水星人マイナスが恋愛を上手く進めるコツ!占い師が教える秘訣とは?

この記事の情報提供者

水星人マイナスの人は何事もクールにこなしますが、恋愛においては上手くいかない傾向があります。優しい性格や冷静に物事を判断する特徴が、水星人マイナスの恋愛に逆効果だと考える人もいます。そんな水星人マイナスの人には、どんな人が恋人としてふさわしいのでしょうか?

そこで今回は、占星術に詳しい桜井みづきさんのお話をもとに、水星人マイナスの恋愛傾向や、相性の良い人、注意すべき人などについてまとめました。

水星人マイナスの恋愛傾向


水星人マイナスは、知的でデキる人という印象が強いもの。その反面、恋愛においては、思い通りに進められない傾向があります。どんなことでも、そつなくこなす水星人マイナス。なのに、なぜ恋愛では上手く振る舞えないのでしょうか?さっそく、水星人マイナスの恋愛傾向について見てみましょう。

不器用

水星人マイナスの人は聡明で柔軟なイメージもありますが、恋愛には不器用さも持っています。恋愛以外のことには上手く対応しますが、恋人には自分の気持ちを伝えられないケースが多いでしょう。

その理由は、恋人に嫌われたくないという気持ちがあるから。相手のことを考えすぎて、自分のことをないがしろにしてしまう傾向があるのです。感情が置き去りになり、相手の言いなりになってしまうことも少なくありません。

優しさを前面に出して、恋人に振り回されてしまう人はたくさんいます。水星人マイナスの人はのんびりとしていて、穏やかな人が多いもの。だからこそ、相手の気持ちを優先させてしまいがち。

ただ、「ここぞ」というときは素早く行動して、主導権を握ります。恋人が危ない決断をしようとしている場合や、良くない友達と付き合っているときには、「それはいけない」とハッキリと言えるのです。それは、相手のことを思っているからこその言動と言えるでしょう。

また、普段は意見を言わない分、ハッキリと考えを口にしたときは、相手の胸に突き刺さることが多いと言われています。そのうえ、水星人マイナスは、賢くて論理的な特徴があります。なので、理路整然と相手を説得できるので、「ここぞ」というときには主導権を握れるのです。

水星人マイナスの2019年の恋愛運


2019年の恋愛運は水星人マイナスの人にとって、あまり良くないと感じるかもしれません。ですが、この時期を乗り越えられると、より良い関係になれると期待できます。

そこで、2019年における水星人マイナスの人の恋愛運について、まとめました。

期待通りにならない

水星人マイナスは、2019年の恋愛でつまづいてしまわないよう、注意してください。自分が期待していることと、相手の行動がまったく違うので、上手くいかない状況に心も沈みがち。強気で攻めることのできない時期ですが、引っかかっていることがあれば相手に確かめましょう

ここで相手の気持ちを確かめておかないと、来年以降の関係性が良くない方向に傾く可能性が高くなります。相手の気持ちを大切に考えるのは良いことなのですが、自分の気持ちも大切に考えるように心がけましょう。そうすることで2人の関係性が、より深いものになるはずです。

この先の関係に不安を感じる

「相手の気持ちが読めない」「この先にどうなるのか不安」……。2019年は、そんな恋愛になりそうな年。

なので、自分をしっかり持ってください。誰かの言葉に惑わされてはいけません。恋人を疑ったり、不信感が募ったりすることもあるでしょう。

ですが、それはあなたが恋人のことを真剣に考えているから。恋人への疑惑や不信感が高まるほど、どれだけ相手に夢中になっているのかという、本気度に気づけるでしょう。

そんな気持ちをぶつけられれば、相手もあなたの真剣さに気づくというもの。だからこそ、今までよりも深い絆で結ばれることも期待できるのです。

水星人マイナスの恋愛において相性の良い人


水星人マイナスは恋愛に不器用で、自分自身を押し殺してしまう傾向があるもの。恋人が思いやりに欠ける人だと振り回されてしまって、大変な思いをするケースも珍しくありません。そのため、できる限り相性が良い人を選ばなければ、恋愛に疲れ果ててしまうおそれがあるのです。

