数秘術のソウルナンバーで才能や相性を占ってみよう!

ソウルナンバー占いをご存知でしょうか。人間を含む、この宇宙の存在全てが「数の法則」に基づくという「数秘術」の考えに基づき、自分の魂が持つ数字を導き出して自分の本質を知ろうとする占いのことです。

ここでは、

についてまとめてみました。

数秘術のソウルナンバーとは


ソウルナンバーとは、冒頭でご紹介したように、数秘術の一つであり、その人が生まれ持った性格や、自分が本来求めている人生のヒントをくれる数字のことです。こちらでは、ソウルナンバーについて詳しくご紹介すると共に、数字から導き出される色々なヒントについてお話しします。

生年月日から計算する数字

ソウルナンバーは、自分の生年月日から計算する数字です。具体的には、生年月日の全ての数字を、一つずつ一桁になるまで足すことで求められます。例えば、2001年1月12日生まれの人なら、2+0+0+1+1+1+2=7で、ソウルナンバーは7になります。

ソウルナンバーで才能が分かる

ソウルナンバーから導き出されることの一つに、自分の適性があります。それを分析することで、自分に隠された才能や可能性を発見することが可能です。自分の魂が求めている本来の目的を知ることができるので、就職や転職、結婚など、人生の節目の決断の際にも大きなヒントとなります。

ソウルナンバーで相性が分かる


ソウルナンバーで、自分と他人や、物事に対する相性を知ることもできます。自分の人間性を分析できるので、本来向いている職業や、対人関係の在り方について考えるきっかけとなります。自分が本来持っている力を十分に発揮できる分野の発見や、良い人間関係を作るための機会にもなるため、是非活用してみましょう。

全部で13個ある

ソウルナンバーは、全部で13個です。本来の計算方法で導き出される1~9の1桁の数字の他に、11・22・33・44のゾロ目の数字があります。1の位と10の位を足す際に上記のゾロ目の数字が出たら、それが自分のソウルナンバーになるということを覚えておきましょう。同じ数字が重なるゾロ目の数字はマスターナンバーと言われ、1桁の数字よりも強力な波動を持ち、特別なエネルギーがあるとされています。

それぞれのソウルナンバーについて


人生の目的や可能性を表すソウルナンバーには、それぞれどういった意味があるのでしょうか。その意味を知ることで、悩みの解決の糸口や、今後の方向性が見えてくるかもしれません。それぞれの数字が表す内容についてご紹介いたします。

ソウルナンバー1:人に頼られる

ソウルナンバーが1の人は、自らを律することを求め、自分なりのやり方で物事を進めて、成果を得ることに達成感を感じる性格です。リーダーとして、一つの目標に向かって周りをまとめ上げる力を持っているため、人から頼られるポジションを与えられることも多いでしょう。責任感が強く、上司からも部下からも信頼を得られるタイプです。

ソウルナンバー2:頭が切れるスマートな人が多い

ソウルナンバーが2の人は、頭の回転が速く、何事にもスマートに対応できる能力を持っています。物事の先を読んで冷静に行動でき、自分を客観視することにも長けています。そのため周りの人間とも適切な距離を保って接することができ、「サバサバして裏表がない人」というイメージを持たれるでしょう。

ソウルナンバー3:面倒見が良いタイプ


ソウルナンバーが3の人は、優しい性格で周りの人に気を配ることができるため、周りの人から面倒見が良い人いうイメージを持たれます。社交性があり、多くの人と積極的に関わるのが得意です。一方で、優しさゆえに他人の期待を背負い込み過ぎてしまい、ストレスを溜め込みがちです。そんな自分を表現するために、クリエイティブな活動をすることで才能を開花できます

ソウルナンバー4:リーダータイプ

ソウルナンバーが4の人は、周囲の人間に影響を与え、自分の目的に向かって主導権を取ることを欲する、生まれながらのリーダータイプです。リーダーとしての責任感も強く、周りの信頼を集めますが、合理的に物事を推し進める傾向があり、クールで近寄りがたい人というイメージを持たれる場合もあります。

ソウルナンバー5:信念が強い

ソウルナンバー5の人は、自分の信念を貫き通すタイプであり、良くも悪くもマイペースな人だと思われることが多いでしょう。周りに流されず、自分の意志に従って行動できる精神力の強さが長所です。一方、恋愛面では、感情を乱されることを嫌い、パートナーに対して安定を強く求める傾向があります。そのため恋愛下手になりがちで、寂しい思いをすることもあります。

