遠距離の片思いの難しさと効果的に片思いを成就させる4つのポイント

遠距離の片思いというのは辛いですよね。でも、そんな遠距離の片思いが一番楽しい時期だったりするって人もいるかもしれません。

ここでは、

についてまとめてみました。

遠距離の片思いになってしまう理由


遠距離の片思いになる状況ってそもそもどういうことが理由となっているのでしょうか。ここでは、そんな気になる遠距離の片思いの状況になる原因について紹介します。恋をしている人は、参考にしてみると良いかもしれません。

SNSなどでの出会い

遠距離の片思いはSNSで出会った人が陥ることが多いです。実際に相手のことをSNSで見るようになって、なんとなく好きになってきたと思ったら、相手はずっとずっと遠くに住んでいるということもありますね。SNSでは不特定多数の人が使っているので、地域もバラバラです。ふと好きになった人が遠くの人ということも珍しくはありませんね。

相手や自分の転勤


ずっと好きだった人に自分の想いを伝えることができず、そのまま相手や自分が転勤してしまうということもありますよね。会社からの支持なら仕方ないですが、転勤はいつどこであるかわかりません。気持ちをいつか伝えようと思っていても、急な転勤になって、そのまま遠距離の片思いをすることになるかもしれません。気持ちは早めに伝えたいですね。

親の介護など家庭の事情

両親の介護など、家庭の事情で実家にいなくてはならない人もいます。みんなは都会で暮らしていても、家庭の事情で自分だけは片田舎で暮らすということになっている人もいるでしょう。もともと都会で生活していた人も、両親が年齢を重ねてきて、仕方なく介護に戻るという人もいるくらいです。そこはやはり遠距離の片思いの難しいところですよね。

遠距離の片思いが成就しにくい要因


遠距離の片思いはなぜ成就しにくいのでしょうか。愛があれば遠くにいても大丈夫だと思っている人がいますが、状況はかなり厳しいと言えるでしょう。そこで、ここからは遠距離の片思いが成就しにくい要因について紹介します。

毎日会える人に惹かれやすい

毎日会える人に惹かれやすいからこそ、遠距離の片思いは難しいです。人は近くにいる人のことをより意識するようになります。身体が遠く離れてしまうと、心も遠く離れてしまうのです。毎日会える人なら良いですが、全然会えなくなると意識することも徐々に少なくなっていくでしょう。それが気持ちを冷めさせてしまうことになってしまいます。

会うためにお金がかかる


会うためにお金がかかるのも大変ですよね。遠距離の片思いならそもそも付き合っているという状況ではないのだと言えるのですが、会いに行こうと思ってもやはりお金がかかります。電車やバスで行けるならまだ良いですが、場合によっては飛行機が必要となるかもしれません。そうなると1回会いに行くだけでも数万円かかるかもしれません。

会えない相手を信じるのが難しい

会えない相手を信じるのは難しいですよね。そもそも遠距離の両思いとは違って、遠距離の片思いだと付き合っているのかもわかりませんよね。そうなると、相手を信じ続けるのは余計に難しくなります。相手がそもそも自分のことを想ってくれているということはないかもしれません。離れ離れになれば、余計に相手も意識しなくなるでしょうね。

遠距離の片思いを成功させるために重要なポイント


遠距離の片思いを成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか。これに関しては、やはりしっかりとしたアプローチをしていくことが必要となります。そこで、ここからは遠距離の片思いを成就させるための成功プロセスを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

気持ちを押し付けすぎない

自分の気持ちを押し付けすぎると、相手もやはり嫌になってしまいます。そもそも付き合ってもいないのに「なんでそんなこと言うの?」と思われるかもしれません。あくまでも遠距離の片思いということなので、自分の気持ちを汲んでくれるということもないでしょう。まずは気持ちを押し付けないようにして、相手のことを優先してあげましょう

焦らずじっくりと行動する

汗って家や部屋に押しかけたりするのはやはり避けておきたいです。焦らずにじっくりと行動しないと、相手が逃げてしまうことも多くなってしまうでしょう。相手も追われることに慣れているなら良いですが、あまり慣れていない人を追いかけ続けると引かれてしまうこともあります。あまり焦るのではなく、作戦を立てて計画的に攻めていきましょう。

下心が出るような発言や行動をしない


下心が出るような言動や行動は控えることが必要となります。やはり相手に下心があると、それがバレてしまうこともあります。特に女性なら良いかもしれませんが、男性が下心丸出しだとさすがに引かれてしまうでしょうね。そういう発言をしてしまうと片思いどころか、嫌われてしまうということもあるのではないでしょうか。

程よい距離感を感じてもらう

程よい距離感を抱いてもらうことが、実は重要となります。お互いに付き合っているのなら良いですが、付き合っていないのなら距離感こそが相手に意識させることになります。そのため、遠距離の片思いをしている時には、相手にも寂しいという感情を持ってもらうことが重要となるでしょう。実際に寂しいのなら、相手の方から近づいてきますよ。

