泣く夢はどんなメッセージを持っているの?タイプ別21の意味

泣く夢を見てスッキリした経験や逆に目覚めても泣いていた経験はないでしょうか。涙を流すと心が浄化されて緊張から解き放たれることも少なくありません。夢占いでも泣く夢の多くは吉夢であり気持ちを新たにして幸運を呼びこむ暗示となることが多いようです。

ここでは、

について解説します。

泣く夢が持つ一般的な意味とは


現実の世界でも泣くことによって気持ちがスッキリとしてフラットな状態になれることは少なくありません。泣く夢も鬱積したストレスや悩みを発散して幸運を招く暗示となることが多いようです。泣く夢にこめられた一般的な意味をみてみましょう。

溜まったストレスの解消

現実の世界でも定期的に涙を流して心をリセットする女性も少なくありません。泣くことによって心が浄化され溜まったストレスを解消することができます。夢占いでも泣く夢は自らが抱えている問題や悩み、ストレスを発散したい願望が込められていることが多いようです。ストレスの解消によって新たなスタートを切ることができる場合もあるでしょう。

現実に泣きたくなる悩みがある

泣く夢はネガティブな感情やストレスなど、日頃障害となっていることが取り除かれてスッキリした状態になることを意味しています。しかし、場合によっては現実の世界で泣きたくなるような大きな悩みがあり、なかなか改善できない状況がそのまま夢として現れることもあります。泣く夢を見た後に目覚めて本当に泣いていたら悩みはかなり深刻です。

幸運が訪れる前触れ


泣く夢は基本的に吉夢とされており何らかの幸運が訪れる前兆ととらえられることが多いようです。現実の世界で涙を流すと気持ちがスッキリとしてリセットされるように、涙は不浄なものを洗い流す効果があると考えられています。悪いことが消滅して状況が好転することから幸運を手に入れやすい状況になるといえるでしょう。

願いが叶う

泣く夢は泣くことで精神が浄化され新たな局面を迎えてエネルギッシュに生きることにつながることも少なくありません。日常生活において大きな幸運が舞い込む予知夢となることも多く、長年の願いが叶う絶好の時期が訪れていることの表れにもなります。特に嬉しくて泣いたり感動して泣いたりする夢の場合は大きな願いが叶う可能性が高くなるでしょう。

自分が泣く理由


泣く夢で最も多いのは自分自身が夢の中で泣くパターンでしょう。現実の世界で泣く理由にもいろいろあるように泣く夢にも理由がありそれによって夢占いの解釈がかわります。自分が泣く夢の理由によるメッセージの違いをみてみましょう。

悲しくて泣く:ネガティブな状態になっている

現実の世界で悲しくて泣く理由はさまざまですが、夢占いでは何か強く後悔することがあってネガティブな状態になっていることの表れとなります。夢の中で泣くことで心を安定させてネガティブな状態からの脱却を図りたいと願っているのでしょう。現実に嘆き悲しむことが起こる暗示となる場合もあります。

怒って泣いている:心理的に大きなストレスを抱えている

相手に思いが伝わらず怒って泣くこともあります。夢占いで怒って泣く夢には自分の思い通りにならず心理的に大きなストレスを抱えていることの暗示となります。怒るためにはパワーやエネルギーが必要となりますが、それがネガティブなものかポジティブなものかは全て自分自身にかかっています。発散して運気が上昇する場合もあるでしょう。

悔しくて泣く:足りない部分を克服できる


勝負に負けたり、自分の思い通りにならなかったりして悔しく泣くこともあるでしょう。夢占いで悔しくて泣く夢は思い通りに事が進まない歯がゆさの表れです。同時にトラブルや問題を何とかしたいと前進するためのエネルギーが高まっているともいえます。自分に足りない部分を理解して克服できれば幸運が訪れる暗示となることもあるでしょう。

怖くて泣いている:将来への不安

現実の世界ではホラー映画を見たり、他人が恫喝する姿を見たりして怖くて涙を流すこともあるでしょう。夢占いでは怖くて泣く夢は将来への不安を感じていることの表れとなります。困難やトラブルなどが訪れることが理解できていて恐怖から心身ともに固くなっている状況といえるでしょう。克服する意志が固まったサインととることもできます。

