【2019年版】土星人プラスの恋愛運は?占い師が開運法を伝授!

この記事の情報提供者

土星人プラスは、一見人付き合いが上手ですが、実は本性を隠し持っていることが多いもの。恋愛においても本音を打ち明けず、理想が高いこともあって、なかなか交際に至らない傾向があります。

そこで今回は、六星占術に詳しいセラフィムさんのお話をもとに、土星人プラスの恋愛や相性の良い人などについてまとめました。

土星人プラスの人の特徴


土星人プラスの恋愛運は、基本的な特徴を理解することで、より深く傾向を理解することができます。土星人プラスの特徴とは、どのようなものなのでしょうか?まずは、土星人プラスの特徴について見てみましょう。

嫉妬心が強いが、本性は信頼できる人にしか見せない

土星人プラスは、嫉妬する傾向があります。その反面、感情を表に出さないという特徴があるので、まわりにいる人は、そんな本性に気づかないケースが多いでしょう。

心の中で人を妬んでいたとしても、ニコニコと笑っていられるので、表面的な付き合いを得意とします。愛想が良く、サバサバとしていて、落ち着いているように見える土星人プラス。親しくなった人に本性を見せると、「そんなことを思っていたんだ」と驚かれることも珍しくありません。

お人好しで情にもろい


お人好しで情にもろいうえに、単純なところがある土星人プラス。なので、詐欺被害に遭ったり、連帯保証人になってしまったりすることが多いという特徴があります。

そういったお人好しの特徴は、ボランティア精神に溢れた人柄にも表れるでしょう。老人介護や動物愛護、海外ボランティアなどに、積極的に参加する人も少なくありません。

また、情にもろい土星人プラスは、家族を大事にするという特徴もあります。家族に対しては本音で話すので、辛くあたることもありますが、心の底では思いやりに溢れているのです。そのため、家庭内トラブルは少ない傾向があります。

さらに、お人好しで情にもろいという特徴は、争いを避け、なんでも穏便に済ませたいと思う性格にもつながります。波風が立つようなことはせず、人が嫌がるような愚痴もこぼしません。自分の考えを表に出さず、些細なものであれば、人の悪事も見逃してしまうでしょう。

ですが、そのような事なかれ主義がかえって仇となり、自分が傷ついてしまうことにもなりかねません。土星人プラスは、思ったことを口にしない性格。それは、マイナスに影響することもあるのです。

プライドが高く、物事を完遂する力を持っている


自分の考えに自信を持っていて、プライドが高いうえに、試練に立ち向かう力が強いのは、土星人プラスの特徴。意志や忍耐力が強く、決めたことは最後までやり遂げるのは、土星人プラスの良いところ。

その反面、人から干渉されることを嫌がる傾向があり、持ち前の気概が活かせないことも珍しくありません。プレッシャーや、制限をかけられることに弱いので、土星人プラスが力を十分に発揮するためには、自由にのびのびとやらせてもらえる環境がカギになるでしょう。

理想が高く、想像力が豊か


土星人プラスは、異性を選ぶときは妥協しません。高い理想を持っており、条件を満たす相手でなければ、交際しないという潔さを持っています。

また、想像力(妄想力)が豊かなことも、土星人プラスの特徴。なので、異性を相手に、ドラマの主人公が言うようなセリフを口にすることができるのです。ここにも理想の恋愛を追い求める土星人プラスの特徴が表れていると言えるでしょう。

理性が強く、落ち着いた行動を好む

理性が強い土星人プラスは、感情や本能で動くことがありません。そういった傾向は、本能に従って身体を動かすアウトドアより、屋内で静かに過ごすインドア派という特徴にも表れます。せっかくのチャンスを目の前にしても、あれこれと考え過ぎて、タイミングを逃してしまうことも珍しくありません。

