水星人プラスのための恋愛講座!占い師が2019年を占います!

この記事の情報提供者

水星人プラスの人は、仕事などを上手くこなせても、「恋愛はなかなか思い通りにいかない」と感じている人が多いもの。その理由は、水星人プラスの性格や恋愛の傾向を見ることでわかります。

そこで今回は、占い師の桜井みづきさんのお話をもとに、水星人プラスの性格の特徴や恋愛傾向などについてまとめました。また、恋愛運をアップするためにするべきことや、注意すべき点などもお伝えしているので、参考になさってくださいね。

水星人プラスの性格・特徴や恋愛傾向


水星人プラスは、どんなときにも落ち着いていて、大人な対応ができると思われがち。それは、水星人プラスの性格や特徴が表れているからでしょう。そんな特徴は、恋愛においても表れてしまうもの。そこで、水星人プラスの性格や恋愛傾向についてまとめました。

冷静で計算高い

水星人プラスの人は、どんなことに対しても冷静に考えることができます。たとえば、「どのくらいお金を支払えば公平になるか」「何回連絡したら面倒な人と思われるか」など、さまざまな場面で思考を巡らせ、自分が他人の目に、どう映っているのかを客観的に分析できるでしょう。

また、水星人プラスは、問題や課題などの分析も得意な傾向があります。状況をしっかりと把握したうえで、周りの人の考え方や特性を考えた行動ができるので、効率的に目的を達成する人が多いでしょう。そんな水星人プラスは、最初から達成不可能な目標を掲げない傾向があります。

自分の実力や周囲の環境をふまえて、達成できるレベルの目標を立てて突き進むので、少々の問題やトラブルではむやみに焦ったり、パニックに陥ったりすることがないのです。このような特徴は、計算高いという印象を周囲の人に与えがち。何事にも冷静に対処して、多少のトラブルなら軽々と乗り越えていくというイメージを抱かれやすいので、デキる人と思われやすいでしょう。

雰囲気に合わせられるが感情表現が少ない


客観的に物事を見ることが得意な水星人プラスは、人の気持ちを察するのも上手なもの。そのため、さりげなく気の利いたことができますが、その一方で、自分の感情を表に出さない傾向があります。

嬉しいことや悲しいことがあっても、周囲の人には、そういった感情を出さないのです。淡々と話を進めたり、仕事を進めたりする姿を見て、デキる人と思う人は少なくありません。

また、恋愛においても相手の反応を見ながら行動できるので、その場の雰囲気に合わせることは得意です。ただ、やはり感情を伝えるのが苦手なので、喜びや悲しみを表現しない人も少なくありません。そのため、相手からは「この人には、手を貸さなくても大丈夫」と思われ、放置されてしまうことも多いのです。

水星人プラスの2019年の恋愛・結婚運


水星人プラスは冷静で計算高く、感情表現があまり上手くないので、異性との距離をなかなか縮められないという人が少なくありません。良い恋愛をするには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

そこで、水星人プラスの2019年の恋愛運、結婚運についてまとめました。

新しいことへの行動を控えたほうがいい

水星人プラスは、2019年に大殺界へ突入します。これは今後3年間続く、要注意期間の入り口の1年ということ。ですが、身構えるほど恐れる必要はありません

ただ、恋愛や結婚については、新しい行動を控えたほうが良いでしょう。自分から相手に働きかけて何かをはじめようとすると、良くない方向に進んでしまいがち。大殺界のときは、むやみに行動するよりも、落ち着いて状況を見守るくらいの心構えのほうが、良い結果につながりやすいのです。

そのため、恋愛面や結婚面においては、基本的に受け身になることをおすすめします。できる限りデートの誘いや告白などをしないようにして、相手の様子を見ながら慎重に行動すると良いですよ。

トラブルのもとを寄せ付けないよう注意する


不安定な時期へ入れば入るほど、思いがけないところからの誘いも増える傾向があります。そんな時期には、甘い言葉でそそのかされてしまうことも多く、「思わず飛びついて、失敗してしまった」という人は珍しくありません。お金目当てで異性に近寄ろうとする人も、たくさんいるのです。

