恋愛での重いはどういう意味?重いと言われる行動や対応策

恋愛が重い人っていますよね。自分自身でも重いと思っている人もいるかもしれないし、周囲に重いと思われている人もいるかもしれません。

ここでは、

についてまとめてみました。

恋愛においての重いとは?


恋愛において重いとはそもそもどういう意味があるのでしょうか。人に言われて初めて気づくという人もいれば、自分ですでに重いと気づいている人もいます。ここからは、まず重いと言われる恋愛の特徴について紹介しますね。

度が過ぎた愛情

度が過ぎた愛情というのは、やはり重いです。相手のことが好きという気持ちはわかります。でも、その感情が大きくなりすぎると、それはもはや愛ではなく一方的な感情でしかありません。愛情は時に自分も相手も巻き込んでしまうので注意が必要です。

実際に度が過ぎた愛情を向けると、相手も引いてしまうことが多いでしょう。しかし、恋愛が重い人に限って、そのことに気づかずに突き進んでしまうことが多いです。通称ヤンデレと呼ばれる人たちも、この部類に入ると考えて良いでしょう。

過干渉

相手が何をしているのか逐一確認しないと不安になるという人もいるかもしれません。そういった過干渉も恋愛が重い人の特徴となりますね。実際に過干渉は自分に自信がなく、依存体質の人に見られる傾向となっています。

確かに自分に自信がないと「浮気しているんじゃないか」「不倫されているのでは」と感じることもあるでしょう。過干渉の原因は、恋愛への依存にあります。依存体質の人ほど恋愛が重くなるので、そこは注意が必要となるでしょう。

束縛


相手の行動を制限するのも恋愛が重いと言われてしまう要因となります。「会社の人と飲みに行くのは禁止」「異性の友達と遊ぶの禁止」というような制限が多くなればなるほど、束縛が強くなって、恋愛も重くなってしまいます。

束縛も恋愛に依存している人が陥りやすいものなので、そこは十分な注意が必要となるのではないでしょうか。実際に束縛が強いと、相手を愛情で包み込むのではなく、単純に自分の感情を押し付けているだけです。それは重いだけですよね。

過度の依存

たまに「相手がいないと死んじゃう」というくらいに好きになるということもあるでしょう。ただ、それはあくまでも例え話です。過度な依存をする人は、相手にとっては重荷でしかありません。行動や言動がエスカレートすると、相手はその重さに耐えきれなくなるでしょう。

実際に過度な依存に陥ると、自分の生活をベースにするのではなく相手の生活をベースにしてしまいます。「君の人生は君で選んで生きて」と言われると、とてつもないショックを受ける人もいるでしょう。ただ、お互いに自立していて、依存し合わない関係こそが理想と言えます。

重いといわれる行動や言動


実際にどのような行動や言動が重いと言われるのでしょうか。これに関しては、無意識のうちにやってしまっている人も多いです。そのため、そこをしっかり確認しておくことが必要となるでしょう。ここからは重いと思われる行動や言動について紹介します。

しつこく相手の居場所を聞いてくる

しつこく相手の居場所を聞くのは重いです。「今どこにいるの?」と聞いてしまうというのは、相手を信頼していない証拠です。恋愛は信用してこそ成り立つ関係なので、相手の居場所などを知らなくても、心が通じていれば大丈夫だと言えるでしょう。

中には行動がエスカレートして、GPSなどを忍ばせるという人もいます。こうなってくると、もはや恋人ではなくただのストーカーです。くれぐれもそのようなことがないように、相手には自由を与えるようにしてください。

毎日の電話が長電話

毎日の電話は楽しいものですが、長電話になると相手にも重荷になってしまいます。相手には相手の生活があるので、自分の生活を押し売りするようなことはやめてください。実際に電話は行動も制限されるので、あまりにも長いと迷惑です。

目安としては30分前後にして、長くても1時間前後が良いでしょう。それ以上となると、相手も好きなことができなくなってしまいます。電話で声を聞きたいというのはわかりますが、それでもやはり毎日電話するのなら時間を短めに意識しましょう。

