風水における財布の色が持つ意味とおすすめの財布の色味

私たちが普段使っている財布は、色によって意味が異なります。風水と色の関係を知り、色ごとの意味を理解して自分にあった財布を選びましょう。

今回は、

について紹介します。

風水における財布の意味合い


風水において財布は運気と密接な関係があります。財布を持つ場合は、色が持つ意味も知っておきましょう。ここでは、風水の観点から財布の意味合いを紹介します。

古い財布は運気を逃してしまう

古い財布を持っていると、せっかくの運気を逃がしてしまいます。風水では汚れているものや古いものは運気を下げると考えられており、金運を下げる原因にもなりかねません。物を大切にすることは大事なことですが、運気アップを考えるなら思い切って新しい財布に変えることをおすすめします。

財布の色別の金運は陰陽五行を応用したもの

財布の色別の金運は、陰陽五行を応用したものと言われています。自然界に存在しているのは、木・火・土・金・水の5種類ですが、それぞれ陰と陽の性質を持つものです。財布の色は風水を専門にしている人によって長所や短所が違うため、ある人にとってはメリットがある色でも、他の人にとってはデメリットが大きい色の場合もあります。

自分が気に入った色から選ぶのがポイント


財布の色によって運気アップの効果は異なりますが、自分が気に入った色から選ぶのがポイントです。気が合うものを身に付けると、金運だけでなく全体運のアップにもつながります。財布は1日に何度も見るものなので、モチベーションを上げるカラーとしても良いでしょう。

自分を客観視して意味合いから選ぶのがおすすめ

財布の色は自分を客観視して、意味合いから選ぶと良いでしょう。色によって持つ意味が異なるので、自分に足りてない色を使うのがおすすめです。また、色味だけにこだわるのではなく、客観的に見て自分にあった財布のデザインを選ぶ必要もあります。

洋服と同じで、財布にも似合う色や似合わない色があるものです。自分で分からない場合は、家族や友人に聞いてみるのも良いでしょう。

風水における金運アップが期待できる財布の色


風水では色と運気に深い関係があると言われており、どんな色の財布を持っているかによって金運が変わります。ここでは、金運アップが期待できる財布の色を見ていきましょう。

ピンク色:財力のある人を引き寄せる

ピンク色は、財力のある人を引き寄せる効果が期待できます。ピンクには愛情や優しさ、かわいらしさの意味があり、男性にモテる要件が揃っているため、自然と財力がある男性が寄ってくるのです。彼氏ができても長続きしない人や、素敵な人となかなか出会えない女性は、ピンクの財布を持つと良いでしょう。

緑色:仕事でコツコツ財を築きたい人をサポート

緑色の財布には、仕事でコツコツ財を築きたい人におすすめです。緑色には森林や自然が持つ癒しの効果がありますが、穏やかな気分になり生活も安定します。急激に財を増やすことはできませんが、一定のリズムで貯金はできるでしょう。緑色の財布なら、気持ちを落ち着かせ浪費を防ぐ働きもあるので、貯金が苦手な人にも向いています。

黄色:楽しく使えるお金が増えていく


黄色の財布が持つ意味には、楽しく使えるお金が増えることがあります。黄色には楽しみごとの運気が強く、金毒を抑えてくれることでお金が減りにくくなるでしょう。ただし、黄色の色が強すぎるとお金を失っていることに気付かず、どんどん使って金欠になることもあるので注意が必要です。

茶色:生み出す力・ためる力

土の象徴である茶色の財布は、生み出す力やためる力を高められます。さまざまなものを育てるパワーに溢れており、金運だけでなく仕事運、健康運、恋愛運などの運気を育てることになるでしょう。全体運のアップを目指したい人は、大事にしたいカラーです。新しいことを始めるときに持つ財布にも向いています。