そういう人に捕まってしまうと、、お金の面で損をするだけでなく、精神的なショックも受けてしまうので、二重の苦しみを受けて立ち直れなくなってしまうかもしれません。異性に対する不信感が拭い去れなくなると、今後の人生にも大きく影響してしまうので、気をつけましょう。

このようなことから、会って間もないのに急接近してくる人や、変に優しく声をかけてくる人には注意しましょう。不自然に優しい人は、裏で悪だくみをしていることが多いもの。なので、持ち前の理性を駆使して相手を見定めてくださいね。

水星人プラスが恋愛運アップのためにすべきこと


水星人プラスの人は、「好きな人との距離感を上手く縮められない」と感じていることが多いもの。相手に配慮して、適切な思いやりのある行動をとるからこそ、なかなか距離が縮まらないということがよくあるのです。そこで、水星人プラスが恋愛運アップのためにすべきことについて、まとめました。

相手に弱点を見せる

水星人プラスの人は、基本的に自分の力だけで物事を解決しようと思いがち。ですが、恋愛においては、苦しみや悲しみをもっと相手に見せたほうが、良い結果につながります。たとえば、「スポーツができない」「パソコンが苦手」などということを相手にさらけだすことで、警戒心がほぐれて親しくなれる効果が期待できるのです。

苦手なものや不得意なことなど、弱点を相手に見せることで、相手ともっと親密になれることは少なくありません。最初は、「恥ずかしい」「言いたくない」と思うかもしれませんが、心の距離を近づけるためにも、相手に弱点を見せてみましょう。

相手に甘える


上手く弱点を見せることができるようになったら、今度は積極的に甘えてみましょう。無理をすればできそうな場合でも、相手の力を借りることで、関係性が良くなることはたくさんあります。

また、頼ってあげると、相手にも喜んでもらえるということは多いもの。なぜなら、誰かから頼られることで、「自分は必要とされている」と感じるからです。それが、好きな人から頼られた場合には、なおさら喜びを感じるでしょう。「弱いところを見せてくれた」「信頼して、自分を頼ってきてくれた」という思いにつながるので、ちょっとしたことでも甘えてみてください。

誰かにお願いすることは恥ではありません。「自分だけで解決しよう」と思わないようにしましょう。

水星人プラスが恋愛運アップのためにしてはいけないこと


水星人プラスの人は、完璧を目指してしまいがち。ですが、少しくらいの間違いをするほうが、親密な関係になれることもあるのです。また、相手のためになることは協力しても良いのですが、何もかもお膳立てをすると、相手から依存されてしまいます。

そういったことがないよう、水星人プラスの人が恋愛運をアップするために、注意すべきポイントをお伝えします。

泣きたい気持ちを我慢しない

水星人プラスの人は、「相手に弱みを見せてはいけない」と思う傾向があります。ですが、我慢をすれば、手を差し伸べようとする異性が遠のいてしまいます。なので、泣きたい気持ちを我慢しないでください。相手に心を開き、本音をさらけ出すことで、2人の関係性はグッと深まるでしょう。

計画通りに進まなくても気にしない


水星人プラスの人はしっかり者タイプが多いので、デートや旅行などが計画どおりに進まないと、イライラしてしまいがち。ですが、そういった気持ちが相手に伝わると、「居心地が悪い」と感じて、距離を置かれてしまう可能性が高まります。

なので、物事がきっちりと進まなくても、あまり気にし過ぎないでください。適度な緩さを見せるほうが、相手からも親しみを感じてもらえるでしょう。

まとめ

水星人プラスの人には、恋人との距離がなかなか縮まらないと感じる人が少なくありません。そんな特徴は水星人プラスの冷静で計算高い側面や、しっかり者の性格が影響しているのかもしれません。

恋愛はお互いの良いところ、悪いところを見せ合って仲を深めていくもの。だからこそ、自分の弱いところをさらけ出して、できる限り相手を頼っていきましょう。そうすることで、2人の絆はもっと強くなるはずです。