算命学とは?算命学でわかる干支別の性格的な特徴

“算命学で自分を占ったことがあるでしょうか。算命学は占いの王者ともいわれており、恋愛や結婚だけでなく、仕事運や財運、健康運や対人運などさまざまなことを占うことができます。

ここでは、

についてまとめてみました。

算命学とは?


算命学はもともと戦国時代を生き抜くために軍略に活用することを目的として確立された学問です。何事も原因があって結果が生まれることをベースとして人生のさまざまなことを知るための方法として人気があります。算命学の基本的な成り立ちや意味を説明します。

占星術を背景に学問として確立されたもの

算命学は東洋占星術を背景として学問として確立されたものとされています。占星術は西洋占星術と東洋占星術に大別することができ、生年月日を基準として暦を使用することは共通しています。天体の動きをベースとする西洋占星術とは違って、天体と地上の変化を一体化して人間の生き様を占うのが東洋占星術の特徴といえるでしょう。

約二千三百年前の戦国時代に鬼谷子によって作られた


算命学は今から約二千三百年前の戦国時代に鬼谷子が陰陽五行説を応用して作られたとされています。乱世の時代を生き抜くために敵の性格や動向を探るために算命学を軍略に活用されていました。その後弟子によって継承された算命学は古代中国王家の帝王学として尊重されるようになり、その一部が算命学占星術として一般に普及して現在に至ります

中国発祥の干支暦をもとに占う

算命学は中国発祥の干支歴を元に占います。干支暦は十干と十二支が組み合わさったものであり一年単位で干支が切り替わり現在まで正確に継承されています。干支暦がいつ誕生したのかは定かではありませんが、3000年以上前の遺跡からも干支を表すものが発見されています。十干と十二支で表記されたものは全部で60通りの組み合わせがあります

算命学の占い方


算命学は中国の歴史ある占星術を背景として戦国時代に学問として確立されたものです。原因と結果を重視する算命学では原因を学ぶ陰占、結果を学ぶ陽線の2つが基本となっています。算命学の具体的な占い方についてみてみましょう。

算命学は陰占と陽占の2つの図表から成り立つ

算命学を使って占うにはまず自分の生年月日から命式を導きだすことが必要となります。命式から陰占と陽占の2つの図表を使って占うのが算命学です。陰占は本人の本質や生まれ持った要素で原因と考えられているものです。一方、陽占は性格や適性、人生のサイクルなど結果を表すものととらえればいいでしょう。

生年月日から命式を計算する

勉強
算命学ではまず自分の命式を割り出すことが必要です。算出方法は複雑なものですが、ネットのサイトを活用すれば生年月日を入力するだけで簡単に自分の命式を導きだすことができます。陰占、陽占の2つの図表に命式でわかる干支をあてはめることによってさまざまなことを占うことができます。相手の生年月日がわかれば相性占いも簡単です。

陰占で内面的な本質を占う

陰占は本人の素質や本性などを示すもので9つのマス目から構成されている図表で確認することができます。内面や精神性を意味する「甲・乙・丙」などの十干と行動を意味する「子・丑・寅」などの十二支を組み合わせて占います。これによって自分や相手がどんなタイプの人間なのか、内面的な本質を理解することができるでしょう。

陽占で性格や能力・運勢の特徴を占う

陽占は思考や行動、性格や能力、年代別の運勢の特徴などを示す図表を用いて占うものです。図表は左上が除かれた9つのマス目で構成されています。陽占は人体星図とも呼ばれており、頭や左肩、右手など体の部位が各マス目に割り当てられているものです。部位によって若年期、晩年期などライフスタイルのステージに合わせた運勢を占うことができます

算命学で占える性格【月干支】


算命学では陰占と陽占の2つを用いますが、そのうち性格や内面を意味するのが陰占となります。主に行動を意味する十二支からなる月干支についてそれぞれの特徴をまとめました。

子:頭の回転が早い・感受性が鋭い

月干支のスタートとなる「子」の性格は頭の回転が早く感受性が鋭い特徴があります。ほとんどの人があたふたするばかりで何もできない緊急時であってもずば抜けた問題処理能力を発揮します。そのためピンチをチャンスに変えて実益を得ることが得意です。感受性が表情や態度に出ることから対人関係が苦手で人によって態度を変える一面もあります

丑:義理堅い・正直・我慢強い


「丑」は義理堅く正直で我慢強い性格の特徴がみられます。頑固なところもあるので自分が納得しないと事を始めませんが一度決めると初志貫徹でやり遂げるまでやめようとしません。人に対して義理堅い面はありますが、自己主張したりチームで協力して迅速に物事を成し遂げたりすることは苦手です。

