カップルで写真を撮るなら♡インスタ映えするポージング9選

写真を撮るために必ずカメラを持ち歩かなければいけない時代は終わりました。スマホや携帯電話の普及によって、昔よりも写真はずっと身近になっています。日々の見つけたものや食事、風景などを写真で記録している人も多いでしょう。人物や自分を撮るという人はカップル写真も撮ってみてください。

ここでは、

についてまとめてみました。

カップルで写真を撮るメリット


風景写真や自撮りはしても、カップルで写真はあまり撮らない人も多いでしょう。しかし、あえて人と写真を撮るというところに意味があります。カップル写真を撮影するメリットをまとめました。

その瞬間をいつまでも残すことができる

カップル写真の一番のメリットはその瞬間の自分と恋人を永遠に残しておけるというところです。もちろんこれからずっと一緒、将来添い遂げるところまで考えているというカップルも多いでしょう。しかし、付き合いたて、付き合って2年、3年の自分はそこにしかいません。付き合う続けることで相手を知ったり、ぎこちなさがなくなったりと関係に変化もあらわれるでしょう。そんな思い出すのが難しい関係性を記録に残すためにもカップル写真を撮ってみましょう

より仲良くなれる


カップルで写真を撮ることに気恥しさを感じる人もいるでしょう。しかし、カップルで写真を撮ることは、カジュアルでどこでも珍しくない光景です。また付き合いたてのうちは、ちょっとした会話の合間でも無言になると気まずくなるかもしれません。しかし、写真を撮るという目的があれば、ぎこちない二人でも一緒に楽しみながら時間を過ごすことができるのです。写真をきっかけにより親密に仲良くなることができるでしょう。

二人の距離を縮められる

カップルでの写真は二人の距離を縮めるためのツールとしても優秀です。写真を上手に取るためには肩を寄せ合ったり、手をつないだりと自然にスキンシップが必要になります。なかなか手を握れない、距離が縮まらないと悩んでいる人も写真を言い訳にすれば簡単に二人の距離を縮めることができるのです。彼がなかなか近づいてくれないという人も写真を利用してみるといいでしょう。

その場にいない人に自慢できる


写真は撮ることだけが目的ではありません。記録に残して人に見せることも写真を撮る目的です。カップルで行ったアミューズメント施設や食事などを写真に撮って人に見せてもいいでしょう。友人などに彼氏を見せるのは気恥ずかしいという人も、デートの写真であれば手軽に彼氏を紹介することができます。SNSを利用すれば、自分の情報や写真を人に見せることもより簡単です。

一人の時に見返すことができる

写真は撮るときはもちろんのこと、写真を後で見返したり編集したりすることも楽しみです。一人になった時にもカップルで出かけた写真を見返して、楽しかった思い出をもう一度かみしめることができるでしょう。また彼氏が忙しかったり遠距離恋愛だったりと、頻繁に会えない人もいるはずです。そんな人は特に写真に撮った彼氏の姿を追いかけてしまうでしょう。写真を糧にして次はどんな写真を撮るか考えるのも恋愛の醍醐味かもしれません

カップルで写真を撮るのが苦手な理由


カップルで写真を撮ることには多くのメリットがあります。しかし、その一方で男女を問わずに写真を撮ることが苦手という人も多いでしょう。カップルで写真を撮ることが苦手なのにはどのような理由があるのでしょうか。

恥ずかしい

カップルで写真を撮りたくないという人の多くが抱えているのが、恥ずかしいから嫌と言う感情です。写真を撮りたい側からすれば「なんで恥ずかしがるの?」と納得できないこともあるかもしれません。しかし、写真を一緒に撮ったり近づいたりすることが恥ずかしいのは、本当に好きだからこそといえます。また、恥ずかしがっている側も嫌がりながらも本当は写真を欲しがっているのかもしれません。好きだからこそ二人の写真が欲しいという気持ちを伝えるところからスタートしましょう。

