火を消す夢は凶夢ばかりではない!火を消す夢が持つ色々な意味

火事になって火を消す夢をみたことがあるでしょうか。夢占いでは財産や生命を失うリスクが高い火事の夢は吉夢であるといわれています。では、火を消してしまう夢は全てが凶夢となってしまうのでしょうか。

今回は、

についてまとめました。

火を消す夢が意味することとは


夢のなかに登場する火は情熱や感情の高まり、意欲などを示すことが多いため、実際に怒ってしまうと困る火事も吉とされています。その火を消す夢は自分にとってプラスのものを消去することになります。火を消す夢にはどんな意味がこめられているのでしょうか。

トラブルを解決する

夢占いでは火を消す夢の解釈の仕方がいくつかあり、そのひとつがトラブルを解決できる暗示となるものです。放置すると燃え広がって大きな被害になるところを小さな火のうちに消してしまうことに関係しているといえるでしょう。

トラブルが起きても早期に解決して大事にはならないことを示唆しています。どのくらいの時間や労力によって火が消えるかによってトラブルの大きさや深刻さがかわってくるでしょう。

感情を抑制する

夢占いでは火は感情を象徴するものとしてとらえられることもあります。したがって、火を消す夢は自らの感情を抑制しようとする心理が働いていることを意味しているといえるでしょう。

危険なことへの誘いや甘い言葉など、身を破滅する可能性が高いさまざまな誘惑に乗らないように必死に感情をコントロールしているようです。誘惑はとても魅力的であり強く惹かれるため火を消そうとしているのでしょう。

情熱の消失


夢占いでは火を情熱の象徴ととらえます。情熱は何事にも積極的に取り組むためのエネルギーの源であり理屈ではなく自分を突き動かすものです。火を消す夢はその情熱を消し去ることにつながるため、情熱を消失してしまうことの暗示といえるでしょう。

意欲の低下を暗示する夢にもなるため、仕事、プライベートともに集中できず思わぬミスからトラブルを引き起こす可能性もあるといえます。

運気の低下

夢占いでは火事で火が勢いよく燃え盛る光景は吉夢と考えられています。炎が高く上がるほど運気が上昇するといえます。火を消す夢ではせっかく上昇する運気を消してしまうことになるため、運気の低下が暗示されているといえるでしょう。

病気や事故、人間関係のトラブルなど、これまでにない悪いことが起こる可能性があります。また、せっかく順調に進んでいたことが突然覆されることもあるでしょう。

火の大きさ


夢占いでは火は情熱やエネルギーとともに運気を象徴するものです。したがって、火を消す夢のほとんどは勢いを失くしてしまう凶夢となることが多いようです。消そうとしている火の大きさによってどんな状態になるのか、解釈も変わってきます。

大火事:幸運を逃してしまう出来事が起こる

夢占いでは大火事は大きな幸運の象徴となります。したがって、大火事を消してしまう夢はとてつもない大きな幸運を自ら逃してしまうような出来事が起こることを暗示しています。

幸運に気づかずにスルーしてしまうのではなく自らの手で幸運を潰してしまう可能性があるためダメージが大きくなることでしょう。幸運を逃がさないように日頃から言動に細心の注意を払うことが大切です。

ボヤ:トラブルを未然に防ぐ

火事が起きてもバケツの水や消火器などを使ってボヤの状態で消し止めることができる夢はトラブルを未然に防ぐことができる暗示となります。これから何らかのトラブルが生じる可能性はありますが、早くから対処できる体勢が整っているので大事にならずに済むでしょう。

トラブルを未然に防ぐことができるといっても何らかの災難が降りかかってくる可能性は高いので特に事故やケガには注意が必要です。

訓練用のダミー:トラブルを回避する


消火訓練などで使用する訓練用のダミーの火を消す夢はトラブルを回避できることを暗示する吉夢です。近い将来、ケガや事故、仕事上のトラブルなどに見舞われることが予想されます。しかし、機転を利かせて早めに対応することができるため未然に回避することができるでしょう。

落ち着いて普段通りに冷静にトラブルに対処できるよう、精神状態や頭の回転は常にクリアにしておく必要があります。

火を消す時の状況


火を消す夢では火事の規模だけでなくどのような手段を使って火を消したかによって夢の内容の解釈が異なります。一般的に火を消す夢は凶夢や警告夢となることが多いものですが、シチュエーションによっては吉夢になることもあります。

消火器:取り組んでいる出来事が成功に向かっている

消火器を使って火を消す夢は現在取り組んでいることが成功に向かっていることを暗示する吉夢です。火事が起こった際に消火器を冷静に使いこなすためには、普段からの集中力や柔軟な対応力が必要となります。

