束縛彼氏に共通する7つの行動!束縛彼氏との上手な付き合い方

束縛彼氏と言えば、マイナスなイメージを持つ女性も多いでしょう。しかし、束縛彼氏でも仲良くしているカップルや夫婦はたくさんあります。束縛するのは、どんな心理が関係しているのでしょうか。

ここでは、

についてまとめてみました。

束縛する男性のタイプ


男性が束縛するのは、自分の弱さやメンタル、嫉妬が原因になっている場合がほとんどです。ここでは、束縛する男性のタイプについて紹介します。

LINEがマメすぎる

LINEや電話がマメすぎる男性は、束縛しやすいタイプと言えるでしょう。朝起きてから夜寝るまで、何度も連絡をするのは彼女の行動を把握しないと気持ちが落ち着かないからです。特にLINEの返信がないのに、新しいメッセージをどんどん入れるタイプの男性には気を付けてください。

嫉妬深い


男性が束縛するのは、嫉妬深さが原因になっていることもあります。この場合、彼女が職場の男性や男友達の名前を出すだけで、不機嫌そうな態度を取りがちです。嫉妬する気持ちが強くなるほど、束縛しないと気持ちが落ち着つきません。場合によっては、自分と関わりのある男性に攻撃的な態度を取ります。

自分に自信がない

束縛する男性は自分に自信がない場合が多くあります。「彼女は自分のことが本当に好きなのか」「他の男性に取られてしまわないか」など、自分を下に見がちです。このような男性と付き合っている場合は、相手に自信を持たせる必要があります。たとえば、「すごいね」「尊敬する」などの褒め言葉を使うのも良いでしょう。

精神的にもろいところがある


束縛する男性は、精神的にもろいところがあります。神経質で几帳面な男性は、特に精神面から相手を束縛しがちです。このような男性は気持ちが安定してないため、束縛しないときもあれば、急に束縛することもあります。相手に翻弄されやすいため、自分をしっかり持つことが大事です。

自意識過剰

自意識過剰な男性は、束縛しやすい傾向にあります。この場合、彼女が他の男性と会話していることに嫉妬するのではなく、自分に目が常に向いてないことで束縛するのです。自分に自信がないタイプの束縛男に比べると、プライドが高いためトラブルになったときは面倒ごとに巻き込まれます。

体調があまりよくない


体調があまりよくないことを理由に、束縛する男性もいます。体調が悪いと、気分も落ち込んでしまうものです。体調が悪い状態が続くと、自分に自信が持てなくなってしまいます。自信を失わないように励ますことや、ポジティブな言葉をかけてあげましょう。このケースの束縛は一時的である場合がほとんどです。

店員への態度が横柄

束縛男は店員への態度が横柄になりやすい特徴があります。自分よりも下の立場の人に対し、横柄な態度を取るのは一緒にいる彼女への警告とも取れるでしょう。自分を裏切ったときは、ただでは済ませないと本能的に圧力をかけています。自分の怖い部分を見せて、従わせようとしている証です。

嫉妬しやすい


束縛する男性は、いろいろなことに対して嫉妬します。異性に関することはもちろんですが、彼女の優れたところも嫉妬の対象です。束縛男は自分が常に一番でないと気が済みません。そのため、自分より優れている部分がある相手には嫉む気持ちをむき出しにします。どんなことに嫉妬しているのか、注意深くチェックしましょう。

メンヘラ気質がある

メンヘラ気質な男性は、厄介な束縛男になりがちです。精神的に安定しておらず、躁鬱の状態が激しいと急に怒り出すことや泣き出すこともあります。また、他の男性と話しをしただけで、自殺をほのめかすなど、過剰な反応をしやすいのもメンヘラ気質の特徴です。あまりにひどい場合は、病院での治療が必要になります。

暴力的な行動や発言がある


束縛しやすいのは、暴力的な行動や発言がある男性です。力でどうにか相手をねじ伏せようという気持ちの表れであり、彼女とトラブルになったときも力づくでも自分に従わせようとするかもしれません。また、暴力的な姿を見せることで、自分は怖い存在であることのアピールをしていることもあります。

細かい性格をしている

束縛男は細かい性格をしている場合が多く、人が気にならないようなことでも根に持ちます。また、一度終わったことでもネチネチとしつこく言ってくる場合も要注意です。細かな性格をしている人は心配性である場合も多く、彼女の気持ちが離れないかどうかを不安に感じています。

束縛彼氏の行動


束縛彼氏は、彼女から常に注目されてないと気が済みません。そのため、想像を超えるような行動を起こすこともあります。ここでは、束縛彼氏が起こしがちな行動を見ていきましょう。

LINEに返信しないと電話してくる

LINEに返信がないと、すぐに電話をかけてくるのは束縛彼氏のあるある行動です。既読しているならまだしも、既読してないにも関わらず電話をしてくる場合もあります。しばらく電話に出ないと、何をしていたのかしつこく聞かれるでしょう。

誰とどこで遊ぶのかを細かく聞いてくる

束縛彼氏は、彼女が誰と何をしているのか気になって仕方がないため、どこで遊ぶのか細かく聞いてきます。そこに男性がいる場合、人が変わったように怒り出すことも珍しくありません。また、話しの内容が本当かどうかを確かめるため、偶然を装って見にくることもあります。

