自分を好きになることができる14の方法!もっと自分を好きになろう

自分のことが好きで仕方ない、という方がいる一方で、自分を好きになれないという方もいます。では、自分を好きになれないとどうなってしまうのでしょうか。

ここでは、

についてまとめてみました。

自分を好きになれないとどうなる?


自分に自信を持つことができないため、どんなことに対しても消極的になってしまう恐れがあります。友達や恋人もできにくくなり、人生そのものがつまらなくなってしまうことも。自分を好きになれないことで生じるデメリットは意外に多いです。

自分に自信が持てず消極的になる

自分を好きになれないということは、自分自身を否定しているということです。そんな自分に到底自信など持つことができませんし、どんなことに対しても消極的になってしまうでしょう。仕事でも積極的に自分から取り組もうとしない、人とコミュニケーションをとりたがらない、ということもあるかもしれません。恋愛にも消極的になります。

友達や恋人ができにくくなる


消極的な傾向が強いため、コミュニケーションも積極的にとろうとしないことが多いです。そのため、相手が仲良くしたいと思っていても、壁を作ってしまうため仲良くなれないのです。恋愛感情を抱いた人がいたとしても、自分に自信がないためアプローチできず、せっかくのチャンスを逃すこともあるでしょう。

人生がつまらなくなる

自分に自信を持つことができず、新しいことや楽しいことにもチャレンジできないため、人生がつまらないと感じてしまうかもしれません。これといった目標ややりたいことなども見つからず、毎日職場と自宅の往復だけになってしまうこともあるでしょう。自分はいったい何のために生きているのだろう、と虚無感を感じるかもしれません

自分を好きになれない人の共通点


自分を好きになれない人には、共通点があります。被害者意識が強かったり、常に他人の視線を気にしている傾向にあります。また、幼少期のトラウマによって自信を失い、自分を好きになれなくなったという方も少なくありません。

被害者意識が強い

自分を好きになれない人の多くは、被害者意識が強い傾向にあります。自分のことを、まるで悲劇のヒロインやヒーローのように思っているタイプですね。あたかも自分は被害者である、という言動をすることによって、周りの関心を引き同情してもらいたいという心理が働いています。

他人の視線が気になる

自分に自信を持てないため、いつも周りの視線を気にしてしまいます。これで本当に大丈夫なのだろうか、周りに迷惑をかけていないだろうか、と余計な心配をしてしまうことも。また、このタイプは自意識過剰な方も多く、自分は常に誰かに見られていると勝手に思い込んでいることも少なくありません。

物事を善と悪ではっきりさせる


善悪をはっきりさせるタイプの方は、融通がきかない人が多いです。自分が少しよくないことをしたときにも、自分は悪いことをしてしまっただ、と思い込んでしまいます。その気持ちがどんどん強くなり、ネガティブになってしまうことがあります。

自尊心が少ない

自分を好きになれない人は自信を持つことができませんし、自尊心も少ない傾向です。自尊心が少ないと、どんなことでも自分にはできないと思いこんだり、自分のことも嫌いになってしまいます。努力することにも疲れてしまいますし、最終的には無気力になってしまうことも少なくありません

幼少期のトラウマ

幼少期に両親から虐待を受けていた、いじめられていたなどトラウマがあると、自分を好きになれないことがあります。自分は価値がない人間なのだと思い込んでしまい、自分を好きになるという概念もありません。幼少期に植え付けられたトラウマはそう簡単に排除できないため、このタイプだと改善はかなり厄介です。

自分を好きになるおすすめの方法


ここからは、自分を好きになるためのおすすめの方法をピックアップしてご紹介します。いきなりすべてにチャレンジする必要はないので、できるものから一つずつチャレンジしてみましょう。気がついたら自分を好きになれているかもしれません。

ダイエットをする

ダイエットをすることで、美しいスタイルを手に入れられます。ダイエットが必要ないスタイルなら無用ですが、最近ちょっと太ってしまった、という方はぜひチャレンジしてください。食事制限だけでダイエットしようとすると、スタイルを崩すかもしれないので、適度な運動との組み合わせがグッド。ジムやダンス教室もいいですね。

無理なダイエットをする必要はありません。極端な食事制限をしてしまうような方も中にはいますが、それだと健康的な痩せ方はできないでしょう。ダイエットはカロリーコントロールも大切ですが、それと同じくらい運動も大切です。適度な運動と食事制限の組み合わせですね。

他人と自分を比較しない

他人と自分を比べることに何の意味もありません。まずは、人は人、自分は自分という考えを持つようにしてください。他人には他人の人生がありますし、あなたにはあなたの人生があります。他人との比較に時間を使うくらいなら、自分がもっと幸せな人生を送れるように努めたほうが時間を有効に使えます。