好奇心旺盛だが飽きっぽい


土星人プラスは、多くの趣味に興味は持つものの、子どものように飽きっぽいところがあります。あるものに興味を持ったと思ったら、別のものにも面白さを感じてしまい、あちこちに関心が向いてしまって、中途半端になりやすいのです。

自分の感情に忠実に行動する土星人プラスは、自分の中で好きなことと、嫌いなことがハッキリとしていることが珍しくありません。ほかにも、好きな人には時間やお金をかけて尽くす傾向がありますが、その一方で嫌いな人には冷淡になりがち。偏食傾向もあり、栄養バランスが偏っていることも少なくありません。

このように、子どもと大人の感覚が同居していることが多い土星人プラスは、一番つかみどころがなく、わかりにくい性格だと思われやすいと言えるでしょう。

土星人プラスの恋愛運


土星人プラスは、異性に対する理想が高くなりがち。だからこそ、なかなか付き合うことができないもの。ですが、運気の悪い時期には、普段はしない行動をとって失敗してしまうもの。

2019年は、土星人プラスにとって良くない運気となりますが、どのような傾向があるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

トラブルに巻き込まれる可能性が高い

土星人プラスにとって、2019年の総合運は大殺界である減退です。減退とは、六星占術において運勢の悪い期間を意味する言葉。人との関係が途切れるといった、精神的な痛手を負いやすい時期のことです。

そんな減退の時期に差しかかるので、2019年の恋愛運は良くありません。二股をかけられたり、不倫の相手をさせられたりというように、災難が降りかかる恐れがあるので、恋愛には気をつけましょう。ほかにも、病気をうつされることなど、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなる時期なので、恋愛はなるべく避けてください。

別れるなら2019年中が良い


2019年は、恋愛で別れを意識しなければならない年。いつか別れるという相手がいる場合、2019年のうちに別れることをおすすめします。

なぜなら、2020年の恋愛運がアップするからです。逆に、別れるべき相手とずるずる関係を引き延ばしてしまうと、来年以降にも悪い運気を持ち越して、低調な恋愛運になってしまいがち。

また、2016年よりも前から付き合っていて、その恋人と結婚を考えている場合には、2020年以降に結婚するのが良いでしょう。今年は運気が良くない1年なので、思い切った決断は避けることをおすすめします。

土星人プラスの結婚運


2019年に結婚を考えている土星人プラスは、一度立ち止まって考え直したほうがいいかもしれません。年運の減退は、結婚運にも影響するからです。ただ、土星人プラスの女性については、結婚を考えるにあたって、ほかにも注意すべきことがあります。土星人プラスの結婚運について、見てみましょう。

騙されやすいので注意が必要

土星人プラスの2019年の年運は、総合運が大殺界の減退なので、恋愛運と同じく結婚運も良くありません。そのため、結婚関係についてもトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、結婚詐欺などに注意しましょう。

2019年に近づいてくる異性がいたら、「何か下心があるのではないか」と疑ってかかるくらいがちょうど良いのです。今年騙されてしまうと、金銭面だけでなく、精神的なショックも大きく、今後の恋愛が上手くいかなくなる恐れがあるので、気をつけてください。

土星人プラスの女性は相手の男性に影響されやすい


土星人プラスの女性は、基本的に男性の運気によって、影響される部分が大きいもの。そのため、男性の運気が良い場合には、結婚しても問題がないこともあります。なので、土星人プラスの女性の場合は、相手の男性の運気にも十分な注意を払うようにしてください。

土星人プラスと恋愛で相性の良い人


土星人プラスは、愛想が良いものの、なかなか本性を出さない傾向があります。また、恋人に求める理想が高いこともあり、交際に至ることが少ない傾向があります。そんな土星人プラスと相性が良い人は、どんな人なのでしょうか?

