浮気を後悔するときとは?後悔する心理をカウンセラーに聞きました

「つい浮気をしてしまったことを後悔している」という人は、決して少なくありません。軽い出来心でした浮気であっても、あなたの恋人はひどく悲しんでしまうでしょう。また、浮気をしたあとに恋人との時間を楽しめなくなったという人も、たくさんいます。

そこで今回は、心理カウンセラーの桔梗さんのお話をもとに、浮気を後悔する瞬間や、後悔したときにするべきことなどについてまとめました。

浮気をしていること、していたことを後悔するときとは?


浮気をしている人や、以前に浮気をしていたという人の中には、「後悔することになってしまった」という人が少なくありません。どんなときに浮気したことを後悔してしまうのかを知っておくと、浮気の誘惑に負けそうなときに役立ちます。大切な人を失って激しく後悔してしまう前に、浮気を後悔するときについて、把握しておきましょう。

恋人やパートナーを悲しませてしまったとき

「つい出来心で浮気をしてしまった」「魔が差してしまった」などと、軽い気持ちで浮気をしてしまう人もいます。そのため、浮気がバレて、相手がショックを受けて悲しむ姿を見た瞬間に、罪悪感が湧く人は少なくありません。

今までお互いを大切にして愛を育んできたと思っていたのに、浮気をされると、相手を信用できなくなってしまうという人はたくさんいます。相手を深く愛しているほど、浮気をされたときのショックは大きいのです。

中には、塞ぎ込んでしまって友達関係や仕事などにも悪影響を及ぼしてしまうケースもあります。このように相手が悲しむ姿を見るほどに、罪悪感が強くなっていくことは珍しくありません。

浮気相手に本気になられてしまったとき


自分は軽い気持ちで浮気していたつもりが、相手が本気になってしまったということもあるでしょう。そんなときには、浮気相手と別れることが困難になってしまうことも……。

別れ話がこじれてしまって、本当に大切な恋人やパートナーに浮気の事実をバラされる可能性も否定できません。浮気相手が厄介な相手だった場合には、最悪な結末になってしまい、後悔することもあるのです。

恋人に仕返しで浮気をされてしまったとき

浮気をしたことがバレてしまって、恋人が仕返しとして浮気をするケースもあります。自分が浮気をするときに、軽い気持ちでしたという場合には、「浮気をされることが、どれくらい辛いことなのか」と想像することもなかったかもしれません。ですが、実際に浮気をされることで、初めて浮気をされた側の気持ちがわかって、後悔してしまう人もたくさんいるのです。

恋人やパートナーに浮気がバレて別れを告げられたとき


大切な人を失って初めて「大変なことをしてしまった」と気づくパターンです。一般的には、恋人やパートナーの浮気を許せない人のほうが多いもの。

そのため、浮気の事実を知った瞬間に失望してしまい、気持ちが冷めてしまう傾向があります。「もうこの人とは付き合っていけない」という気持ちが強くなって別れるケースは、決して珍しくありません。一時の誘惑に負けてしまって、激しく後悔することになるのです。

浮気をして後悔をする心の働きとは?


浮気をして後悔をする人は多いもの。そんなとき、どのような心理が働いて後悔するのか知っていますか?「後悔するのなら浮気なんてしなければいい」と言っている人でも、ついついやってしまうのが浮気というもの。そこで、浮気をして後悔してしまう心の働きについてまとめました。

男性が後悔するときの心の働き

「性欲に負けて浮気をしてしまった」という男性は、少なくありません。こういった原因は、とくに若い頃に見られがち。

彼女のことがどんなに好きでも、魅力的な女性に誘われて、気づいたら体の関係を持ってしまっていたという場合、罪悪感に苦しんで後悔してしまうことになるでしょう。その後、大好きな彼女と過ごしていても、一時の過ちを思い出してしまうからです。

浮気したことを知らないで、無邪気に笑う彼女を見て、深い罪悪感に苛まれる人は少なくありません。

女性が後悔するときの心の働き


女性の場合は、彼氏と会えない寂しさから浮気をしてしまうケースが多く見られます。「彼氏が忙しくてなかなか会えない」「遠距離恋愛をしているから簡単に会えない」という寂しさから、浮気をしてしまう女性は少なくありません。

