首を触る人の心理とは?男女別の心理の違いを学んで良い恋をしよう!

この記事の情報提供者

首を触るしぐさをしている人は、意外に多いもの。何気なく首を触ることには、意外な深層心理が潜んでいることを知っていますか?そういった意味合いを把握することで、相手の嘘を見破ったり、好意に気づけたりすることは少なくありません。

そこで今回は、恋愛コンサルタントのAnnalieseさんのお話をもとに、首を触る人の心理や、男女別の心理の違いについてまとめました。カップル内で相手の首を触る心理についてもお伝えしているので、参考になさってくださいね。

首を触るしぐさはどういうときに起こるか


首を触るしぐさには、意外な深層心理が潜んでいます。そういった心理を理解することで、周りの人の感情を察知し、適切な言動ができるということは、少なくありません。そこで、首を触るしぐさは、どういうときに起こるかということを、紹介します。

ストレスを感じているとき

人は不安や緊張などのストレスを感じたときに、首を触ることがあります。このようにストレスを感じやすい人には、神経質な人も少なくないと言われています。普通なら気にしないようなことであっても、必要以上に気にしてしまうということです。

神経質な人は、些細なことにとらわれて心配になってしまったり、「人から嫌われるのではないか」と不安になったりしてしまうもの。こういった感情を、「なんとか取り除きたい」「少しでも軽減したい」という心理から、首を触って、少しでも安心感を得たいと思うのです。誰かが首を触っているところを見た場合は、緊張を和らげるようにしてあげるのがいいでしょう。

冷静さを保ちたいとき


首を触るということは、何らかのストレスを感じているときが多く、焦っているときや緊張しているときという状況も考えられるもの。このような状態のときに、頭に血が上ってしまい、顔が火照ったような気がしたり、身体が熱を帯びているような気がしたりすることは珍しくありません。

こういった状態を少しでも和らげて冷静になりたいという気持ちになると、頭や顔、全身の火照りを冷ましたいという深層心理から、首を触るという行動につながりがち。冷やそうとして首を触ることで、心を落ち着かせようとしているのです。

会話の中で首を触るしぐさをしているときの心理とは?


人と話しているときに、「この人は、よく首を触るな」と感じたことはありませんか?そういったとき、相手は後ろめたい気持ちを抱いている可能性があります。その原因が相手にあるのか、あなたにあるのかは関係性や状況によって変わるもの。会話の中で首を触るしぐさをしているときの心理について、詳しく見てみましょう。

嘘をついている

首を触る仕草は、基本的に不安や焦り、緊張から起こる行動です。そのため、嘘をついているときには、「ばれてしまわないかな」と、冷や冷やしてしまいがち。このように、不安に感じていたり、緊張状態に陥っていることから、首を触ることがあります。

また、人は嘘をつく前も緊張状態になりやすいので、これから嘘をつくという場面で、首を触るという人も珍しくありません。仕事に遅刻したときなどには、職場に向かう最中に言い訳を考えている人も少なくないでしょう。

本当は寝坊したにもかかわらず、正直に言うとひどく怒られてしまうので、「電車が遅れていたと言おうかな……でも、調べられたらバレるかもしれないから、腹痛を理由にしようかな」などと迷いながら嘘をつくことも考えられます。こういったときには、強い緊張状態に陥るケースが多いので、首を触りながら上司に言い訳をするということが珍しくないのです。

相手に威圧感を感じている


首を触るときは、ストレスを感じていたり、精神的な不快感を覚えたりしているもの。その原因が、一緒にいる相手だった場合には、何らかの威圧感を覚えている可能性があります。相手から無理な要求を突き付けられていたり、いつも厳しい態度をとってきたりする相手を目の前にすると、人は威圧感を覚えて、緊張状態に陥るもの。

「また嫌なことを言われるのではないか」といった不安から首を触って、少しでもストレスを和らげようとするのです。このように精神的な苦痛から解放されたいという深層心理が、一緒にいる人に対するものであるケースは少なくりません。

首を触る意味の男女別における違いとは?


首を触るときの意味は男性と女性によって異なる傾向があります。男性は仕事などで苦しい状況に陥ることが少なくありません。その一方で女性は、大好きな彼を射止めたいという意図で、自分の魅力を最大限に際立たせたいと感じることがあるもの。

そういった点をふまえて、首を触る意味の男女別における違いについてまとめました。

男性が自分の首を触るのは困っている心理の表れ

仕事などで困ったときに、首を触る男性は少なくありません。これは、精神的に不快感を覚えている心理の表れです。とくに、相手から責められている状況においては、男性は首を触りながら言い訳を考えたり、相手を怒らせないような態度をとろうとしたりするもの。

たとえば、「ミスをした理由は何なのか?」「なぜ締切に間に合わなかったのか?」などと責められている状況が考えられます。こういった状況で男性は、自分の首の後ろを覆い隠すように触ったり、撫でたりするケースが多く見られるもの。

「早くこの状況から脱出したい」「冷静さを取り戻してピンチを切り抜けたい」といった心理が、首を触るという行動となって表れるのです。

女性が自分の首を触るのは相手の気を引きたいという心理の表れ


女性は気になる人を目の前にすると、髪の毛などを触る傾向があります。これは、自分のことを良く見せるため。しかし、ヘアスタイルが崩れることを気にして、首を触ることもあるのです。

また、首は女性らしさを感じられる部分でもあります。首を触るというしぐさに、「顔や首、鎖骨などにかけての美しい曲線をアピールしたい」「女性の魅力を伝えたい」という深層心理が隠れていることは珍しくありません。

さらに、お気に入りのネックレスなどを着けている場合は、首を触ることで注目を集めたいという心理が働いていると考えられるでしょう。このように、女性らしさをアピールできる首を触ることには、相手の気を引きたいという心理が隠れているのです。

カップル内で相手の首を触る心理とは?


自分の首を触る心理とはまったく異なる意味合いになるのが、好きな人の首を触る行為。このときには、プラスの感情が働いていることが多いもの。

そこで、カップル内で相手の首を触る心理には、どのような心理を抱いているかについて詳しくお伝えします。

相手を愛おしいと感じている

ペットなどを可愛がるときに、首や頭を触る人は多いもの。これと同じ心理が働き、恋人の首を触るという人もたくさんいます。相手のことを「可愛い」「愛おしい」と感じたときに、相手の首を触ることで、愛情を表現しようとするのです。

とくに男性の場合は、好きな人やものを守っていきたいという心理を持ちやすいと言われています。そういった心理から、愛しい女性の首を触る人は少なくありません。相手を大切にしたいという感情が表れ、愛する女性の首を触るのです。

相手との距離を縮めたい


首は人や動物の急所にあたるところ。そのため、首を触らせてくれるということは、「心を許してくれている」という意味合いになります。

このようなことから、相手と距離を縮めたいときに首を触ることは珍しくありません。自分が相手に受け入れられているということを確認したいがために、好きな人の首を触るという行動をするのです。

まとめ

首を触るしぐさは、自分の首を触っているのか、好きな人の首を触っているかで、大きく意味合いが異なります。このような心理をふまえて、相手の行動をよく観察すると、深層心理をとらえて人間関係をより良いものとすることができるでしょう。

とくに、首を触るという行為は、男性と女性で意味合いが異なるので、見分け方の違いをしっかりと押さえておく必要があります。場合によっては、恋人の浮気や嘘を見破ることもできるでしょう。その反対に、うまくチャンスをとらえて、恋を実らせることもできるかもしれません。

このように、何気ないしぐさに注目すると、より良い状況を生み出せることが期待できるので、今回お伝えした内容を有効に活用してくださいね。