彼氏が怒っている!怒っている理由や怒っている時に出るサイン

彼氏が怒っているものの、どうして怒っているのかよく分からない、と思ったことはありませんか?彼氏が怒る理由はいろいろと考えられますが、怒っているときには何らかのサインも出ています。

そこで、ここでは

についてまとめてみました。

彼氏が怒っている理由


もしかすると、彼氏の前で悪口ばかり口にしていませんか?また、男友達と仲良くしすぎたり、自分の知らない友達の話ばかりしていると彼氏が怒ってしまうことがあります。ここでは、彼氏が怒りやすい理由をまとめてみました。

悪口ばかり言う

人の悪口は聞いていてあまり気分のいいものではありません。嫌いな人、気に入らない人の悪口を言うことでストレスを発散している方もいるでしょうが、聞いているほうの身にもなってみましょう。他人の悪口を聞かされているとネガティブな気持ちになってしまいますし、まったく面白くもありません。

男友達に嫉妬している

男性は女性以上に嫉妬深い生き物です。そのため、自分の彼女が男友達と仲良くしていると、嫉妬心を強めてしまうのです。男友達とのスキンシップが多い、2人で食事に行ったりしている、となるとヤキモチを妬かないはずはありません。ただでさえ、自分以外の異性がパートナーの近くにいることに不安も感じていますし、親密度によっては深い嫉妬を覚えることも。

自分の知らない友達の話ばかりしている


自分の知らない友達の話をされても、彼氏としては面白くありません。あなたにとっては大切な友達だったとしても、彼氏はその人も知らないでしょうし、話を一方的に聞くことしかできないからです。共通の友達ならまだしも、まったく知らない人の話を延々と聞かされても楽しいとは思えないでしょう

もちろん、たまにそのようなことがあっても構わないでしょう。しかし、彼氏と会うたびに彼の知らない友達の話ばかりしてしまうと、ストレスになってしまいます。

何度も遅刻をする

女性のお出かけには時間がかかるもの。メイクや服のコーディネートなど、出かける直前までバタバタしてしまう方も少なくないでしょう。そのせいで彼とのデートに遅刻してしまった、という経験はありませんか?たまに遅刻してしまうくらいならまだしも、頻繁に遅刻をしてしまうと彼も怒ってしまいます

自分のことをないがしろにされている、大切にされていないと感じてしまうのです。また、だらしない女性という印象も与えてしまうでしょう。

約束を破った

仕事や親族の不幸など、どうしても仕方のない理由で約束を破ることもあるかもしれません。しかし、そうした理由もなく約束を破ってしまうのは彼の信頼も失ってしまいます。自分との時間を大切に考えてくれていない、バカにされていると感じてしまうかもしれませんね。

そもそも、守れない約束ならするべきではありませんし、どうしても守れないのなら事前に伝えることが大切です。一番やってはいけないのは当日のドタキャンです。

彼氏が怒っている時に現れるサイン


彼氏が怒っているときには、何かしらのサインが出ています。それに気づいてあげることで、適切な対処もできるようになるでしょう。ここでは、彼氏が怒っているときに現れやすいサインについてまとめてみました。

LINEの返信が遅い

怒っているときにはあまり彼女と会話をしたいと思いません。LINEでのコミュニケーションもあまりとりたくないと思っていますし、返信がなかなか返ってこないということもあります。また、LINEを既読スルーされてしまったり、未読になってしまうことも考えられるでしょう。

怒っているという意思表示として、わざとLINEの返信を遅らせるようなこともあります。怒っていることに気づいてほしいときもこうした行動をとる男性は少なくありません

LINEの返信が短い

明らかに普段よりもLINEの返信が短いようだと、怒っている可能性があります。長文のLINEを送っても一行くらいの短文で返ってくる、そっけない返事しかこない、といったケースですね。あまり長々とやり取りしたくないと思っていますし、そっけない態度をとることで彼女に謝ってほしいと思っているケースもあります。

