彼氏が仕事で忙しい時の注意点!忙しい彼氏への上手な対応8選

仕事を一生懸命行う男性は魅力的ではないでしょうか。せっかく付き合っているのに全然会う時間がないと彼女としては不満がたまる一方でしょう。しかし仕事を一生懸命にしている男性と付き合えば付き合うほど、そのジレンマに陥ることがあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

忙しすぎる彼氏の頭の中


仕事に一生懸命な彼氏は、それだけ真面目で勤勉という魅力があります。しかし仕事ができる男性になればなるほど色々な所から必要とされ、忙しすぎる毎日を送ってしまう傾向があると言えるでしょう。そのような彼氏は頭の中で彼女のことを忘れてしまうのでしょうか。忙しすぎる彼氏の頭の中がどうなっているのかまとめたので参考になさってください。

仕事優先になってしまい恋愛はおろそかにしてしまう

男性は複数のことを同時にするのが苦手なものです。女性ほど器用に複数のことを同時にこなすことができません。そのため仕事優先になってしまう男性は、仕事をしている間彼女のことを考える余裕があまりないと言えるでしょう。目の前の仕事をいかにこなすかが最優先事項となっているのです。

仕事が忙しい時には仕事に集中して、彼女と会う時にはその時間を最大限に楽しもうと考えるのが男性の頭の中と言えるでしょう。ですから決して仕事優先になったからといって、彼女のことをどうでもいいと思っているわけではありません。彼女としてもそんな仕事を一生懸命に行う彼氏を、温かい目で支えようと思う気持ちが大切かもしれません。とはいえ彼女としては、自分のことが二の次になっていると感じてしまうのも無理もないことでしょう。

心に余裕がなくなってしまう


忙しすぎる彼氏は心に余裕がなくなってしまいます。忙しすぎて次の予定をこなすことだけを優先してしまうのです。余裕がなくなってしまうとイライラしたり、彼女の話をゆっくりと聞くことも難しくなってしまったりするでしょう。言い方を変えるといつもストレスを抱えた状態にあるとも言えます。

彼女が、自分の忙しすぎる毎日に不満を抱いているということが分かると更に余裕がなくなってしまい、自分を追い込んでしまうこともあるでしょう。

恋人への罪悪感がある

忙しすぎる男性は恋人と十分時間を取ることができていないということを感じています。本当は彼女がもっと自分と一緒にいたいと思っていることを、決してさとっていないわけではないのです。そのため恋人への罪悪感を常に抱きながら忙しい毎日を送っているということが十分にあり得ます。

彼女としては、絶妙な仕方で彼氏に甘えること、忙しい中でも彼氏との時間をとても大切にしているということを示してあげると彼氏の罪悪感も少しずつ薄まってくるでしょう。しかしうまく罪悪感を解消できないと自分よりももっとふさわしい彼氏ができるのではないか、などと考え別れを切り出してくることもありえます。

浮気をしていないか心配になる

忙しすぎる男性は自分が仕事で追われている時に彼女が寂しさのあまり浮気をするのではないかと心配になることもあるようです。彼女とのコミュニケーションが十分にはかれていないということが、根底にある原因と言えるでしょう。そのような不安が、さらに彼氏を追い詰め、余裕のない毎日を送ってしまう可能性もあります。短い時間の中でも質の高いコミュニケーションをとりながら、お互いを信頼しあう気持ちを深めていく必要があるでしょう。

忙しい彼氏への上手な対応


忙しい彼氏とどのような距離感で付き合っていくのが2人にとって一番良いのでしょうか。彼女としてもあまりにも自分の意見や希望を押し付けてしまい、彼氏を窮屈にさせたいと思わないでしょう。彼氏としても忙しい中でも彼女との関係を深めていけているという安心感が欲しいはずです。そこで忙しい彼氏と付き合う際のおすすめの付き合い方をいくつか提案します。

