行動心理学とは?恋愛のプロが脈あり・脈なしを判断するコツを暴露!

行動心理学とはどんな学問か知っていますか?馴染みのない学問と感じている人が多いのですが、その反面、本気で学べば実生活で役立つことが多い魅力的な学問とも言えます。ではその魅力とは、一体どこにあるのでしょうか。

当記事では恋愛心理に詳しいT.Rさんのお話をもとに、「行動心理学とはどのような学問か」を解説。さらに、「相手の行動から脈ありか脈なしかを見極めるにはどうすれば良いか」などについてもお伝えするので、参考にしてみてください。

行動心理学とは?


行動心理学は、日常生活のいろいろなシーンで役立ちます。ですが、あまり馴染みのない人も多く、「行動心理学って何?」「どんな場面で役立つの?」と感じている人も少なくありません。そこで、行動心理学について紹介します。

目に見える行動から目に見えない心理を読み解く学問

行動心理学とは、目には見えない他人の心理を、目にすることのできる行動から推測する学問のこと。心と身体をつなぐ学問と言えるでしょう。

行動心理学を活用できる身近な例を挙げると、「嘘を見抜くとき」「恋の駆け引き」「社会コミュニケーションを円滑にするとき」「企業や個人の業績向上のとき」などに応用することが可能です。

中途半端な知識では有効活用できない


行動心理学で提唱されているものには、すべてに例外があります。そのため、「100%の確率で相手の心理を読み取れる」というものではありません。ですが、数多くの行動心理学を組み合せることによって、相手の心理を正確に読み取れる精度を限りなく100%に近づけることができ、それこそが理想とされています。

これらのことから、行動心理学は中途半端な知識では「雑学」程度にしかなりません。「少し勉強した程度では、ほとんど有効活用できないもの」と認識しておきましょう。

行動パターンからどんなことが読み取れるのか


行動心理学は相手の行動パターンをもとに、さまざまなことを読み取る際に役立ちます。「何が把握できるのか」を知れば、行動心理学の魅力をさらに深く理解できるでしょう。そこで、行動パターンからどんなことが読み取れるのかについてまとめました。

性格

行動心理学を活用できるようになると、言動に表れる相手の「好き嫌い」や「趣味嗜好」などを読み取ることができます。これらは、相手の性格を理解することにつながるもの。そして性格がわかれば、その人の性格を形成した生活環境を予想することもできるのです。

行動心理学は、目に見える行動からさまざまなことを読み解くヒントを与えてくれます。

感情


行動心理学を使うことで相手の性格がわかると、行動パターンなどをもとに、「相手が自分のことをどう思っているか」や、「相手がほかの特定の人をどう思っているか」などの感情を読み取ることができます。

そのため、相手との適切な距離感をつかむことができ、「手を引くべき」「告白すべき」「今日は手をつなぐべきではない」といったことがわかるでしょう。つまり、「今後、どのようにして相手と接すればいいのか」がわかるということ。

さらには今、相手が足りないと感じているものや、求めているものも予想することができるので、それらを満たして好感度を高めることもできるでしょう。これは、相手にとって理想の人物に近づけるということ。

相手にとって、「居心地の良い存在」「魅力的な人間」になることで、少しでも一緒にいたいと思われることは少なくありません。好きな人から求められることは、とても幸せなことですよね。

好意を抱いている異性に対する男女別の行動パターン


相手の心理を読み解くことができる行動心理学を、恋愛に応用したいという人は多いもの。好きな人と結ばれるために、とても役立つからです。

そこで、行動心理学をもとに、好意を抱いている異性に対する男女別の行動パターンについてまとめました。気になる人が、自分に対して脈ありかどうかの判断をする際に役立ててくださいね。

男性は可愛らしいいたずらをする

好きな女性をからかう男性は少なくありません。この行動も、実は行動心理学で詳しく説明できるもの。男性は、許される程度のいたずらをすることで女性の感情を揺さぶり、「気を引こう」「意識させよう」とするからです。

また、男性が女性にいたずらをするときの心理には、「自分は、どれくらい悪いことをしても許されるのかな?」ということを試す意味合いもあります。つまりこの行動には、「どこまで自分は認められているのか」「どれくらい自分は好かれているのか」を確認するための行為でもあるのです。

