髪を染める夢は夢占いではどんな意味?パターン別の暗示とは

髪は、夢占いにおいて「生命力の象徴」とされています。夢の中に出てくる自分の髪の毛の変化には、自分の深層心理や、未来に関わる何か重要なヒントが隠されていると言われます。

ここでは、

についてまとめてみました。

髪を染める夢を見る深層心理

髪は、夢占いにおいて生命力やエネルギーの象徴であると同時に、自分の外見、つまりルックスを象徴すると言われます。髪を染める夢には、自分の内面と外見に関する重要な深層心理が隠されています。具体的には、どのようなことでしょうか。

今の自分を捨て変わりたい

髪を染める夢には、まず今の自分を捨てて、新しい自分に生まれ変わりたいという、変化への欲求が潜んでいます。現状の自分に満たされないものがあり、何か新しいものを欲している心の声を、素直に受け入れてあげると良いでしょう。実際に髪型を変えてみたり、今まで挑戦できなかったことを試してみたりするなど、自分を変えるきっかけを掴む好機とも言えます。

心の成長がしたい

髪を染める夢には、自分自身を変えたいという思いが表されているとご紹介しましたが、それは外見の部分だけでなく、心の成長を望んでいるということでもあります。たとえば、つまらないことですぐ悩んでしまったり、他人に言いたいことがうまく言えなかったりと、自分の性格に関する悩みを抱えていることが暗示されています。

髪を染める場所や状況によって意味合いが異なる

髪を染める場所や状況によっても、夢が暗示することの意味が大きく異なってきます。夢からのメッセージを正しく受け止めるためには、髪を染めたときのシチュエーションをできるだけ記憶しておくと良いでしょう。正しく分析できれば、これから身に降りかかるトラブルを回避し、来るべき幸運に向けての準備を行うことが可能です。

染める色によって異なる夢占いの暗示

夢占いにおいて、髪を染める夢の暗示を正しく受け止めるためには、何色に染めたかということが最も重要なポイントです。その色には、自分の深層心理や、近い未来に起こる変化の予兆が隠されています。色別に詳しくご紹介しますので、参考にして下さい。

茶色に染める:自分が認めてもらえる

髪の毛を茶色に染める夢は、自分が近い将来、周りの人から何かで認められることを暗示しています。あなたが今頑張っている仕事や、対人関係などで他人から評価され、何らかの成果を得られる日は近いでしょう。その夢の暗示を確実なものにするには、自信を持った振る舞いが必要です。困難に負けず、目の前のことにしっかりと向き合いましょう。

金髪に染める:対人運の変化

金髪に染める夢は、対人運の変化を表しています。髪を染める夢の中でも、金色が暗示するのは「環境の変化」です。それは、これから新しい人間関係が作られることの暗示でもあります。変化に備えて、どういう自分でいたいかということを考えるチャンスにもなるでしょう。変化を前向きに受け止めることが、運を開くための鍵となります。

ピンクに染める:愛情の枯渇

髪をピンクに染める夢は、愛情の枯渇を暗示しています。夢占いにおいて、ピンクは「愛」を表すものです。その色に染めるということは、現状では足りない愛を、あなたが周りの人間に求めているこということです。家族や恋人に対して不満が溜まっている人は、我慢しないで素直に話してみると良いでしょう。自分で解決できない場合は、友人などに助けを求めるのも、時には必要です。

赤に染める:決断したいことや迷っていることがある

髪を染める夢の中でも、赤く染める夢はあなたの「覚悟」を表しています。自分が現在、決断するかどうか迷っていることがあり、自分にその覚悟ができるどうかを、自問自答している状態と言えるかもしれません。しかし、夢に見るということは、本当のあなた自身は決断を求めている証とも考えられます。自分の心に素直になり、一歩踏み出してみましょう。

緑に染める:こだわりを持ちすぎている

夢占いにおいて、「個性」を表す緑色に髪を染める夢を見たときは、あなたが自分自身の考え方や行動に、こだわりを持ちすぎていることを暗示しています。最近、こだわりを持ちすぎる性格が原因で、対人関係などがギクシャクしていませんか?夢はあなたに、こだわりを持ちすぎず、頭を柔軟にした方が良いというメッセージを送っています。その暗示を謙虚に受け止め、肩の力を抜いてみましょう。

綺麗な紫に染める:明るい未来を表す吉夢

髪を紫に染める夢には、少し複雑な意味合いがあります。どのようなトーンの紫に染めるかによって、暗示する内容が異なってくるからです。綺麗な紫に染める夢は、明るい未来を表す吉夢です。自分の現状に多少困難があっても、乗り越えれば近い未来に幸運が待っていることを信じ、自分の道を邁進しましょう

