デートの持ち物の基本はコレ!男女別にご紹介

初めてのデートに何を持っていけばいいのか、不安になっていませんか?意中の人とデートできるとなると心が躍りますが、同時に不安も湧いてきます。特に持ち物については不安を覚える方が多いようですね。

ここでは、

についてまとめてみました。

デートの持ち物【男性編】


男性は清潔感が大切なので、制汗スプレーやリップクリーム、フェイスペーパーなどがあるとよいでしょう。また、急に雨が降ってきたときのために折りたたみ傘があると便利です。オーラルケアグッズも持っておくと安心ですね。

制汗スプレー

汗臭い男性が好き、という変わった女性もいますが、多くの女性は汗臭い男性を苦手としています。汗臭いと不潔な男性と思われてしまう可能性もあるので、制汗スプレーは持っておいたほうがよいでしょう。汗をかきやすい方にとっては必須アイテムといっても過言ではありません。トイレに行ったときなどに、脇など気になるところに使ってください。

リップクリーム

秋や冬など、乾燥しやすい時期だと唇もカサカサになってしまいます。カサカサの唇はまったくセクシーに見えませんし、リップクリームでの保湿ケアが必要。女性と違って、男性の場合は無色の薬用リップがよいでしょう。女性の目の前でリップクリームを塗っていると引かれてしまうかもしれないので、こちらもトイレなどで使ったほうが無難です。

フェイスペーパー


どんなにサッパリとした身なりをしていても、顔が脂でテカテカしているようでは女性に好印象を与えられません。フェイスペーパーがあれば、汗や脂、汚れなどもしっかりと除去できます。携帯性に優れたタイプのフェイスペーパーも販売されているので、特に暑い時期などは持っておくと助かるでしょう。嫌な汗のニオイも抑えられます。

あぶらとり紙でも構いませんが、それよりもフェイスペーパーのほうが多機能です。顔全体をさっぱりさせてくれるので、眠気を覚ますにもおすすめ。

折りたたみ傘

デートをしているときに絶対雨が降ってこないという保証はありません。インドアでのデートならまだしも、屋外でのデートとなるといつ悪天候に見舞われるか分からないのです。雨が降ってきたとき、サッと傘を取り出して女性にさしかけてあげればスマートですよね。最近では、ワンタッチで開くタイプの折りたたみ傘もありますよ。

モバイルバッテリー

デート中に、お店の場所などをスマホで検索するというシーンはよくあります。お店への連絡もスマホを使うでしょうし、バッテリーがなくなってしまうと大変。モバイルバッテリーがあれば、そのような危機も回避できるでしょう。デートに出かける前にしっかり充電しておくのが基本ですが、最悪の事態に備えて一つ持っておくと安心です。

ハンカチとティッシュ


最低限のエチケットです。トイレから出たあと、食事をしたあとなどにハンカチやティッシュが活躍します。特に男性だと普段からハンカチやティッシュを持ち歩く、という方が少ない傾向にあります。それだけに、きちんとハンカチやティッシュを持っておくとそれだけで女性からの印象も変わるでしょう

オーラルケアグッズ

どんなにイケメンでオシャレな恰好をしていても、口臭がキツイようだとマイナスポイントです。100年の恋も冷めてしまうかもしれないので、オーラルケアグッズは持っておきましょう。スプレータイプのものや、口の中で噛むタイプ、飲み込むタイプなどもあります。目の前でケアするのはマナー違反なので、一人になったときにケアしてください。

デートの持ち物【女性編】


女性は、デートのときにどのような持ち物が必要なのでしょうか。女性だと、ウェットティッシュや鎮痛剤、メイクアイテムなどが必要です。また、髪留めや絆創膏、カイロなどもあったほうが安心できるでしょう。