彼女のスマホのチェックを欠かさない


束縛彼氏は、自分以外の男性と連絡を取られるのが嫌なので、彼女のスマホチェックを欠かしません。ストレートに見せて欲しいと言ってくる男性もいれば、勝手に覗き見ている男性も少なくありません。中には電話帳の情報を抜き取って、それぞれどんな人なのか詳しく調べるケースもあります。

彼女のSNSを常にチェックしている

束縛彼氏は、SNSでどんな男性とつながっているのか気にするため、SNSの投稿を常にチェックしているのが普通です。また、SNSでつながっている友達の情報を個々に聞いて、男性がいる場合は友達解除するように強制するケースもあります。束縛彼氏の監視の目から逃れるために、SNSを辞める人もいるほどです。

夜遊びを禁止してくる


束縛する彼氏は、夜遊びを禁止することも少なくありません。男性がいるお酒の席はもっての他で、女性同士の集まりでもダメと言われるケースがあります。単に男性と遊ばれるだけでなく、変なトラブルや事件に巻き込まれないか心配している証とも言えるでしょう。

残業すると不機嫌になる

束縛彼氏は、彼女が残業すると不機嫌になることがあります。仕事で遅くなったことを浮気の口実にしていると疑っている場合、自分に費やしてもらう時間が減ることが主な理由です。束縛がひどくなると、仕事を変えるように命令することもあります。

店員さんと会話しただけでイライラされる

束縛レベルがひどくなると、男性の店員さんと会話しただけで嫉妬します。この場合、自分に自信がないのが束縛の主な理由です。自分よりもかっこいい店員さんや、元気な店員さんは嫉妬の対象になります。

デメリットだけじゃない?束縛彼氏のメリット


束縛彼氏と付き合うのは、デメリットだけではありません。束縛彼氏が相手でも、上手くいっているカップルはたくさんあります。ここでは、束縛彼氏のメリットについて見ていきましょう。

愛情深い

束縛彼氏が束縛するのは、深い愛情から来る場合がほとんどです。彼氏の希望をある程度聞き入れて生活をすれば、彼氏に大切にしてもらえるでしょう。他の女性に目が向くこともなく、浮気の心配もありません。彼女が束縛彼氏でも好きなら、二人の関係は上手くいくはずです。

いつも一緒にいてくれる

束縛彼氏は、いつも一緒にいてくれるので、好きな気持ちがあるなら安心感があります。たとえば、1人暮らしを初めて心配なときでも、彼氏がいてくれると安心できるものです。困ったことがあっても助けてくれる優しさがあります。

尽くしてくれる


束縛する彼氏のメリットは、いつでも尽くしてくれることです。尽くされることが好きな彼女なら、良いバランスを保つことができます。最初のうちは面倒だと感じていても、尽くされることに慣れると、束縛彼氏以外じゃないと物足りなくなるでしょう。1人の男性に大切にされたい女性にもおすすめです。

相手のこともすべて知ることができる

束縛彼氏は、自分に正直なので相手のことをすべて知れるメリットがあります。長く付き合っていく上で、相手の知らない部分が多いほど不安は増すものです。束縛する男性は自分のことを知って欲しい気持ちが大きいので、聞いてもないようなことを話してきます。それも長い目で見れば、安心感につながるでしょう。

束縛彼氏と上手に付き合う方法


束縛彼氏は上手く付き合うと、良い関係を築くことができます。恋愛はもちろん、結婚のパートナーとしても最適です。ここでは、束縛彼氏と上手に付き合う方法を紹介していきます。

褒めて手のひらで転がす

束縛彼氏は、良くも悪くも素直なので、褒めて手のひらで転がすと上手に付き合えます。相手に自信をもたせる言葉を多く使用すると良いでしょう。また、褒め言葉を使っていると、彼氏は信頼されていると勘違いし、束縛されることが少なくなります。

愛情を言葉にする


束縛彼氏と上手に付き合うためには、愛情をきちんと言葉にしましょう。束縛してくるのは、彼女から好きでいてもらえるのか不安になっている証です。愛情を伝えて気持ちが分かれば、過剰に束縛されることはないでしょう。相手を不安にさせない配慮が必要になります。

お互いに過干渉にならないラインを話し合う

お互いが過干渉にならないラインを決めておくのも、束縛彼氏と上手く付き合う方法です。たとえば、「男性と二人では出かけない」「男性がいる空間では相手が不安にならないように連絡をする」などです。お互いが納得できるルールを作っていれば、トラブルを減らすことができるでしょう。

結婚するとお互いに興味を持ち続けられるのでうまくいく

女性の結婚の悩み
束縛する彼氏とは、結婚するとお互いに興味を持ち続けられてうまくいきます。恋愛中は束縛が嫌でも、結婚すると浮気防止や不倫防止になるでしょう。また、お互いが相手に飽きることがないので、新鮮な気持ちで居つづけられるのもメリットです。束縛彼氏はパートナーを大切にするので、裏切られることもありません。

まとめ

束縛彼氏と上手に付き合うためには、なぜ束縛しているのか向き合って考えることも大切です。自分の行動が相手を不安にさせている可能性もあります。相手を責めるばかりではなく、束縛される原因がないか向き合ってみましょう。束縛する彼氏でも好きな気持ちがあるなら、上手に付き合いたいものですね。