【タロットカード】正義が出たときの意味は?正位置・逆位置の違い

この記事の情報提供者

タロットカードで“正義”が出た場合、これから良いことが起こると考えるのではないでしょうか?しかし、逆位置で出たときには、まったく逆のことが起こることもあります。

そこで今回は、占い師の桜井みづきさん提供の情報をもとに、タロットカードで正義が出た場合の具体的な意味を解説します。ぜひチェックしてみてください。

タロットカードの正義が持つ意味とは?

タロットカードの正義は、良い兆しがあることを示しています。それではさっそく、タロットカードの正義が持つ意味を見ていきましょう。

公正でバランスの取れた状態

複数の項目があるなら、それぞれの長所と短所を並べて考えます。偏った先入観で物事を判断するのではなく、すべての条件をテーブルの上に出すようなイメージです。感情に流されて忖度することもありません。

正義は、一時的な揺らぎによって左右されるものではなく、正しい基準がブレたりはしません。このカードは公平であることを前提とし、タロットの中でもっとも中立の立場を選んでいる状態です。なので、裁判によって判決を下していると解釈できます。

抱えていた問題が解決できる

今まで抱えていた問題を解決できることを意味しています。そして、状況が安定し、充実した環境になると解釈することができます。

ただしこれは、何もせずに得られるものではありません。自分で問題を解決しようという努力が必要であり、心身を労してつとめることで報われるときが近い状態にあると、とらえることができるのです。

タロットカードで正義が正位置で出たときの意味とは?

正義が正位置で出たときは、名誉や評価といったキーワードを示しています。これらのキーワードをもとに、正義が持つ意味を解説します。

公平な判断をしてもらえる

タロットの「正義」が正位置で出たら、厳しくも公平な審査が行われた証拠です。

手心を加えられることもなく、実力を比較して選ばれた状態です。親の力や肩書による影響もなく、本人の努力してきた結果を認めてもらえます。

過去の経験や実績だけを基準とするのではなく、新しい考えや斬新なアイデアもひとつの選択肢になります。狭い枠の中だけに制限して決められることはありません。すべての人が納得できるような形になるでしょう。

今までの苦労が報われる

今までに取り組んできたことや、自分自身の頑張りが正当に評価され、努力が報われることを意味しています。頑張りに相応する成果を出すことができ、多くの報酬や良い立場が与えられることでしょう。そのため、今頑張っていることに対し、誠実に取り組むのが良いです。

タロットカードで正義が逆位置で出たときの意味とは?

タロット占いで正義のカードが逆位置で出たときは、正位置の意味の逆になります。具体的な意味は以下のとおりです。

不公平な状態になる

理不尽な要求を受けて入れている、理屈を並べられて押し付けられるといった状態になることを意味しています。一方的な判断を採用され、不平等な現実を受け入れるしかない状況です。

たとえば、一般的にケンカの原因は、当事者同士の話を両方聞きますが、正義が逆位置になると片方の事情しか聞かれません。判断の材料がひとつしかないにも関わらず、それを全体像にする世界となります。そのため、不平や不満が溜まったしまうでしょう。

問題が解決できない

今抱えている問題を解決することができずに、不安定な状況が続いてしまうのを意味しています。さらには、突然トラブルに巻き込まれ、状況が一変してしまうことも考えられます。まずは自分を省みることにより、慢心を捨てて物事に取り組みましょう

タロットカードで仕事について占って正義が出たときはどう解釈する?

正義のカードには、誠実の意味が含まれています。仕事について占ったとき、その誠実さが裏目に出る、あまり良くない解釈になります。正位置と逆位置の解釈を見ていきましょう。

正位置:仕事の均等

何かひとつの作業や業務だけに絞ることができず、抱えているいくつかの仕事を分担できずにいる状態です。たとえば、人には任せられない、自分が終わらせなければならないといった具合にです。

そのような強い責任感を持っていたとしても、一人で完成させることだけが仕事ではありません。上手く割り振りして采配することも、仕事のバランスを図る上で重要な役割となります。背負っている荷物を下ろしたとしても、周囲には受け入れてもらえるでしょう。

逆位置:安定しづらい状態

現在、営業職に就いている人は成績が上下しやすくなったり、フリーランスの人は収入が上下しやすくなったりします。ほかにも、仕事とプライベートの両立が難しくなり、その両方が上手くいかない可能性があります。まずは自分の目的をはっきりとさせて、ひとつのことに集中しましょう。

タロットカードで恋愛について占って正義が出たときはどう解釈する?

