告白を保留しているときのデートはNG?メリット・デメリット

告白したのに保留するということもあるかもしれません。逆に告白して保留されているのに、デートに誘われるということもあるでしょう。そんな時のデートはNGなのでしょうか。

ここでは、

についてまとめてみました。

告白の返事を保留にする心境


そもそも告白の返事を保留にするというのは、どういう心境なのでしょうか。そこを理解していくことによって、その人がどう考えているのかについての考えも深まります。そこで、ここからは告白の返事を保留にする心境について紹介します。

いきなりすぎて気持ちの整理がつかない

いきなりすぎて気持ちの整理がつかないからこそ、告白の返事を保留にするということも多いです。自分がまさか告白されるとは思っていなかったからこそ、とりあえず「返事は待っててほしい」ということを伝えるわけです。

嫌いなのか好きなのか、自分の中でどちらの気持ちが大きいのかを判断する時間がほしいという意味でもあります。実際に気持ちの整理がつかないのに付き合って失敗するのも避けたいという人が多いので、告白の返事を保留するというのは普通のことなのかもしれませんね。

本当に好きか見極める時間が欲しい


告白された人が自分の想い人なら良いですが、あまり意識していなかった人から告白された時、本当に好きかどうか見極めることが必要となりますよね。冷静になって考えたいということもあるからこそ、保留にするという人も実は珍しくありません。

今まで意識していなかったなら、もちろんそういう時間が必要となってくるでしょう。事実、そういう返事に関しては、簡単に断ることもできないし、簡単に許すこともできませんよね。だからこそ、見極めるための時間を求めて「ちょっと待って」と言うのかもしれません。

とりあえずキープ

相手のことがあまりわからなくても、とりあえず告白してくれたんだから「キープしておこう」と思うこともあるでしょう。これはちょっと性格が悪いと思われるかもしれませんが、恋の駆け引きとしても使われることが多いです。実際にキープされている人も多いですね。

他に好きな人がいて、その人に告白して、上手くいけばそのままということもあります。そして、上手くいかなければ告白された人と付き合うという人もいるでしょう。保留されるということは、決して悪くは思われていません。ただ、良くも思われていないこともあるので注意が必要となってくるでしょう。

告白保留中にデートはあり?なし?


告白保留中にデートをするのはありなのでしょうか。それともなしでしょうか。ここではそんな気になる告白保留中のデートについて解説します。デートしようかどうか迷っているという人は、まずは冷静に考えてみることが必要です。

デートで保留から恋人にランクアップも可能

デートで保留していた状態から、恋人にランクアップすることもあります。とりあえずは保留としたけれど、デートしてみたら思っている以上に良い人かもしれません。そうなると、ただの保留から恋人として意識するということもあるのです。また、自分が告白したのであれば、その後のデートで大きく変わることもあるかもしれません。

告白されただけでは、その人がどういう人なのかわからないということも多いでしょう。もちろん、会社や学校の人であればある程度知っていることも多いです。ただ、デートしてみて、思っている以上に「この人なら良いかも」と思えるということもあります。それを見極めるために、あえて保留にするというのも良いかもしれません。

相手の立場や気持ちを考えてしつこく誘うのはNG

相手の立場や気持ちを考えることはとても重要です。相手が保留にしてきたのなら、そこでしつこく誘うというのは良くありません。相手にも考える時間が必要なので、付き合ってもいないのにデートに誘いまくるというのはちょっと迷惑になるかもしれません。

それが原因で「この人は人の気持ちを感がることができない人」だと思われたら、保留から却下に変わるかもしれません。相手に誘われた時にも、保留しているのに自分からデートに誘うというのは、ただただ翻弄してしまうだけです。良く考えてから行動して、相手の気持ちを踏みにじらないようにしましょう。

告白保留中のデートのメリット


告白保留中のデートにはメリットもあります。そこで、ここからは告白保留中のデートのメリットについて紹介します。これからデートしたいと思っている人は、ぜひともこのメリットを確認してから、攻めるようにしてみてください。