ソウルナンバー6:交友関係が広い


ソウルナンバーが6の人は、抜群の社交性を持っています。初対面の人ともすぐに仲良くなることができるため、交友関係が広く、人脈を作る能力に長けています。仕事においてもその能力を発揮し、組織には欠かせない人間として良いポジションを得ることができるでしょう。しかし、人に対する愛情が深い分、一旦裏切られると、怒りの感情をコントロールできなくなる一面もあります。

ソウルナンバー7:ムードメーカーとなる

ソウルナンバーが7の人は、陽気でユーモアがあり、周囲の空気を和ませる、ムードメーカー的な存在と思われることが多いでしょう。常にパワフルで、自分の理想に向かって前向きにことを推し進められる力があります。高い理想を描ける長所がありますが、自分の能力に期待し過ぎる面があり、失敗したときに大きな自信を失ってしまう危うさもあります。

ソウルナンバー8:純粋な性格

ソウルナンバーが8の人は、とても純粋な性格を持っています。対人関係でも、純粋な人とのつながりを強く求めるため、損得勘定を嫌います。そのため、ついお人好しになりがちで、傷ついてしまうこともあります。しかし、その純粋な情熱が仕事などの目標に向くと、どんな困難にも負けずやり遂げられる力があるため、大きな成果を得ることができるでしょう。

ソウルナンバー9:天才タイプ

天才肌と言われる人の性格
ソウルナンバーが9の人は、並外れた記憶力と集中力がある天才タイプです。興味を向けられる分野は限られますが、一旦何かに夢中になると、他を圧倒する能力を発揮します。対人面では、一人で集中できる環境を求めるため、他人を寄せ付けられず、孤独になりがちです。本当は寂しいのに人とのつながりから逃れようとする面があり、付き合いにくい人と思われることもあるでしょう。

ソウルナンバー11:直観力がある

ソウルナンバーが11の人には、他の人にはない直観力があり、あらゆることに対して深い洞察力があります。物事の本質を見抜く目に抜きんでているので、直感に従って行動することで、自分が進むべき道を切り拓くことができます。一方、対人関係では、人の気持ちが良く分かってしまう分、影響を受けやすく、周りに流されがちです。特に、マイナス思考が強い人間と深く付き合うと、自分も同調してしまい、能力を発揮できなくなる恐れがあるので注意しましょう。

ソウルナンバー22:大きなことを成し得る人

ソウルナンバーが22の人は、ナンバー2と4の特性を併せ持ち、強力なパワーで物事を推し進め、大きなことを成し得る可能性を持っています。リーダーとしての素質に長けており、明晰な頭脳で、目的までの最短コースを常に見極めることが可能です。周囲の人間を信頼できるので、孤独に悩まされることもないでしょう。理想が高い反面、完璧になりやすく、小さなことで傷つきやすい脆さもあります。

ソウルナンバー33:カリスマ性がある


ソウルナンバーが33の人は、感性が強く、特に芸術方面に圧倒的な才能を持っています。人に対して無償の愛を持ち、献身的に自分の表現を捧げるため、稀なカリスマ性があります。私利私欲を捨てて、人に希望を与えるために生きることに疑問を感じず、自分の使命として受け入れようとします。その一方で、現実的な問題を処理することが苦手です。たとえば金銭面で、困っている人には無償で援助してしまうこともあり、周りの人を戸惑わせることもあるでしょう。

ソウルナンバー44:頭が良く分析力がある

ソウルナンバーが44の人は、もっとも稀少で、人とは違う非常に優れた能力を持った存在です。ソウルナンバー4と8の性格を兼ね備え、抜群に頭が良くて分析力があり、周囲の人望も集められる完璧なリーダーの素質を持っています。精神力も強く、困難があっても最適の対応を即座に見極められるため、努力すれば、大きな会社の社長などの責任あるポジションを手に入れることも可能です。完璧主義に陥りやすく、自分ができることを他人ができないと、ストレスを抱えてしまう一面もあります。

まとめ

ソウルナンバーは、自分の本質を知り、進むべき道を見定めるための自信を与えてくれる数字です。物事には必ず長所と短所があり、完璧な人間は存在しませんが、自分が本当に心から求めているものを得ることが、人生を支える重要な基盤となります。短所をネガティブに捉えるのではなく、自分の特性として受け入れて、長所を伸ばすことに目を向け、自信を持って力強く人生を推し進めていきましょう。

- 1 / 1ページ -