歌を歌う夢が持つ大事なメッセージとは?夢占いでの暗示

これまでに歌う夢を見たことがあるでしょうか。歌は活力でありなくては毎日の生活に潤いが得られない人も多いでしょう。歌には楽しい歌や嬉しい歌の他に気分が沈んだ時に歌いたくなる悲しい歌もあります。

ここでは、

についてまとめました。

歌を歌う夢の基本的な意味とは


夢占いでは歌うことは幸福や生命力の高まり、自己表現したい気持ちの象徴とされています。しかし、いつもポジティブな心理状態を意味するのではなく、寂しくてたまらない気持ちの表れとなることもあります。歌う夢の基本的な意味は何なのでしょうか。

自己主張の強さ

歌は表現方法の1つであり自己表現したい気持ちが強く表れたものであるといえます。お風呂や部屋で1人で歌う人もいれば1人カラオケを楽しむ人もいるでしょう。しかし、誰かを前に歌うことも多く、人前で歌いたい気持ちが強い人ほど自己主張が強い人といえます。

さまざまな感情を表現する歌には心理状態や人間関係が反映されやすいものです。楽しい歌を歌う夢であっても必ずしもポジティブな意味ではないこともあります。

歌っている時の気分で変わる

歌う夢ではどんな雰囲気、曲調の歌を歌っているかによっても夢に反映されている深層心理に違いがあります。また、それだけでなく歌っている時にどのような感情を抱いているのかも重要なポイントとなります。

歌う時の気分そのものが現実の世界で感じている感情であることが多いため、自分でも気づいていない心の微妙な変化を知るきっかけにもなるでしょう。

寂しい気持ち


歌う夢には「自分の気持ちや考え方を誰かに理解して欲しい」「自分のことをもっと知って欲しい」子持ちが反映されることが少なくありません。自己表現したい気持ちの高まりは普段寂しい気持ちでいることの反動であるともいえるでしょう。

自己アピールよりも誰かに助けを求めるために歌う夢をみることも多いようです。人知れずひっそりと悲しんでいる心理状態が如実に表れるのも歌う夢の特徴の1つです。

自分でも気づかない深層心理からのメッセージ

歌う夢では歌詞で普段言えないことを表現したり、曲調で自分の本当の気持ちを表現したりすることがあります。夢では自分でも気づかない深層心理からのメッセージが反映されやすいものですが、自己表現に直結する歌の夢は本心が最も表れやすいといえるでしょう。

歌う夢のシチュエーションによって普段は意識していないのに悲しみや孤独を強く感じていることを理解することもできます。

歌っている時にどんな気持ちなのか


夢占いで歌は生命力の高まりや幸福感などの心理的な状況を象徴するものです。どんな歌をどんなシチュエーションで歌うかとともにどんな気持ちで歌っているのかによってメッセージの解釈が変わってきます。

明るくて楽しい:明るい未来の展望

夢の中で歌っている際に明るくて楽しい気分であれば、明るい未来の展望が開けることを暗示する吉夢となります。友人などと一緒に楽しい雰囲気のなかで、周りが盛り上がるような歌を歌っていると気分が明るくなるでしょう。

楽しそうな曲、歌詞の歌であれば明るい未来が訪れるのにあまり時間がかからないことを意味しています。肩の力を抜いてやるべきことをしっかりとやりましょう。

すっきりする:自分自身を表現することを抑制している

夢で歌ってすっきりできればストレスの解消ができているように思いがちです。しかし、夢占いでは歌ってすっきりする夢は、現実の世界で普段から自分を表現することを抑制してストレスが蓄積していることの暗示となります。

現実の世界で果たせない自己表現を夢の中で実行して気分をすっきりさせようとしているのでしょう。少しずつでも自分のカラーを出していけるように努力することが大切です。

悲しい:厳しい未来の到来

手 希望 未来
どんなに明るく楽しい歌であっても歌っていて悲しくなってしまう夢は、これから暗く厳しい未来が到来することを暗示する警告夢となります。しかし、厳しい未来は現在の自分がつくりだしているものであるため、考え方や言動を改善することで未来を変えることは可能です。

ネガティブ思考から脱却して人間関係を良くするための努力をすればおのずと明るい未来に変わるでしょう。

つまらない:つまらない気持ちを周りにアピールしている

大勢の友人と和気あいあいの雰囲気で歌っているのにつまらないと感じてしまう夢は、現実の世界で周囲につまらない気持ちをアピールしている暗示となります。他人がおもしろいと感じていることであっても自分にとってはつまらないこともあります。

しかし、つまらないことを言動や表情で表現してしまっていることから周囲を不快にさせていることを理解していない可能性があります。態度を改めないと誰もかまってくれなくなるでしょう。