さらに、可愛いいたずらをすることで、意中の女性と楽しくじゃれ合えるというメリットもあります。楽しくじゃれ合える関係性は、誰とでも築けるものではありません。

そのため、可愛いいたずらをして楽しめる相手は、特別な存在であるという意味合いにもなります。好きな女性に対して可愛らしいいたずらをする男性心理は、行動心理学においてこれらの説明ができるのです。

女性はいつもより高い声で話す


女性にとって、「会話は命」と言っても過言ではないほど重要なもの。そのため、好きな男性と話せる嬉しさで満たされて、いつもよりテンションが上がってしまい、それに応じて声の高さも高くなるのです。さらに、「男性をもっと見たい」「男性からもっと見てほしい」という願望から、目を見開いてキラキラと輝く瞳になります。

また、表情も明るくなり、相手の男性を認めるような肯定的な言葉をたくさん発するという特徴もあります。「うんうん」という相槌や、「それ、すっごくわかる」など、ポジティブで共感を示す表現がたくさん発せられるのです。さらに、リアクションや身振り手振りが大きくなりがちという特徴も挙げられるでしょう。

脈ありの男性に示す行動は、脈なしの相手に対する行動とまったく異なるので、一目瞭然というケースも少なくありません。

脈ありか脈なしかを見極める行動パターンとは?


行動心理学をうまく使えば、脈ありか脈なしかを見極める際の正確性を上げることもできます。正確に判断ができるほど、恋のチャンスをつかみやすくなるので、脈ありか脈なしかを見極める行動パターンについてまとめました。

相手が女性の場合に脈ありか脈なしかを見極める方法

女性の本音を見極めたい場合には、わざと手を触れさせるという行動をとることで、確認することができます。この方法は、偶然を装ってこちらの手が相手の手に触れるシチュエーションを作り、相手の表情から脈ありか脈なしかを読み取るテクニックです。

まずは、偶然を装って女性の手に自分の手を触れさせましょう。このとき、女性の意識は手の感覚に集中するので、自然と目線が手の方向にいくはずです。

女性は、「偶然に手が触れたのだから、相手も下を向いているはず」と思うもの。そのため女性は、「自分の顔が見られることはない」と油断します。

このような状況だからこそ、表情に素直な感情が出るのです。この瞬間に、相手の口角を見逃してはいけません。

口元や表情が引きつっていれば脈なしで、「なに触ってるのよ」と思うでしょう。なぜなら手や掌、髪、頬、顎、腰は、心を許していない男性には容易に触れさせたくない部分だから。もちろん唇などの性的な場所は、言うまでもなく触れさせたくない部分ですので、注意が必要です。

反対に、「嫌な顔をされない」「顔が赤くなる」「恥ずかしそうな表情をした」場合は、脈ありの可能性が高まります。さらに多少の冗談を言い合える関係であれば、手をつなぐ提案をしてみてください。これでOKが出れば、80%脈ありです。

相手が男性の場合に脈ありか脈なしかを見極める方法


あなたが男性の本音を知りたいと思っている場合には、自分への行動とまわりの人への行動を見比べてみてください。男性は、好きな女性に対して特別な行動をするもの。だからこそ、あなたにだけ特別な行動をしている場合には、脈ありだと判断できます。

たとえば、「あなたにだけ恋愛話をしてくる」「あなたのことだけ冷やかしてくる」といった行動が見られた場合は、脈ありの可能性が高いでしょう。ほかにも、今までは普通に話していたのに、急に冷たい態度になった場合も脈ありと考えられます。

この場合、好き避けであると言えるでしょう。あなた自身に思い当たる原因がなく、周囲の人に聞いても原因がわからない場合には、ふとした瞬間からあなたを女性として強く意識した可能性が考えられるのです。

まとめ

行動心理学は、相手の気持ちを読み取って、適切な関係を築くことに役立ちます。相手の性格や感情を理解することで、相手にとって居心地の良い人物になることができるのです。そのため、恋愛面だけでなく、仕事や友達関係においても有効に活用できると言えるでしょう。

ですが、行動心理学は生半可な知識では有効に活用できるものではありません。そのため、ちょっと学べばモテモテになるといったイメージを持たないように注意しましょう。今回お伝えした内容をふまえて、行動心理学の魅力を感じたら、少しずつ学んでいくのがおすすめです。

- 1 / 1ページ -