恋愛のタロット占いで愚者が出る意味とは?正位置と逆位置で違う解釈

この記事の情報提供者

タロットカードは人生に気づきを与えてくれるものであり、恋愛に関するメッセージも届けてくれます。当記事では、占いに精通している桜井みづきさんのお話をもとに、タロット占いで愚者のカードが出たときの解釈の仕方について詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

タロットカードで恋愛を占ったとき「愚者」が正位置で出る意味

タロットカードの方向がまっすぐ絵柄のとおりに出ている状態のことを、正位置といいます。恋愛を占ったときにこの正位置の状態で出た場合、以下のような解釈が可能です。

束縛を避けたい

タロットカードで恋愛を占ったときに、正位置で愚者が出た場合には、自由の意味合いが強いため、縛られない関係を望む傾向を表します。

たとえば、1日に何度もメールやライン、電話をする、明日の予定をすべて確認する、異性との遊びなどお互いに何らかの制限をかける……。そのようなお付き合いを避け、自分の気持ちを優先したい状態に近いでしょう。

一人を思っているとは限らない

愚者が正位置で出た場合の解釈としてはほかにも、相手の好みに合わせるのではなく、自分の意思を貫こうとする行動も見られます。柔軟な関係性を求めているため、もしかすると本命以外にも心を惹かれている誰かが存在しているかもしれません。

タロットカードで恋愛を占ったとき「愚者」が逆位置で出る意味

逆位置は上下逆さまでタロットカードが出た状態で、本来の意味を持つ正位置とは別の捉え方をします。愚者が逆位置で出た場合の解釈について、見ていくことにしましょう。

堅実なお付き合いを望めない場合も

楽しさばかりを追求するような恋愛も想定できます。将来を見据えた関係を考えないため、場合によっては堅実な交際が望めません。現状が悪いとは思わない、今が楽しければ良いと思っている部分もあり、正位置の意味をより強めたような振る舞いも見られるでしょう。

誰かを傷つけている

上述したタロットカードの愚者が逆位置で出た場合の考えや振る舞いについては、決して悪意があるわけではありません。自分の気持ちに素直に従い、目の前の恋愛に身を投じているだけです。しかし、そのために余計に目立ってしまい、知らずに傷つけてしまっている人がいるかもしれません。

タロットカードで出会いを占ったとき「愚者」が出る意味

タロットカードの愚者が出た場合、出会いについては期待感が持てそうです。しかし、気をつけなければいけない点もないわけではありません。詳しくは以下のとおりです。

思わぬところで出会いがある

日常とは少し違うところ、たとえばはじめて訪れる旅先など、これまで足を運んだことがない場所で異性と出会う可能性があります。タロットカードの愚者には自由な発想が込められているため、思いつきで立ち寄ったカフェや雑貨店、いつもとは違うルートの帰り道にもチャンスがあるでしょう。

多くの出会いが期待できる

場所が限定されていないだけでなく、身内や友人の紹介のような出会いの形式に当てはめず相手を選べるのも、たくさんの出会いが望める理由です。ただ、身内や友人からの紹介ではないために、相手の生活や環境といった情報を知らされないまま恋をしてしまうかもしれません。

タロットカードで片思いを占ったとき「愚者」が出る意味

片思いをしている多くの人は関係の進展を望みますが、すべての人がそうではありません。タロットカードの愚者が出た場合にはどう解釈するのか、チェックしていきましょう。

心の中で葛藤している

「自分の気持ちは伝えられない。でも、相手のことを嫌いにはなれない……」といった迷いを抱えてはいるのは事実としてあるものの、そんな現実を受け入れています

つまり、片思いである恋愛を自分で選択しているのです。誰にも本心を悟られないことで、相手を好きでいられる時間を手に入れています。

現状を変えたくない

タロットカードで片思いを占ったときに愚者が出た場合、今の状態からの変化を嫌っているのかもしれません。告白すれば、相手との今の関係性が壊れてしまうおそれがあり、そのような気持ちが働いている可能性があります。

楽しみを見つけている

愚者のタロットカードは、無邪気さを象徴とするものでもあります。したがって、片思いについて占ったときに出てきた場合には、苦しくて切ない思いを実感しながらも、そこに楽しみを見出していると解釈できます。

タロットカードで相性を占ったとき「愚者」が出る意味

恋愛で、相手と上手くいくかどうかを決定づける要素のひとつが相性です。その良し悪しをタロットカードで占ったとき、愚者が出た場合は以下のような解釈をすることができます。

お互いに居心地の良さはある

相性について占ったときに愚者のタロットカードが出た場合には、自分にとっても相手にとっても居心地の良さを感じることはできます。見栄やプライドに邪魔されず、気持ちを許せる部分があるのかもしれません。余計な緊張感も存在しないため、恋愛の距離感を持ってお互いに向き合える相性です。

変わらない状態に飽きる

カップル マンネリ

上述のことについて気をつけなければいけないのは、愚者のタロットカードは自由を求める意味が強い点です。お付き合いが長くなれば、お互いへの興味が薄れてしまうおそれがあります。いつも新鮮な気持ちではいられないため、マンネリが生じてしまうのです。

そうなれば、刺激を求めて別の異性に対して意識が向いてしまうかもしれません。無意識のうちに心が揺れてしまうのです。

タロットカードで復縁を占ったとき「愚者」が出る意味

一度別れた相手とヨリを戻す可能性があるのかどうか。その鍵を握っているのは、相手と顔を合わせるか合わせないかです。以下に詳細をまとめましたので、確認していきましょう。

絶対に戻りたくない状態ではない

頑なに復縁を拒んでいるわけではないものの、積極的に復縁できる環境ではありません。何かのきっかけがあればスムーズにヨリを戻せるため、流れに身を任せてみる判断も必要です。2人が顔を合わせられる時間があれば、その場の盛り上がりから新しい展開を迎えることも考えられます。

絶対に戻りたい状態でもない

思い出にしがみつく、過去の恋愛に執着しているような雰囲気も存在しないため、このまま顔を合わせることができなければ、復縁したい気持ちも薄れるでしょう。つかみどころがない愚者のタロットカード。心変わりも早く、気持ちも変わっているかもしれません。

タロットカードで結婚を占ったとき「愚者」が出る意味

結婚について占ったときに愚者のタロットカードが出た場合には、結婚に向いているかどうかや、どのような結婚生活を送るのかということについての解釈の仕方があります。

結婚に適さない

タロットカードで結婚について占ったとき、愚者が出た場合は結婚に不向きと捉えることができます。はじめの頃はパートナーとの結婚生活を楽しめますが、そのうち家庭という安定的な暮らしに飽きてしまう可能性もあります。

変わったスタイルの結婚生活を送ることも

お互いの気持ちを尊重して行動すれば、窮屈な環境からは抜け出せます。そのため、結婚という制度に対する世間一般のイメージとは違った過ごし方をすることも考えられます。

たとえば、同じ家で住んではいるものの生活リズムが違う、離れて暮らすなど。相手とのすれ違いを悲観することなく、お互いに干渉しない時間を過ごします。恋愛の相性は良くても、結婚とは違うのです。

まとめ

自由の意味合いが強く、つかみどころのない愚者のタロットカードの出会いや片思い、相性、復縁、結婚における解釈の仕方を見てきました。恋愛において良好な関係を築くために気をつけなければいけないキーワードは、束縛とマンネリです。今回お伝えした内容を参考に、良い恋愛をしてください。