メンヘラの人の恋愛事情!メンヘラな恋人と上手に付き合う方法

付き合った人がメンヘラだった、ということはありませんか?メンヘラとお付き合いするのは大変とも言われていますが、果たしてそれは本当のことなのでしょうか。

ここでは、

についてまとめてみました。

メンヘラとは?


そもそも、メンヘラとはいったい何なのでしょうか。メンヘラとは、メンタルヘルスが語源となって誕生した言葉です。精神的に不安定な人、心に病を抱えている方のことをメンヘラと呼んでいます。詳しく見ていきましょう。

精神的に不安定な状態の人

メンヘラの人は常に精神が不安定なことが多く、ちょっとしたことで沈んでしまうことがあります。普通の人なら、サラッと聞き流せてしまうようなことでも、落ち込んでしまったりふさぎこんでしまうことも。基本的にネガティブ思考ですし、口を開けばネガティブなことばかり、という方も少なくありません。

精神的に不安定なので、感情の起伏が激しいこともあります。さっきまで笑っていたと思ったら、突然大きな声で怒り出すようなこともあります。

心に病を抱えた人

うつ病のような病を抱えている人をメンヘラと呼ぶこともあります。うつ病が発症するきっかけは人によってまちまちですが、酷くなると被害妄想が強くなったり、自傷行為に走ることもあります。このような方の中には、心療内科や精神科などで診療、治療を受けている方もいます。

メンヘラの人の共通点


不規則な生活を送っていることが多く、昼夜が逆転しているようなことも少なくありません。また、睡眠不足で思考は基本的にネガティブです。依存体質なことも多く、友人や恋人にガッツリ依存してしまうことがあります。ここでは、メンヘラな人の共通点をお伝えしましょう。

不健康

不健康な生活をしている人が多い傾向にあります。周りからの視線や評価を極端に気にする傾向にあるので、1日1食のような過激なダイエットをしていることも少なくありません。無理な食事制限をしてしまうので、肌の状態が悪くなったりスタイルが崩れてしまうことも。極端に痩せている、もしくは極端に太っていることも多いですね。

食べることで欲求を満たしているケースもあり、この場合だと不健康な太り方をしていることが多いです。食生活の根本的な見直しが必要となるでしょう。

睡眠不足

人間にとって睡眠はとても大切なものですが、メンヘラな人は睡眠不足であることが多いです。眠るのが怖いという理由であえて夜中の遅くまで起きているという方もいれば、夜中のほうが好きという理由で起きているケースも。そのため、メンヘラな人はいつも眠そうにしていたり、気だるそうにしていることが多いです。

睡眠不足が続いてしまうと集中力も乱れてしまいますし、うつ病などの病を本格的に発症しやすいともいわれています。健康のためにも睡眠はきちんととるべきでしょう。

マイナス思考


マイナス思考な方が多く、物事を前向きに考えることがあまりできません。人からアドバイスをもらったとしても、でも、だって、など否定的な言葉から入ってしまうことがあります。口を開けばネガティブなことばかり話してしまいますし、周りを憂鬱な気持ちにさせてしまいます。

また、自分のことを誉めてくれている場合でも、それを素直に受け止めることができません。どうせ自分なんて、自分が誉められるはずがない、と思っています。普通なら喜ぶようなことでさえ、メンヘラな人は悪い方向に受け取ってしまうのです。

依存体質

メンヘラな人は他人に依存してしまう傾向にあります。依存してしまうのは友達や恋人などが多いですね。恋人がいないケースだと友達に依存してしまう傾向が多いでしょう。頻繁にLINEを送ったり、返事がなかったら怒り出すようなこともあります。また、SNS上でストーカーのような行為をしてしまうことがあるのも特徴でしょう。

LINEを送って返事が返ってこないと、無視されていると思って電話をかけることもあります。友達の友達、恋人の友達などにも嫉妬をしてしまうことが多いのもメンヘラな人の特徴といえるでしょう。

メンヘラの人の恋愛傾向


メンヘラな人の恋愛傾向はどうなっているのでしょうか。貞操観念が低いのが特徴の一つで、感情のコントロールも上手とはいえません。極度の寂しがり屋で、過度に束縛してしまうのもメンヘラな人の特徴といえるでしょう。

