男女別結婚を考えるタイミング5選!タイミングを合わせるには?

結婚は人生の大きな節目です。結婚するタイミングによって、その後の仕事や引っ越し、妊娠出産のタイミングなども変わるでしょう。結婚のタイミングを巡って、ヤキモキしている女性も多いのではないでしょうか。結婚したいと考えるタイミングは男女によって全く違います。それを理解せずに結婚したいと告げてしまうのは喧嘩の元です。

ここでは、

についてまとめてみました。

「結婚はタイミング」は本当?


結婚はタイミングという言葉はよく聞かれます。実際に結婚した人から、タイミングが良かったという話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、結婚はタイミングであれば自分ではどうしようもないのでしょうか。タイミングを作る方法を紹介します。

結婚までにやるべきことは意外とたくさんある

結婚したいという気持ちが先に立ってしまうと、結婚するためにしておかなければいけないことに目が行きません。親へのあいさつや結納、両家の顔合わせなどの儀礼的なものから結婚指輪の購入や新居探し、結婚式の計画も必要です。またそれらに必要な結婚資金を作るためには貯金しなければいけません。まずは紙に書き出して整理しましょう。

すべてクリアするためにはモチベーションが絶対必要

結婚式をする前には親への挨拶から、結納、両家の顔合わせなどいくつもの段階があります。また、必要に応じて新居探しや引っ越し、家具家電の選定などをおこなうことになるでしょう。これらをクリアするためにも膨大な手間や苦労がかかります。自分だけでなく、彼氏にも結婚したいという強いモチベーションが無ければすべてをクリアすることはできません

「結婚する」という覚悟を決めることが大切


「結婚したい」、「結婚しようかな」という気持ちで結婚を計画するカップルもいるでしょう。しかし、結婚までにもめることは少なくありません。結婚式や新居など、費用面で折り合いがつかないケースもあるでしょう。また、お互いの家族が結婚に同意しないこともあります。結婚するためには「結婚する」というゴールを設定して、そこまでどうやってでもたどり着くという気合が必要です。

タイミングがつかめず長い春が破局に終わることもある

結婚すると決めていても、タイミングがそれを許さないこともあります。例えば異動や出世が重なって結婚の話を進める時間をとれなくなることもあるでしょう。またどちらかの家族に不幸があり、結婚を遅らせなければいけないケースもあります。結婚しようとお互いに思いながらも、結局タイミングがつかめないまま破局に至るケースもあるのです。

男性が結婚を意識するタイミング


男性と女性では結婚を意識するタイミングが全く違います。男性はどんな時に結婚したいと感じるのでしょうか。やみくもに結婚を持ちかけるのではなく、男性の結婚を意識するタイミングを知って相手のペースを見極めましょう。

仕事に自信を持てるようになった

男性特有の結婚を意識するタイミングは、世帯を持つために必要な安定して経済力を持てるようになった時です。会社で努力を続けた結果、責任ある立場を任されるようになった、転職して安定した収入ができるようになったなど、経済面での安定がカギとなります。逆に経済的に安定していないと、結婚するために不安を感じて結婚を決意できないケースが多いでしょう。

友達が家庭を持った


結婚するタイミングの一つに友人や同僚など周りで結婚が多くなったタイミングがあります。周囲の結婚を聞いて、自分もそろそろと感じるかもしれません。また結婚式や新居での生活を見て、結婚のイメージを持つパターンもあるでしょう。結婚適齢期であれば、結婚に関する話題も増えるため、結婚するタイミングを掴みやすいといえます。

親から結婚を望まれている

親や親戚などは、無遠慮にいつ結婚するのかと尋ねてくることも多いでしょう。うっとうしく感じる一方で、それが結婚のきっかけになることもあります。特に男性は、いつまでに結婚したいというような意識を持っていないこともあるでしょう。親や親戚から結婚の話題を持ち出されて初めて結婚を意識することも珍しくないのです。

