彼氏の嘘を見破りたい!彼氏が嘘をつく時の気持ちや理由とは?

いつでも正直でいたいというのは誰もが抱く理想かもしれません。とりわけ恋人との関係において嘘をつきたくはないと思うことでしょう。しかし彼氏が咄嗟に嘘をついてしまうということは大いにあり得ます。彼女としては嘘を見破って真実を知りたいと思うでしょう。しかし、彼氏の嘘を見破って問い詰めることもできますが、彼氏が嘘をついていることを知りながらあえてスルーすることも良い場合もあります。

ここでは、

についてご紹介します。

彼氏が嘘をつくきっかけ


彼氏は特に後ろめたいことがなかったとしても、嘘をつくことがあります。万が一後ろめたいことがあった場合には、なおさらそう言えるでしょう。ここではまず彼氏が嘘をつくきっかけとなるいくつかの出来事についてまとめました。彼女にとっては別に嘘をついてまで隠さなくてもいいと思うことから、絶対に嘘を見破って真実を明らかにしたいと思うことまで様々でしょう。どんな彼氏かタイプにもよりますが、少し怪しいと感じた場合には次にまとめたきっかけが何かあるのではないか、と疑っても良いかもしれません。

異性のいる飲み会

彼女のいないところでの飲み会があると、つい参加したことを隠してしまうことがあります。これには飲み会に行ったことを彼女に知られたら怒られてしまうという心理が働いているからでしょう。男同士の飲み会でも、彼女には内緒にしておきたいという心理が働くことがあります。

飲み会に異性がいた場合にはなおさら何事もなかったかのように繕いたくなるものです。特にやましいことがなかったとしても、彼女に怪しまれること自体嫌だからです。ましてや彼女以外の異性と何か少しでもやましいことがあった場合、どんな嘘をついてでも隠し通したいと思うことでしょう。

ギャンブル

ギャンブルをした場合も彼女には知られたくないため嘘をつくことがあります。ギャンブルが好きな男性は、女性からすると子供っぽい感じに見えてしまいがちです。そのため、ギャンブルに行ったことがバレたら嫌われてしまうかもしれないと考えるのです。ギャンブルには負のイメージがあるということを、どこかで自覚しているので、彼女から聞かれた時につい嘘をついてしまうのでしょう。ましてや、もしもギャンブルに負けてお金を失っていたとしたら、なおさら知られたくないものです。

疲れて会いたくない


男性は彼女がいたとしても自分の時間を大事にしたいと思うものです。彼女に束縛されるのを嫌い、ある程度の自由を望みます。とりわけ疲れていて、自分一人の時間を大事にしたいと思っている時は、適当な嘘をついて彼女との予定をキャンセルしたり、何かと理由をつけて彼女と会うのを避けたりするでしょう。特に嫌いだからそうするというわけではないので、彼女としてはそこまで心配することもないかもしれません。もし、彼氏が嘘をついていることがわかっても、余裕をもって見守ってあげましょう。

浮気をした

浮気をした場合は必ずと言っていいほど彼氏は嘘をつきます。もしもばれたら彼女との関係が終わってしまうという恐れや、気まずさが原因として挙げられます。彼女としては、浮気をされたら即別れるという価値観の方が少なくないでしょう。彼氏としては、そのような事態を出来る限り避けるため、しどろもどろになりながらでも嘘をつくのです。

彼氏が嘘をつくときの気持ち


彼氏が嘘をつく時の気持ちは決して悪い動機ばかりではありません。彼女のことを思ってあえて嘘をつくこともあるのです。ですから、一方で自分の身を守り、やましいことを隠すため嘘をつくこともあります。ここでは彼氏が嘘をつくときの様々な気持ちについてまとめました。

