初対面でキスしてくる男性の心理!キスされやすい女性の特徴

初対面にもかかわらず、会ったその日にいきなりキスをされてしまった、もしくはキスをされかけた…こんな経験はありませんか?いきなりキスなんて「チャラい人なのかな?」と思いますし、もし本命の男性にそんなことをされれば「ただの遊びなのかな?」と少し落ち込んでしまいますよね。

ここでは、

  • 初対面でキスしてくる理由
  • 初対面でキスされやすい女性の特徴
  • 初対面でキスされやすいシチュエーション
  • 初対面でのキスを避ける方法

についてまとめてみました。

初対面でキスしてくる理由とは?


そもそも男性はどうして初対面にも関わらず、告白やデートの段階をすっ飛ばしてキスをしてこようとするのでしょうか?男性が初対面でキスに踏み切るのには、こんな理由があります。

一目惚れしたから

一目惚れ、経験のある人は結構います。一目見た瞬間にその人にくぎ付けにされ、運命を感じてしまうというもの。初対面の女性に一目惚れをしたとき、多くの男性は「今しかチャンスがない」と思います。初対面ですから、確かにこれが最初で最後の出会いかもしれませんよね。

「異性として意識してほしい」「今できる最大のアプローチをしたい」「気があると知ってほしい」こんな気持ちを込めて、一目惚れの相手に男性はキスをしかけます。このタイプの男性は、キスだけではなく、本気で口説こうとしてくることもあります。

貞操観念がなさそうだったから


一般に「チャラい」と言われるような女性だと思われた場合、初対面の男性からキスをされることがあります。確かにガードの硬そうな女性よりは、貞操観念が緩くてチャラそうな女性の方が、キスをしやすいですよね。露出の高い服を着ていたり、派手な格好をしている女性が、よくこの理由でキスされやすいです。

貞操観念がなさそうだと感じた女性には、男性はキスをしてみて様子を伺います。もしも女性が本当に貞操観念が緩く、キスに乗り気だった場合には、そのまま身体の関係へ持ち込みたいからです。

いい雰囲気になったと思ったから

初対面だとしても、初めて会って少し話をしてみて、良い雰囲気だと感じたときに思い切ってキスを仕掛ける男性は少なくありません。「彼女にしたい」と思っていたり、「身体の関係に持ち込みたい」と考えている女性相手だと特に、タイミングを見計らってキスを迫ります。

また、本当に良い雰囲気になっているかどうかを確かめる手段として、キスをする男性もいます。キスを迫って嫌がられないかどうか、女性の反応をうかがっているのです。

初対面でキスされやすい女性の特徴


初対面でキスをしようとする男性でも、やっぱり女性の特徴や性格を見極めてから行動に移しています。「この人ならキスをしても大丈夫そう」と思われてしまうような、初対面でキスをされやすい女性には、こんな特徴があります。

隙が大きい

キリッとしていてつけ入る間のない女性より、どこかふわふわとして隙の大きな女性を男性は狙います。露出が高くなくてもどこか色気を感じる服装をしていたり、優しくてハッキリ断れそうにない性格だったり、素直で騙されやすかったり…。

隙が多いとキスをはじめ、男性はスキンシップなども行います。ぼんやりとしているタイミングが狙われやすいので要注意。

男性経験が少なそう

男性経験の少なそうな女性にキスをしたがる男性は結構います。経験の少ない女性は反応が初心で可愛らしく、自分のペースに巻き込みやすそうだからです。その女性にとっての初めての経験を自分で埋めたいばかりに、会って間もないのにキスを迫ってきたりもします。

また、男性経験が少ないことを逆手に取って、初対面にもかかわらずキスをして「これが普通だよ」と言って丸め込もうとすることも。

お酒に弱い


お酒に弱い女性も狙われやすい対象。初対面でお酒を飲んでいた場合に、酔ってぼんやりしている隙を狙ってキスをされることはあります。男性はお酒の席だからと逃げ口上がありますし、酔った勢いでキス以上のこともあわよくば…と考えています。