歌っていた歌の内容


歌は音楽だけでなく歌詞に思いをのせて表現するものです。したがって、歌う夢の解釈は歌っていた歌の内容によっても変わってきます。歌詞に潜在意識が反映されることの多い歌の内容による意味合いの違いをみてみましょう。

応援歌:目標は努力すれば叶う

応援歌は学校やスポーツチームなど、団体や個人を励ますとともに士気を鼓舞するために歌われる歌です。夢占いでは応援歌を歌う場合は、努力すれば目標が叶うことを暗示する吉夢となります。

何もしなくて望みが叶うのではなく、地道な努力によって目標を達成することを意味する夢です。油断せずに自分を信じて努力し続けることが大切です。

失恋の歌:恋がうまくいかない

失恋したときに元気を出す目的ではなく、思い切り落ち込むために失恋の歌を聴く人も多いでしょう。夢占いで失恋の歌を歌う夢は、そのまま現実の世界での恋が上手くいかないことの暗示となります。潜在意識が失恋に終わることを理解しているのでしょう。

片思いが通じなかったり、恋人との関係がギクシャクしたりする可能性があります。相手のことを第一に考えた行動を心がける必要があるでしょう。

絶叫系の歌:我慢しすぎている


ハードロックやヘビーメタルなどの絶叫系の歌を歌う夢は、現実の世界で我慢し過ぎていることの暗示となります。絶叫することで現実では果たせないストレスの解消をしているのでしょう。

自分の気持ちをいつも抑えて納得できない他人の考えに賛成したり、反対意見をはっきり言えなかったりする弱さも感じられます。我慢せずにもっと自己表現するようにしましょう。

絶望している歌:過度のストレスにより体調を害している

二度と立ち直れないような絶望している歌を歌う夢は、心身ともに疲弊しきっていることを伝える警告夢です。現実の世界で仕事や人間関係などの悩みによりストレスが過度に溜まった状態といえるでしょう。

ストレスや不安によって既に体調を害している可能性が高いため、早めに受診するとともに休息やリフレッシュを第一に心がけるようにしましょう。

誰の前で歌っているか


歌う夢ではどのような雰囲気の歌をどんな感情を抱いて歌うかによって夢占いの内容が変わってきます。また、歌は人前で歌う機会が多くなるものであるため、誰の前で歌っているかによっても深層心理からのメッセージに違いがあります。

友達の前:自分をもっと知ってもらいたい

友達の前で歌っている夢には友達に自分のことをもっと知ってもらいたい願望がこめられています。一見仲の良い友達であっても実際には「自分のことを誤解している」「本当の自分を理解してくれていない」と不満を抱いているのでしょう。

友達に自分のことを正しく理解してもらうことは大切ですが、その前に自分が友達のことを心から理解しているかどうか確認してみる必要もあります。

家族の前:家族に自分の現状を理解してもらいたい

自分にとって最も身近な存在である家族の前で歌う夢も友達のときと同様に家族にもっと自分のことを理解してもらいたい気持ちの表れといえます。遠慮なく何でも話し合える関係が不足しているのかもしれません。

態度や雰囲気で自分のことを察して欲しいと思っているばかりでは理解してもらええません。自分から積極的に言葉で自分の現状を伝えることも重要です。

知らない人の前:偏見のない状態で自分を理解してもらいたい


全く知らない他人の前で歌う夢にはフラットな状態で自分を理解してもらいたい気持ちの暗示といえます。日頃から人間関係で悩んでいたり、ある一面だけでこんな人間だと決めつけられたりすることに嫌悪感を抱いている可能性があります。

全く自分を知らない人には偏見がない白紙の状態で自分を理解してもらいたいのでしょう。仕事の世界だけでなくジャンルの違う人との積極的な交流で運気が上昇する暗示でもあります。

大勢の他人の前:多くの人に知ってもらいたい

初対面の大勢の他人の前で歌う夢は、多くの人に自分のことを知って欲しい気持ちが強いことの表れです。全く知り合いがいないなかで歌うには相当の勇気が必要です。しかし、それだけ代償を払ってでも周囲に自分のことを正しく理解して欲しい気持ちが強いのでしょう。

自分の本質が理解されていないことに対する不満の表れともいえますが、自分が他人に理解してもらえるように努力しているかどうかも確認する必要があるでしょう。

まとめ

夢占いで歌う夢は生命力の高まりや自己主張の強さなどの象徴とされています。意味のある歌詞に思いをのせて歌う歌にはそのときの深層心理が反映されやすいものです。日頃自分の気持ちを抑圧し過ぎていることで歌う夢をよくみることもあるでしょう。シチュエーションによって異なる歌う夢を正しく理解して日頃の考え方や言動に活かしましょう。”