貞操観念が低い

常に寂しさを埋めてほしいという欲求を持っていることが多く、誰とでもすぐに関係を持ってしまうことがあります。異性の友達や友人の恋人、職場の人、SNSで出会ったばかりの人など、とにかくすぐに肉体関係を持ってしまうのです。寂しいと感じることが多いため、そう思ったときにすぐ身近な人で寂しさを埋めようとする傾向です。

メンヘラな人は顔立ちが整っている人も多いため、誘ったときに断られにくいのも安易に肉体関係を持ってしまう理由でしょう。

感情のコントロールが苦手

常に不安定なことが多いので、感情がうまくコントロールできません。楽しいことがあったときには喜びますが、そのあと急にふさぎこんでしまったり、不安定になったりします。また、些細なことで怒り始めることもあるので、周りの人からは扱いにくい人、と思われることもあるでしょう。

さまざまな感情が混ざってしまうことも少なくありません。楽しくて笑っているはずなのに、突然涙を流してしまったり、泣いているときに笑ってしまうということも。

極度の寂しがり屋


いつもつながりを感じていないと不安になってしまいます。寂しがり屋なので、放置されるとすぐに拗ねてしまったり、不安定になることも少なくありません。寂しくなってしまうと、真夜中や早朝であってもLINEやメールをしたり、電話をかけてしまうこともあります。

LINEを送っても既読にならない、返信がこないとなると、無視されているのではと感じることもあります。また、嫌われている、浮気されていると疑心暗鬼になってしまうことも。

過度の束縛

自分に自信を持てないため束縛してしまいます。常に浮気されるかも、フラれてしまうかもという不安があるので、束縛していないと安心できないのです。ちょっとした束縛ならいいのですが、メンヘラな人の場合だと同性の友達と食事、遊びに行くようなことも許してくれないことがあります。

また、スマホの中身を見ようとするのもメンヘラな方の特徴といえるでしょう。自分以外の人とどのようなやり取りをしているか気になっていますし、浮気をしていないかどうかチェックしたいと考えます。

メンヘラの人と上手に付き合う方法


メンヘラの人とうまく付き合うためには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。こまめに連絡をとり、相手を褒めてあげることも忘れてはいけません。愛情表現は分かりやすくしてあげましょう。詳しく見ていきたいと思います。

こまめに連絡を取る

すぐに不安になってしまうので、連絡はなるべくこまめにとることです。特に、相手からLINEやメールが来ているときには、できるだけ早く既読にしてあげて返信もしてあげましょう。メンヘラの人は被害妄想が強い傾向もあるので、返信しないだけで浮気されていると思い込むこともあります。

相手が今何をしているのか知りたい、把握しておきたいという気持ちをメンヘラの人は持っています。その欲求を満たしてあげるためにも、こまめな連絡が必要となるでしょう。

相手を褒める

自分に自信を持てないという方が多いので、褒めてあげることも大切です。また、漠然と褒めるのではなく、できるだけ具体的に褒めてあげたほうが喜ぶでしょう。それによって自信を持つことができるかもしれませんし、今後何かしらの変化の兆しが見えてくるかもしれません。

わかりやすい愛情表現を意識する


愛情を伝えるときにはきちんと口に出してあげることです。言わなくても分かっているだろう、というのはメンヘラの人には通用しません。また、例え分かっていたとしても口に出して愛情を伝えてほしいと思っています。相手に伝わりやすいように、言葉や行動で愛情を伝えてあげましょう。

異性との接点は最低限にする

パートナーをとられてしまうかも、という不安を常に抱いていることが多いです。自分以外の異性と食事や遊びに行ったりすると、それだけで不安定になってしまいます。どうしても異性と接触するときは、2人きりではなく同性の友人なども交えて複数で行動するようにしたほうがよいでしょう。

まとめ

メンヘラの人は感情のコントロールが苦手な上にいつも不安を感じています。お付き合いする上で大変なこともたくさんあるかもしれませんが、大きな愛があれば乗り越えていけるでしょう。ここでは、メンヘラの人とうまく付き合うポイントもまとめてみたので、ぜひ今後の恋愛に活かしてくださいね。