写真映りが悪いと思っている


カップル写真だけでなく、写真自体に苦手意識を持っている人も少なくありません。特に写真だと変な顔をしてしまうなど、写真写りが悪いと思っている人は多いでしょう。そんなときには写真の撮り方やポーズを工夫してみてください。写真の映り方はちょっとしたテクニックで格段に良くなります。また自撮りモードなどを使って、角度や顔を上手くコントロールしながら写真を撮っても良いでしょう。

ポーズが決まらない

写真に慣れていない人の多くが陥るのが、ポーズが上手く決まらないというものです。カメラを向けられてもどんなポーズを取っていいのかわからないという人も多いでしょう。カップル写真には鉄板ともいえる人気ポーズがたくさんあります。まずはそれを真似してみるところから始めてみてください。慣れてきたら徐々に自分を出したオリジナルのポーズにもチャレンジしましょう。

他人にお願いするのが苦手


写真を撮る場所や構図によっては、自分たちだけでは撮影できないものもあります。そんな時には知らない他人に写真を撮ってもらうことになるでしょう。しかし、人に写真を撮ってもらうようお願いするのが苦手という人もいるはずです。観光地などであれば、よほどのことがない限り写真を頼まれて断られることはないでしょう。また、写真をお願いするときには丁寧に依頼してお礼を忘れないようにしてください

インスタ映え確実なカップル写真の撮り方


カップル写真を撮り慣れていない、写真を上手に撮れないという人はまず人の真似からスタートしてみましょう。Instagramなどでもよく見かける映えるカップル写真の取り方を紹介します。

お互いに食べさせながら

デートと言えば食事という人も多いでしょう。おしゃれなカフェから屋台まで食べたものを写真に撮ることで、後から見返しても楽しい写真が撮影できます。カップルならではの写真の取り方がお互いに食べさせ合う写真。フォークに撮ったスイーツやお団子などを食べさせあう写真は見た目にも親密さが伝わってくるでしょう。その瞬間を切り取ったような写真を撮ることができます。

影を撮影

カップル写真が恥ずかしいという人はまずは影を撮影した写真を撮ってみましょう。二人の影を撮った写真であれば気恥ずかしさも感じにくいでしょう。影を撮る写真でおすすめのスポットは綺麗な芝生や砂浜です。大きな凹凸がない場所の方が、シルエットが美しく見えるでしょう。また、同じ場所で季節を変えて撮影してみてください。夏の青々とした芝生から紅葉というように季節の移ろいを感じさせてくれます。

見つめ合うように

結婚式の写真などでも定番なのが二人で見つめ合う写真です。シチュエーションはどこでも構いません。ふっと何気なく視線を交わすようなナチュラルな写真を撮ることができます。写真で決めポーズを取るのが苦手という人もこれなら強張ることなくナチュラルな姿を写真に残すことができるでしょう。あえて片手にマグカップのような日用品アイテムを持って気取らない写真を撮ってみましょう

バックショット

SNSに写真を掲載したいが、彼氏に嫌がられるという人はバックショットでチャレンジしてみましょう。バックショットであれば顔は見えなくても、その場の雰囲気や二人の親密さをわかりやすく伝えることができるでしょう。バックショットを撮影する場所はどこでも問題ありません。美しい海や湖を見ているバックショットや、鉄道跡地を歩くバックショットはおしゃれな雰囲気に仕上がります。

定番のキスショット

ウェディングフォトなどでも忘れてはいけない定番がキスショットです。キスショットを撮るときのキスの場所はどこでも構いません。顔をしっかり移したいときは頬へのキスでもよいでしょう。またキスショットを撮影するときには、作りこんだドレッシーなシチュエーションではなく、自然な雰囲気を出してみてください。木の下でそっと顔を近づけるような写真でも雰囲気は十分に出すことができるでしょう。

