好きな人と話たい!気軽に話せるようになるおすすめの方法

話すことが苦手でなくても、好きな男性になると話しができなくなる人もいるでしょう。好きな気持ちが大きいほど、会話のハードルは上がるものです。

ここでは、

についてご紹介します。

好きな人と話したいけど話せない心理的な要因


好きな人と話したいけど話せないのは、自分に自信がないことや相手に嫌われたくないからです。ここでは、会話が思うようにできない心理的な要因について見ていきましょう。

自分に自信がない

好きな人と話しがしたくてもできないのは、自分に自信がないことの表れです。好きな人に良いように見られたい気持ちよりも、相手が自分に興味を持ってくれないことの方が怖くなっています。

自信過剰なのは良くありませんが、適度に自信を持つことは人を惹きつけるために必要です。まずは、自信を持つところから始めましょう。得意な部分を伸ばしていくと自信はついてきます。

意識しすぎて緊張してしまう


意識しすぎると緊張してしまうため、上手く会話ができないケースもあります。この場合は、普段から頭の中で話しかける内容を考えているものです。考えすぎてしまうことで、過度に緊張して話しかけられなくなります。

一度でも緊張してしまうと、会話するハードルはさらに上がるでしょう。好きな気持ちがあっても、過剰に意識するのは禁物です。少し距離を置いた方が、緊張が解れて会話しやすくなりますよ。

嫌われてしまうのが怖い

好きな人に嫌われてしまうのが怖くて、話しかけられない人はたくさんいます。「自分の会話は頭が悪いように思われてないか。」「テンションや言葉遣いは大丈夫か。」など、何かと不安はついて回るものです。

しかし、嫌われるのが怖いと意識しているのであれば、気を付けて会話をするので、そうそう嫌われることはありません。嫌われるのはデリカシーがなく、他人のことを考えずに会話を進めていく人です。不安になることはありません。

共通の話題が思い浮かばない


共通の話題が思い浮かばないと、好きな人と話すきっかけが生れません。相手が会社の同僚や学校が一緒なら、職場や学校など共通のネタを見つけてみると良いでしょう。

相手と共通のネタが見つからない場合は、いろいろ質問してみるのもありです。その中で、自分と共通する部分を見つけて会話の参考にすると良いでしょう。

好きすぎて気が引ける

好きな気持ちが大きくなるほど、自分から話しをするのは気が引けてしまうものです。意識もしているので、一言会話をするだけでも想像以上に労力を使います。相手に引かれないか、後先を考えてしまうのも会話に発展しない理由です。

せっかくのチャンスが訪れても、気が引けると会話につながりません。そこで後悔してしまい、次に話しかけることのハードルがさらに上がって悪循環になります。

異性から話しかけられた時の男性の気持ち


異性から話しかけられても、男性はあまり嫌な気持ちはしません。状況によっては、あなたを意識するきっかけにもなるでしょう。ここでは、異性から話しかけられた時の男性の気持ちを見ていきましょう。

女性から話しかけられて悪い気はしない

男性は、女性から話しかけられて悪い気はしません。好意がない女性であっても、女性と話しができるだけで嬉しく思うものです。女性と男性の大きな違いですが、男性は思う以上に単純な思考をしています。

どんなことでも、まずは自分から話しかけてみましょう。話しかけられた男性の口数が少くても、驚いているだけで嫌われているわけではありません

話題がないのに話しかけられると困る


女性に比べると口ベタが多い男性は、話題がないのに話しかけられると困る人もいます。会話を続けないといけないと思ってしまい、疲れてしまうのです。

話しかけるときは、共通の話題など相手が返答しやすい内容にしましょう。自分のことばかり話しをしていると、相手に嫌われる可能性があるので注意が必要です。

勇気がすごいと思う

ほとんど面識のない女性が話しかけてくるのは、男性にとって勇気がすごいと感じるものです。話す内容にもよりますが、普段関わりがない相手から話しかけられると、その相手を意識します。中には、「自分に気があるのかな?」と勘づく男性もいるでしょう。

