女性心理を紐解く!恋愛専門家が語る女性達の本音とは!?

サムネイル画像:itSnap


“女心は秋の空”とはよくいったもので、女性はもともとホルモンや月の満ち欠けの働きでも影響を受け、常に感情が動きやすい生き物です。男性とはまったく違うリズムで生活をしているため、男性が女性の考え方や感じ方を予測しづらいのは当たり前のことなのです。

この記事では恋愛に詳しいAnnalieseさんからの情報をもとに、女性達の深層心理を解説します。今日から少しでも女性心理を知って、日頃のコミュニケーションに活かしていけたらいいですよね。

男性はなぜ女心がわかりづらいのか?

男性と女性とでは、そもそも脳の仕組みが少し違います。簡単にいうと、左脳主導の男性と左脳と右脳を同時に活動させる女性とでは、そもそも感受性や共感性に大きな違いがあるのです。男性にとって、とくに女心がわかりづらい理由を詳しく見ていきましょう。

気持ちや表情があからさまでない

女性は男性に比べると、気持ちや表情があからさまでないことが多いです。思っていることが表面に出づらいので、笑顔でバイバイしたのに実は怒っていたなんてこともあり、男性は戸惑ってしまいますよね。

また、女性は人の行動や表情から相手の心理を読み取るのを得意としています。男性はこういった能力に長けていないので、わかりやすく表現してくれないとなかなか本音が読み取れず、気がついたら大きなすれ違いに発展してしまうことも……。

中には、微妙な表情や声のトーンの違いで、女性の気持ちに気づく男性がいます。いわゆる“女心がわかる男性”はいかにも女性慣れしていると思われがち。ですが、もともと女兄弟がいる環境で育っていたことなどが理由で、女性特有の心の変化に気づきやすいだけということも。この場合、逆に男性らしさに欠けることもあるので、上手に使いこなせると良いでしょう。

はっきりと言葉にしない

女性同士では、当たり前のように微妙な表情などを読み取ってコミュニケーションをしています。そのため、普段から言葉にしなくても気持ちは察するものと思っています。

ですが男性は、そのようなことが得意ではありません。そのため雰囲気を読む、ちょっとした表情の違いを気遣うなどができず、はっきりと言葉にしてくれないと女心がわかりづらくなってしまうのです。

また、察してくれることを嬉しいと感じるのも女性の特徴。気づいてくれないと、フテくされて機嫌が悪くなったりします。

女性はなぜ好意があるのに気持ちを隠すのか?

女性は基本的に男性に対して、ガツガツ好意を見せることはあまりしません。ここでは、とくに女性が好意を隠す代表的な理由をピックアップしましたので、一緒に見ていきましょう。

知られるのが恥ずかしい

女性の中には、恥ずかしさから自分の気持ちをひた隠しにするタイプがいます。好意を抱いている男性に、自分の気持ちを知られたくない……。もし知られて気まずくなってしまうのが嫌だと思ってしまうのです。

昨今では肉食系女子という言葉も流行っていましたが、実際は日本独自の“女性はおしとやかにしていることが美である”という文化が、女性達の中に根付いているのでしょう。

過去の恋愛で深く傷ついたことがある

過去に失恋などで深く傷ついたことがあると、自分の気持ちを隠すことがあります。相手の気持ちがわかる前に、自分の気持ちをさらけ出すのが怖いという気持ちから、慎重になりすぎるのです。

こういったタイプの女性はまた傷つきたくない、辛い思いをしたくないという気持ちが強く、隠すどころか過剰に相手を避けてしまうこともあります。そのため男性は、「嫌われているのかな?」と不安になることも多いでしょう。

女性が好意のある男性にする態度と行動

女性ははっきりと気持ちを表現しない分、態度や行動に本音を忍ばせています。相手の男性に好意があるかどうかは、以下のような特徴が見られればつかみ取れるでしょう。

LINEやメールを積極的にする

好意のある男性に対して、単純に女性からのLINEやメールの頻度が高まります。好意のある男性にはっきりと気持ちを伝えられない恥ずかしがり屋の女性でも、LINEなどで会話をすることはハードルも低く、積極的になりやすいのです。

多くの女性は、普段からも友人同士で頻繁にメールのやり取りをしています。そのため、好意のある男性にも自分から、「美味しいお店を見つけた!」や、「今日こんなことあったんだ♫」などこまめに連絡をしやすくなるのです。

デートの提案をする

女性は好意のある男性に対して、行きたい場所やしてみたいことを自分から提案するようになります。

ほとんどの女性は、変に誤解されたくないと思っているので、興味のない男性に対しては当たり障りない会話を選んですることが多いです。

そのため、「次は〇〇行きたいね!」、「〇〇のお店美味しかったよ!」など次のデートにつながる会話をするときは、基本的に相手の男性に好意があると捉えて間違いありません。

脈アリな女性の見分け方

では次に、相手の女性が自分に脈アリかどうかを見分けるためのポイントをご紹介します。気になる女性の気持ちがわからないとき、ここで挙げるポイントを参考に観察してみましょう。相手が脈アリかどうかを読み取ることができますよ。

デートの誘いを断らない

女性は恋愛体質の人が多く、気になっている男性からのデートは基本断りません。どんなに仕事が忙しくてもなんとか都合をつけようとします。

また、どうしても会うのが難しい場合でも、自分から次のスケジュールを伝えてくるでしょう。何よりも気になる男性を優先したくなるのです。

女性にとっても気になる男性とのデートは、楽しみで仕方がない大切なイベント。前日の夜も「明日楽しみだね!」など連絡をしてきたら、相手は脈アリの可能性が高いといえるでしょう。

ボディタッチを嫌がらない

何度もデートをしている中で、ボディタッチをしてみても嫌がられない場合は、脈アリと考えられるでしょう。女性は心を許している男性のボディタッチを嫌がりません。

もちろん、はじめてのデートでいきなりボディタッチをしても避けられたり、嫌がられたりすることがあるので注意が必要です。

そのため、ボディタッチはデートの回数を重ねるごとに少しずつ試してみてください。それで相手からの拒否反応がなければ、相手の男性に心を許しているという証であり、心の距離も近づくでしょう。

まとめ

女性の気持ちがわからない……。そんな風に諦めていた人も、この記事を読んで少しは女性心理について理解が深まったのではないでしょうか。

多くの女性はなるべく“気持ちを察してほしい”、“自分から言うのは恥ずかしい”と思っています。そのため、気持ちを隠そうとして変な態度になってしまったり、急に不機嫌になったりしているのです。

男性からしたら、「ややこしい」と思うかもしれませんが、女性は遺伝子的にも非言語のコミュニケーションを好む生き物。その深層心理には、“相手にわかってほしい”、“気づいてほしい”という甘える気持ちが隠れています。

もし、女性の気持ちがわからなければ直接聞いてもいいのです。気にかけてくれたことが相手に伝われば、女性は安心して自分の気持ちを伝えることができるでしょう。

わからないことをそのままにせず、その都度相手に聞いてあげる余裕を持って、女性の移り変わる心を攻略してみてはいかがでしょうか。