子供がほしいと感じている


将来的に子供が欲しいと感じている男性は多いでしょう。友人に子供が生まれたニュースを聞いて、結婚を意識することもあります。また授かり婚のように、妊娠の知らせから結婚を決意するというケースもあるでしょう。子供を授かったことで、仕事に打ち込んだり、結婚準備を取り仕切ったりととんとん拍子に話が進んでいくかもしれません。

転勤などで遠距離恋愛になるとき

どちらかの転勤によって距離が離れるという場合も結婚に踏み切るタイミングです。引っ越しをきっかけに一緒にいたいという気持ちが高まって結婚につながります。また、遠距離恋愛は耐えられないからと、結婚を決意するケースもあるでしょう。逆に結婚適齢期に遠距離恋愛で付き合い続けていると、ますます結婚するタイミングを掴みにくくなります。

女性が結婚を意識するタイミング


子供のころから花嫁になりたいという夢を持つ女性は多いはずです。しかし、現実味を帯びた問題として結婚を意識するのはどのようなタイミングでしょうか。女性が結婚を意識するタイミングについてまとめました。

30歳という節目

女性が強く結婚を意識するタイミングとしては30歳という節目があります。同期や同級生の結婚もラッシュを迎えて、自分がどうするかというように悩む時期です。仕事でも責任が生まれて、今後のキャリアパスについて考えることも増えるでしょう。結婚について単純な「焦り」だけでなく、社会的な立場の変化からライフイベントを意識するようになります

仕事にも余裕を感じられるようになった

就職してからエネルギッシュに仕事に邁進していたという女性も、一息ついて結婚を考え始めることがあります。部下ができたり、仕事にも余裕が生まれたりする中で自分の人生を考えるようになることもあるでしょう。仕事が忙しいうちは、そもそも結婚願望自体を感じないかもしれません。人生設計も多様化する中で結婚についても自由な考え方の人が増えています。

友達の結婚式に出たとき


結婚について考えるきっかけになるのが、友達の結婚式です。友達の幸せそうなドレス姿に対して憧れや羨ましさを感じるかもしれません。特に結婚適齢期になると結婚式が続くため、自分の結婚についても考えることが増えるでしょう。自分の結婚式ならこうしたいというような理想の結婚式の夢を持つ女性も多いのではないでしょうか。

年齢で考える妊娠・出産

いくつで結婚しようとそれは個人の自由です。しかし、現実的な問題として妊娠、出産があります。体力面から考えても妊娠、出産は一定の年齢までにしておきたいと考える女性は多いでしょう。また出産後には子育てがスタートします。体力がある若いうちに子育てをスタートしたほうがスムーズかもしれません。兄弟が欲しい時にはそれも考える必要があります。

家庭を持ちたいと考えている

結婚とともに自立して新しい家庭づくりが始まります。好きな人とおいしい料理を囲む温かい家庭をイメージしている女性もいるでしょう。彼氏と長く付き合っていて、そろそろ家庭を作りたいと感じて結婚を意識するかもしれません。二人でスタートする新しい家庭を持ちたいとお互いに感じた時は結婚に最適なタイミングと言えるでしょう。

結婚に踏み切れない理由は何か


結婚を意識するタイミングであっても、なかなか結婚までは踏み切れないというカップルは少なくありません。結婚に踏み切れないのにはどのような理由があるのでしょうか。結婚に踏み切れない理由をまとめました。

経済的な不安がある:貯金がないなど

結婚はきれいごとだけでは済みません。結婚式や新居、引っ越しなど結婚には出費が付きまといます。多くのカップルがこのような経済的な理由によって結婚に踏み切れないでいます。ある程度のまとまった貯金と安定した収入が無ければ結婚に踏み切るのは難しいでしょう。自立した家庭を築く上げるためにも、経済的な不安は解消しておくようおすすめします。

