地図の方角でわかる風水吉凶方位と本命卦における吉方位

運気と方角には深い関わりがあると言われています。運気をアップさせるためには、吉方位を知ることが大事です。また、運気が低下していると感じるなら凶方位が原因になっている可能性も考えられます。

今回は

について解説しましょう。

地図の方角でわかる風水吉凶方位


方角と運気には深い関係があります。幸運を呼び込むためにも、方位が持つ意味や効果を知ることが大切です。ここでは、地図の方角でわかる風水吉凶方位を見ていきましょう。

東:パワーやエネルギーの元

東の方角は、パワーやエネルギーを司っています。音の出るものや情報発信するものを置くことで気の流れが良くなるでしょう。また、エネルギーの高まりによって集中力もアップするので、書斎や仕事する場所にも良いと言われています。仕事運や勉強運、発展運などの運気アップにもつながるでしょう。

西:実りを表す

実りを表すと言われるのが、西の方角です。金運アップにも高い効果を発揮し、西方向にキレイな水を置いておくと家全体の金運が上がります。この方位がプラスに働くことで、蓄財や恋愛感情、娯楽、満足度を高めることにつながるでしょう。実りを高めるためには、白や金、銀のカラーが良いと言われています。

南:才能や美しさ


南の方角は、風水で才能や美しさなどの気を持つ方位と言われています。効果をもたらすのは、南の方角がプラス効果の高い火の気を持つ方位だからです。火の気は悪いものを燃やす効果があり、効果を高めることで開運にもつながるでしょう。火の気を高めるためには、リープパターンなど相性のいい木の気を取り入れることをおすすめします。

北:大事なものを置いておく場所

風水的に見ると、北の方角は大切なものを置いておく場所です。悪いものを流す効果がありますが、一方で冷えやすいという難点もあります。そのため、人が生活するスペースには向いていません。大事なものを保管する場所と、居住スペースは分けて考えておいた方が良いでしょう。

東北:汚いと健康運がダウン

北東は汚くしていると健康運がダウンするので注意しましょう。北東は高さを持つ山を示す方位ですが、新しい気を生み出して流れ始める方位にもなります。汚くすると、気の流れが悪くなり、ストレスが溜まって病につながるのです。キレイにしておけば、健康効果が期待でき意欲も湧いてきます。

東南:結婚や恋愛


東南は結婚や恋愛と深い関係がある方位です。東南は別名で風の方位と呼ばれており、風が流れ込んでくる方向になります。風が吹き込むことで縁を呼び込み、新しい出会いにも恵まれるでしょう。木の方位になるので、緑色や東よりも明るいライトグリーンなどのカラーが向いています。

南西:家庭を円満

南西の方角は、風水で家庭円満を表します。南西は土の気を持ち、低い地面を象徴する方位です。安定感を好むため、結婚生活においても大きなトラブルが起こりにくくなっています。ただし、変化を好む人だとマンネリ化しやすい点に注意が必要です。南西には黄色や茶色などのカラーが向いています。

北西:出世や上司をつかさどる

北西の方角は、出世や上司をつかさどると言われています。北西は別名で主人の方位と呼ばれており、家庭や組織を代表する方位です。この方位が乱れてしまうと、組織内の不和が起こってトラブルの原因になります。ステータス運にもつながるので、仕事関係の願望を持っている場合は方位を意識しましょう。

方角に関係する「本命卦」とは?