遠距離の片思いが成就するアプローチ方法


遠距離の片思いが成就するためには、アプローチの方法をしっかりと考えてみると良いのではないでしょうか。実際に遠距離の片思いが成功するかどうかは、アプローチの方法によって変わってきます。ここからはその正しい方法を紹介します。

SNSやLINEや電話など複数の連絡方法を確保する

SNSやLINEや電話など、複数の連絡方法を確保することがまずは重要となります。あまりにも連絡先を把握しているとストーカーのようになってしまうので、そこはある程度に抑えるようにしましょう。遠距離になると相手の行動などがわからなくなるので、言動にも気をつけつつ連絡を取れる状況を続けていくことが重要となりますね。

連絡するときには明るく元気に!

連絡する時は「寂しい」だとかそういうネガティブなことは避けておくことが必要です。せっかく連絡をするのなら明るく元気に振舞うようにしましょう。そこでポジティブになると、相手も自然と元気をもらえるようになります。次第に連絡していないと落ち着かなくなってくるくらいになるでしょう。相手にとっての薬箱になることが重要です。

LINEは毎日する


LINEに関しては毎日するようにしましょう。LINEの強いところは、相手が既読しているかどうかわかるところです。SNSでいいねやコメントをしても、相手が見ていないのなら意味がありません。逆に電話だと負担も大きくなるので、最近は電話嫌いが増えています。そのため、極力は毎日のちょっとしたことをLINEしてあげると良いでしょう。

理由を見つけて会いに行く

何か理由をつけて会いに行くというのも良いかもしれません。ただ、あくまでも片思いなのであれば、相手は自分のことをあまり意識していないこともあるかもしれません。そんな中でいきなり会いに行くと引かれてしまいます。どうしても恋仲ではないのに会いたいなら、何か理由をつけることが必要です。「渡したいものがある」とか理由を作りましょう。

会うたびに髪型やファッションを少しずつ変える

会う度にヘアスタイルやファッションを少しずつ変えるというのも良いかもしれません。相手によっては、会う度にあまり変わらない相手に辟易していることもあるでしょう。マンネリ化するのが怖いので、適度に自分に興味を持ってもらえるよう、髪型や服装もちゃんと考えてみることをおすすめします。そうすれば、魅力も感じやすいかもしれませんね。

会いに来てくれた時には手料理を振る舞う


会いに来てくれた時には、手料理を作ってあげるというのも良いですね。もうその時点で片思いではないと思うのですが、どんな関係にしても手料理を作ってもらえるというのは嬉しいものです。そこで美味しくない料理を出すと評価も下がってしまうので、ぜひぜひ美味しい料理を出せるように勉強しましょう。評判が良くなれば、通ってくれるかも。

相手がつらい時に支えてあげる

相手が辛い時には、しっかりと支えてあげるようにしましょう。ただ、片思いなのであれば、相手によっては「恋人でもないのに何なの?」と思うこともあるかもしれません。そのため、執拗に近づくのは避けておきましょう。相手が辛い時に支えてあげることに重点を置き、特に辛くなさそうなら、あまり構わずに放置しておくというのも良いでしょう。

遠距離恋愛に失敗してしまう人の特徴


遠距離恋愛に失敗してしまう人には、ある共通点があります。ここからはその特徴を紹介します。実際に遠距離恋愛が苦手という人も多いので、ここで紹介することに当てはまっているかどうかをしっかりと考えてみると良いかもしれませんね。

関連性の少ない連絡を頻繁にする

関連性の少ない連絡を頻繁にするのは失敗してしまうでしょうね。男性と女性で考え方が違ってきますが、連絡は必要最低限で良いと思っている人もいます。特に「今それ話す必要ある?」というような連絡が何度も来ると、相手も嫌になってしまうでしょう。そうならないように、関連性のない連絡はあまりしないようにすることが必要となります。

会えないことを責めるようなネガティブな発言をする

会えないことを責めるようなことを言うと、それが相手にとって負担になってしまいます。そもそも両思いなら良いですが、片思いなのにそんな発言をすれば、相手も「え?付き合っていないよね?」と思うこともあるでしょう。お互いに好きなら良いですが、そうではないのなら、責める発言はただの痛い人になってしまうので注意が必要となります。

焦って答えを求める


焦って答えを求めてしまうのはよくありません。片思いの時には、相手がどう思ってくれているのかわからないこともあるでしょう。そうなると、ついつい答えを先走ってしまうこともあります。「付き合ってくれる?」「結婚してくれる?」というような発言は、相手を委縮させてしまうことになるので、そこは注意が必要となるでしょうね。

まとめ

遠距離の片思いは難しいです。ただ、上手に行動や言動をしていくことで、可能性は0ではなくなります。失敗する人には特徴があるので、その原因や理由をしっかり把握して対応していくことが必要となっていくのではないでしょうか。くれぐれも片思いと両思いを勘違いしてしまわないように注意しておきましょう。