スマホで顔を隠しながら鏡越し

デートの間に撮った一枚というイメージで撮影するなら鏡越しの写真もおすすめです。その時にポイントなのがスマホ。スマホを自分に向けて顔を隠しながら鏡越しに写真を撮ってください。また写真を撮るのは外出先だけとは限りません。デート前に身支度を整えながら撮った鏡越しショットも自然な雰囲気に仕上がります。顔を部分で隠せるのでSNSにアップしたいという人にもおすすめです。

お揃いコーデ

ファッションで差をつけたいのであればお揃いコーデで写真を撮ってみましょう。同じデザインのTシャツをそれぞれ違うアレンジで着てみても素敵です。お揃いコーデで見つめ合ったり、バックショットを撮ったりしてもいいでしょう。街中で写真を撮ってもお揃いコーデならカップルだとすぐにわかるでしょう。お揃いコーデをするだけで親密さをアピールできるので、SNSにもピッタリの写真が撮れます。

ほっぺむにー

カップルの仲の良さをアピールできる写真が、相手のほっぺをむにーと押して撮る写真です。どちらかのほほを押すようにむにーとつぶします。お互いに手をクロスしてほっぺむにーしあってもいいでしょう。お互いに飾らない雰囲気が魅力的なほっぺむにーはプリクラなどでもおすすめの撮り方です。自然とスキンシップできるので、互いの距離を縮めるにもピッタリのカップル写真と言えるでしょう

手だけのショット

大人っぽいカップル写真を撮るのであれば手だけのショットがおすすめです。手を優しく重ねたり、手をつないだりしたところを写真に撮っておきましょう。ペアリングをつけると一層親密さがあらわれます。この写真の撮り方はSNSで結婚を伝えるときにも便利です。お互いに結婚指輪を付けた手を重ねることで、婚約したことを大げさにならずに伝えることができるでしょう。

カップルで写真を撮るときの注意点


撮っている間も楽しいカップル写真ですが、全く注意することがないわけではありません。カップル写真を撮るときには特有の注意点があります。マナーを守ってカップル写真を楽しみましょう。

何枚も同じ場所で撮らない

観光名所やSNS映えするスポットなど写真を撮りたくなる場所はたくさんあります。どうしても完成度が高い写真を撮りたくなってしまう人もいるでしょう。しかし、何枚も同じ場所で写真を撮ってしまうと、次に写真を撮ろうとしている人を待たせてしまうことになります。写真を撮るときに人を待たせて何枚も撮らないようにしてください。どうしても撮り直したいときには後ろに待っている人に先を譲ってから撮り直してください。

SNSに安易にアップしない


今や全くSNSをしていない人のほうが少数派と言えます。FacebookやTwitter、Lineなど何かのSNSに登録している人がほとんどでしょう。しかし、そこでのルール、例えば顔を出すか出さないか、プライベートのことをどれだけ発信するかは人によって違います。カップルで撮った写真も相手に相談なくSNSにアップすることは絶対に避けましょう。SNSにアップするということは全世界に発信するということです。お互いにプライバシーがあるため、尊重し合いましょう。

周りに迷惑をかけないようにする

デート中は二人だけの世界を満喫できます。特に写真を撮るときには被写体である自分達だけに注意を向けるでしょう。しかし、最低限のマナーとして周囲に迷惑はかけないようにしてください。写真を撮っていい場所なのかどうか、混雑時などは周りの迷惑になっていないかどうかを確認してから写真を撮るようにしましょう。自撮り棒などは安全上の配慮で使えない場所もあるため、注意してください。

まとめ

カップルで写真を撮って思い出を共有することで二人の絆がより深まることもあるでしょう。また撮った写真を動画に編集したり、スクラップブックにまとめたりすれば後から見返して楽しむことができます。せっかく手軽に写真を楽しむことができる時代になったのなら、いろいろな方法で自分らしく写真と活用しましょう。

- 1 / 1ページ -