彼氏の忙しさを理解し共感する

彼氏が忙しくて自分を構ってくれないと、彼女としてはつい彼氏を責めてしまいがちです。しかし彼氏を責めてしまうと、かえって関係性が悪くなることがほとんどでしょう。彼女としては、寂しい気持ちを押さえながら彼氏の忙しさを理解し共感する姿勢を見せるとよいでしょう。

そのように理解したり共感してくれたりする彼女を見て、彼氏も真剣に彼女の時間を優先したいと考えるようになるかもしれません。また彼女のことを十分に構ってあげられないということで、自分を追い詰めないよう支えることもできます。

ある程度は放置する

彼氏とはいつも一緒にいたいと思うものかもしれませんが、忙しすぎる彼氏の場合ある程度放置することがお勧めです。彼女としては退屈な時間が増えるかもしれません。それでも長い目で見た場合、常に干渉してくる彼女というイメージよりも、ある程度の自由を与え自分を信頼してくれている彼女というイメージの方がメリットが大きいと言えるでしょう。そのような彼女には二度と出会えないかもしれないと、彼氏も思い始めるかもしれません。

自分も忙しくなるほど何かに没頭する


忙しい彼氏をただひたすら待っていることは苦痛です。その忙しい時間を利用して自分自身も何かに没頭すると良いでしょう。つまり彼氏が忙しくてどちらにしろ自分とは会えない時間を利用して、一層彼氏に愛されるような自分磨きをすれば良いのです。

何かの資格試験にチャレンジしてみたり、彼氏と一緒に食べるために色々な料理を研究したりするのも良いでしょう。そのように自分も夢中になれる事柄を他に見つけると、必要以上に彼氏に依存することなく良好な関係性を維持することができるといえます。

仕事の愚痴を聞いてあげる

忙しすぎる彼氏は常に様々なストレスを仕事で抱えます。ストレスを抱えたとしても、周りの人に自分の感情をぶつけるということをほとんどの男性がしないでしょう。そうするとさらに争いの元になってしまったり、仕事が滞ってしまったりするからです。

そこで彼女が彼氏の溜まった仕事の愚痴を聞いてあげるというのはとても効果的です。彼氏としても彼女にしか話せない色々な不満やストレスがあるでしょう。そのような関係性が構築できれば彼氏にとってかけがえのない存在となっていくに違いありません。

連絡は1日に1度程度

忙しすぎる彼氏はこまめに連絡を返せるわけではないでしょう。連絡を返せないのに彼女からのメールやLINEがどんどん溜まっているのはとてもストレスになります。そこで連絡を取る場合には1日に1度程度と考えて控えてあげるのが良いでしょう。そうすればふとした時に彼女からの連絡を見直し、彼氏の仕事へのモチベーションを上げることもできるかもしれません。

LINEは癒してあげる文章を意識する


彼氏とのLINEは決して忙しい彼氏を責めるような内容ではなく、疲れを癒してあげる文章を意識しましょう。忙しい合間にふとラインを見ると彼女からの優しい言葉が並んでいる、というのは彼氏にとって本当に大切な癒しの時間となるに違いありません。彼女と接すれば自分の心が安らぐということが分かれば、忙しい中でも優先的に彼女との時間を作ろうと思うことでしょう。

週末はお家デートで疲れを癒そう

いつも疲れている彼氏とのデートは出来る限り疲れが癒される空間であると良いでしょう。どこかに出かけることはそれだけでも疲れてしまいます。できれば週末はおうちデートでまったりと過ごすのもおすすめです。特に変わった場所に行かなくても、大好きな彼女といれるだけで彼氏は幸せでしょう。何回かに一度は外に出てリフレッシュするのも、もちろん悪くはありませんので、おうちデートの時には次の予定を二人で一緒に考えるというのも盛り上がるかもしれません。