軽い感じで話しかけると、あなたのことを「軽い女」だと思うかもしれません。話しかけるときは、下手に出てゆっくりしたトーンで話しかけるのが良いでしょう。

好きな人と話すために重要なこと


好きな人と話すためには、自分磨きや相手の趣味を勉強することも大切です。また、会話のきっかけは挨拶から始めましょう。ここでは、好きな人と話すために重要なことを紹介します。

自分に自信が持てるように自分磨きを頑張る

好きな男性と話しをするためにも、まずは自分磨きを頑張って自分に自信を持ちましょう。メイクやファッション、髪型など、少し努力すれば変えられるポイントはいくつもあります。

性格も大切ですが、まずは見た目から変えていく方が異性には効果的です。また、自分を卑下すると自信が失われるため、多少の自信過剰さも重要になります。

好きな人の趣味を勉強する


好きな人と話しをするためには、相手の趣味を勉強して相手が気持ちよく話せる状況を作りましょう。普段はほとんど話さないという男性でも、自分の趣味のことになると急にトーンを上げて熱く話し出すケースは少なくありません。

相手の趣味の話を聞くだけでも良いですが、ある程度勉強しておけば、相手に質問ができます。それだけでも、趣味に共有してくれる人がいると思って嬉しく思うものです。

まずは挨拶から始める

好きな人と会話をするために、まずは挨拶から始めましょう。相手と話しをするきっかけを作る上で、誰にでも話しかけられる挨拶は基本です。

単に「おはよう。」や「こんにちは。」と言うだけでなく、「今日は天気が良いね。」など、一言追加すると距離はグッと縮まりますよ。無愛想に挨拶をすると逆効果になってしまうので、相手の目を見ながら笑顔を作るのも忘れないようにしましょう。

好きな人と話ができる確率をアップするポイント


好きな人と話しができる確率を上げるためには、笑顔を作ることや共通の話題を作ることが大切です。ここでは、好きな人と話しをするきっかけやチャンスの作り方を紹介します。

笑顔

好きな人と話ができる確率を上げるためには、日頃から笑顔でいることを意識しましょう。ニコニコしている女性を見ると、男性は警戒心が薄らいで話しやすくなります。

また、笑顔でいると「多少のことは言っても大丈夫だろう。」と思うので、相手から話しかけるきっかけにもなるでしょう。

話し上手よりは聞き上手になる


好きな男性と話しをする場合、話し上手になるよりも聞き上手になるほうが大切です。男性は、人の話しを聞くのがそこまで得意ではありません。自分の話しばかりをしていると、相手から嫌われる可能性もあるので注意しましょう。

また、相手が話しを始めたら、途中で話しを折らないようにしましょう。最後まで耳を傾けて会話を聞くことが大切です。

必ず話題を用意する

好きな人と話す決心ができたら、必ず会話につながるような話題を用意しましょう。勢いよく話しかけても、一言や二言で会話が途切れてしまっては意味がありません。

話す内容をあらかじめ組み立てておくことも大切です。最初のうちは自分主体で話しをし、相手が話すようになったら聞き役に回りましょう。

みんなの輪に積極的に参加する


好きな人と話しができない場合は、みんなの輪に積極的に入っていきましょう。学校ならサークル、職場なら飲み会など、好きな人と交流するイベントがあるなら参加することが大切です。一緒にいる空間にいることが大切で、場合によっては相手から話しかけてくれるかもしれません。

まずは好きな人の友達と話せるようになる

いきなり好きな人と話しができないなら、好きな人の友達と話せるようになりましょう。友達と話しをすれば、好きな人の情報も収集できます。

ただし、その友達が男性の場合は好きな人に変な誤解をされるかもしれません。女性友達がいるなら、女性友達と会話するきっかけを作る方がおすすめです。

まとめ

好きな人と話したい気持ちがあっても、緊張して話しができない女性はたくさんいます。焦らず、少しずつ話しができる環境を作りましょう。また、相手が話しやすいように笑顔を意識することも忘れないでください。