そこで、水星人マイナスの恋愛において、相性の良い人をまとめました。

お互いの長所を伸ばせる木星人と相性が良い

水星人マイナスの人は、木星人との相性が良いようです。木星人は水星人の個性を消すことなく、お互いの長所を引き出せる存在

なぜなら、木星人には堅実な人が多く、相手の気持ちを尊重できるという特徴があるからです。そのような側面は、水星人マイナスの人の、「相手のことを考えて自分の意見が言えない」という気質とマッチしやすいというもの。

木星人には奥ゆかしくて、雰囲気を読める人が多いので、水星人マイナスと相性が良いのです。そのため長期的な恋愛に向いていて、将来を考えながらお付き合いできる関係になるでしょう。

水星人マイナスと木星人の恋愛は、決して短絡的なものではありません。喧嘩になれば引くに引けない状態になることもありますが、どちらからともなく歩み寄れます。

どちらも形にはこだわらないので、結婚するまでに時間がかかるケースも少なくありません。これらの理由から、水星人マイナスと木星人は、バランスのとれた相性だと言えるのです。

水星人マイナスの恋愛において注意すべき人


水星人マイナスの人は、相手に引っ張られがち。なので、自分の考えを通そうとする人や、思いやりに欠ける人との恋愛は、向かない傾向があります。そこで、水星人マイナスの人が恋愛で注意しなければならない人について、まとめました。

火星人

火星人との恋愛は、勢いに押されてしまいがち。自分なりの考えをしっかりと持っていて、積極的に意見を伝えるところは、水星人マイナスとは真逆の性格とも言えるでしょう。

わいわいと楽しく過ごすことが好きなので、色んなところに連れていかれることも珍しくありません。そうなってしまうと、なかなか自分の時間を持てないもの。そういったことが積み重なってくると、次第にストレスが溜まってきてしまって、相手との関係性を見つめ直すことになるのです。

なので、火星人と恋愛をする場合には、自分の時間を作ってリラックスするためにも、適度な距離感を保つことが大切。ですが、火星人の勢いに感化されて、自分もしっかりと意見を言えるようになったら、良い影響を受けたと言えるでしょう。

自分の意見を捨てないように心がけることは、水星人マイナスの人にとって大切なこと。自分の考えを言わないで、相手に合わせると好かれやすいのですが、あとから自分が苦しくなるので注意しましょう。

また、火星人には、疑り深い人も少なくありません。なので、水星人マイナスの人は注意が必要です。

水星人マイナスの人は優しい人が多いので、異性のお願いを何でも受け入れがち。そういった行動は、恋人から誤解されるため、異性の友人とはしっかりと境界線を引いて、何でも受け入れないように気をつけましょう。

土星人

土星人との恋愛は、お互いの資質が違うため、価値観の相違も当たり前と考えてください。

とくに土星人の中には、自分の意見を相手に押しつけようとする人が少なくありません。自分の考えが正しいと信じ込んでいるので、それが相手にとっても、ただひとつの答えであると考えてしまいがち。だからこそ、水星人マイナスの人は、いいように振り回されてしまうおそれがあるのです。

土星人の中には感情で動くタイプも多く、現実離れした目標を掲げる人も珍しくありません。こういった特徴は、水星人マイナスのクレバーな面と相反するところがあるので、土星人との恋愛には注意しましょう。

まとめ

水星人マイナスの人は、何事も上手くこなす傾向がありますが、恋愛に対しては不器用なことが多いもの。それは相手のことを考えすぎてしまうから。自分の考えを伝えることができないまま、都合の良い異性と思われないように注意が必要です。

また、恋愛において相性の良い人、悪い人を把握しておけば、より良いパートナーを見つける際に役立ちます。今回お伝えした内容を参考にして、より良い恋愛をしてくださいね。