男性が結婚を意識する10のポイント!結婚に尻込みしている要因

彼氏がいつまで経っても結婚を申し込んでくれない、と悩んでいませんか?お付き合いしてそれなりの年月が経つと、女性としては結婚を意識してしまいますよね。実は、男性が結婚に尻込みしてしまうのには理由があります。

ここでは、

についてまとめてみました。

男性が結婚に尻込みしてしまう理由


今の生活に満足しており、現状を維持したいという男性だと結婚に前向きになってくれないことがあります。また、結婚したくても金銭的な余裕がないという方もいるでしょう。お互いの両親の関係があまり良くない、ということも考えられます。

今の生活に満足している

仕事もプライベートも充実した日々を送っている男性だと、その日常を壊したくないと考えることがあります。結婚するということは一緒に暮らすということですし、子供ができるかもしれません。そうなると、今の生活を壊すことになるので、それが嫌で結婚に前向きになれません

金銭的な余裕がない

結婚するということは、相手の人生にも責任を持つということです。女性が専業主婦を望んでいる場合だと、自分一人の稼ぎで養わなくてはなりませんし、大きなプレッシャーも抱えてしまうでしょう。また、挙式や新居の用意、新生活に必要な家具家電なども揃える必要があるので、金銭的に余裕がないと結婚など考えられないのです。

お互いの両親との関係性


お付き合いするのは本人同士の意思ですが、血痕となるとそうもいきません。結婚とは婚姻関係を結ぶことですし、家同士のことです。パートナーのご両親も自分の親となりますし、パートナーから見て自分の親も義理の親ということになるのです。あまり良く思われていない、関係が良くないとなると結婚は難しいと考えてしまうでしょう。

子供などを含めた将来的な不安

招来への不安があると、とても結婚など考えられません。子供が生まれたら、当然責任を持って育てなくてはなりませんし、マイホームを買うなら高額なローンを組む必要もあります。そうした諸々の不安が頭をよぎってしまい、結婚に尻込みしてしまうケースです。本当にこの人と結婚して大丈夫なのか、という不安を抱える方も中にはいるでしょう。

男性が現時点で結婚を意識しているかを確認するポイント


女性にとって、男性がいつプロポーズしてくれるかは気になるところ。では、今の時点で男性が結婚を意識しているかどうかはどうすれば分かるのでしょうか。ここでは、男性が結婚を意識しているかどうかを見極めるポイントをお伝えします。

将来の夢を聞いてみる

男性が結婚を考えているのなら、2人の招来のことを考えた発言をするはずです。子供は2人くらいほしい、庭付きのマイホームを買って家族で暮らしたいなど。そうではなく、自分の理想を追い求めるだけの未来像を語るようなら、恐らく結婚はまったく考えていないでしょう。さりげなく、将来の夢を聞いてみてください

仕事の悩みを話してくれるか


仕事の悩みを話してくれるのは、パートナーのことを信頼しているからです。基本的に男性はプライドの高い生き物なので、仕事の悩みや不安を女性に話すことは少ない傾向にあります。それにも関わらず、仕事の悩みや不安などを話してくれるのなら、パートナーを心から信頼し心も開いている証拠でしょう。

両親や友達の話をしてくれるか

両親や友達のことをまったく話してくれたことがない、というケースだと結婚はまったく考えていないかもしれません。結婚は家同士のことでもありますし、2人を取り巻く環境も大きく変わります。結婚を少しでも意識しているのなら、今後のことも考えて両親や友達の話を少しくらいしてもおかしくないでしょう

男性が結婚したいと感じるポイント


彼がまだ結婚したいと考えていないようだ、というケースでも安心してください。もしそのような状況でも、男性が結婚したいと思えるポイントさえ押さえておけば、アプローチの仕方はあります。ここでは、男性が結婚したいと感じるポイントをまとめてみました。

