強盗の夢を見た時の正しい解釈は?夢からアナタへのメッセージ

これまでに強盗が登場する夢を見たことがあるでしょうか。実際に強盗に遭遇すれば略奪だけでなく命の危険もあります。しかし、夢では自分自身が強盗になっている場合もあり、どんなメッセージが込められているのか理解できないこともあるでしょう。

そこで、ここでは

についてまとめました。

強盗の夢の基本的な意味合いとは?


遭遇すれば金品を奪われるだけでなく命を失う危険も高くなる強盗。夢で見るだけでも不安や恐怖が募るものです。強盗の夢はそのまま何かを奪われる警告夢ととらえていいのでしょうか。強盗の夢の基本的な意味合いについてみてみましょう。

不安な気持ちを表している

強盗の夢はそのまま自分の不安な気持ちや恐怖心などが反映されたものです。普段の生活のなかで強いストレスの原因となる悩みやトラブルを抱えているとよく見る夢であるといえるでしょう。

理性や感情を正常にコントロールできる状態ではないことが多いため、ちょっとしたことをきっかけにたがが外れて想いもしない失敗をしてしまうこともあります。

日常での葛藤を表している

強盗の夢には日常生活での恐怖や葛藤が表れています。仕事だけでなく複雑な人間関係で悩んでいる際にもどうすべきか葛藤している安定しない心理状態がそのまま夢になって表れます

直接関係がないように思えるかもしれませんが、恋愛がうまくいかないことでも強盗の夢を見ることがあります。また、やましさや抵抗感に苛まれている際にも見る夢といえるでしょう。

何かに怯えている心情


突然強盗に遭遇すれば怯えて体が硬直して動けなくなってしまうこともあるでしょう。目の前に強盗が現れれば何を奪われるのか、ケガをしたり命を落としたりするのではないかと気が気ではないはずです。

したがって、日常生活で人や仕事、出来事などに過度な怯えを抱いていると繰り返し強盗の夢を見ることがあります。怯えている原因を取り除かないと精神状態は安定しないでしょう。

失うこと

強盗に関する夢はその全てが凶夢、警告夢となるわけではありません。金品などの財産を失うことで全体運がアップすることもあります。しかし、日常生活のなかで何か足りないと感じていたり、持っていた大切なものを奪われたりすることでこの夢を見ることもあるでしょう。

強盗によって何を失うことになるのか、逆に何を得る予兆なのかをきちんと見極める必要があります

自分が強盗している夢のメッセージ


強盗に関する夢は自分が強盗の被害者になるものだけではありません。現実の世界ではあり得ないような自分が強盗になって事件を起こす夢を見ることもあるでしょう。自分が強盗している夢にはどんなメッセージがこめられているのでしょうか。

強盗グループに加わる:仕事運の上昇

単独ではなく強盗グループに自分が関わって金品を奪う夢は、一見すると他人が所有する物や恋人などを一方的に奪う暗示のように思えるでしょう。しかし、夢占いでは仕事運の上昇を暗示する吉夢となります。

積極的に人と関わろうとする意欲が高まっており、周囲と協力しながら仕事をこなしたり、新たなビジネスパートナーを得たりして仕事がスムーズに流れていくことでしょう。

強盗をして隠れる:欲望によって誰かを傷つけてしまう

強盗をしたのに見つかりそうになって隠れてしまう夢は、罪悪感を抱きながらやってしまった犯罪に対する後悔の念がうかがえます。本当は悪いことだとわかっていても欲望を抑えきれずに誰かを傷つけてしまうことの暗示といえます。

特に金銭欲や性欲が暴走するおそれがあるため注意が必要です。自己コントロールをしないと四面楚歌の状態を招く可能性もあるでしょう。

強盗をして逃げる:平凡な日常を打破したい


強盗をして成功するか否かに関係なく逃げる夢は、日常生活がマンネリ化していて非日常に強い憧れを抱いていることの暗示となります。基本的に真面目で派手なことを嫌うタイプなので普段羽目を外すようなことはほとんどしません。

平凡過ぎる日常を打破するために強烈な刺激やスリルを味わいたいと欲している気持ちがそのような夢を見せるのでしょう。

強盗に襲われる夢のメッセージ


強盗に関する夢には自分自身が強盗になるパターンの他に被害者となって強盗に襲われるものもあります。強盗に襲われれば恐怖や不安を覚えるのが普通です。強盗に襲われる夢にはどんなメッセージがあるのでしょうか。

強盗に殺される:運気が好転する

強盗に襲われて殺されてしまう夢は最もショッキングで不吉な予感しかしない夢ではないでしょうか。現実の世界でも命の危険を感じるようなアクシデントに見舞われるのではないかと不安になるはずです。