嬉しくて泣く:幸せな出来事が起こる

同じ涙を流すのでも嬉し泣きは喜ばしいことがあったことによる少し異質なものととらえられます。夢占いでは現実の世界でも何か幸せな出来事が起こることの暗示となる吉夢です。運気が高まっている状況にあるため仕事やプライベートも全て充実しているでしょう。トラブルに見舞われてもカバーしてくれるサポーターが現れるので安心です。

感動して泣く:人生の転換期の訪れ


現実の世界で映画やドラマを見たり、人の人生に触れたりして感動して泣くことはよくあるでしょう。感情を表出できる良い涙のように思えますが、夢占いでは悩みやトラブルによって落胆しており救いを求めていることの暗示となります。感動の涙を流すことによって誰かが手を差し伸べてくれて人生の大きな転換期を迎えることにつながるでしょう。

自分以外の誰が泣いていたのか


泣く夢では泣いている人物が自分だけとは限りません。しかし、夢占いでは自分以外の誰かが泣く夢であっても本人の深層心理が反映されていることがほとんどです。自分以外の人間が泣く夢にはどんな意味がこめられているのでしょうか。

恋人:興味を持ってもらいたい

恋人が泣く夢は相手に対する一途な想いの表れであり、自分に対してもっと興味をもってもらいたい願望がこめられています。恋人のことで頭がいっぱいで他には何も目に入らない状態であるのかもしれません。自分の言動が恋人に重いと思われているのではないかと不安を感じていることも考えられます。お互いの気持ちをより理解し合うことが大切です。

友達:自身と向き合うチャンス

夢の中で泣いている友達は自分の姿が投影されたものです。したがって夢の中で泣いているのは友達ではなく自分自身となります。いつも見て見ぬふりをしている自分の欠点を改善するために自分自身と向き合うチャンスが訪れていることを暗示しているといえるでしょう。友達が大泣きしていれば運気が上昇するとともに気持ちも浄化されるでしょう。

知らない異性:新たな恋の始まり


恋人でも友達でもない知らない異性が泣く夢は新たな恋の訪れを告げる吉夢です。特定の恋人がいない人であれば、長く付き合える人と運命的な出会いをする可能性もあるでしょう。泣いている知らない異性を慰めている夢であれば、理想の相手が積極的にアプローチしてくる暗示といえます。恋愛運が上昇しているこのチャンスを逃さないようにしましょう。

子供:疲労やストレスが溜まっている

夢占いでは子どもは無邪気さや純真さ、幼さの象徴です。子どもが泣いている夢は疲労やストレスが溜まっていて耐え切れない状態になっていることの表れといえます。自分の本音を言えずに抑圧された状況が長く続いているのでしょう。夢の中で子どもが泣き叫んだり、泣きじゃくったりしていれば、疲労やストレスが原因で体調を崩すおそれがあります。

赤ちゃん:無力さを感じている

可愛い赤ちゃんは夢占いでは無力さの象徴となります。したがって、赤ちゃんが泣く夢は、泣いている赤ちゃんに自分の姿を重ねて、何もできない弱くてもろい自分の無力さを憂いている表れといえるでしょう。どんなことをしても赤ちゃんが泣き止まない場合は、なす術がなく途方に暮れている自分がいることの暗示となります。

故人:周囲からの非難にさらされる


夢占いでは故人が登場する夢は、見守りや警告、予知などの象徴とされています。故人が自分と関係の深いひとであればあるほど強いメッセージを伝える夢となるでしょう。故人が泣いている夢は、周囲からの非難にさらされるなど自分の身が厳しい状況に追い込まれるおそれがあることを警告するものです。言動に細心の注意を払う必要があるでしょう。

母親:誰かがあなたのことを心配している

夢占いで母親は母性や愛情、干渉などの象徴となります。母親が泣く夢は、そのままいつも優しくきにかけてくれる優しい誰かがあなたを心配していることの表れです。自分では気づいてない配慮のない言動で人を傷つけたり、自らを追い詰めたりしている可能性があります。少しでも気になることがある際には積極的に周りの人に頼ってみましょう。