風邪などを看病してくれた時

風邪をひいているときは心身ともに弱っている状態です。独り暮らしだと風邪でしんどくても自分で食事の用意もしなくてはなりませんし、すべて一人で何とかしなくてはなりません。そんな時、お付き合いしている彼女が優しく看病してくれたら、「結婚もいいかもしれない」と感じるはず。弱っているときに支えてくれる人がいるのは心強いものです。

男性を立ててくれる

男性によっては、女性にリードされたいという方もいますが、基本的には自分がリードしたいと考えています。実際には女性のほうがしっかりしていたとしても、人前では男性が恥をかかないように立ててくれる、そんな女性なら結婚したいと考えるでしょう。

リストラなど辛い状況でも一緒にいてくれる


リストラされるということは収入源を断たれてしまうということです。経済的に困窮してしまうかもしれませんし、これから先どうやって生活すればいいかも分からなくなるでしょう。そんな状況でも、しっかりそばで支えてくれるような女性なら、男性は結婚してほしいと考えるものです。しんどい状況になって、なお一緒にいてくれることに感謝すら覚えるでしょう。

理論的に喧嘩ができる

喧嘩になったとき、ただただ感情的になって怒りをぶつけてくるような女性だと、結婚したくないと思われてしまいます。それよりも、喧嘩になったときでもロジカルで建設的な口論ができるほうが、この先一緒にやっていけそうと思われるものです。喧嘩になってもいたずらに感情的にならないように注意してくださいね。

男性の友達と仲良くできる

男性は友情に厚いものですし、時には女性よりも男同士の友情を選んでしまうもの。そのため、彼女が自分の友達と仲良くできないとなると、少々腹立たしい気持ちになってしまうかもしれません。彼氏の男友達とはなるべくコミュニケーションをとり、仲良くできるようにしてください。そのほうが彼からも信頼されるようになるでしょう。

知的な部分がある


男性は知的な女性を好むことも多いので、知的な女性であることをたまにはアピールしてみましょう。普段からたくさん読書をする、いろいろな雑学を知っているとなると、彼もパートナーを見る目が変わってくるかもしれません。知的なところをアピールしすぎると、鼻にかけてると思われるので注意が必要です。

話が面白い

会話をしていて面白くない女性よりも、話していて楽しいと思える女性と結婚したいものです。一緒にいるだけで楽しくなれますし、素敵な家庭を築けるかもと男性に思わせられるでしょう。話が面白くなるためには、話術を磨く必要もありますがいろいろな知識を仕入れることも大切です。本や新聞を読む、ニューヨークを見るなど努力してください。

趣味や好きなものが近い

好みがまったく合わない女性とは結婚したいと思いません。食の好みが近い、好きな映画、音楽などのジャンルが似ている、という女性だと結婚しても楽しく過ごせますよね。あえて彼と同じ趣味を始めてみるというのもおすすめです。共通の話題もできますし、彼も「こんな女性となら結婚したい」と思ってくれるかもしれません。

責任感が強い


結婚するとなると一緒に暮らすわけですし、子供ができれば2人で協力して育てる必要があります。そのため、責任感が皆無という女性だと結婚は到底考えられませんよね。んなことに対しても責任感が強く、しっかりとした芯のある女性となら男性は安心して結婚できると考えるでしょう。

弱い部分も隠さないでくれる

弱い部分をなるべく見せたくない、という気持ちは理解できます。それは男性でも同じでしょうが、女性でも弱い部分を彼には見せたくないという方はいるでしょう。しかし、男性としては女性のそうした弱い部分も見せてほしいと思っています。それだけ自分は信頼されている、心を許されていると思えるからです。弱い部分もさらけ出してみましょう。

まとめ

結婚を申し込んでくれないのは、彼か自分どちらかに何かしらの問題があることが多いです。まずは、彼が結婚を意識しているかどうかを確認してみましょう。その上で、男性が結婚したいと思ってくれるような女性を目指すことが大切ですね。ここでは、そのための方法についてもまとめたので、ぜひ今後の婚活に活かしてください。