ウェットティッシュ

さまざまなシーンで活躍するウェットティッシュ。外で食べ歩きをするとき、服に汚れが付着したときなどにもウェットティッシュが使えます。男性の手が汚れたときなどに、サッとウェットティッシュを差し出してあげれば、それだけで印象が大きく変わるでしょう。男性だとティッシュは持っていても、ウェットティッシュまで持っている方は少ないのでおすすめです。

鎮痛剤

デート中に突然頭やお腹が痛くなった、となるととても楽しめません。そんな時、鎮痛剤があれば安心です。スピーディに効くタイプもあるので、ワンシートくらい持っておくとよいでしょう。また、女性の場合だと突然生理が始まることもあります。人によっては生理痛がかなりきついこともあるので、そのような時にも鎮痛剤が役立つでしょう。

メイク道具


デートに出かける前にもメイクはバッチリするでしょうが、出先でメイクが崩れてしまうということもあります。特に夏場だと汗もかきますし、どうしてもメイクは崩れがち。メイク直しができるよう、必要最低限のメイクアイテムは持参しておいたほうがよいでしょう。メイクを直すときは、お手洗いなどに行ったときこっそり直してください。

髪留め

念のために髪留めも持っておきましょう。顔のサイド、または前髪などが長い場合だと食事のときに邪魔になることがあります。男性によっては、不快な気持ちになってしまう人もいるので、せめて食事のときは髪留めを使ったほうがいいですね。ゴムとクリップタイプ、それぞれ持っておくと安心。ラーメンを食べるときも役立ちますよ。

絆創膏


自分が怪我をしたときにも使えますが、男性が怪我をしたときにも役立ちます。普段から絆創膏を持ち歩くような男性は少ないですし、指を切った、転んでひざを擦りむいたといったとき、サッと渡せば好印象です。可愛らしいデザインの絆創膏もあるので、そうした絆創膏なら女子力の高さも同時にアピールできるかもしれません。

カイロ

秋や冬のデートだとカイロがあると安心です。女性は冷え症という方も多いですし、それほど気温が低くなくても手足の先が冷えてしまうことがあります。カイロがあればとりあえず温めることができますし、保険として持っておくのはよいでしょう。また、男性が寒がっているときに、さりげなく渡してあげると喜ばれるかもしれません。

用意していると便利なデートグッズ


ここでは、絶対に必要ではないものの、持っておけば便利なデートグッズをいくつかご紹介します。グルメ情報のアプリや二人分の飲み物、虫よけスプレーなどですね。バッグのスペースに余裕があるのなら、ぜひ携帯しておきましょう。

グルメ情報のアプリ

グルメ情報のアプリをスマホにインストールしておくと、飲食店を探しやすいです。近くにある飲食店を教えてくれますし、ジャンルや予算などからリサーチすることも可能。食事に行こう、となったときにモタモタとお店探しをするのは気持ちも萎えてくるので、サッとスムーズに探したいですよね。いくつかインストールしておくと安心でしょう。

二人分の飲み物


屋外でデートする場合だと、2人分の飲み物があると喜ばれます。公園や自然スポットなどでデートをするときだと、近くにコンビニや飲み物の自販機がないこともあるでしょう。そんなとき、飲み物を持っておくとかなり高ポイントです。暑い時期なら、水筒に冷たいお茶を入れておくのもよいでしょう。

虫よけスプレー

アウトドアなデートをするときには、虫よけスプレーが活躍してくれます。山や海、キャンプ場などに行くときには絶対にあったほうがいいですね。たくさん虫にさされてしまうと痛みを生じることもありますし、痒くてデートどころではなくなってしまうことも考えられます。小さくて携帯性に優れたスプレーもあるので、一つ持参しておきましょう。

まとめ

デートに持参するべきものを男女別にご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。とりあえずは、これくらい揃えておけばデートをするときも安心でしょう。もし、バッグやカバンのスペースに余裕があるのなら、最後にご紹介した便利グッズも持っておいてください。初めてのデートだと特に印象が大切なので、抜かりないよう準備をして臨みたいですね。

- 1 / 1ページ -