白色:お金の悩みをリセットしてくれる

白い財布はお金の悩みをリセットする効果があります。良くない運気やマイナス思考を断ち切る効果があるので、お金のトラブルが多かった人におすすめです。ただし、リセット効果は良い運気に対しても作用する点に注意しましょう。現在の状況が白色の財布に適しているかどうか見極める必要があります。

黒色:お金の支出を抑える


黒色の財布には、お金の支出を抑える働きがあります。黒はすべての色の波長を吸収する光がない色で、風水では黒は外界との接触を断つような、クールで閉鎖的なエネルギーと見なされるのです。強い意志を持つことができるので、お金を使いたくなっても踏み留まることができます。

紫色:財を築く

紫色の財布を持つことは、財を築くことにつながるでしょう。紫は風水において、高貴や魔除け、上位の意味を持ちます。ステータスが高まるため、出世で自分の地位が認められて収入が増える可能性があるというものです。

仕事で成功したい人や、みんなに認められたい人は紫色の財布を活用しましょう。ただし、ファッションとの合わせ方が難しいので、やや上級者向きの色になります。

ゴールド:財を築くとともにお金の循環をよくしてくれる

ゴールドの財布は、財を築くとともにお金の循環をよくしてくれます。経営合理化の力があるので、無駄を省くことややるべきことをやって金運を着実に高められるでしょう。ゴールドに派手なイメージを持つ人は多いですが、風水におけるゴールドは堅実的な色になります。

シルバー:知らないうちに少しずつお金が増えていく


シルバーの財布には、知らないうちに少しずつお金を増やす効果があります。シルバーには安定した運気があり、コツコツ貯金するのに向いている色です。シルバーはさまざまなファッションに合わせやすいため、誰でも持ちやすいカラーと言えるでしょう。ただし、急激にお金を増やしたい人には不向きです。

灰色:無駄遣いが減り今あるお金をキープする

無駄遣いを減らして今のお金をキープしたい人には、灰色の財布をおすすめします。灰色には洗礼された高品質や高級感を表し、無駄なものに対する散財を減らす効果が期待できるでしょう。

ちなみに、灰色は白と黒を混ぜて作れる色なので、白色と黒色の両方の意味が込められています。大金がどんどん舞い込むというよりは、今の状態をキープしたい人に向いている色です。

ベージュ:お金を育てる

ベージュの財布は、お金を育てるカラーになります。ベージュは金の気と茶色の両方の意味が込められており、金運アップや運気を育てることから、お金を貯めたい人におすすめです。

大地にしっかり根を張る茶色の効果によって、落ち着いた雰囲気や高級感を出すことができます。ただし、金と茶色単体の効果に比べると、それぞれの効果が半減する点に注意しましょう。

風水における金運ダウンが心配される財布の色


風水では、赤色や青色の財布が金運ダウンにつながると言われています。ただし、全体運としてはネガティブなカラーではありません。ここでは、赤色と青色が金運ダウンにつながる理由を見ていきましょう。

赤色:お金の出入りが非常に激しい

赤色の財布は、お金の出入りが激しいことを示します。強いパワーを持つ赤色は、金運や健康運を大幅に引き上げる色です。その一方で、コントロールが上手にできないと散財につながります。場合によっては金運を下げることになり、貯金が無くなる可能性もあるので注意しましょう。

青色:お金を流す


青色の財布を持つと、お金を流して散財につながるかもしれません。青色は風水的に見ると、水の気を表す色です。青色は冷静な気持ちを持って人間関係が良くなるなど、対人運は抜群ですが、お金に関しては停滞状態を引き寄せます。色が薄いほど効果は小さくなるので、青色が良い人は薄い青色の財布を使いましょう。

まとめ

財布の色によって、その人の運気は変わると言われています。高価なブランド品が買えなくても、金運アップにつながる色の財布を持つだけで幸運を引き寄せられるでしょう。色の持つパワーを活用することで、自分が望む運気を手に入れることにつながるはずです。財布はお金の住処であることを意識しましょう。