25歳で結婚は早すぎる?25歳で結婚するメリットとデメリット

女性ならいくつまでに結婚したい、という願望を持つ方は少なくないでしょう。人によっては、25歳くらいで結婚したいという方もいますが、果たして25歳での結婚は早いのでしょうか?

ここでは、

についてまとめてみました。

25歳で結婚するのは早い?遅い?


かつては25歳までに結婚するもの、といわれたような時代もありましたが、今は時代も変わっています。その一方で、25歳までに結婚して家庭を築く方がいるのもまた事実。25歳での結婚は早いのでしょうか、それとも遅いのでしょうか。

友達からの結婚報告が増え始める時期

30歳までには結婚したい、という女性が多い傾向にあるので、25歳くらいで結婚してしまう方も実際います。周りの友達が身を固めだし、入籍したという報告を耳にする機会も増えるでしょう。周りから結婚したという報告を耳にすると、自分も早く結婚しなくては、という気になってしまいますよね。

晩婚化に移行しているので少し早いと思われがち

最近では、40~60歳くらいで結婚するような方も増えています。時代とともに価値観などは変わっていくので、これは別に不思議なことではないでしょう。女性の社会進出も著しくなっていますし、そんなに早く結婚しなくてもいい、と考える方が増えたのも晩婚化してきた理由だと考えられます。

25歳で結婚を決めた理由


25歳で結婚した方は、いったい何が決め手となったのでしょうか。これは人によってまちまちだと思いますが、授かり婚というケースは多いようです。また、パートナーが年上だった、仕事にやりがいを感じられないからという理由も。

授かり婚

妊娠をきっかけに結婚を考える方が多いです。せっかく赤ちゃんを授かったのだから産みたい、結婚して家庭を築きたいということで結婚するケースですね。また、結婚などまったく考えていなかったけど、妊娠してしまったから仕方ないと籍を入れるケースも中にはあるようです。

相手が年上


パートナーが年上だと、結婚したとしても安定した生活を送れることが多いです。どれくらい年上なのかにもよりますが、5つ年上の30歳だとすると社会的な地位もあり、収入も安定しているケースがほとんどでしょう。そのため、若い者同士で結婚するよりも安心できる、ということで25歳の若さで結婚を決めてしまうことがあります。

仕事にやりがいを感じられない

心から打ちこめる仕事なら、しばらく結婚はしたくないということも考えると思います。しかし、逆に仕事にまったくやりがいを感じられない、むしろ辞めたいというケースだと、早く結婚したいと考える方が多いようです。特にキャリアアップできるわけでもなく、将来性もやりがいもないとなると、結婚という選択肢が現実味を帯びてくるのかもしれません

25歳で結婚するメリット


25歳の若さで結婚するメリットとしては、いろいろなドレスを選べることが挙げられます。また、若いため出産のリスクが少なくなりますし、早い段階から住宅ローンの支払いを始められることもメリットでしょう。

いろいろなドレスを選ぶことができる

女性なら一生に一度は着てみたいと切望するウェディングドレス。現在ではさまざまなスタイルのドレスがありますし、デザインに凝った華やかなものもたくさんあります。年齢によっては、あまり派手なドレスだと似合わなかったり、痛々しくなってしまいますが、25歳ならそうした問題はありません。数あるドレスから好みのものを選べます。

出産のリスクが少ない

高齢出産は危険、という話は耳にしたことがあると思います。現在では高齢出産に踏み切る方も増えていますが、やはり母体には負担をかけることになってしまいます。卵子の老化は30歳から始まるといわれていますし、何が起きるか分かりません。25歳の健康な女性なら、高齢で出産するよりもリスクを低くすることができるでしょう。

早い段階からマイホームローンを始めることができる


結婚するとマイホームを購入することもあります。マイホームを買うとなると、一般的には住宅ローンを組みますが、支払いを始めるタイミングが遅くなると完済の時期も遅くなります。もしかすると、老境に差し掛かってもまだローンが終わらない、ということにもなりかねません。早い段階から支払いを始めれば終わるのも早くなります