家族:家族が悲しんでいる

両親や祖父母、兄妹などの家族が泣いている夢は正夢で家族が悲しんでいることの表れとなります。常識やモラルに反する行為や自他を傷つける行為などで、道を踏み外してしまっていることに警告する意味も含まれているでしょう。また、泣いている家族の身に異変が起こることを知らせる虫の知らせである場合も考えられます。

どんな風に泣いていたのか


一口に泣くといっても一人静かにしくしくと涙を流すこともあれば周りをはばからずに号泣することもあります。夢占いでは誰が泣いているかとともにどんな風に泣いていたかも重要なポイントとなります。

号泣する:大きな問題が解決する

周囲の目を気にすることなく号泣してしまう夢は大きな問題が解決することを暗示する吉夢です。諦めてしまうほど大きな問題が近い将来スッキリと解消する兆しの表れといえます。号泣して流す大粒の涙には精神的に大きく生まれ変わることの暗示です。運気も上昇しているので新たな気持ちで一歩を踏み出せるでしょう。

泣き叫ぶ:状況が大きく好転する

周囲が引いてしまうほど大きな声で泣き叫ぶ夢は、大きなトラブルや悩みを抱えていて助けて欲しいと深層心理が叫んでいることの表れです。思い切り泣き叫ぶことで心に溜まったストレスやネガティブな感情を洗い流すことができ、状況が大きく好転するタイミングであるといえるでしょう。激しく泣き叫ぶほど運気も大きく上昇します。

人前で静かに泣く:コミュニケーションに問題を抱えている


声を出す、出さないに関わらず誰かの前で泣く夢には、相手に対して素の自分を見せられていないことの表れとなります。人前で静かに泣く夢は、見栄やプライドなどが原因で声を出すことも抑えている状態といえるでしょう。泣く原因が夢に登場する相手にあるのであれば、コミュニケーション上の問題から相手との関係にトラブルが生じる暗示といえます。

どんな理由で泣いていたのか


泣く夢の夢占いの解釈はシチュエーションによって大きく異なります。どんな泣き方をしていたのかとともにどんな理由で泣いていたのかも重要なポイントとなります。夢の中で泣く理由別にその意味を考えてみましょう。

死を悲しんで:幸運をもたらす

誰かの死を悲しんで泣く夢は実際に悲しい出来事やトラブルが起きるのではなく幸運がもたらされることの暗示です。夢占いで「死」が再生や再スタートを意味することは有名な話です。これまでの人生に一旦ピリオドを打ち、ここから新たな人生の幸運が訪れることを意味しています。新しいことにも積極的に挑戦しましょう。

もらい泣き:嬉しい出来事がある予兆

悲しいことだけでなく感動してもらい泣きすることはよくあります。夢占いでもらい泣きは嬉しい出来事がある予兆とされており、思わぬ幸運に恵まれて目標が実現することを暗示しています。大泣きするほど大きな良い変化が得られると考えられており、その対象は仕事だけでなく恋愛にも及びます。全体的に運気が上昇しているととらえていいでしょう。

喧嘩して:不安やストレスが解放されていく


誰かとケンカして泣いてしまう夢は現在抱えている不安やストレスが解放されていくことの暗示となります。辛い感情や溜まったストレスは夢に登場してケンカする相手と深い関係していることもあるでしょう。しかし、今後は関係が改善して人間関係で悩むことは少なくなりそうです。できるだけ相手に対して優しく接してみましょう。

自分の容姿を見て:コンプレックスを乗り越え成長していこうとする意志

数あるコンプレックスのなかでも自分の容姿に関するものは深刻でしょう。しかし、夢占いでは自分の容姿を見て泣く場合は、コンプレックスを乗り越えて成長していこうとする強い意志の表れとなります。自分の容姿に対するコンプレックスは自分の内面の成長の象徴です。辛い状況を克服して意欲的に前進することができるでしょう。

まとめ

泣く夢を見る場合には自らが何らかの悩みやストレスを抱えていてどうにかしたい気持ちが強くなっていることが考えられます。泣くことでストレスを解消して新たな気持ちで物事に向き合うことができるようになることから、幸運が訪れる暗示ともいえます。泣く夢を見たことを良いきっかけとしてより自分らしく生きましょう。