本命卦は方角と深い関係があります。八宅盤と本命卦があれば、自分に最適な方角も分かるでしょう。ここでは、方角に関係する本命卦について紹介します。

生まれた年と性別から導き出すことのできる八卦

生れた年と性別から導き出せる八卦のことを本命卦と呼んでいます。生まれるときから持っている気の力のタイプで、風水においては宇宙に存在するすべての事象が八卦です。8のタイプのエネルギーに分類して考えることができ、それぞれに相性の良い方角や自然、季節などがあります。

生まれながらの吉方位と凶方位を知ることができる


本命卦は、生まれながらの吉方位と凶方位を知ることができます。自分と相性の良い方位と相性の悪い方位を知ることで、気を付けるべき方位やパワーがもらえる方位も見えてくるでしょう。ただし、性別によって本命卦は大きく変わってくるので、性別を間違えないように気を付ける必要があります。

本命卦と八宅盤で方角を知る

本命卦と八宅盤があれば、自分にメリットやデメリットの方位が分かります。八宅盤はすべての方位に対して運気が細かく分類されているので、自分にとって一番縁起がいい方位の吉方位を把握しておきましょう。引越しするときや、模様替え、家を建てたり間取りを考えるときも八宅盤を参考にしてください。

本命卦における吉方位


本命卦には、4つの吉方位が存在しています。それぞれの方位で得られる効果は異なるので、自分に足りてない運気が高められる方位を知りましょう。ここでは、本命卦における吉方位を紹介します。

生気

本命卦における生気は、バイタリティを吹き込む最大の吉方位です。ここにいるだけで、心身ともに気力が充実してポジティブな気持ちになれるでしょう。社交的になり、仕事や恋愛面でのチャンスにも恵まれます。性欲を高める効果も期待され、子供が欲しい人にも強い味方になってくれるはずです。

天医

天医は癒しの大吉方位と言われており、病気や怪我の回復に大きなパワーを発揮します。ストレス解消にも効果的で、悩みやトラブルを抱えている場合は解決策も見いだせるでしょう。健康に不安を感じている人やストレスが気になる人は、この方位でしばらく過ごしてみると良いですよ。

延年


延年は、結びつきや調和の方位と呼ばれています。思いがけずいい出会いに恵まれることや、有益な情報も手に入りやすいです。人間関係が苦手な人は、なるべく延年で過ごしてみてください。縁結びの方位にもなるので、未婚の人がこの方位を利用することで縁に恵まれます。

伏位

安定の小吉方位となるのが、伏位です。ここにいると、地味ながらも堅実に物事が落ち着きます。運気は無風状態になるので、積極的になるよりも受け身でいた方が良いでしょう。夢や目標を実現するために必要な力を蓄えること、家族の絆を強くする働きもあるので家族関係の改善効果が期待できます。

本命卦における凶方位


本命卦には凶方位が存在しています。不幸やトラブルが多いと感じている場合、凶方位が原因かもしれません。ここでは、本命卦の凶方位を紹介します。

絶命

絶命は不幸やトラブルが多くなる最大凶の方位と言われています。物事がリセットされるような凶運に見舞われることも多くなるでしょう。ネガティブな気持ちが高まり、人を信じることができずに孤立する可能性もあります。健康面でもトラブルが起こりやすく、病気や怪我が長引いてしまうことも考えられます。

五鬼

五鬼は、怪しい魔の気が漂うと言われる大凶の方位です。オカルト現象が起こりやすく、気分がイライラして周囲とのトラブルも増える可能性があります。この方位を使用すると親不孝になるとも言われているので、子供がいる家庭は子供部屋にしない方が良いでしょう。

六殺


六殺は精神力や自制心が低下し、そのままダメな状態になる凶方位です。物事に対して不平不満を持つようになり、自分の思い通りにならないとイライラします。不眠に悩まされることも多く、集中力も低下するので気を付けましょう。感性も鈍くなるので、知らないうちに周囲の人を傷つける可能性もあります。

禍害

禍害は、少しずつエネルギーが奪われていく凶方位です。大きなトラブルが起こるわけではありませんが、やる気が低下することで小さなミスが増えます。体調管理もきちんとできなくなるので注意しましょう。この方位に大きなタンスや収納スペースがあれば、居室として使用できます。

まとめ

方角と私たちの生活や運気は密接に関わっています。吉方位や凶方位を知ることで、トラブルを回避することや人間関係の改善、夢や目標を叶えることにつながるかもしれません。自分にとってベストな方位を知り、生活に役立てましょう。