同性の友達と遊ぶ

彼氏は自分が忙しすぎて彼女とあまり時間を過ごせないことによって、彼女が浮気するのではないかと思う可能性があります。そこでできるだけ彼氏と会えない時間には、同性の友達と遊ぶようにしましょう。彼氏としては自分と会っていない時間帯に、他の男性と会っているという心配をしなくても済みます。また同性の友達と遊んでいる様子も彼氏に適度に知らせることによって、よりお互いのことを知れて信頼感や関係性が深まっていくでしょう。

忙しすぎる彼氏にしてはいけない5つのこと


忙しすぎる彼氏にしてはいけないこともあります。たとえ良かれと思ってすることでも忙しすぎる彼氏にとっては重荷になったりストレスの原因となったりもするのです。そこで忙しすぎる彼氏にしてはいけない五つのことをまとめました。もし思い当たる節があるなら今すぐにでもやめた方が良いでしょう。

会いたいとわがままを言う

男性にとって彼女が甘えてくることは決して嫌なことではありません。甘えることの中には時にわがままを言うことも含まれるでしょう。しかし忙しい彼氏にとって会いたいって言われることほど辛いことはないかもしれません。

彼氏としては目の前の仕事をこなさなければいけないという責任感と彼女のわがままに挟まれてしまうからです。また特に仕事の場合は、彼氏がいくら頑張ったとしても自由に時間を使うことはできないでしょう。頑張ってもどうしようもないことで彼女がわがままを言うと、彼女との関係性も負担となってしまうのです。

他の男性と遊ぶなど不安にさせる

彼女が彼氏と会えない寂しさを紛らわすために他の男性と遊んでいることを知ったなら、彼氏はとても不安となるでしょう。もしかしたら浮気をしているかもしれないと疑い始めるかもしれません。いくら自分としては恋愛対象とは見ていない男性と遊んでいるだけと思っていたとしても、彼氏にとっては彼女が他の男性と遊んでいること自体が嫌なことなのです。忙しさでストレスを抱えている彼氏がさらにストレスを抱えないように不安にさせるような行動はなるべく控えた方がお勧めです。

言葉や態度で責める


忙しすぎる彼氏にちっとも構ってもらえないからといって言葉や態度で責めるのは逆効果となります。ふてくされているような態度をとられたり、嫌味を言われたりすると男性は彼女と一緒にいる時間を楽しいとは思わなくなるでしょう。そうなると、付き合ってる意味はないと考え別れを切り出すこともあります。

長電話

彼氏との電話は長くしていたいと思うかもしれません。しかし普段忙しすぎる彼氏は、その電話の後でも何かしらの用事を抱えていることが少なくないでしょう。そのため長電話はなるべくしないようにしましょう。もしも少しじっくりと話したい内容があった場合は、予め時間を取ってもらえるかどうか確認しておくのもおすすめです。彼氏としてはとても忙しくてじっくりと時間を割くことはできないと思いながらも、そのように自分のことを尊重してくれる彼女を大切にしたいと思うものです。

LINEの返信を催促する

LINEの返信を催促することも忙しすぎる男性にとっては負担となります。とりわけ仕事で誰か別の人と一緒にいるような場合はLINEを十分に見ることも返すことも難しいでしょう。それなのに彼女からの催促のLINEがどんどん溜まっているのを見ると、彼氏としてはストレスにしか思えないはずです。既読スルーになったとしても本当に忙しくて返せないだけで、彼女のことをどうでもいいと思っているわけではないという自信を持ち、気長に彼氏の返信を待つのがおすすめです。

まとめ

頑張り屋の彼氏なだけに常に忙しい環境に自分を置いてしまうということはありがちです。きっとそのように頑張る彼氏の姿を彼女としても応援したいと思っているでしょう。とはいえ彼氏との時間が十分取れないと徐々に彼女としても不満が溜まってしまうことがあります。そのような時にはここでご紹介したような方法で彼氏との距離感を上手に保っていきましょう。