火星人マイナス2019年の恋愛運は?占い師直伝の恋愛アドバイス

六星人の火星人の中でも、生まれ年の干支が「-」の火星人マイナス。今回は占い師のsaraさんのお話をもとに、火星人マイナスの人の性格や恋愛傾向、2019年の恋愛運、心がけることについてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

火星人マイナスの性格や恋愛傾向

6星人の中でもっとも奇人変人が多いといわれる火星人ですが、どんな点が奇人変人と受け取られるのか?また、恋愛においてはどのような特徴を持つのか?性格と恋愛傾向を見ていきましょう。

プライドが高い

火星人マイナスの人はプライドが高い面があり、好きな人がいたとしても、なかなか自分の気持ちを相手に伝えることができません。そのため、せっかくのチャンスを逃してしまうことがあります。恋愛においては奥手といえます。

しかし、相手の気持ちを読む繊細な面を持ち合わせています。相手の気持ちを感じたときは、自分の気持ちをできるだけわかりやすく言葉にして、相手に伝えるようにすると良いでしょう。

ミステリアスな雰囲気がある

プライドの高さとも関係していますが、火星人マイナスの人はとても警戒心が強く、簡単に人に心を開くことがありません。その性質のため、周囲の人からは何を考えているかわかりづらく、ミステリアスな印象を持たれます。そしてそのミステリアスさは、火星人マイナスの人がモテる要素のひとつにもなっています。

また、警戒心が強い反面、一度心を許した相手に対しては、とことん信用する面を持っています。そのギャップがさらなる魅力にもつながり、異性を引きつけるのです。

容姿にかかわらずモテるというのも、火星人マイナスの人の特徴といえます。

華やかで人を惹きつける魅力がある

AQミリオリティのの特徴・魅力

火星人マイナスの人には、華やかな人が多いです。この華やかさは、自分自身に誇りを持っている火星人マイナスの特徴からくるカリスマ性のようなものともいえるでしょう。ミステリアスさとカリスマ性を兼ね備えた華やかな雰囲気に、多くの人が惹きつけられます。

浮気癖に注意

多くの人を惹きつける火星人マイナスの人ですが、浮気癖のある人も多くいます。この点は恋愛を成就させる上でネックとなります。

お酒が大好きで、その場の雰囲気に流されたために、火遊びをすることも少なくないでしょう。本命の異性がいる場合は、取り返しのつかないことにならないよう、くれぐれも気をつけてください。

火星人マイナスの人の2019年における恋愛運

ミステリアスで華やかな雰囲気を持つ火星人マイナスの人ですが、2019年の恋愛運はどうなのでしょうか。パートナーのいる人、いない人、それぞれの今年の恋愛運をチェックしていきましょう。

パートナーのいない人は出会いに恵まれる1年

火星人マイナスの人の2019年は、12の運命周期のうち3番目の「立花」という収穫の時期にあります。「立花」は、運命周期の中でも今後を決定づけるもっとも重要な時期とされており、この時期に成し遂げたことは、生涯にわたり不動のものになるともいわれています。恋愛運も勢いがあり、出会いに恵まれる1年となりそうです。

プライドが高い火星人マイナスの人は、恋愛にも自分から積極的にいけないことが多いです。しかし、今年出会う人は、これからのあなたにとって重要な人となる可能性が高いです。消極的にならず、気になる異性との出会いがあれば、積極的に縁を深めるよう行動してください。

パートナーのいる人は浮気は厳禁

「立花」に当たる2019年の失敗は、その後にまで影響を引きずるおそれがあります。とくに浮気や不倫には要注意です。

浮気癖を持つ傾向がある火星人マイナスですが、現在のパートナーがいる人は、その人との関係性を深めていくほうが良いでしょう。くれぐれもパートナー以外の異性に走ることがないよう、気をつけてください。

火星人マイナスの人が今年良い恋愛をするために行動すべきこと


収穫の時期に当たる「立花」の2019年。火星人マイナスの人が意中の相手との幸せをつかむために、どのような行動をしたら良いでしょうか。六星占術の運命周期に沿った行動のポイントと注意点を見ていきましょう。

積極的な行動が新しい出会いのチャンスにつながる1年

火星人マイナスの人の2019年は、出会いの多い1年となるでしょう。しかし、ただ待つだけでは大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。これまでの人間関係だけでなく、新しい人間関係の中での出会いの可能性もあるので、積極的に新しい世界に出て行ってみましょう。

なかなか勇気が出ない人は、友達に頼んで出会いが多い場に連れ出してもらってください。待つだけでなく自ら行動する。それくらいの積極的な行動が恋愛チャンスを呼び込みます。

自分の気持ちを伝える

火星人マイナスの人は、そのプライドの高さから自分から気持ちを伝えることを苦手としていますが、2019年はチャンスの年です。片思いの人は自分の気持ちを相手に伝えてみましょう。それによって相手があなたのことを意識し出すかもしれません。

もともと火星人マイナスの人はモテる要素を持っているので、自分から積極的に思いを伝えるスタイルに切り替えることで、チャンスが限りなく広がります。2019年の火星人マイナスの恋愛運は、自分から一歩踏み出すことで切り開くことができるのです。

火星人マイナスの人が今年の恋愛において注意すべきこと

2019年の恋愛運を活かして今後につなげるためには、どのような行動をとったら良いのでしょうか。ここでは、火星人マイナスの人がより良い恋愛成果を得るために心がけたいことをお伝えします。

運気の良い人と行動を共にする

火星人マイナスの人は、友達から影響を受けやすいところがあります。2019年「立花」のせっかくの良い運気を活かすためにも、少しでも運気の良さそうな人に相談したり、一緒に行動したりするように意識してください。

さらに運気の高まりが期待でき、火星人マイナスの人の行動にも良い影響が出ることでしょう。

結果を出そうとする前向きな行動が運気を高める

何度もお伝えしているように、2019年は「立花」という収穫の時期なので、恋愛においても収穫するという意識を持って行動してください。

今年、失敗したという悪いエネルギーを残したまま過ごしてしまうと、そのあと数年間にわたって引きずってしまう可能性があります。逆にいえば、良い行動をしたというエネルギーは、良い結果につながるということです。

これまでの結果を出すという前向きな意識で、相手と向き合ってみてください。たとえ上手くいかなくても、自ら行動したという経験と自信は、次の恋愛の糧となります。新たな恋愛に向けて良いスタートを切るきっかけにもなるはずです。

まとめ

ミステリアスでカリスマ的な魅力を持つ火星人マイナス。自分が考えている以上に周囲の人からモテる存在です。気になる異性がいるのであれば、自分の気持ちを伝えることで恋愛チャンスを手繰り寄せることができるでしょう。

とくに、運命周期が「立花」の2019年は収穫の時期なので、積極的に行動し、自分の気持ちを伝え、生涯のパートナーとなるような相手との関係を築いてください。この時期はプライドを捨てて積極的な行動を起こすことが、今後の火星人マイナスの人にとってプラスとなるはずです。

- 1 / 1ページ -