二回目の告白はNG?二回目の告白で付き合うためのポイント

一度は告白して失敗したけれどどうしても諦めきれない・・・そんな風に思う人は少なくないでしょう。無理にあきらめようとしてもどうしても心が付いて行かない、結果、かなわない片思いに身を焦がしてしまうこともあります。しかし、二度目の告白で成功するパターンもあります。

ここで、

について知っておきましょう。

二回目の告白で失敗してしまう要因

もちろん二回目の告白はおろか何度告白しても失敗するパターンもあります。一度は断られている相手だからこそきちんと熟考の上告白しないと再度失敗してしまう悲しい結果になりかねません。なぜ何回告白しても失敗してしまうのか、二回目の告白で失敗してしまう要因について知っておきましょう。

初回の告白から時間が経っていない

どうしても好きだという自分の思いを知ってほしいとしつこく二回目の告白をするのはおすすめできません。告白を断った相手には、きちんと考える時間を与えるのが必要です。

まずは、自分の存在を感じてもらうように、少なくとも二週間程度の冷却期間を置きましょう。その時には何も連絡はしません。それから少しずつ連絡を取り、自分を振ったことを後悔するような気配を感じてからアプローチすると成功率も上がります。疎遠になってしまうとニ回目の告白もないので、疎遠になることのないように注意しましょう。

相手に恋人がいたり片思いが続行中

相手に恋人がいる、片思いの相手がいるときはそもそも自分が告白しても成功率は極めて低いです。恋人がいてうまくいっている場合や他に好きな人がいるときはきっぱりとあきらめるのも一つの方法です。

また、期間が経つと恋人とうまくいかないこともあるので、そういったときに再アプローチします。そうでもないのに告白しても、一回目と同じように失敗するでしょう。相手にパートナーがいてうまくいっているうちはアプローチしないのが賢明です。

アプローチがしつこすぎだった

しつこいアプローチは、男性にも女性にも引かれます。昼夜かまわず長文のLINEをしたり、二人で出掛けているときに好きアピールがあまりにもひどいとウザがられます。

一回目と同じようなしつこいアプローチでは、当然のように二回目は失敗するでしょう。しつこいアプローチは嫌われることを念頭に置き、二回目の告白を考えることが必要です。

初回の失敗を反省していなかった

初回の告白がなぜ失敗したのか、その失敗の原因を探らずに二回目の告白をしても、結果は芳しくないのが普通です。しつこくダメだった理由を相手に効くのは考え物ですが、自分なりに敗因を分析することが必要です。

告白を断ったということは自分に魅力がなかったのか、アプローチ方法が悪いのか、相手の状況が悪かったのかいろいろな理由が考えられます。それらを自己分析せずにもう一度同じアプローチをしても失敗する確率が極めて高いのです。

二回目の告白は効果的だった!

実は、一度目の告白でフラれていても、二度目の告白は効果的だったという人が少なからずいます。二度目の告白はなぜ効果を発揮したのか、知っておきましょう。ポイントを知って再アタックすれば、恋人になれる可能性も十分あります。

相手が告白前から意識してくれている

二度目の告白なら、相手が誘われたときから異性として意識してくれます。そのため、デートや食事に誘っても、異性として見てくれるので、そのうえでジャッジしてくれます。実は異性として考えられないと言われて断られた人からすれば、二回目はビッグチャンスになります。

一度告白しているので度胸がついている

告白をして一度断られると、度胸がつきます。二度目の告白は最初の告白ほど緊張しないかもしれません。そのため、その人に贈る言葉にしても、気のきいたセリフを言うことができるようになります。

自分の「好き」という言葉を伝えられるだけでなく、どれだけ相手を大事にして行きたいかも伝えられるので、告白が成功するかもしれません。

前回の反省を活かすことができる

二回目の告白だからこそ、前回の反省を生かすことができます。特にあまり相手を知りもしないのに告白した場合、もう一度きちんとお互いに深いところまで知り合うと告白してオッケーを貰えるかもしれません。前回の反省を生かし、きちんと失点ポイントを挽回すると告白が成功する確率も上がるでしょう。

そのためには、一度目の告白がなぜ成功しなかったのか、好きという気持ちを表す手段が自分本位になってはいないか、きっちりと考えるようにしましょう。原因を分析し、対策を立てることが大切です。

二回目の告白の成功率を上げるコツ

二回目の告白とは言え、一度目と同じことをしていては失敗につながることも大いにあり得ます。二回目の告白の成功率を上げるにはどうすればよいのでしょうか。二回目の告白を成功させるポイントを知っておきましょう。

相手が振られたあとに告白する

一度目の告白は、自分のしたいときにしたのかもしれませんが、二度目の告白は相手の状況を知ってからにするとよいでしょう。相手がもし意中の相手に振られたのならそれはチャンスです。相手のことはネットストーカーにならない程度にSNSでその動向をつかんだり、共通の知人との関係を保つことによって随時調べると良いかもしれません。

初回に振られてから三ヶ月以内

振られてからすぐに2回目の告白をすると、この人はしつこい、とか断った意味が分かっていないと失敗するケースもあります。そのため、振られてから冷却期間を置くことが必要です。1,2週間は連絡を取らないようにするとよいかもしれません。

ただ、2回目の告白は3ヶ月以内にするとよいでしょう。3ヶ月もたってしまうと、相手から自分の存在が消えてしまうこともありますし、ほかのライバルが現れることも大いにあり得るからです。

仕事が落ち着いたタイミング

仕事が忙しくて断られることももちろんあります。仕事が忙しいから恋愛をしている余裕がないという言葉は、傷つけないように断る口実として使われることもあれば、本当に仕事が忙しくて余裕がないため断るときにも使われます。

後者の理由で断られたのであれば、仕事が落ち着くと告白を受け入れる可能性も高くなります。普段からの相手との何気ない会話から仕事の繁忙期や閑散期を聞き出し、仕事が落ち着いたタイミングで再度アタックしてみるとオッケーを貰える確率も上がります

普段からポジティブな発言や行動をする

告白して断られると、とても落ち込みます。しかしその落ち込みを見せてしまうと二人の関係性が気まずくなってしまうこともあります。そのため告白して振られたときは明るく振舞うと疎遠にならずに済みます。

それだけでなく普段からポジティブな考え方や行動を身につけていれば、魅力がアップしてもう一度告白しても成功するチャンスがあるかもしれません。

自分に自信が持てるように自分磨きをする

二回目の告白を成功に導くには、断ってもったいなかったな・・と思わせることも一つの方法です。外見を磨いたりそして趣味や教養を広げて内面を磨いたり、自分磨きをすることで自分に自信が持てるようになります。そうすると余裕が出てくるので、それを魅力的に思う異性もいるでしょう。

自分磨きをしてより魅力的な人になると、それだけで相手の人の見る目も変わるかもしれません。一回断られた告白を、二回目は受け入れる、そうなってもおかしくないのです。そのため、告白を断られて2回目に挑戦しようとするなら、その時間を無駄にすることの内容にしましょう。

まとめ

一回告白をして振られたとしてもそれだけであきらめることはありません。一回失敗しても場合によっては二回目の告白で付き合うことが出来る、そんなこともあるからです。

しつこすぎるアプローチや、すぐにニ回目の告白をするのは失敗する可能性が高いです。しかし、初回の失敗を反省し、しっかりと生かしてもう一度アタックすると成功するかもしれません。

特にニ回目の告白は相手に振られているので余裕を持って告白できるし、緊張もしないというメリットもあります。普段からポジティブな言動を心がけ自分磨きをしっかりすると成功確率も上がるでしょう。