もしお酒に弱い自覚があるなら、初対面の男性とお酒を飲むのは控えた方が安全です。また、「お酒に弱い」と教えることで、敢えてお酒をすすめられることもあります。

美人ではなくかわいいタイプ

スタイリッシュな美人さんよりも、手の届きそうな可愛らしいタイプの女性の方が、初対面でキスをされやすいです。美人さんだと男性はむしろ委縮してしまいますが、かわいいタイプなら自分の方が優位に感じてしまい、キスを迫ったりして自分のペースに巻き込みやすそうだと考えるから。

ノリが良すぎる

初対面の男性の話にテンポよく受け答えし、ノリの良い反応を示してくれる女性には、「この勢いに任せてキスできるかも」と考える男性は少なくありません。そのノリの良さが会話ではなく自分のしかけたキスにも発揮されるのでは、と考えているのです。

また、ノリの良さは時として「貞操観念がない」との誤解も招きがち。「誰に対してもフレンドリー」は、「誰とでもそういう関係になれる」と勘違いされ、初対面にもかかわらず性的なアプローチを受けることがあります。

軽そう


露出度の高い服装をしていたり、派手な見た目だったり、過去の恋愛経験が豊富そうだったり…。「軽そう」だと感じた女性には、「キスしても許されそう」「その場のノリで楽しめそう」という理由から男性はキスをしてしまいます。

初対面でキスされやすいシチュエーション


初対面とは言っても、その場のシチュエーション次第ではキスのされやすさorされにくさがあります。初対面でキスをされやすいのは、こんなシチュエーション。

飲み会

飲み会ではほとんどの人がお酒に酔っていて、お酒の勢いを借りて多少大胆なことでもやれる雰囲気があります。後から「酔っていたから」という言い訳も効くので、思い切ってキスをしてみるのに最適な場所。女性もお酒に酔って隙だらけなので、行動に出る男性は少なくありません。

婚活デートの帰り道

婚活デートとなれば、単なる合コンと違ってお互いの本気度はそこそこに高いです。「お互いに結婚したがっている」という前提がありますから、キスをしても許されそうではあります。むしろ「結婚相手を見極めるために、キスくらい許されて当然」と考えるひとも少なくはないようです。

王様ゲームで


複数人でいる場合に用いられがちな王様ゲーム。悪ノリの果てに初対面の男女にキスを命令して、その場の勢いでキスをしてしまうこともあります。また、実は王様役の人がキスをしてきた男性と一枚噛んでいた…という事例もあるようです。

二人きりのドライブ中

車の中と言えば、二人きりで密室の空間。ドライブに応じるということが「男女で密室に入ることに了承した」という意味と捉えられ、そのままキスをされてしまうことがあります。また、初対面でも二人きりで話している間に好きになってしまい、気づいたらキスしていた…という男性も。

初対面でのキスを避ける方法

男女で近いと感じる距離は異なる
付き合っている相手や好きな相手ならまだしも、初対面でキスをされるなんてあまり気持ちの良いものではありませんよね。初対面でキスされるのを避けたい、という女性のための対策方法をご紹介します。

ボディタッチをやんわりと避ける

キスはボディタッチの一つ。手を握ったり肩を抱いたり…というボディタッチから徐々にエスカレートして、キスまで持って行こうとする手口はありがち。キスを避けたいなら、途中のボディタッチもやんわり避けましょう。

隣に座るときは少し距離を開けるか、カバンを挟むなどして、触られるのを避けていると感じさせてください。

そういった雰囲気になったら気持ちを聞く

もしもキスしそうな雰囲気になったら、キスされる前にまず相手の気持ちを訊ねましょう。どうしてこんな雰囲気になっているのか、自分に気があるのかただの遊びなのかをハッキリさせてください。お互いに気持ちをハッキリさせることで、その後キスをするか否かが大きく変わるでしょう。

相手の行動を笑って冗談にする


キスを迫られたor露骨なボディタッチがあったら、相手の行動を冗談だと言って笑ってください。自分が彼にその気はないこと、恋愛対象として意識できないことをそれとなく分からせてあげましょう。

まとめ

初対面でキスをされるなんて、男性にとっては何気ない行動だったとしても、女性にとっては恐怖体験です。「私に限って」と思うのは危険。初対面でキスをされるなんて予想できないことですから、傷つけられる前に、どんな女性でも対策方法を身に着けておいてくださいね。