この人でいいのか迷っている


お互いに好き合っていても、結婚するとなると踏み切れないというカップルも多いでしょう。結婚は生涯添い遂げる覚悟を決めることです。本当にこの人でいいのか、今後後悔しないかと迷ってしまって、結婚できないことがあります。もっと良い人が現れるかもと考えてしまうこともあります。また、これから二人で家庭を築くというイメージができないことも要因かもしれません。

まだまだ自由を満喫したい

結婚するとなると、独身時代のような自由な生活はできなくなります。自分の収入を思うように使って遊んだり、恋愛を楽しんだりというような自由はなくなるでしょう。そのため、独身の間に旅行や趣味などもうちょっと遊んでおきたいという気持ちが芽生えてしまうのです。周囲が結婚して遊び相手が少なくなると、寂しくなって結婚に気持ちが傾くこともあるでしょう。

仕事と家庭の両立は可能か?


結婚して一緒に新しい家庭を築くことになるため、仕事との両立も問題になります。結婚のために転居すれば、通勤の問題も生じるでしょう。また家事分担についても相談が必要です。あらかじめ掃除やお料理などの家事分担を話あっておきましょう。また家事分担については事前にシミュレーションして、お互いの仕事に支障をきたさないかチェックしてください。

仕事が忙しい、転職を考えている

そもそも仕事が忙しくて結婚を考える時間がないというケースもあります。また結婚して生活に責任を持つためには安定した経済基盤が求められるでしょう。転職を考えていて収入に不安があるという場合は、結婚に踏み切れないかもしれません。結婚のためにはお互いの協力が不可欠です。仕事や経済面についてお互いの状況を把握しておきましょう。

結婚に踏み切らない相手への対策


結婚したくても相手がその気にならなければ、上手くいきません。しかし、結婚を考えていない人に無理強いするのも難しいでしょう。結婚に踏み切らない相手にはどのような対策があるのでしょうか。

それとなく結婚に対する考え方をきいておく

気になっていても結婚に対する考え方は聞きにくいものです。しかし、近々結婚したいと考えているのであれば、極力早い段階で結婚に対する考え方をきいておくようにおすすめします。もしも、結婚自体にネガティブな考えを持っていたり、まだ早いと考えていたりするなら、付き合い自体も考え直さなければいけないかもしれません。

友達の結婚式の写真を見せる


いきなり結婚に対する考え方を聞くのが難しい場合は、それとなく友達の結婚式の写真を見せてみましょう。友達の結婚式に出席した時の話を雑談として振る方法もあります。その時の彼氏の反応が他人ごとであった場合は結婚への意識が薄いと考えられます。もしも、自分ならどうしたいというような話が出てくれば、結婚を意識させるチャンスです

両親に紹介する

付き合って一定期間経ったカップルであれば、両親に紹介することも検討してください。もちろん結婚のあいさつなどではなく、ただの挨拶として出向きます。しかし、両親に紹介することで否応なく責任や将来を意識するはずです。また両親への紹介自体を拒まれる時は結婚までの道のりは遠いかもしれません。

結婚したいと意思表示をする


回りくどい方法はとりたくないという人は、ダイレクトに結婚したいと意思表示しましょう。男性側が、相手が言い出さなければ将来を考えなくても良いと思い込んでいるかもしれません。受け身に徹するのではなく、積極的に結婚したいと意思表示しましょう。そのことをきっかけにして結婚への話が進むかもしれません。

そもそも結婚する気がない人とは別れる

将来的に結婚したい、家庭を築きたいと考えるのであれば同じような考え方の人と付き合う必要があります。そもそも結婚したくない人とは付き合っていたとしても時間の浪費です。相性が良くて付き合っていたとしても、将来を考えられないのであれば別れることも考えましょう。別れて新しい出会いを探してください。

まとめ

ちょうど良いタイミングで相手がプロポーズしてくれるなんて望むのは無理があります。結婚について、男性側が考えてなかったとしても女性側の行動で結婚への意識を変えることもできるでしょう。まずは結婚を掴むために自分が変わることが結婚に向かって走り出すための第一歩になるのです。