自分の非を認めたくない

嘘をつくときの一つの理由は、自分の非を認めたくないということです。自分が間違っていたことを認めると彼女よりも立場が下になってしまうという気持ちが働きます。基本的にプライドが高い男性に多いでしょう。とりわけ、自分よりも年下の彼女の場合、威厳を保つために嘘をついてでも自分の非を隠そうとすることがあります。厳しく問い詰めるよりも、彼氏が何か失敗をしても嫌いにはならないという安心感を与えてあげるとよいかもしれません。

不誠実なことを隠したい

自分でもいけないことをしたという自覚がある場合、彼女に対して申し訳ないという気持ちが半分ありながらも、不誠実な人間として見られたくないという心理が働きます。不誠実なことがバレて彼女に振られたくないという気持ちで嘘をつくことは少なくないでしょう。不誠実なことをした場合、誠実に謝ることでリカバリーできるという気持ちにはなかなかならない男性は少なくありません。

彼女を悲しませたくない


彼女を悲しませたくないという理由で嘘をつくこともあります。自分の何かの失敗について彼女が知れば、それまで培った信頼が損なわれてしまうかもしれません。そうなると、彼女はひどく落ち込み悲しんでしまうことでしょう。

また、特にやましいことはなかったとしても、彼女を心配させてしまうような状況があった場合、あえて嘘をついて何もなかったかのように振る舞うかもしれません。彼女に心配をさせて、不安で悲しませたくないという優しさが動機のこともあります。普段からのコミュニケーションが良好な場合、特にこうした傾向が強くなることでしょう。

彼氏の嘘を見抜くポイント


彼氏が自分では上手に嘘をついていると思っていたとしても、様々なしぐさから嘘を見破ることができます。もしも普段の受け答えとは少し違う違和感を感じたら、次にあげるような仕草や言動がないか確認してみましょう。もしも該当するようなものがあれば彼氏が嘘をついている可能性は高くなります。

右上を見ながら話す

彼氏が右上を見ながら話している場合、嘘をついている可能性は高いといえます。なぜなら人間の自然な心理として何か架空の想像上の事を話す時に右上を見る傾向があるからです。つまり現実には無かった事を想像しながら話している時に右上を見るのです。嘘をついている人の典型的な目線と言えるでしょう。

まばたきが多い

人は緊張すると瞬きが多くなります。普通は緊張しないはずの彼女と話しているはずなのに、急に瞬きが多くなる場合、緊張している可能性があります。嘘をついている場合は、いかにバレないような嘘をつくかということにプレッシャーを感じていることが多いでしょう。そのため言葉はスムーズに出ていたとしても瞬きが多くなると、嘘をついている可能性が高いと言えます。

早口になる


早口になる場合も、彼氏が緊張してプレッシャーを感じていることの証拠といえるでしょう。なるべく嘘がばれないようにこの会話を早く終わらせたいという心理が働いているのかもしれません。普段の口調よりも早口でどこかよそよそしい雰囲気がある場合、嘘をついている可能性があります。

問い詰めた時に覚えていないと答える

やましいことが少しでもある場合、それについて問い詰められた時にうまく答えることができず、覚えていないという返答で逃げ切ろうとすることがあります。もちろんあまりにも細かいことを聞かれた場合、本当に覚えていないこともあります。しかし、浮気をしたかどうかなど核心に触れるところを忘れているわけはありません。

問い詰めた時に汗を多くかく

人は嘘をついている時に発汗量が多くなる傾向があります。バレないようにしなければいけないという心理的なプレッシャーが働くからでしょう。普段はそこまで汗をかくような人ではないのに、話していて突然汗を多くかき始めたら嘘をついている可能性が高いでしょう。

まとめ

彼氏のことはできる限り信じたいと思うのは当然の心理です。それでも彼女としてどうしても知っておかなければならない事実もあります。自分にとって、とても大切な点を彼氏に問いただした時に、今紹介したような傾向が見られるなら嘘をついている可能性が高いと言えるでしょう。彼氏の粗を探すためにこうした知識を利用するというよりは、いつまでも良い関係を継続させていくために活用していきましょう。