友達から告白された時の気持ちとは?友達から恋人になるコツ

簡単に友達から恋人のような関係になり、友達夫婦として結婚する人もいれば、友だちどまりになってしまう人もいます。また、告白された途端にギクシャクしてしまう人もいます。

ここで、

について知っておきましょう。

仲の良い友達から告白されたときの気持ち

仲の良い友達から告白されるとどのような気持ちになるのでしょうか。自然と友達から恋人になるというよりは、やはり「告白」というけじめをつける人が多いかもしれません。その仲の良い友達から告白されたときの気持ちはどのようなものか知っておきましょう。

素直に嬉しい

こちらも相手のことを良いな、と思っている場合は素直に嬉しいと感じてしまいます。普通友達には自分を偽ったり隠したりせずありのままで付き合う人が少なくないでしょう。こうしたときに告白してくれるのは、飾っていないありのままの自分を好きでいてくれることの証拠なので、こちらが好きかどうかはともかく嬉しいと感じる人が少なくないのです。

しかし、嬉しい気持ちを感じたからといって必ずしも恋人になれることはありません。気持ちは嬉しいけど・・・と断られることもあるので注意が必要です。

友達だと思ってたから戸惑う

素直にうれしいと感じている人もいれば、戸惑っている人もいます。今まで自分は異性ということを意識せず友達として付き合っていたのに、向こうは異性としてしか見てくれなかったのか、とがっかりする人もいるでしょう。そもそも全く前触れなく告白されているので、恋人になる予想もしてなければ覚悟もできていません。だからこそ驚きとか戸惑いの気持ちの方がより大きくなっているのです。

恋人として前向きに考えてみる

今まで友達として付き合ってきて、異性として何とも意識をしていない人が大半です。そのため、そのような友達から告白されて初めて異性として意識することになります。

しかし、友達としては良好に付き合えていたし、一緒に居て悪い思いもしない、自分には恋人も好きな人もいなくてフリーである、と言った場合はこれから恋人として前向きに考えてみるといったこともありそうです。

断ったら友達には戻れないかもと不安になる

いい友達だと思っていた異性から告白されると、戸惑ったり迷ったりします。そして、友達としていい関係でいるので断ると気まずくなってしまうのでは?と思う人もいます。特に学校や仕事、サークルなどで頻繁に顔を合わせるような関係だと、より気まずさを感じて返事を躊躇してしまう人もいるのです。

男女の友情は難しいと思う

昔から男女の間に友情はあるかどうかで考え方が別れています。このように、単に友達としてしか思ってなかった人から告白されるとそれだけ男女の友情は難しいなあと思ってしまいがちです。

特に男女間の友情があると思っている人は告白によってやっぱりなかったか、と落胆することもあります。男女間の友情がないと思っている人は最初から異性として接しているので告白を受け入れやすいです。

友達から告白されたときに恋人になれるかの基準

告白しても友達のまま、もしくはお互いにぎくしゃくして疎遠になってしまう人と、友達から無事に恋人になれる人の間にはどのような基準があるのでしょうか。友達から告白されて恋人になれる人はどのようなタイプか知っておきましょう。

異性として意識することができるか

まずは異性として意識することが出来るかというのは大変重要です。相手を恋愛の対象としてみることができれば、告白してもオッケーされる確率が高いです。相手と恋愛関係になるということはキスやそれ以上の行為をすることができるか、も基準になるので相手に異性としての魅力を感じるかもその指標の一つです。

周囲の目は問題ないか

男女間の友情という観点においては友達として一対一で付き合うというパターンよりも、グループで友達付き合いをしているというパターンのほうがはるかに多いです。たとえばサークル内や社内などグループとして男女間の友情をはぐくんでいたら、恋人になるにあたってどうしてもそのグループの人の目が気になってしまいます。

そのグループからカップルになった人がいる、比較的多人数のグループで、グループ内で付き合っても問題ないのなら、告白を受け入れてくれる確率も上がります

恋人になっても居心地が良い状態を維持できるか

特に多人数でグループづきあいをしている男女間の場合、恋人になって一対一になって居心地がよいのかはまた違います。友人だからこそ気の置けない関係で接している場合は恋人になったら少し関係性が変わると思って接し方が変わることもあります。そう思っている人なら、告白しても断られてしまうかもしれません。

恋人として許せない部分はないか

友達だったら付き合えるけど、恋人だったらここは許せない、といったことがあれば、その男女はなかなか恋人にはなりません。特に身だしなみやファッション、外見、食事のマナーなど、友人としては許せていても恋人としてはないな、と思う条件がある人は自分を変えない限り恋人にはなれません。

友人であるからこそ相手の好みの異性を聞き、それに近づけることが必要かもしれません。いずれにせよ、友達から告白して恋人になるには、自分のことをいいとおもってもらうように 自分磨きをする必要がありそうです

友達から恋人になる確率を上げるポイント

友達から恋人になる人は、なにをきっかけにそのような関係になるのでしょうか。また、友達から恋人になるにあたってその告白を成功させるためにはどのような下準備をしなければならないのでしょうか。グループ内に好きな異性がいる人は特に知っておくとよいでしょう。

二人きりで遊ぶ時間を増やす

多くの人たちとグループで遊んでいると、自分の好意に相手はなかなか気がつかず、ときだけが無情に過ぎていくものです。友達から恋人へと進化させようと思うのであれば、まずは二人きりで遊ぶ時間を増やしましょう。

相手の行きたかったところに連れていく、好きな映画を一緒に見に行く、誕生日を祝うなどを口実にして、一緒に居る時間を作るようにしましょう。そのようなことが続くと、相手も自分を異性として受け入れようと意識してくれるかもしれません。

他の異性への態度と変え特別扱いする

何人かのグループで男女づきあいがある、サークルや会社が一緒、という場合は中々友人を抜け出すことが難しく、恋人として異性としては見てくれないものです。誰とでも同じ接し方をするのではなく、ほかの異性とは態度を変えてみるのも一つの方法です。

たとえば、あまり個人的なLINEはしないけどその人とだけ個人的なやりとりをしたり、二人で出掛けたりすることです。細かいことでは彼女の好きそうなLINEのスタンプを使ったり、一緒の趣味を楽しむなどといったことです。

落ち込んでいるときに親身になる

今まで付き合ってはいないけれど接点はある、そんな異性の友達だからこそできることがあります。それは、落ち込んでいるときに親身に励ますことです。仕事がうまくいかなかったり、失恋したときに、相手の話を親身に聞いてあげることがまず相手に自分を意識させる一つのきっかけとなります。

話を聞いてあげるときには自分の意見を極力挟まず、まずは話を聞いてあげることに接しましょう。相談を受ける立場になったら、距離を縮めることも可能です。相手には思いやりを持って接することが恋人へと近づきます。

まとめ

友達から恋人になることは珍しいことではないですがなかなか難しいことです。男女間の友情についてはさまざまな意見があり、異性の友達から告白されてどう思うかについては、やはり個人差があります。

そのため、友達から特別な関係になろうと思うのであれば、誰にでも優しい態度からその人だけに特別にやさしい態度になるなど、「二人きり」を演出したり思いやりのある特別な存在になりましょう。そのように友達からその人との距離を縮めていくことで、告白してもよいお返事をもらえる確率が上がります。一つ一つの工夫は小さなことなので、今日から実践していきましょう。