冷静沈着にトラブルを回避できることから近い将来大きな成果を手に入れることができるでしょう。消火器をうまく使えない場合は取り組んでいることに躓きがあることの暗示となります。

バケツリレー:人の協力によって上手くいく

戦時中は近隣と協力してバケツリレーで鎮火する訓練が行われていたといいます。バケツリレーで火を消す夢は勉強や仕事が自分の力だけではなく人の協力によって上手くいくことの暗示となります。

バケツは労働力のシンボルであり、バケツリレーに参加している人は自分への協力者ととらえることができます。日頃から周囲への思いやりや優しさを忘れないことが重要です。

煙が目にしみる:目のトラブルの暗示


火を消す際に煙が目にしみることが印象的な夢は目のトラブルを暗示する警告夢です。何らかの眼疾病に罹るおそれがあるので注意しましょう。また、見たくないものを目にすることが原因でトラブルに巻き込まれる暗示にもなります。

煙が目にしみても火を消すことができればトラブルは解決に向かいますが、うまく消せないのであれば大きなトラブルに発展する可能性があります。

消す前に人を助ける:トラブルがあなたを成長させる

火を消す前に要救助者を助ける夢はトラブルを乗り越えることで成長できることの暗示となります。夢占いでは火事に限らず人を助ける夢は自分の成長を暗示します。

近い将来トラブルが生じることがあっても、それを乗り越えることで人間として一回りも二回りも成長することができるでしょう。一方で助けを求めている人に自分の姿を重ねている場合には、ストレスや悩みが蓄積して助けを求めていることの暗示となります。

消火器がうまく使えない:自分をうまくコントロールできていない

火事に気付いて火を消そうと消火器を手にしたのに上手く使えなくて消火活動に支障が出る夢は、自分をうまくコントロールできていないことの暗示となります。

甘い誘惑や自らの怠惰な心に負けてしまって本来の自分ではない行動をしていないでしょうか。ストレスが原因であれば熱中できることを見つけて発散するようにしましょう。理性で感情をコントロールすることが大切です。

消火栓ポンプ:集中力の高まり


消火栓ポンプは屋内外に設置された消火活動を行うための専用の施設です。消火器やバケツの水とは比べ物にならない大量の水を供給できるのが大きな特徴です。夢占いでは大量の水が集中力の高まりを暗示するものとなり、安定した精神状態で物事に向か合うことができていることの表れといえます。

消火栓ポンプをうまく使えない夢であれば、集中力が途切れたりコントロールできなかったりする状態であるといえるでしょう。

消防車を呼ぶ:抱えているトラブルが一人では解決が難しい

火事に気付いて自分で消火活動を行うのではなく消防車を呼ぶ夢は、現在抱えている悩みやトラブルを自分だけの力では解決できないことの暗示となります。一人ではどうしようもなく誰かに協力を得たいと思っていてもなかなか言い出せないでいるのかもしれません。

早目に消防車が到着して鎮火できる夢であれば、すぐ近くに協力者がいる暗示です。遠慮せずに協力を求めましょう。

火を消した後の状態


火を消す夢では、消そうとする火の規模、消し方のシチュエーションなどによって夢占いの解釈が異なります。それだけでなく、火を消した後にどのような状態になったのかによっても意味合いが変わってきます。

完全に消せなかった:失いかけたチャンスがまだ残っている

夢の中でバケツの水や消火器、消火栓ポンプなどさまざまな手段で消火活動を行ったものの、完全に火を消すことができない場合もあるでしょう。この夢は事態の悪化ではなく失いかけたチャンスがまだ残っていることの暗示となる吉夢です。

一般的に情熱や意欲を象徴する火を消す夢は凶夢となりますが、火が消えなかったことで凶夢が吉夢に変化します。諦めずに再度チャレンジすることが大切です。

自分では消せずに消防車が来た:あなたのチャンスを大きな力で潰そうとしている

自分で消火できずに消防車が来た夢は、何らかの大きな力によってせっかくのチャンスが潰されそうになっていることを暗示しています。夢に登場する消防車や消防士は消火のプロであり高い確率で火を元から鎮火するでしょう。

意欲や情熱を注いで取り組んできた大きなチャンスを巧みな技術で消し去ろうとする強力な存在が現れる可能性があります。

まとめ

火を消す夢は夢占いでは感情や情熱、意欲などを抑制する暗示となり、一般的には凶夢や警告夢となります。しかし、火の規模や消し方、消した後の状況などによってトラブルを未然に防ぐ吉夢となる場合も少なくありません。火を消す夢の意味を正しく理解してあらかじめ起こるトラブルを察知して未然に防ぎましょう。