自分から話しかけようとしない


彼氏が怒っているときには、あえて自分から話しかけようとはしないことが多いです。心底腹が立っているときだと、しばらく会話なんてしたくないと思ってしまうかもしれません。そこまでの怒りでないにしても、自分から話しかけたら負けといった感情を抱いてしまうことがあります

このような時に、彼女のほうから話しかけたとしてもそっけなく対応されてしまうことが多いです。彼女のほうから話しかけてほしいと思っている反面、素直になれません。

ボディタッチが減る

ラブラブな状態のときだと自然とボディタッチも増えるものです。スキンシップは効果的なコミュニケーションの方法ですし、ラブラブなカップルなら日常的にボディタッチも多いでしょう。彼氏が怒っているときはラブラブな気持ちにもなれませんし、スキンシップをとるような気分にもなれないものです。

彼氏が怒っている時にすべきこと


彼氏が明らかに怒っている、というときにはいったいどうすればいいのでしょうか。いったん距離を置いてみるのもよいですし、自分に悪いところがあるなら謝るのが先決です。また、彼氏の話をしっかり聞いてあげることも大切ですね。

距離を置いて冷静になる

彼氏が怒っている状態ではいつものラブラブな状態にはなれません。しかも、男性によってはしばらく怒りが長引いてしまうこともあるので、いったん距離を置いてみるのは有効でしょう。距離と時間を置くことによって、彼の怒りも少しずつ冷めてくるかもしれません。

ったん距離を置くのなら、LINEやメールなどでの連絡もしないことです。中途半端にしてしまうと、余計に彼の怒りが増幅する可能性がありますし、逆効果になってしまうでしょう。一度距離を置くと決めたら、しばらくはいっさい連絡しないくらいの気持ちが必要となります。

悪い所があれば謝る

もしかすると、彼氏が怒っているのはあなたの発言や行動などに原因があるのかもしれません。あなたに何の落ち度も非もないのであれば謝る必要はありませんが、あなたが悪かったのなら謝るべきです。悪いことをしたら謝る、というのは子供の頃に教わりますよね。

謝るときは適当に謝るのではなく、しっかりと心から謝りましょう。そうしないと彼の怒りは冷めないかもしれません。本当に自分が悪いときには、許してくれるまで謝るのみです。

彼氏の話をしっかりと聞く


いつも自分の話ばかりしていませんか?これだと彼氏は面白くありませんし、たまには自分の話もきちんと聞いてほしいと思っています。その不満から怒りの感情が湧き出ているのかもしれません。彼氏の話をきちんと聞いてあげるだけでも怒りをおさめることは可能でしょう。

間違いなく怒っているようなときには、いったん自分の話は置いておき、彼の話を中心に聞いてあげてください。どうして怒っているのか、いったいどうすれば怒りが冷めるのか、2人でじっくりと話し合うのもよいでしょう。

相手を立てながら謝る

とりあえず彼氏の怒りを冷ましたいのなら、謝るというのも一つの方法です。自分は悪くないから謝りたくない、という方もいるかもしれませんが、それだといつまで経っても彼の怒りが冷めないかもしれません。相手を立てつつ、上手に謝ってみましょう。

ただ、普段から自分が悪くないのに謝るようなことを繰り返していると、彼にとってそれが当たり前になってしまいます。彼氏をわがままにしてしまうだけなので、基本は自分が悪くないときは謝らないです。どうしても仲直りしたい、自分にも他省は原因がある、というときにはこの方法が有効でしょう。

まとめ

彼氏が怒ってしまう理由はいろいろありますが、怒っているときには何かしらのサインを出していることが多いです。ここでご紹介したようなサインが見てとれたら、彼氏は怒っているのかもしれません。ここでは、彼氏が怒っているときにするべきこともご紹介したので、今後彼が怒っているっぽい、というときにぜひ役立ててくださいね。