恋愛について占って正義が出たときは、正位置の場合はあらゆる関係が良くなり、逆位置の場合はパートナーいる人に限っては良いとは言えない状況です。詳しく見ていきましょう。

正位置:恋愛と私生活の両立

恋愛だけに傾くのではなく、自分の仕事や友人関係も大切にすることを意味しています。一時的な感情の盛り上がりは輝いて映るかもしれませんが、ほかにもたくさん楽しいことがあります。バランスが保たれている状態なら、それを続けてください。

どちらか一方だけに力を注いでしまえば、残ったほうに幸せが現れるかもしれません。欲張りではなく、公平な判断を行うことで調和できます。

逆位置:パートナーと性格が合っていない

もしあなたに現在パートナーがいる場合は、性格や価値観が合っていない可能性があります。これは、自分のことしか考えずに、相手のことをないがしろにしていることが大きな原因と考えられます。

そのため、近いうちにどちらかが浮気や不倫をしてしまうかもしれません。まずは相手優先で物事を考えて行動をするか、無理なのであれば別れるしかないでしょう。

タロットカードで金運について占って正義が出たときはどう解釈する?

金運について占って正義が出たときは、何も対策をしなければマイナスな状況になってしまいます。以下の意味を見て、対策をしましょう。

正位置:自分だけ我慢している状態

自分だけお金の面で、我慢させられている状態を意味しています。たとえば、恋人のためにお金を使う、家族のためにお金を貯めるといったようなことです。そんな状況であれば平等とは言えず、どんなにお金が巡ってきたとしても満足した状態にはなりません。

「お金が足りない」と思うのは、自分を後回しにしているからです。相手のために使ったのであれば、自分へのご褒美も用意しましょう。お金を循環させることが、金運を高めるきっかけとなります。

逆位置:お金に困ることになる

金運について占って正義が逆位置で出た場合、近いうちにお金に困ることを示しています。これは、ギャンブルや遊び、ショッピングなどにハマってしまうことが原因です。ほかにも、悪い儲け話に引っかかってしまうことも考えられます。家計簿をつけたり、一か月に使うお金を決めておいたりと対策をして、散財を防ぐようにしましょう。

タロットカードで人間関係について占って正義が出たときはどう解釈する?

人間関係について占って正義が出たときは、正位置の場合は真面目さが裏目に出る、逆位置の場合は良くない方向に転がる可能性があります。具体的な意味は以下のとおりです。

正位置:今の状態が優等生である

周囲の話を聞いて理解してあげることは素晴らしい行動です。しかし、そこには自分の意見が含まれていません。共感することは間違いではありませんが、反対意見があるなら主張しましょう。

考えや意見の違いは当たり前です。それをすべてまとめようとすれば、どこかで対立することもあるでしょう。聞き入れてあげることと解決することは違います。問題の解決に向かうときは、受け流すことも大切です。

逆位置:難しい問題に巻き込まれる可能性がある

人間関係で難しい問題に巻き込まれて、悩む日々が訪れる可能性があります。これは、偏見で人を判断するような、性格に難がある人と接することが原因です。

そのような人と接することによって、人の悪口を言ったり、無責任なことをしたりするおそれがあるでしょう。人間は周囲の人に影響されやすい生き物なので、普段接する人は選ばないといけません。

まとめ

正義のカードは、名誉や評価、安定といったことを示していて、正位置で出れば充実した人生を送ることができます。しかし、逆位置で出ればまったく逆の意味になり、困難が待ち受けていることを示します。

ただ、逆位置で出たとしても、誠実で正しい行動をしていれば、正義のカードは良い方向に転がります。今回ご紹介した正義のカードの意味をしっかりと受け止めて、日々の暮らしに活かしましょう。