濁った紫に染める:人間関係でのトラブルが起こる暗示

綺麗な紫とは対照的に、濁ったトーンの紫色に染める夢には、これから人間関係に起こるトラブルが暗示されています。あなたは今、対人関係で何か不安要素を抱えていませんか?もしそれがあれば、近いうちに、その不安が現実となってしまう可能性があります。自分の態度に問題がある場合は、早めに正すことをおすすめします。

仕上がりによって異なる暗示

夢の中で髪を染めたときの仕上がりによっても、暗示される内容が違ってきます。たとえば、思うような色に染められたか、それを他人にどう評価されたかということによっても、夢からのメッセージが異なります。具体的な仕上がりの例を挙げてご紹介しますので、参考にして下さい。

きれいな仕上がりになる夢:運気上昇

染めた髪がきれいな仕上がりになる夢は、これから運気が上昇することを暗示しています。自分が本来持つエネルギーの高まりによって、現状を打破して良い運気を呼び込む力が漲ってくるでしょう。今までやりたくてもできなかった新しいことにも、果敢にチャレンジしてみましょう。新しい対人関係が開け、理想の将来に繋がるかもしれません。

くすんだ色に仕上がった夢:運気低下

髪がきれいに染まらず、くすんだ色に仕上がった夢には、運気の上昇ではなく低下の予兆が表れています。健康面に支障をきたす恐れもあるので、生活習慣を整え、メディカルチェックを怠らないようにしましょう。運気の低下は、必ず訪れるものです。そのときこそゆっくり休養をとって力を蓄え、物事の良い面を見るようにして前向きな姿勢を保ちましょう。

髪を染めてほめてもらう夢:上手に変化することができた

染めた髪を誰かに褒めてもらえる夢には、自分の望んでいた姿に上手く変化できたという自信が反映されています。今まで必死に自分を磨いてきた人は、その成果が表れ始める予兆と言えるでしょう。自分は変わることができるという自信を持ち、新たなことにどんどん挑んでみれば、新しい世界がもっと開けてくるはずです。

髪を染めてけなされる夢:間違った判断があることを示唆している

染めた髪の仕上がりを褒められるのとは逆に、けなされる夢は、現在の自分が進んでいる方向が間違っていることを示唆しています。何か大きなことを計画中の人は、大事なことを見落としていないか、慎重に見返してみましょう。夢がきっかけで気づくことができれば、重大なミスを未然に防ぐこともできますよね。その好機だと思い、自分を振り返ってみましょう。

思った色と違う色に染まる:変身願望がうまくいかない

髪が思うような色に染まらなかった夢を見たときは、変身願望があるのに、なかなか実現できない状態を暗示しています。思いつくままに安易に行動してしまうと、うまくいかない可能性が高いので、じっくり計画を立ててから行動に移しましょう。まずは達成可能な目標を立て、地道に努力していけば成果は得られるはずです。

染める人によって異なる暗示

髪を染めてくれた人が誰かによっても、夢の暗示する内容は違ってきます。自分がその相手に抱いている深層心理も発見できるため、重要なポイントとして押さえておきましょう。具体的に、異なる夢の意味の例をご紹介しますので、参考にして下さい。

知り合いに染めてもらう:染めてくれている人からの影響を受けている

髪を知り合いに染めてもらう夢を見たときは、その人から何らかの大きな影響を受けていることが暗示されています。無意識のうちに他人に影響され、服装や髪型だけでなく、物の考え方や言葉遣いも、本来の自分のものではなくなっている状態を示しているとも言えます。それは相手への尊敬が招いている行動かも知れませんが、影響を受けすぎると自分らしさを失ってしまうこともあるので、注意しましょう。

美容室で美容師に染めてもらう:変身願望の高まり

美容室で美容師に髪を染めてもらう夢は、自分の変身願望の高まりを表しています。これから訪れる変化への期待が最高潮に達し、行動に移す時が来ていることを暗示しています。「なりたい自分」に近づくための挑戦を迷っている人は、思い切って一歩前に進んでみましょう。

まとめ

髪を染める夢には、自分が本当になりたい自分を発見するためのヒントが多く含まれています。変化を望む自分の内なる声に気づいたら、その願望を抑圧することなく、本来の自分を解放できるように努めましょう。夢はあなた自身の過去から来る未来へのメッセージです。その意味を正しく受け止め、よりよい未来を創るためにまずは行動してみましょう。