好きな人を忘れる方法11選!好きな人を忘れられない理由

一度好きになった人を簡単に忘れられないのは自然です。思い出が深ければ深いほど、忘れることが怖いと感じるかもしれません。しかし、好きな人を忘れることはできます。

ここでは、

についてご紹介します。

好きな人を忘れられない11個の原因


好きな人を忘れられないのは、相手に対する未練が残っている証拠です。しかし、相手との関係性や状況によって原因は異なります。ここでは、好きな人を忘れられない11個の原因を見てみましょう。

告白できなかった

告白ができなかったことで、好きな人を忘れるきっかけを失う人も少なくありません。告白してフラれたのであれば、自分には魅力がなかったと諦めがつくでしょう。

しかし、告白をしないままだと、「あのときに告白していれば上手くいったかもしれない。」と未練がいつまでも残ってしまいます。そのため、いつまで経っても好きな人が頭から離れなくなるのです。

まだ相手に自分への気持ちがあると思える


相手に自分への気持ちがあると感じる場合も、好きな人を忘れにくくなります。好きな人がいると、自然と目で追いかけてしまうものです。

なんとなく好きな人と目が遭う機会が多いなら、「彼も自分に好意を持っているかもしれない。」と思えてきます。告白をせずに、そのままでいるとモヤモヤした気持ちが残ったままになるでしょう。

その人以上に魅力的な人が見つからない

好きな人以上に魅力的な人が見つからないのも、好きな人が忘れられない理由の一つです。好きな人がいることは、日々の生活のモチベーションにもつながります。

常に好きな人がいないとダメという女性も少なくありません。この場合、忘れられないというよりも、新しく好きな人ができないという理由が強いため、気持ちが維持になっている場合もあります。

別れてから時間がたっていない


好きな人と別れてから時間がたってない場合も、相手を忘れることができないシチュエーションの一つです。

好きな人と付き合った期間が長ければ長いほど、生活から切り離して考えることは難しいでしょう。失恋は時間が解決してくれるという言葉があるように、無理に忘れようとするのではなく時間を置くことも大切です。

体の相性が良かった

性格や容姿がタイプでなくても、体の相性が良かったというだけで好きな人を忘れられない場合があります。

セックスは本能的な行動であり、体の相性が良いことは本能で相手を求めているわけです。感情で好きになるよりも依存性が強く、いつまでも心の中に残り続けることもあります。また、そんな気持ちを誰にも相談できないもどかしさもあるでしょう。

片思いしていた時間が長かった


片思いしていた時間が長いほど、好きな人を忘れることができないものです。また、そんな一途な自分でいたいという理由で忘れられない状況に陥っていることもあります。

本気で忘れようとしてない場合も多く、“片思いしている自分が好き”になっている場合も少なくありません。

相手に依存しすぎていた

相手に依存しすぎることも、好きな人を忘れられない理由の一つです。依存していた期間が長いほど、あなたの生活の一部になっています。

また、相手に依存することで相手に対する気持ちが冷めても、意地になって好きなままいようとするものです。今一度、本当に相手のことが好きなのか考えてみる必要もあるでしょう。

プライドを傷つけられた


好きな人を忘れられない理由として、プライドを傷つけられることがあります。自分がフラれるパターンで多いですが、「他の人に乗り換えられた。」「人前でフラれた。」など、恥ずかしい思いをさせられると、プライドも大きく傷つくでしょう。

相手のことが好きなのではなく、相手に仕返しがしたい気持ちで意地になっている場合が多いです。

突然だったから

好きな人を忘れられない理由として、突然の別れがあります。別れた原因が分からないままだと、気持ちの整理もつきません。

相手が自分のことを好きでいるかもしれないという気持ちも邪魔をして、新しいスタートが切れなくなります。別れの真相が分からない限り、もやもやした気持ちも続くでしょう。

死別など嫌いで別れたわけではないから


死別など嫌いで別れたわけではない相手は、なかなか忘れることができません。忘れようとしても、忘れること自体が悲しく思えてくるものです。

死別は、いろいろある別れの中でも、もっとも辛い別れと言えるでしょう。時間がゆっくり解決していくのを待つしかありません。

同じ職場などで顔を合わせる機会が多いから

付き合っていた人や好きな人が職場にいると、顔を合わせる機会が多く相手を忘れることはできません。

この場合、忘れるというよりも他に好きな人を作ることや、好きな気持ちのトーンを落とす必要があります。しかし、相手を意識すればするほど、忘れられない気持ちや好きな気持ちは増してしまうものです。

好きな人を忘れる方法


好きな人を忘れるためには、新しいことを始めると良いでしょう。また、好きな人を忘れるための工夫も必要です。ここでは、好きな人を忘れる方法を紹介します。

連絡手段を削除する

好きな人を忘れるためには、連絡手段を削除するのがおすすめです。連絡を取り続けていると、心のどこかで期待してしまいます。連絡が取れなくなると最初のうちは悲しい気持ちでいっぱいになりますが、時間と共に寂しさも減ってくるでしょう。次に進みたいなら、連絡は絶ちましょう。