LINEの返信が遅いと怒る


LINEの返信などが遅いと怒る人もいますよね。メールも同様です。ただ、そもそもLINEやメールというのは、好きな時間に返信できるからこそ便利なのです。リアルタイムでチャットのように使っていると、それは電話と変わりませんよね。

相手にも相手のライフスタイルがあるので、そこで返信を強要するというのは完全にアウトです。少なくともLINEやメールの返信が遅いだけで怒るというのは余裕がなさすぎます。くれぐれもそんなことのないようにしましょう。

毎日結婚したいと言わせる

毎日「結婚したい」と言わせるというのは、もはや強要でしかありません。そもそも自分から「結婚したい」というのも、本来はそう簡単に言えることではないはずです。相手の気持ちを確かめたくなる気持ちはわかりますが、あまりにも結婚にうるさいと相手から逃げていくこともありますよ。

特に現代の男性も女性も、自分自身のライフスタイルを持っています。仕事や趣味が充実していると、あまり恋愛に依存していないということもあるでしょう。そんな中で「早く結婚しようよ」と要求するのは、相手にとって重しでしかありません。

恋愛が重い人の特徴


恋愛が重い人の特徴としては、どのようなものがあるのでしょうか。ここからは恋愛が重い人の特徴を紹介します。これに当てはまっているというのなら、相手に重いと思われている可能性が高いです。十分に注意するようにしてください。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい人ほど、実は恋愛が重い人だったりします。自分の想い通りにならないとヒステリックを起こすので、相手も対応に四苦八苦しているでしょう。感情に任せて自分の思い通りにさせようとするのは赤ん坊と変わりません。恋愛が重い人ほど感情に流されやすいので、注意が必要となるでしょうね。

自分に自信がない


自分に自信がないからこそ、実は恋愛に依存することが多いです。自分の能力やスキルがないと、恋愛をすること自体がステータスのようになってしまうのです。事実そういう人もいますよね。自分に自信を持って、それを活かして関係を築いていくことができることが理想なのですが、恋愛が重い人はそれができません。

ヤキモチ妬き

嫉妬深いのも恋愛が重い人の特徴です。ちょっと遊んでいただけなのに、相手に嫉妬してしまうということも多くなるのが恋愛が重い人なのです。当然、相手の行動を制限したり、束縛したりすることも多くなり、相手にはうんざりされてしまうことも多いと言えますね。

恋愛で重くならないための対処方法


恋愛では重くなることも多いですが、対処方法を知っておけばある程度は対応もできます。そこは自分で予防するようにして、しっかり対策するようにしてくださいね。ここからは恋愛で重くならないための対処方法を紹介します。

事前にLINEや電話の頻度を話し合う

電話やLINE、メールの頻度に関しては、事前に話し合うと良いでしょうね。実際にこれらに関しては、決めておかないと恋愛が重い人だと不安になることも多いです。心配しないように「連絡は1日1回はする」など、決めておくと良いかもしれません。もちろん、それに納得しておけば、関係が壊れるということもないでしょう。

しつこくすると嫌われると理解する

しつこくすると嫌われると理解することも重要です。恋愛が重い人は盲目になっていることも多いです。相手の立場になって考えてみて、まず自分がどういう行動をしたら相手にとって迷惑になるのかもしっかりと考えておくことが必要となるでしょうね。

自分の趣味や友人との付き合いも大事にする


自分の趣味や仕事を重視し、友達との付き合いも大切にしてください。正直、恋愛に依存する人ほど、実は自分のプライベートが充実していないことが多いです。好きなことややりたいことを見つけて、自分の時間も楽しめるようにすれば重くなりにくいですよ。

まとめ

恋愛が重い人ほど、自分に自信がなく相手に依存することが多いです。そのため、まずは自分磨きをして、自分に自信をつけていきましょう。その他、相手の立場になって考える余裕を持つことも重要です。ぜひ、そこは重くならないように工夫してみてくださいね。