焦らずに相手を選ぶことができる

30歳を超えたあたりから少しずつ結婚に対する焦りが出てくる方が多いです。自分はまだ結婚はいいと思っていても、両親から結婚を急かされたり、周りからのプレッシャーもあるでしょう。急いで相手を見つけて結婚したものの、失敗してしまう、ということは十分考えられます。25歳なら年齢的に余裕もありますよね。

お見合いで人気がある

できれば若いお嫁さんが欲しい、という男性は少なくありません。年下女性と結婚したいと考える男性は多いですし、若いほうが健康的な印象もあるからでしょう。お見合いで人気がありますし、いろいろな人からアプローチを受けることも考えられます。その中から、自分の好みや希望に合わせて選べるのです。

25歳で結婚するデメリット


25歳で結婚するメリットはたくさんありますが、デメリットもいくつかあります。メリットだけでなく、デメリットについてもしっかり覚えておきましょう。ここでは、25歳で結婚するデメリットについてまとめてみました。

同世代の未婚女性のように遊べない

25歳というとまだまだ遊びたい盛りですし、周りの友人たちはみんな自由に遊んでいます。しかし、25歳で結婚して家庭に入っていると、そうそう自由に遊ぶことはできません。家事をしなくてはなりませんし、子供がいるのなら当然育児もしなくてはならないのです。自由に遊んでいる友人たちを見て羨ましく思えるかもしれません

好きな洋服や趣味を我慢しなければならない

結婚生活にはお金がかかるものです。旦那さんの稼ぎがかなりあって、裕福な暮らしができるのならまだしも、そうでないのなら生活を切り詰める必要もあるでしょう。もしかすると、自分もパートやアルバイトに出なくてはならなくなるかもしれません。やりたい趣味もできず、新しい洋服も買えないという事態に陥ることも

仕事のキャリアを失うリスクもある


順調にキャリアを積んできた仕事でも、会社を辞めてしまうとそこでキャリアが途切れてしまうことがあります。妊娠出産で仕事を辞めた場合だと、復帰するにはしばらく時間もかかりますし、今までのキャリアがすべて無駄になることも考えられるでしょう。仕事に打ち込んできた方にとって、これは大きなデメリットかもしれません。

収入が少ない

同年代の男性と結婚した場合だと、収入はそこまで高くないかもしれません。もちろん、旦那さんの職種や勤めている会社などにもよりますが、やはり若いと収入は低い傾向にあります。2人の稼ぎを合わせても生活でいっぱいいっぱい、ということになるかもしれません。年上の男性ならそのようなことはないかもしれませんね。

人生経験が少ない

25歳という年齢は、まだまだこれからいろいろなことを経験していく年齢です。まだ人生において経験していないことがたくさんありますし、人間的にも未熟かもしれません。それゆえに、結婚生活が始まってすぐに旦那さんとケンカが絶えなくなった、ということも起こりえるかもしれません。結婚生活の中で分からないこと、挫折しそうなこともたくさんあるでしょう。

離婚のリスクが高い


本位でない結婚をしてしまった場合だと、離婚することも考えられます。代表的なのは授かり婚でしょう。別に結婚する気などまったくなかったのに、子供ができたから結婚した、というケースです。これだと、そもそも最初から結婚など考えていなかったわけですし、些細なきっかけで離婚してしまうということも考えられます。

まとめ

晩婚化がどんどん進んでいる昨今だと、25歳での結婚は少々早いと思われてしまうかもしれません。ただ、周りがどう思おうと結局は自分の人生です。自分がそれで幸せだと思えるのなら、25歳で結婚するというのは十分ありでしょう。ここでお伝えしたように、メリットとデメリットがあるので、両方をきちんと理解しておいてくださいね。