SNSを新しいアカウントにする

SNSで好きな人とつながっているなら、SNSのアカウントを新しくしましょう。SNSで交流していると、相手のプライベートが垣間見えてしまいます。相手を意識する時間も多くなるので、好きな気持ちが強まることもあるでしょう。

プレゼントなど思い出の品をなくす


本気で好きな人を忘れたいなら、好きな人からもらったプレゼントなど思い出の品は捨てることをおすすめします。思い出が詰まったプレゼントを捨てるのは抵抗があるかもしれません。別れた以上、プレゼントは前の彼氏に対する未練になります。物に罪はありませんが、忘れるためには必要なことです。

仕事などで忙しくする

好きな人を忘れるために、仕事にウエイトを置くのも良いでしょう。失恋で辛くても、仕事をしているときは忘れられる人も少なくありません。仕事に費やす時間を増やすことで、相手を考える時間が減るため、少しずつ自分の中から好きな人の存在が消えます。

新しい趣味を始める


新しい趣味を始めることも、好きな人を忘れる方法としておすすめです。何かを始める場合、それは好きな人と一緒に過ごした時間の中で体験しなかったことなので、相手を思い出すきっかけにもなりません。また、趣味に没頭することで好きな人を思い出す時間も減らせます

メイクやヘアスタイルを変える

メイクやヘアスタイルを変えて、イメチェンすることも好きな人を忘れる有効な方法です。イメチェンすることで気分が一新するだけでなく、新しい恋愛を始めるきっかけにもなります。

服や音楽の趣味を変える

服や音楽の趣味を変えることも、好きな人を忘れる方法としておすすめです。今までとは違う自分になることで、未練を断ち切るきっかけになります。好きな人とよく聞いていた音楽があるなら、その音楽は聞かないことも大事です。

スポーツジムに入会し体を動かす


スポーツジムで体を動かして汗を流すのも、好きな人を忘れる方法として最適です。体を鍛えることで自分に自信がつくので、前を向くきっかけにもなります。運動はストレス解消になるので、もやもやした気持ちを減らすことにもなるでしょう。

海外旅行に行く

海外旅行に行くことも、好きな人を忘れる方法としておすすめです。海外に行くと、日本とはまったく違った雰囲気で違う世界に来たような気持ちになります。「このお店は好きな人とよく一緒に行った。」ということも海外では、ほとんどありません。思い出すきっかけが減るので、相手を忘れやすくなるのです。

異性の友達と遊ぶ

異性の友達と遊ぶことで、好きな人を忘れられる場合もあります。しかし、前の恋人に対する好きな気持ちが強いと、異性と前の好きな人を無意識に比べて逆に思い出してしまうこともあるので注意しましょう。

新しい恋を上手に始める方法

合コン パーティー
新しい恋を上手に始めるためには、出会いの場を増やすことや自分磨きをしましょう。また、恋愛する気持ちに火をつけるためにも恋愛系の漫画や映画を見るのもおすすめです。ここでは、新しい恋を始める方法を紹介します。

合コンなど出会いの場に参加する

合コンなど出会いの場に参加することで、新しい恋を始めるきっかけになるでしょう。好きな人を忘れる方法として荒治療になりますが、どんどん新しい出会いを増やすうちに好きな人の存在も薄らいできます。お誘いを受けた場合は、気分が乗らなくてもまずは参加してみましょう。

ダイエットなどで自分磨きをする


好きな人を忘れて新しい恋愛を始めるためにも、ダイエットなどで自分磨きをしましょう。自分に自信を持つことが恋愛を成功させるためのコツです。また、好きな人よりも魅力的な人と出会うためにも、自分の魅力を増やすこともポイントになります。

恋愛系の映画や漫画でテンションを上げる

恋愛系の映画や漫画で、恋愛に対するテンションを上げるのも、恋をしたくなるきっかけになるでしょう。恋を始めるためには、恋愛に対してアクティブになる必要があります。気分を盛り上げて本気で恋をしたいと思うようになれば、自然と良い話しも舞い込んでくるはずです。

友達に恋の相談をする


友達に恋の相談をするのも、新しい恋愛に進むために欠かせません。友達との恋バナは、恋をしたいと思うきっかけを作ってくれます。また、相談した友達が新しい男性を紹介してくれることもあるでしょう。自分から恋がしたいとアピールすることが大切です。

今までとは全く違ったタイプの人と仲良くなる

好きな人を忘れて新しい恋を楽しむためにも、今までの男性とは違ったタイプの人と仲良くなりましょう。自分の好きなタイプが明確な人だと、新しく出会う男性や仲良くなる男性も前の恋人に近くなります。

しかし、似ている男性だと、前の恋人と比べてしまい、忘れるどころか思い出すきっかけにもなるでしょう。違ったタイプの男性と交流を持ってしまうと、新たな魅力を見つけることになるかもしれません。

まとめ

純粋な気持ちで好きになった相手は、そう簡単に忘れることができません。無理に忘れようとすると、余計に寂しくなることや忘れられなくなるものです。気持ちの整理がついたら、まずは自分か新しいことを始めてみると良いでしょう。