気持ちをアピールすることができる

気持ちをアピールするために、告白保留中にあえてデートに誘ってみるというのも良いです。相手によっては「そんなに自分のことを想ってくれるのなら」と付き合ってくれるかもしれません。本命になる日も近いので、焦らずにじっくりとデートに誘いましょう。

また、デート中の行動によって、相手に与える印象も違ってきます。もちろん、どんな印象を与えるかは人によって違ってきます。それで幻滅されてしまうということもなくはないです。そのため、デートするのならしっかりと準備して、立ち振る舞いや所作にも気をつけておきましょう。

告白を成功させるために努力することができる


告白保留中のデートは、告白を成功させるための努力期間だと思って良いです。相手にどうすれば気に入ってもらうことができるのかを考えてみると良いでしょう。その間に相手が好きなものや気に入っているものをチェックしてみるのも良いです。

デートすることによって、相手の知らなかった一面が見えてくることもあるかもしれませんよね。そうなると、より相手に気に入ってもらえるようになるのではないでしょうか。ただ待つのではなく、努力によって自分の魅力を磨くようにしましょう。

友達としてではなく恋人候補として過ごしてもらえる

友達としてではなく、恋人候補として過ごせるのも告白保留中のデートの魅力ですね。相手に友達として認識されてしまうと、そこから恋人になるには、かなりハードルが高いです。そのため、できれば恋人候補としてデートするようにしましょう。

ただ連絡を取っているだけでは、友達と変わりません。どうせならデートとして積極的に攻めてみても良いかもしれません。もちろん、相手がちょっと引いていることもあるので、距離感はしっかりと保っておくことが重要です。いきなり馴れ馴れしくするのはNGです。

告白保留中のデートのデメリット


告白保留中のデートにはデメリットもあることはあります。そのため、デメリットについてしっかり把握しておき、ニアミスをしないようにしましょう。ここでは、告白保留中のデートのデメリットについて紹介するので、参考にしてみてください。

断る口実を作ってしまうリスクがある

告白保留中にデートをすると、断る口実を作ってしまうリスクがあります。デート中に何か相手にとって嫌なことが発覚してしまうと、それを理由に「ちょっとタバコを吸う人は苦手だから」「気分やな人が苦手だから」と断られるということもあるでしょう。

相手がもともと断る予定だったのなら、それに拍車をかけてしまうことになります。保留にするということは自分の気持ちにも整理がついていないことが多いので、上手にデートをすることはもちろん、相手に考えさせてあげる時間も必要となります。

どこまで押していいのかわかりにくい

どこまで押して良いのかわかりにくいので、なんだか微妙な空気でデートすることになります。相手がちょっとでも気がある素振りを見せるなら攻めることもできるのですが、そうでないのなら、立ち振る舞いもどうすれば良いのかわからなくなるでしょう。

そうなると、デート自体があまり楽しくないものとなってしまって、相手によっては「なんか合いませんよね」と判断されてしまうこともあります。そのリスクは実は結構大きいですね。デートで相手に惚れさせる武器があるのなら別ですが、慎重な行動が必要となります。

厳しく審査されているので楽しめない


厳しく審査されてしまうことも多いので、デートを純粋に楽しめないということもあるでしょう。好きな人とのデートなのに、とても気を遣ってしまって、お互いに上手くいかなくなることも多いです。そこは自然体でデートできるようにしたいですね。

相手もデートを楽しむというよりは、見極めようとしてデートをすることが多いです。これからもずっと付き合いを続けていくことができるのかどうか、いわば面接のような雰囲気かもしれません。そこで、相手に気に入られるというのはかなり骨が折れるかもしれません。

まとめ

告白保留中には、色々と不安もあると思います。相手がどんな決断をするのか心配ですよね。ただ、あまりしつこくデートに誘うと、それが原因で自爆することもあります。そこは冷静にデートして、相手に気に入られるように努力をすることが必要です。

- 1 / 1ページ -