そこで、土星人プラスと恋愛で相性の良い人についてまとめました。

追いかけてくれる人

嫉妬心が強い土星人プラスは、恋人のことを詮索したり、制限を設けたりして、相手を束縛してしまいがち。その一方で、土星人プラス自身もつかみどころのない性格をしています。そのため、恋人から詮索されることも珍しくありません。

ですが、土星人プラスは、詮索されることを嫌う傾向があります。自分の好きな人にしか心の内を表に出さない土星人プラスは、なかなか本音を見せてくれないもの。そのうえ、土星人プラスは理想が高く、好き嫌いもはっきりしています

なので、そんな土星人プラスのお眼鏡に叶うために、努力をしてくれる人が相性が良いと言えるでしょう。つまり、土星人プラスのことを追いかける人のことですね。

一生懸命に頑張って、土星人プラスの好みをリサーチし、理想に近づこうとする人は、土星人プラスの情に訴えかけることも珍しくありません。このように、努力して距離を少しずつ縮められる人が、土星人プラスと相性が良いのです。

詮索や束縛をしない人


土星人プラスに対して好意を抱き、振り向かせることができたら、土星人プラスは尽くしてくれる傾向があります。ですが、詮索されたり束縛されたりすることを嫌うのは変わりありません。なので、土星人プラスのことを信じてのびのびと自由にさせてくれる人は、相性が良いと言えます。

土星人プラスと恋愛で相性の悪い人


土星人プラスは、好き嫌いがハッキリとしています。そのため、相性の悪い人も、ハッキリとしたタイプがあるのです。そこで、土星人プラスと恋愛で相性の悪い人について、見てみましょう。

土星人プラスの理想を受け入れられない人

恋愛において、理想が高くて妥協をしないのが土星人プラスの特徴。そのため、土星人プラスのお眼鏡にかなうような人でなければ、そもそも恋愛対象にもなりません。

なので、土星人プラスの理想を受け入れられない人は、付き合う可能性が低くなりがち。土星人プラスのことを追いかけられない人は、相性が悪い人だと言えるでしょう。

詮索や束縛をする人


心の内を表に出さない土星人プラスは、恋人から、「誰と、どこで、何をしていたのか」などと詮索されることが珍しくなく、それを嫌います。また、土星人プラスは、「〇〇はいいけど、〇〇はダメ」「〇〇は許さない」などと、制限を設けて束縛されることを嫌う傾向があるのです。なので、自由にのびのびとさせてくれないタイプは、相性が悪いでしょう。

土星人プラスの恋愛運を良くする方法


土星人プラスにとって、2019年は運気の良くない1年。だからこそ、過ごし方に注意する必要があります。気を抜いていると、来年以降の運勢も悪くなってしまうからです。

そんな土星人プラスは、今年をどのように乗り切れば良いのでしょうか?土星人プラスの恋愛運を良くする方法を見てみましょう。

今年の恋愛は控えて、運気の上昇する来年にかける

2019年は大殺界最後の減退にあたる年。今年で大殺界が終わりますが、光が見えているからといって、油断して恋愛に走ってしまうと二股や不倫、病気といったトラブルに見舞われかねません。せっかく2020年に運気が上昇するわけなので、足を引っ張らないようにするためにも、今年の恋愛は諦めて来年にかけましょう。

合わない人との恋愛関係は今年中に清算する


終わらせるべき恋愛関係がある場合は、2019年中に清算してしまいましょう。ずるずると引きずって2020年に突入してしまうと、来年の恋愛運にも悪影響が及びます。

2020年の恋愛運を上昇させるためには、悪い運気を来年に持ち込さないことが重要。そのため、2019年のうちに清算しておくことを、おすすめします。

まとめ

土星人プラスにとって、2019年はさまざまなことに注意が必要な年。ですが、今年を無事に乗り越えることができると、来年から運気の上昇が期待できます。その反対に、今年に無理をしたり、大きな決断をしてしまったりすると、来年以降にも悪影響を引きずってしまいがち。

そんなことにならないよう、今回お伝えした内容を参考にして、2019年をより良い1年にしてくださいね。