仕事に積極的に取り組む


いつもダラダラと仕事をこなしていませんか?だとしたら、これからは一生懸命仕事に取り組んでみましょう。仕事に没頭することで結果を出すことにもつながりますし、周りからも評価されるようになります。きちんと結果を出し、周りからも評価されるようになると、自分に自信を持つこともできるでしょう。どんな仕事にも積極的になってください。

自分を卑下しない

自分を卑下してしまうと、どんどん落ち込んでしまいませんか?このタイプは、他人と自分を比較することが多いので、まずはそれをやめましょう。他人と自分を比較することほどつまらないことはありません。それよりも、自分の中のよい部分を紙などに書き出してください。できるだけたくさん書き出し、自分にはこんなによいところがあると思うことです。

ポジティブな発言を増やす

いつもネガティブなことばかり口にしていると、周りからも暗い人、つまらない人だと思われてしまいます。ポジティブな発言を増やすことで、自然と考え方なども明るくなっていくものです。発言だけでなく、どんなことでもポジティブに受け止めるような癖をつけましょう。ポジティブシンキングこそ自分を好きになれる秘訣です。

新しい趣味を始める


趣味が何もないという方は、まず趣味を見つけてみましょう。趣味に没頭することで有意義に時間を過ごすことができますし、楽しければどんどん熱中できるでしょう。余計なことを考えることもなくなりますし、自分に自信を持てるようになるかもしれません。今までまったく興味を持てなかったジャンルにも目を向けてみるといいかもしれません。

プライベートを充実させる

毎日職場と自宅の往復という生活になっていませんか?これだと精神衛生上もよくありませんし、つまらない人生になってしまう可能性があります。趣味に使う時間を増やす、友達と過ごす時間を増やすなどプライベートを充実させてみましょう。プライベートを充実させることで明るい気持ちになれ、考え方もポジティブになれますよ。

睡眠時間をしっかりと確保する

睡眠時間が少ないと、疲れも残りやすいです。体の疲れからしんどい、もう何もしたくないという気持ちになってしまうことは少なくありません。また、睡眠不足はストレスの原因にもなります。夜はしっかり眠り、体力回復とストレスを溜めないようにしてください。良質な睡眠をとるために、アルコールは控えたり適度な運動をしたりしてみましょう

食生活を改善する


自分を好きになれない方だと、いい加減な食生活を送っていることが少なくありません。味などどうでもいい、とりあえずお腹を満たせばいいと考えていませんか?これからは、できるだけ美味しい食事を心がけましょう。美味しいものを食べると脳が幸せを感じるようになります。その結果、自分が嫌いという状況からも抜け出せるのです。

喜怒哀楽をはっきりとする

感情をしっかりと表に出すということです。喜怒哀楽がはっきりしないと、周りもどう接すればいいのか分かりません。その結果、周りから孤立してしまったり、友達や恋人ができないということも考えられるでしょう。自分に素直になり、きちんと感情を表に出すよう努力してください

モヤモヤしている気持ちをノートに書き出す

ノートにモヤモヤしていることを書き出すことで、気持ちがスッキリとします。自分を好きになれない方だと、嫌なことやモヤモヤすることがあっても、それをすべて内側に溜め込もうとします。そのようなことを繰り返していると、いつかパンクしてしまいますし、ストレスも溜まるでしょう。

モヤモヤすること、気になることをすべて書き出すだけでもスッキリします。また、それを客観的に眺めることで解決策が見えてくるかもしれません。

過去を思い出すのをやめる


過去にあった嫌なこと、トラウマなどが自分を好きになれない原因となっていることもあります。つい思い出してしまうかもしれませんが、できるだけ思い出さないようにしましょう。そのためには、今を充実させることです。今が楽しければ、辛かった過去のことなどを思い出す頻度も少なくなるはずです。

本当にやりたい生きがいを見つける

自分を好きになれない方だと、人生に目標ややりたいことなどもないことが多いです。まずは、自分のやりたいことや生きがいになるものを見つけてみましょう。仕事でも趣味でもいいですし、とにかく自分がこれだけは絶対にやりたい、と思えることです。生きがいを見つけることでポジティブな気持ちになれますし、もっと頑張ろうと思えます。

弱い部分を受け入れる


人間は誰しも弱い部分があります。自分だけではありませんし、周りの友人や職場の人たちも、みんな弱い部分を持っているのです。弱い部分を持っていることは決して恥じることではありません。まずはそれを受け入れることから始めましょう。弱い部分を受け入れた上で、どうすればもっと強くなれるのかを考えていくことです。

まとめ

自分を好きになれないと、つまらない人生を送ってしまいますし友達や恋人ができない可能性も高いです。自分を好きになれない理由は人によってまちまちですが、これからは少しでも自分を好きになれるように努力してみましょう。ここでは、自分を好きになるための方法もお伝えしました。始めやすいものからぜひトライしてください。