夢占いでは「死」は再生や復活、再スタートなどを暗示するものです。逆夢として解釈することができるため、今後運気が好転して思わぬ幸運が舞い込んでくることの暗示ととらえていいでしょう。

家に強盗が入る:納得できないことがある

強盗が自宅に侵入する夢はどうしても納得できないことがあることの暗示と言えます。自宅はプライバシーを象徴するものなので、強盗は自分のプライバシーに土足で踏み込んでくる乱暴な人物ととらえることができます。

日常生活のなかで自分を脅かすような言動にどうしても納得できない心理状態がこのような夢を見せていると考えられるでしょう。必死でプライバシーや安全を守ろうとしている葛藤があるようです。

包丁で脅される:周囲の人に恐怖心を持っている


強盗に包丁で脅される夢はいつ刃先が自分の身体に入ってくるかと強い恐怖感を抱くものです。夢占いでは予期せぬトラブルを引き起こすきっかけとなりそうな周囲の人に強い恐怖心を抱いていることの暗示となります。

包丁を突き付けられてうまく逃げることができれば、現実の世界でもトラブルを回避することができるでしょう。人間関係が極端に悪化しているときにも見る夢といえます。

強盗にものを盗まれる:金運の上昇

強盗は金品を奪うことが目的なので強盗に物を盗まれる夢はごく普通のものといえます。自分が大切にしているかけがえのない物を失うのではないかと不安になる夢ですが、夢占いでは逆夢と解釈できます

現時点では経済的に厳しい状況にあったり、思うような収入がなかったりする場合でも、徐々に金運が上昇するため潤うようになるでしょう。現状にくさらずに耐えることが大切です。

人質を取られる:弱みなどを誰かに握られてしまっている

強盗に人質を取られる夢は弱みなどにつけこまれて不利な立場になってしまっていることの暗示となります。夢の中で強盗が人質にしているのは自分が誰にも言えない弱みとかんがえられます。

圧倒的に自分が不利になる弱みを握られてどうしようもない状態になり大きなストレスや葛藤を抱いている心理状態がそのまま夢になって表れているといえるでしょう。

強盗を見たアナタの行動


強盗の夢を見た場合には、自分が強盗になっているのか、襲われているのか、などの立ち位置が夢の内容を解釈するための重要なポイントとなります。強盗に遭遇して夢の中でとる行動の違いによってメッセージの内容を読み取ってみましょう。

気づいて隠れる:欲求への抑制が限界に達している

強盗が侵入してきたことに気づいて隠れる行動は現実の世界でもあり得るものです。命を落とす危険を顧みずに立ち向かっていく人はそれほどいないでしょう。夢占いでは、強盗から隠れる行動には、金銭欲やせい良くなどの欲求への抑制が限界に達していることを意味します

自分で欲求をコントロールできないことに対して嫌悪感を抱いていることも考えられます。

強盗を殺す:運気の低下

侵入してきた強盗から身を守るために殺してしまう夢は正当防衛であることから吉夢のようにも思えます。しかし、夢占いで強盗を殺す夢は全体運が低下していることの暗示です。

今後、事故やトラブルなどに巻き込まれてダメージを受ける可能性があるといえるでしょう。ストレスや疲れが蓄積されている心理状態の表れでもあるため、ストレス発散や休息が必要です。

強盗と戦う:モチベーションが高まっている


強盗と戦う夢は正義感に溢れた勇気ある行動を示すものであり夢占いでも吉夢ととらえられています。何をされるかわからない強盗に果敢に立ち向かって戦う夢は自己の成長に対するモチベーションが高まっていることの表れです。

強盗の方が圧倒的に力で勝っていても戦略を立て直すなどの工夫をして再チャレンジする夢は、あなたの道が必ず切り開けることを暗示しています。

強盗を捕まえる:トラブルが起きても防げる

夢占いで強盗と戦って最終的に捕まえることができる夢は、何らかのトラブルが起きても防ぐことができることを暗示する吉夢となります。

何らかのトラブルやアクシデントが生じる可能性はありますが、決して焦らず冷静に立ち向かえば大事に発展することはないでしょう。人間関係で問題が起こっても深く悩む必要はありません。自分にはトラブルを回避する能力があることに自信を持ちましょう。

まとめ

強盗に現実の世界で遭遇する機会はほとんどないでしょう。しかし、夢の中では強盗に襲われるだけでなく、自分が強盗になって襲っている場合もあるでしょう。強盗の夢には不安や葛藤などのネガティブな心理状態が反映されるものですが、吉夢となる場合もあります。夢の意味をきちんと理解して実際の生活に活かしましょう。