寅:度胸満点・面倒見が良い・誠実

度胸満点で面倒見が良く誠実な性格が特徴です。人前では肝が据わっているようにみえますが実際はかなり慎重派です。誠実な性格と面倒見の良さから人からの信頼も厚く自然に人が集まってきます。勢いがつくと途中で自己コントロールできず一気にやり遂げようと無理をするところもあります。強引に物事を進めて信用をなくすこともあるでしょう。

卯:働き者・温和・適応能力が高い


温和で従順、優しい印象とともに働き者で適応能力が高いことも特徴となります。コツコツと地道な研究をするのが得意でどんな環境にも適応する能力があります。思い立ったら周りの意見に関係なく行動に移すタイプです。束縛を嫌うことから異性関係でトラブルを起こすことも少なくありません。人に流されてしまい事なかれ主義になる傾向もあります。

辰:自尊心や競争心が強い・怒りっぽい性格

自尊心や競争心が強く怒りっぽい性格なので人から疎まれることも少なくありません。スケール感が大きくさっぱりした性格の持ち主でもあり、目標に向かって突き進んで実現する能力は高いといえるでしょう。やる気があるのに周りに過敏に反応して傷つく面もあり両極端な性格で何を考えているかわからないといわれることもあります。

巳:几帳面・純粋・誠実

とても几帳面な性格で純粋さや誠実さも持ち合わせていることから周囲からの信頼も厚いといえるでしょう。風流な事を好む傾向があり芸術や技術に関する才能が開花します。人が好きで自ら世話を焼くことから常に気苦労が絶えないでしょう。一方で執念深い一面もあり、嫉妬にかられると人が変わったようになってしまうこともあります

午:行動的・社交的・負けず嫌い


行動的で社交的なので常に人の輪の中心にいたり、リーダーシップを発揮したりすることができます。小さなことにこだわらないさっぱりとした性格も好かれるでしょう。その反面、負けず嫌いで常に人よりも秀でたい欲望が強いため、知らない間に人を傷つけてしまうこともあります。飽きやすいタイプでもあり、長期的なスパンよりも短期目標を好みます

未:綺麗好き・美的感覚が優れている

丁寧で綺麗好きなうえに美的感覚が優れているため芸術的な分野やインテリア、ファッションなどの職業が向いています。人知れず地道な努力を重ねることを苦とは思わず向上心も強いため、ほとんどのことは実現できるでしょう。人任せにすることが苦手で自分だけで全てを背負ってしまうためストレスが溜まりやすい一面もあります

申:頭の回転が早い・器用・コミュ力が高い


頭の回転が早く臨機応変な対応も得意です。やる気に満ち溢れて器用な面もあるので世渡りで困ることはほとんどないでしょう。天性の社会性を持っており高いコミュニケーション能力があることから対人関係で躓くこともありません。ただ自意識過剰や調子に乗りやすい面があることから、そのことを原因として信頼を失うこともあるでしょう。

酉:器用・芸術的才能がある・センスが良い

器用で芸術的才能やセンスの良さに恵まれているため、ファッション関係の仕事に就いている人も多いようです。いつもおしゃれな服に身を包み目立った存在であるといえるでしょう。どんぶり勘定でありながらも経済的になぜか困らないのも特徴の1つです。一方で細かい気配りが過ぎて余計なおせっかいをして嫌われることもあります

戌:責任感が強い・度胸もある・主体性に欠ける


責任感が強く度胸もあるのでいざという時に頼りになる存在です。正直で忠誠を尽くす義理堅い面もあることから上司にも可愛がられるタイプでしょう。自分が心から尊敬する人や心を許した人に対してはどんな自己犠牲も厭わない面もあります。ただ、主体性に欠けるためはっきりと自己主張せずに周りに流されるところもあります

亥:融通がきかない・リーダー気質・人に誤解されやすい

いつも自信にあふれていて猪突猛進するタイプなのでリーダーとして人を引っ張っていくタイプといえます。しかし、好き嫌いが激しく融通が利かない部分があるため深い内面を知らない人からは誤解されがちです。焦ると熟考せずに勢いに任せて独断で決めてしまうこともあり何度も同じ失敗を繰り返す傾向もみられます

まとめ

占いの王者ともいわれている算命学はもともと戦国時代を生き抜く術として確立されたもので干支暦が元になっています。本人の内面的な本質をみる陰占、行動の特徴などをみる陽占の2つを組み合わせて占います。月干支を活用して自分や気になる人の性格の傾向を十二支の動物に例えながら理解しましょう。”