可愛い言葉で男性の心をときめかせよう♡口下手なあなたにもできる!

この記事の情報提供者

“可愛い言葉”を使うことによって、男性の心をときめかせることが可能です。そして、その方法を知りたいあなたは必見!当記事では、恋愛に詳しいM.Sさんのお話をもとに、可愛い言葉を使うシチュエーションや男性がときめく可愛いフレーズなどについてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

可愛い言葉を使う場面

可愛い言葉を使うのに適したシチュエーションを押さえておけば、男性から異性として意識されるようになる可能性が高まることがあります。以下に2つ記載しましたので、見ていきましょう。

異性とラインや電話をしているとき

異性と二人きりでラインや電話をしているシチュエーションは、可愛い言葉を使うチャンスです。たとえば、ラインや電話の終わり際に別れを惜しむ可愛い言葉をサラッと伝えてみると、男性がときめく可能性があります。

異性と二人きりで会っているとき

ラインや電話のほかに可愛い言葉を使うのに適している場面が、異性と二人きりで会っているときです。たとえば、異性と二人きりで遊びに行ったときに、可愛い言葉を何気なく使ってみると、異性として意識されるかもしれません。

ラインや電話をしているときも、二人きりで会っているときにも共通しているのは、特定の異性と二人きりのここぞというときに使うのが効果的ということです。

男性がときめく可愛い言葉

具体的にどのような言葉が可愛い言葉として男性をときめかせるのかを、以下にまとめました。上手く使いこなして、異性として意識してもらえるようにしましょう。

かっこいい

芸能人やよほどのイケメンでもない限り、普段、人にかっこいいといわれる場面はあまりありません。そして、女性と同じで男性も、容姿や性格に自信を持てていない人は多いです。

そこで、たとえば男性と二人きりのシチュエーションで、男性が容姿や彼女がいないことに関して冗談ぽくネガティブな発言をしたとしましょう。そのとき、「私にとっては○○君はかっこいいと思うよ」というと、可愛い言葉として男性に響きます。

自分にとってかっこいい男性であるというワードに対し、男性はときめくのです。

何気ない挨拶

たとえば、おはようやおやすみなどの何気ない挨拶は、簡単なコミュニケーションではあるものの、毎日の積み重ねで相手は親近感を抱くものです。また、礼儀正しい印象を与えることもできます。

とくにラインやメールで挨拶を送る場合は、男性は自分だけに時間を割いて挨拶を送ってくれると考え、可愛い言葉としてときめくことがあるのです。

女性にとって大切な存在であることをアピールする言葉

多くの男性は女性との関わりについて、守りたい・頼られたい・甘えられたいという強くてかっこいい自分になることに憧れを持っています。そのため、「○○君がいないと寂しいよ……」とか、「○○君がそばにいてくれると嬉しいな……ダメ?」などの可愛い言葉に男性はときめきます。

別れを惜しむ言葉

ラインや電話、二人きりでのデート……。いずれも楽しい時間はあっという間に過ぎ去っていくものです。

たとえば二人きりで遊びに行ったとき、男性は名残惜しさを感じていても、女性に気を遣って、「まだ帰らなくても大丈夫?」と切り出してきます。そんなときの、「まだ帰りたくない……」とか、「もうちょっとだけ一緒にいてもいい?」といった可愛い言葉は、男性をときめかせること間違いなしです。

可愛い言葉をより効果的に印象付けるための言い方や行動

可愛い言葉を使うときには、言い方や行動にまで気を遣うことによって、男性がときめき、異性として意識するかどうかが変わってきます。具体的にどうするか、見ていきましょう。

相手の目を見ること

可愛い言葉の効果アップを狙うのであれば、いうときに男性の目を見るのがポイントのひとつです。たとえば二人きりのデートのシチュエーションで、どんなに言葉自体に男性をときめかせる力がある可愛い言葉を使ったとしても、相手の目を見なければ十分に伝わりません

疑問形にすること

さらに女性が恥じらいながら上目遣いで可愛い言葉をいうのは、男性を最大限にときめかせる可能性が高いです。

「○○君ともっと仲良くなりたいです……。迷惑ですか?」や、「○○君とお付き合いしたいんだけど、ダメですか……?」など、疑問形でありながら相手にお願いする形の可愛い言葉に、男性は思わずときめきを感じます。

可愛い言葉を使うときに注意すること

可愛い言葉は使い方を間違えてしまうと、効果を発揮しません。また、逆に相手やまわりからの自分の評価を落とすことにもなりかねないです。以下の点には気をつけましょう。

狙いすぎない

可愛い言葉を使うときに気をつけることのひとつが、この狙いすぎないということです。なぜなら男性は、女性の純粋な気持ちから出た言葉や行動、ギャップにときめくものだからです。

狙いすぎないために大事なのは、まず異性との時間や会話を純粋に楽しむこと。純粋に楽しんでいるところに少しだけ可愛い言葉を混ぜれば、わざとらしくなく男性をときめかせることができる可能性がアップします。

大人数でいるときは使わない

すでに述べたように、可愛い言葉は特定の異性と二人きりのシチュエーションで使うのが効果的です。逆に使わないほうがいい場面が、大人数でいるときです。

大人数でいるときに可愛い言葉を使いすぎると、ただのぶりっ子と思われて逆効果になってしまうおそれがあります。また、まわりから白い目で見られてしまうかもしれません。

可愛い言葉を使うのが苦手な口下手な女性へのアドバイス

テクニック的なことを解説してきましたが、難しいと感じる女性もいるでしょう。当てはまる人は、変に可愛い言葉を出そうと意識しなくても、男性はときめきを感じることがあるのを覚えておきましょう。

ここであげるような自然体な形で、かえって男性が異性として女性を意識するようなケースは珍しくありません。

可愛い言葉をわざと使わなくても大丈夫

ここぞという瞬間に可愛い言葉を狙って出せる女性もいますが、無理にそのような女性になろうとしなくても問題ありません。可愛い言葉は狙って出さなくても、ふとした瞬間に出るケースが多いものです。

たとえば、思わず噛んでしまった言葉が可愛い言葉として響くケースも珍しくありません。このような瞬間に出る幼さや可愛さにときめくのです。

男性と純粋に楽しい時間を過ごす

たとえば、男性と美味しいものを食べたときに笑顔で、「美味しい!」と嬉しそうにいうとときめく男性も珍しくありません。

可愛い言葉のことばかり考えていると、美味しいものを食べても笑顔で美味しいと感じたことを言葉にして伝えられなくなってしまうかもしれません。そのため、まずは男性と純粋に楽しい時間を過ごすことを心がけると良いでしょう。

まとめ

今回は言葉で男性の心をときめかせたい女性に向けて、可愛い言葉について取り上げました。好きな男性に対して二人きりのシチュエーションで効果的に使えば、強く印象が残り、異性として意識されるようになる可能性のアップが期待できます。

計算して上手く可愛い言葉を発動させることができなくても大丈夫。素直に男性と二人きりで過ごす時間を満喫すれば、フレーズだけでなく言い方や行動も含めてバッチリな、可愛い言葉が自然と出てくる可能性はあります。今回ご紹介した内容を参考に、相手と良い関係を築いてください。