己紹介を始めても良いかもしれません。特に初めてお手紙を送る人などには自分が何者であるかを知ってもらう必要があります。

相手を褒める内容としては、「いつも明るい笑顔に励まされています」「○○してくれてありがとう」といったように常日頃自分が感じている内容を素直に書くのがよいでしょう。たとえ断られたとしても、そのラブレターに対し相手も不快な気持ちにならないからです。

愛の告白

次に書くのは、好きであるという気持ちです。愛の告白はあくまで簡潔に書きます。長々と書くと、自分の気持ちを押し付けているようになり、相手によっては重荷に感じることもあるからです。

好きを伝える文章は「相手のことが気になったきっかけ」と「好きで付き合ってほしい」という気持ちを簡潔に書くとよいです。長くても4行以内に納めると無効にも読みやすいです。

締めに連絡を待ってることを伝える

ラブレターで告白する際の失敗しがちな点は、それを受け取ってどうしてほしいのかを書いていない点です。人によってはラブレターを出しては見たものの返信がない、と焦ってしまうこともあります。

そのため、締めの文章には「早めに連絡を待っている」という一文と、自分の連絡先を伝えるようにしましょう。もしそれでも連絡がない場合は脈なしなのか、もしかしたらどう返事をしたらよいのかわからずに迷っているのかもしれません。そのような場合は直接会って聞いてみるなどのチェックが必要になりますが、「連絡が欲しい」という旨を入れると放置される確率が結果的に低くなります

まとめ

LINEやメールが発達している時代だからこそ、手紙というのは人の心も動かすことがあり、告白においても例外でありません。手紙で告白するということは異性と対面で話すことが苦手な人にとっても自分の気持ちを本人に伝えられるという大きなメリットがあります。

しかし、手紙は自分の気持ちが伝えられるからといって長々と自分の気持ちをつづるのは相手のことを考えておらず、おすすめできません。手紙で告白しようと決めたなら、核内容をしっかりと考えて簡潔に書くようにしましょう。特に褒める言葉を入れたり、早めの連絡を待っている旨を書けば、相手の気持ちを損なわずに返事がもらえる確率が上がります。手紙で告白しようと思うのであれば、ペンや便せんなどにも工夫をしましょう。