彼氏と離れている時間が長いと、あまり罪悪感を感じないのですが、恋人と会ったときに浮気をしてしまった罪悪感に苦しむ人は多いもの。彼氏と会っていても心の底から楽しめず、辛くなってしまって、後悔の気持ちが強くなるのです。

浮気がばれていないと思われるケースで、後悔を感じたときにするべきこと


浮気をしたあとも、相手にばれていないという場合には、恋人のことをしっかりと思いやった対応をしましょう。あなたが犯した過ちで、むやみに恋人を傷つけることがないよう、慎重に今後のことを考えるのです。そこで、浮気がばれていないと思われるケースで、後悔を感じたときにするべきことをお伝えします。

浮気を隠し通す

浮気をしてしまうと、強い罪悪感に苦しんで、告白してしまいたいと思うことがあります。ですが、あなたが浮気をした事実は消せません。そのため、浮気したことを打ち明けても相手を傷つけ、悲しませてしまうだけなのです。

もちろん、浮気を告白すれば、あなたの気持ちはいくらか楽になるかもしれません。ですが、あなたの恋人にとっては、何も良いことはないのです。

自分のことだけを考えて浮気をし、その罪悪感が辛いから告白してしまおうというのは、あまりにも自分勝手というもの。本当に悪いと思っているのなら、あなたがしてしまった過ちはあなたの中だけで持ち続け、墓場まで持っていく覚悟をしましょう。

二度と浮気をしないと決意する


浮気をしたことを本当に後悔し反省しているなら、もう二度と浮気をしないと決意しましょう。自分の心の弱さが原因で浮気をしてしまったのだとしたら、あなた自身が自分の心の弱さとしっかり向き合うべきです。

そして、どうすれば二度と同じ過ちを繰り返さずに済むのかを考えましょう。浮気をしてしまった状況をしっかりと振り返り、どんなところがいけなかったのかを振り返ることで、自分自身の成長につなげることが大切なのです。

浮気がばれていると思われるケースで、後悔を感じたときにするべきこと


恋人に浮気をしたことがばれている場合、このまま気づかないフリをすべきか、きっちりと打ち明けるべきか迷ってしまうという人は少なくありません。この場合、どんな対応をとれば良いのでしょうか。そこで、浮気がばれていると思われるケースで、後悔を感じたときにするべきことをまとめました。

浮気をしたことを告白する

浮気したことが恋人にばれている場合には、ごまかそうとしたり浮気の事実を認めずに逃げたりするのは、絶対にやめましょう。もし相手と別れずに、今後も仲良くやっていきたいという気持ちがある場合、しらを切り通そうとすることは逆効果です。相手からあなたへの信頼はなくなり、信頼を取り戻すことも二度とできなくなることでしょう。

また今後、恋人との関係を終わらせたいと考えている場合でも、浮気をしたことはしっかりと打ち明けましょう。これまで好きという気持ちでつながってきた相手だからこそ、最後は誠実な態度をとるべきです。

相手にとっては、あなたと過ごす時間こそが、かけがえのない時間だったということも十分にあり得ます。浮気をしたにもかかわらず、そんな恋人の気持ちを踏みにじって、自分勝手な形で関係を終わらせるのはやめましょう。

誠意をもって謝罪する


浮気を告白するときに大切なことは、きちんと誠意をもって相手に謝罪すること。浮気したことによって相手を裏切る行為をしてしまったこと、悲しませてしまったことに対してしっかり謝りましょう。そして相手が許してくれたなら、もう二度と浮気をしないと決意し、その意思を相手にも伝えると良いでしょう。

ですが、相手が許してくれない場合も考えられます。その場合は、自分がしてしまった過ちをきっちりと受け止め、別れを受け入れる必要があります。そうした失敗を肝に銘じて、今後は二度と同じ過ちをしないと自分自身に約束しましょう。

まとめ

つい浮気をしてしまったと後悔する人は、少なくありません。ちょっとした出来心からした浮気でも、あなたの恋人にとってはとても大きなショックになるでしょう。

浮気をしたあとは、罪悪感に苦しめられて、恋人との大切な時間を心置きなく楽しめなくなってしまうもの。そんな気持ちから、浮気したことを打ち明けようとする人は少なくありません。

ですが、一番大切にしなければいけないのは、恋人に対する思いやりです。あなたがしてしまった過ちを消すことができない以上、どうすれば恋人を傷つけずに済むかということを考えて、慎重に対応しましょう。

- 1 / 1ページ -